Netflix、hulu、U-NEXT、dTVの比較表+Amazon プライムを添えて

更新日:2020/02/19
公開日:2020/02/15

定額で見放題の動画配信サービスは色々あって選ぶのが難しいですよね。

中でも「Netflix(ネットフリックス)」「hulu(フール―)」「U-NEXT(ユーネクスト)」「dTV(ディーティービー)」「Amazon プライム ビデオ」は動画配信サービスの五大巨頭ですが、どれにすればよいか悩んでいる方も多いでしょう。

「Netflixとhuluはどっちがいい?違いは?」「U-NEXTとhuluはどっちがオススメ?」等と2社で迷っている方もいると思います。

各社、動画数に関して「○万本が見放題」と言っていますが、果たして本当なのでしょうか?また各社の強みのジャンルはあるのでしょうか?

この記事では、Netflix、hulu、U-NEXT、dTV、Amazonプライムビデオを徹底的に比較しています。「あなたにオススメの動画配信サービスは結局どれなのか」が分かります。

動画ラインナップに関しては、約10日間の独自調査を基に、「映画」「ドラマ」「アニメ」等のジャンルごとに作品タイトル数を集計し、各社で比較しました。おそらく未だかつて誰もやったことのない調査です。この記事で各サービスの実際の動画ラインナップの実情を目の当たりにできると思います。

もう「Netflix Amazonプライム 比較」「hulu U-NEXT どっち」等と検索することは無くなると思いますよ。

【基本情報の比較】無料期間、月額料金、画質

まずは無料期間・月額料金等の基本情報を比較してみましょう。

Netflix hulu U-NEXT dTV Amazon プライム
無料期間 なし 14日間 31日間 31日間 30日間
月額料金
(税抜き)
800円
1,200円
1,800円
933円 1,990円 500円 455円
(371円)
通常画質 SD
フルHD
フルHD
フルHD フルHD SD、HD SD、HD
最高画質 SD
フルHD
UHD 4K
フルHD 4K UHD 4K UHD 4K
動画数
(公式発表)
非公開 6万以上 14万以上 12万 非公開

公式情報に基づいたよく見かける比較表ですが、一応載せておきます。

無料トライアル期間に関してはそのままです。Netflixは昔は31日間の無料体験ができたんですが、2020年2月現在は無料トライアルはできません。huluは14日間、U-NEXTとdTVは31日間無料でお試しができます。Amazon プライムビデオの無料期間は30日間です。

料金に関しては、Netflixは3つのプランがあり、プランごとに見られる動画の画質が違います。動画配信サービスの月額料金は相場が1,000円程度ですが、U-NEXTが高めでdTVが安めです。Amazon プライムには月額プランと年間プランがあります。月額プランなら455円(税込み500円)、年会費は税込み4,900円なので12カ月で割ると371円(税込み408円)となり、どちらにしても最安になります。
Netflix,hulu,U-NEXT,dTVの無料期間と月額料金の関係グラフ

画質については、フルHDが基本です。dTVとAmazonプライムは基本画質がSD~HDと少し引けを取っています。最高画質に関しては、4K対応しているサービスもありますが、各社全ての動画を4Kで見られる訳ではありません。4K対応した動画は実はそこまで多くないです。

また、各社公式で動画数を公表しています。ここが最も重要なポイントですよね。動画を見るために利用するのですから。
Netflix,hulu,U-NEXT,dTV,Amazonプライムビデオの公式発表の見放題動画数の比較グラフ
しかし、単位が万単位で正直どれくらいの動画が見れるのかイメージしづらいです。また、これだけ見ると、dTVが安くて動画も多くて最強に見えたりします。しかしそこには当然カラクリがあったりします。

動画数は最も需要なポイントなのに、比較表からは実体は分かりませんし、動画ラインナップを詳しく比較しているサイトは見たことがありません。

この記事では、約10日間かけて各サービスの実際の作品数を調べました。そしてジャンルごとにまとめました。ここでは全てを公開しちゃいます。

【サービスタイプ分類】完全見放題 or 見放題+PPV

動画配信サービスには、全ての動画が見放題の「完全見放題型」と、一部作品が有料(PPV動画)の「見放題+PPV型」があります。

また、登録しなくても作品ラインナップが確認できるオープン型と、登録するまで確認できないクローズ型があります。

この2軸で、Netflix、hulu、U-NEXT、dTV、Amazonプライムビデオを分類すると、以下のようになります。
Netflix,hulu,U-NEXT,dTVのサービス分類グラフ

クローズ型のネットフリックスは登録しないと、作品ラインナップを確認できないというデメリットがあります。

また、「完全見放題」と「見放題+PPV」の大きな違いは、対となる以下の2つのメリット、デメリットです。

完全見放題 見放題+PPV
サービス Netflix,hulu U-NEXT,dTV,Amazonプライム
メリット 追加料金がないので安心、動画を探しやすい 有料だが新作も早く見れる
デメリット 新作が見れないことが多い 追加料金がかさむ可能性がある、見ようと思った作品が有料な時の残念感

【総作品タイトル数比較】U-NEXT >>> Netflix> hulu >> dTV

各社が公表している数は「動画数」です。「作品タイトル数」ではありません。「動画数」とは、例えば海外ドラマなど10以上のエピソードに分かれていますが、これらを別にカウントされた数字です。「動画数」よりも、それらを1つとしてカウントした「作品タイトル数」で比較した方が分かりやすいですよね。ここでは作品タイトル数を比較していきます。

各社の見放題作品の総タイトル数を見てみましょう。

Netflix hulu U-NEXT dTV
総作品タイトル数 4,782 4,084 18,105 2,818

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVの総作品タイトル数の比較グラフ

総作品数はU-NEXTが圧勝しています。U-NEXTは公式情報の「動画数」でも14万以上とNo.1を謳っていますが、作品数でもNo.1になり、どうやらこれは本当のようです。また、U-NEXTには成人向け動画も大量にあるのですが、ここでは含めていません。後で詳しく触れますが、U-NEXTの成人向け動画は一般作品よりも多いです。

Netflixとhuluの作品数は4,000台で少しNetflixの方が勝っています。dTVは3,000タイトル弱と少し引けを取っていますね。

dTVの「12万本見放題」はどこにいってしまったのでしょうか?dTVには「音楽」というジャンルがあり、ライブ映像やカラオケ映像等が見れます。実はdTVはこの音楽動画が大量にあるのです。ここでは他社との比較の観点から、dTVに関しては「音楽」動画を除いて集計しています。

また、Netflixとhuluは全ての動画が見放題ですが、U-NEXTとdTVは見放題動画の他に有料動画(PPV作品)もあります。ここでは見放題作品のみをカウントし、比較しています。U-NEXTとdTVの有料動画を含めた作品数は後程触れます。

各社○万本と言っていますが、実際のタイトル数でみるとイメージしやすくなり、さらに比較もしやすくなりましたね。

さらに、総ラインナップを「映画」「ドラマ」「アニメ」「その他」に分類して比較してみましょう。

Netflix hulu U-NEXT dTV
映画 2,568 1,595 7,977 1,179
ドラマ 760 1,163 1,996 616
アニメ 880 880 3,411 384
その他 574 446 4,721 639

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVの作品ジャンル(映画、ドラマ、アニメ、その他)割合の比較グラフ

これを見ると各社が得意としているジャンルが分かりますね。Netflixは映画に強く、huluは映画とドラマが得意なようです。U-NEXTは割合としてはドラマが少ないですが、それでも他社よりも多いです。dTVは映画が多く、アニメは少ない結果となりました。

「その他」はTVドキュメンタリーやバラエティ番組が中心になります。

当記事で調査した作品タイトル数のデータは見放題作品のみの数字です。PPV動画は含めていません。

※Amazonプライムビデオは「字幕」「吹替」で別動画になっている等、他社と同様の集計が困難なため、作品タイトル数の比較からは外しています。

※動画タイトル数の集計には細心の注意を払いましたが、実際の数字とは差がある可能性がございます。また、これらの作品タイトル数は2020年2月に集計したのもです。ラインナップは日々変化しているので、最新の作品はご自身で直接ご確認ください。

ここからは各ジャンルごとにさらに深堀していきます。

【映画】ラインナップ比較

ここからは映画に絞って、さらに詳しく比較していきます。改めて、映画の総タイトル数を見てみましょう。

Netflix hulu U-NEXT dTV
映画 2,568 1,595 7,977 1,179

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVの映画作品数の比較グラフ
映画の総作品数ではU-NEXT >>> Netflix >> hulu > dTVという結果となりました。総作品数と同じ並びです。

映画を国別に「国内映画」「アジア映画」「海外映画(洋画)」に分類して比較してみます。

【映画】 Netflix hulu U-NEXT dTV
国内映画 500 1,024 3,284 460
アジア映画 331 211 491 98
海外映画(洋画) 1,737 360 4,202 621

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVの映画作品(国内映画、アジア映画、海外映画)の内訳グラフ

Netflixは海外映画に強いです。huluは国内映画に強いですが、海外映画は弱いようです。U-NEXTは割合としてはアジア映画が少ないですが、それでも他社よりも多いですね。dTVは国内映画よりも海外映画の方が多いようです。

アジア映画はどこも韓国映画・華流映画(中国映画・香港映画・台湾映画)がほとんどです。Netflixにはインド映画が100弱、フィリピン映画が50弱ありますが、これらはアジア映画に含めています。

海外映画は、アメリカやヨーロッパ映画を中心とした、いわいる洋画がほとんどだと思って頂いて構いません。

また、ここではアニメ映画は含めていません。アニメは一大人気ジャンルなので、後で詳しく独立して分析します。

以下「国内映画」「アジア映画」「海外映画」それぞれ比較してみます。

国内映画

Netflix hulu U-NEXT dTV
国内映画 500 1,024 3,284 460

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVの国内映画(邦画)作品数の比較グラフ
国内映画が見たいならU-NEXTかhuluがいいようです。NetflixとdTVは国内映画はどっこいどっこいです。

アジア映画

Netflix hulu U-NEXT dTV
アジア映画 331 211 491 98

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVのアジア(韓国・華流)映画作品数の比較グラフ
アジア映画はdTVを除いて、そこまで大きく差がないようです。アジア映画好きはNetflix、hulu、U-NEXTから選びましょう。

海外映画

Netflix hulu U-NEXT dTV
海外映画(洋画) 1,737 360 4,202 621

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVの海外映画(洋画)作品数の比較グラフ
海外映画好きならU-NEXTかNetfixの二択になりそうです。U-NEXTの方が数は多いですが、オリジナル映画はありません。一方でNetflixにはオリジナル映画が大量にありますが、タイタニックのような不朽の名作はそこまで多くない印象です。一般的に人気の洋画が見たい方はU-NEXT、人気映画はほぼ見つくした映画マニアの方はNetflixの方が良いでしょう。

【ドラマ】ラインナップ比較

ここからはドラマについて比較していきます。改めてドラマの総タイトル数を見てみましょう。

Netflix hulu U-NEXT dTV
ドラマ 760 1,163 1,996 616

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVのドラマ作品数の比較グラフ
ドラマの作品数はhuluとU-NEXTが多いようです。

ドラマも国別に「国内ドラマ」「アジアドラマ」「海外「ドラマ」で分けて見てみます。

【ドラマ】 Netflix hulu U-NEXT dTV
国内ドラマ 108 664 819 216
アジアドラマ 193 130 961 319
海外ドラマ 459 369 216 81

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVのドラマ作品(国内ドラマ、アジアドラマ、海外ドラマ)の内訳グラフ
Netflixは海外ドラマに強く、huluは国内ドラマに強い結果となりました。映画と一緒ですね。

U-NETはアジアドラマにとてつもなく強いですね。逆に、海外ドラマだけは弱いということが分かりました。dTVもU-NEXTと傾向は似ています。

国内ドラマ

Netflix hulu U-NEXT dTV
国内ドラマ 108 664 819 216

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVの国内ドラマのナインナップ比較グラフ
国内ドラマで選ぶなら、huluかU-NEXTになりそうです。

アジアドラマ

Netflix hulu U-NEXT dTV
アジアドラマ 193 130 961 319

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVのアジア(韓流・華流)ドラマのナインナップ比較グラフ
アジアドラマではU-NEXT一強ですが、dTVもnetflix、huluに勝っています。

海外ドラマ

Netflix hulu U-NEXT dTV
海外ドラマ 459 369 216 81

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVの海外ドラマのナインナップ比較グラフ
海外ドラマ好きはやはりNetflixでしょう。オリジナル作品もたくさんあります。

【アニメ】ラインナップ比較

ここではアニメを比較します。改めてアニメ作品の総タイトル数を見てみましょう。

Netflix hulu U-NEXT dTV
アニメ 880 880 3,411 384

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVのアニメ作品数の比較グラフ
U-NEXTの圧勝ですね。Netflixとhuluは偶然にも同じタイトル数になりました。dTVは例によって少し引けを取っています。

アニメをさらに「アニメ映画」「TVアニメ」に分けると以下のようになります。

【アニメ】 Netflix hulu U-NEXT dTV
アニメ映画 288 156 566 149
TVアニメ 592 724 2,845 235

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVのアニメ作品数の内訳グラフ
U-NEXTのアニメの多さはTVアニメにあったようです。他3社のTVアニメ数はhulu、Netflix、dTVの順になりました。

アニメ映画でもU-NEXTが最も多いですが、アニメ映画だけで比較するとTVアニメ程の大きな差はなさそうです。

【その他】ドキュメンタリー・バラエティ

【その他】 Netflix hulu U-NEXT dTV
TVドキュメンタリー 167 34 461 22
バラエティ 407 193 2,851 306
0 219 1,409 311

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVのその他作品の内訳グラフ
動画配信サービスのラインナップは映画やドラマ、アニメだけではありません。ドキュメンタリーやバラエティ番組等も見られます。

ドキュメンタリー番組好きはU-NEXTかNetflixの二択になりそうです。バラエティ番組でもU-NEXTが飛び抜けていますが、他3社はそこまで大きな差はなさそうです。

【オリジナル動画】

ここではオリジナル動画を見てみましょう。オリジナル動画とは、各社が自社制作した動画で、基本的にはそこのサービスでしか見ることができません。

Netflix hulu U-NEXT dTV
オリジナル動画 1,409 48 0 258

Netflix,hulu,U-NEXT,dTVのオリジナル動画の作品タイトル数比較グラフ
オリジナル動画では、圧倒的にNetflixが強いですね。逆にU-NEXTはこれまでほとんどのジャンルで作品数が一位でしたが、オリジナル動画は0と弱みになっています。

huluとdTVもオリジナル番組があります。両社のオリジナル番組は国内番組がほとんどです。

【コスパ比較】作品タイトル数÷料金

作品数だけみると、ジャンルごとに多少の差はあれ、U-NEXT最強&dTV最弱じゃんと思ってしまいます。

しかし忘れてはならないのは料金です。最も作品数の多いU-NEXTは月額料金1,980円も最も高く、dTVは500円と最安です。

ここで、これまでの作品数を月額料金で割ってみましょう。こちらの方が公平な比較と言えるかもしれません。

Netflix hulu U-NEXT dTV
総作品タイトル数 4,782 4,084 18,105 2,818
月額料金
(税抜き)
800円
1,200円
1,800円
933円 1,990円 500円
コスパ指数
(作品数÷月額料金)
5.98
3.99
2.66
4.38 9.1 5.6

この「コスパ指数」は、「月額1円で見られる作品タイトル数」とも言い換えられます。

Netflixは3つのプランがありますが、画質を他社と同等の1,200円(スタンダードプラン)で比較してみましょう。

コスパ指数で見ると、だいぶ印象が変わってきます。コスパ指数で見てもU-NEXTは他社より約2倍お得という結果となりました。

注目すべきはdTVです。作品数は少ないですが、その分料金も安いのでコスパ指数ではnetflix、huluを抑え2位という結果となりました。ただし画質に関しては他社がフルHDなのに対して、dTVはSD~HDなので少し劣ります。

huluとNetflixはhuluの方が少し良く、Netflixはコスパ指数では4位となりました。

さらに、ジャンル別にもコスパ指数をはじき出してみました。ご自身がメインで見たいジャンルの数字を比較してみて下さい。

【コスパ指数】 Netflix hulu U-NEXT dTV
【映画】 2.14 1.71 4.01 2.36
国内映画 0.42 1.10 1.65 0.92
アジア映画 0.28 0.23 0.25 0.20
海外映画(洋画) 1.45 0.39 2.11 1.24
【ドラマ】 0.63 1.25 1.00 1.23
国内ドラマ 0.09 0.71 0.41 0.43
アジアドラマ 0.16 0.14 0.48 0.64
海外ドラマ 0.38 0.40 0.11 0.16
【アニメ】 0.73 0.94 1.71 0.77
アニメ映画 0.24 0.17 0.28 0.30
TVアニメ 0.49 0.78 1.43 0.47
【その他】 0.48 0.48 2.37 1.28
TVドキュメンタリー 0.14 0.04 0.23 0.04
バラエティ 0.34 0.21 1.43 0.61

※各ジャンルで一番コスパ指数が良いサービスを青背景にしています。

総合的にやはりU-NEXTが強いですね。ただ、ドラマに関してはhuluが勝っています。Netflixは意外にもアジア映画で1勝、dTVはアジアドラマとアニメ映画で2勝を挙げています。

比較はこれで終了です。以下、各サービスごとに、概要や特徴、ラインナップをまとめます。また、これまで見てきたような定量的には比較できない定性的な点も解説します。

Netflix(ネットフリックス)の概要とオススメの人

Netflixの基本情報
  • 月額料金:800円、1,200円、1,800円
  • 無料期間:なし
  • 動画数(公式発表):非公開
  • 総タイトル数(独自調査):4,782作品
  • 強いジャンル:海外映画、海外ドラマ、オリジナル作品

Netflix(ネットフリックス)の総ラインナップとジャンル別作品数のグラフ

まずNetflixには無料期間が無いのが一番のデメリットです。にもかかわらず、登録しないと作品ラインナップが確認できないクローズ型サービスです。さらに、登録時に画質を基に料金プランを選ばなきゃいけないのも辛いです。

一方で、海外映画・海外ドラマ好きにはオススメできます。アメリカ発のサービスだけあって、特にアメリカ作品には強いです。

また、オリジナル動画が豊富なので、一般的に人気の映画やドラマはほとんど見た・見飽きた&海外作品好きの方には一択といっていいでしょう。

Netflix

Netflixについてさらに詳しく知りたい方はこちら。

hulu(フール―)の概要とオススメの人

huluの基本情報
  • 月額料金:933円
  • 無料期間:14日間
  • 動画数(公式発表):6万以上
  • 総タイトル数(独自調査):4,084作品
  • 強いジャンル:海内映画、国内ドラマ

hulu(フール―)の総ラインナップとジャンル別作品数のグラフ
huluは元々アメリカ発のサービスですが、現在は日本テレビ系列です。なのでラインナップも国内作品に強いという結果となりました。国内オリジナル作品も多いので、国内作品好きの方にはhuluはオススメです。

海外作品好きの方にはオススメとは言えませんが、「huluプレミア」という日本初上陸の海外ドラマがhuluで一番最初に見られるという強みはあります。

またhuluには、いつでも見れる見放題作品とは別に、番組表が決まったリアルタイム配信(チャンネル)というものもあります。映画が見られる「FOXチャンネル」、
「ナショジオ チャンネル」「HISTORY」等のドキュメンタリー、「BBC」「CNN」等の海外ニュース番組、「Baby TV」「ニコロデオン」等の子供向け(アニメ)番組など、計9チャンネルが揃っています。もちろん追加料金はかかりません。「BBC」「CNN」は英語学習にも使えますね。

hulu 公式サイト

huluについてさらに詳しく知りたい方はこちら。

U-NEXT(ユーネクスト)の概要とオススメの人

U-NEXTの基本情報
  • 月額料金:1,990円
  • 無料期間:31日間
  • 動画数(公式発表):14万以上
  • 総タイトル数(独自調査):18,105作品
  • 強いジャンル:ほぼ全ジャンル

U-NEXT(ユーネクスト)の総ラインナップとジャンル別作品数のグラフ
U-NEXTは月額料金が1,980円と最も高いだけあって、動画ラインナップはほぼ全てのジャンルで圧勝でした。月額1,000円も2,000円もそんな変わらないという太っ腹の方はとりあえずU-NEXTを最初に選んで良いでしょう。

高い月額料金以外のU-NEXTの弱みはオリジナル作品がないことです。

U-NEXTには今回調査した見放題作品とは別に、有料のPPV作品もあります。PPV作品も含めればさらにラインナップは他社より多くなります。PPV作品は全体の約13%と多くありませんが、それでも約3,000タイトルあります。思わず有料作品に課金して出費が増えてしまうというデメリットはありますが、有料だけど新作映画等が見られるオプションがついているというメリットでもあります。
U-NEXTの見放題作品とPPV動画のジャンル別ラインナップ
※集計方法が異なるので、今回の数字とは少し異なる点がありますが、参考にしてください。

また、U-NEXTには成人向け動画(アダルト作品)も大量にあります。今回は調査にカウントしませんでしたが、成人向け作品は約46,000タイトルもあり、実は一般作品よりも多いです。これを目当てにU-NEXTに登録する人もいるくらいで、男性ならついつい見てしまうでしょう。

さらに、U-NEXTは70誌以上の雑誌(電子書籍)も読み放題です。もちろん追加料金はかかりません。一般的な雑誌読み放題サービスの月額料金は500円なので、実はこれがU-NEXTの料金が他社より高い一因でもあります。

U-NEXTは電子書籍サービスとしての顔も持っています。実はU-NEXTで漫画も一般書籍もラノベも電子書籍で読めます。無料で読める漫画等は一部作品のみですが、それでも大量にあります。有料も含めると、電子書籍全体で52万冊以上もありますよ。

以上を総合すると、月額料金が高めで有料作品もあるため、ついつい追加の出費がかさんでしまう可能性はあるが、サービスとしてはトータルで最も優れているといって良いでしょう。

U-NEXT

U-NEXTについてさらに詳しく知りたい方はこちら。

dTVの概要とオススメの人

dTVの基本情報
  • 月額料金:500円
  • 無料期間:31日間
  • 動画数(公式発表):12万
  • 総タイトル数(独自調査):2,818
  • 強いジャンル:映画、音楽

dTVの総ラインナップとジャンル別作品数のグラフ
大前提として、dTVはドコモユーザーじゃなくても利用できます。

dTVの一番の強みはやはり、最も安い月額料金です。月額500円は動画配信サービスの中でも最安クラスです。作品ラインナップ数では他社に劣りましたが、コスパ(月額1円当たりで見れる作品数)で考えると他社に劣りません。

dTVもU‐NEXTと同様、有料作品(PPV動画)もあるタイプです。dTVはこの有料作品も多く、見放題作品と同等の数があるので、dTVの総作品数で言うと5,000タイトル以上あります。追加でお金を払えば新作映画も多く見られます。
dTVの見放題作品とPPV動画のジャンル別ラインナップ
※集計方法が異なるので、今回の数字とは少し異なる点がありますが、参考にしてください。

また、今回は作品数にカウントはしませんでしたが、dTVには音楽動画が大量にあります。ライブ映像やカラオケ動画が視聴できます。音楽映像を見るのが好きな方にはdTVはおすすめです。

とにかくお金が一番大事という方はまずはdTVから試してみましょう。今回の見放題作品ラインナップでは他社に劣りましたが、それでも見切れないだけの動画はラインナップされています。

dTV

dTVについてさらに詳しく知りたい方はこちら。

Amazon プライムビデオの概要とオススメの人

Amazon プライムビデオの基本情報
  • 月額料金:455円(年会費プラン:4,455円=371円/月)
  • 無料期間:30日間
  • 動画数(公式発表):非公開
  • 総タイトル数(独自調査):不明

Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員の特典のひとつです。Amazonプライム会員になると、動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」も見れるようになります。Amazonプライムビデオのみ利用ということは出来ません。

Amazonプライム会員の料金は月額制と年会制の二つがあり、年会制だと2カ月分安くなります。月額制だと税込み500円(税抜き455円)、年会費は税込み4,900円(税抜き4,454円)なので、月単位に換算すると税込み445円(税抜き371円)になります。いずれにせよ料金的にはdTVよりも安く使えますね。

Amazonプライムビデオのラインナップは非常に多いです。動画が「字幕」「吹替」で分かれているので他社との比較は難しいですが、見放題だけでもU-NEXTと同等くらいあると思います。Amazonプライムビデオは有料作品もある見放題+PPV型ですが、有料動画も含めると日本の動画配信サービスの中で(少なくともアダルト除く一般作品は)一番多いかもしれません。

プライムビデオにはオリジナル作品もあります。かつては松本人志さんの「ドキュメンタル」で、プライムビデオを知った方も多いと思います。

プライム会員にはプライムビデオ以外にも、音楽聞き放題の「プライムミュージック」や数百冊以上の本や漫画が読み放題の「Amazon Prime Reading」等、様々な特典があります。通販としてのAmazonをよく使っていて、まだプライム会員になっていない方にはプライム会員になることを是非オススメします。

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライムビデオについてさらに詳しく知りたい方はこちら。

まとめ

この記事では独自調査した作品ラインナップを中心に、Netflix、hulu、U-NEXT、dTV(+Amazonプライムビデオ)を比較しました。

各社で、総タイトル数も強いジャンルも異なります。この記事ではその全てを解き明かしました。

気になったサービスがあった方は(ネットフリックス以外)無料体験してみましょう。無料期間中に解約すれば料金は発生しません。

もしこの記事を読んでもどれにすれば良いか分からなかった方は、おそらく一生決められないと思います。全て無料登録して自分で試してみましょう。

それでも「どれかひとつに決めてくれ」というのであればU-NEXTをオススメします。料金は他社より高いですが、動画ラインナップが最も豊富な上に、雑誌も読み放題。漫画等の電子書籍も一部無料で読める(+成人向け動画が大量にある)からです。

長々とご拝読頂きましてありがとうございました。それでは動画の大海原にいってらっしゃい。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの12サイトまとめ
  2. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ
  3. Apple Musicを無料で3カ月使って気づいた特徴・感想と使い方
  4. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気11社を比較
  5. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較

関連記事

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

スポンサーリンク

最新記事

  1. Netflix、hulu、U-NEXT、dTVの比較表+Amazon プライムを添えて
  2. ギガゴリWiFiとは?料金や通信エリア・制限・速度から注意点まで
  3. ウチモバとは?何が便利なの?メリットとデメリットを元携帯販売員が紹介
  4. 【画像付き】dマガジンの解約・退会方法!注意点や解約できない理由も紹介
  5. Amazon Prime Readingとは?数百冊以上の本や漫画が読み放題!実際に使った感想
  6. コミックシーモアの読み放題とは?フルとライトの違いは?使ってみた感想
  7. 心を動かす面白いマンガを届ける!まんが王国の執行役員に独占インタビュー!
  8. 【画像付き】Tマガジンの解約と退会方法!アカウントを完全に削除するやり方
  9. YouTube Music Premiumなら音楽が聴き放題!実際に使ってみた感想!
  10. 【電子書籍をレンタル】Renta!の料金やポイントとは?実際に使った感想!

人気記事

  1. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ
  2. どこがオススメ?ドコモ光のプロバイダの選び方&全24社を徹底比較!
  3. Netflix、hulu、U-NEXT、dTVの比較表+Amazon プライムを添えて
  4. 【2020年】オススメの雑誌読み放題サービス人気11社を比較&まとめ
  5. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  6. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  7. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの12サイトまとめ
  8. 【2020年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM8選まとめ
  9. Apple Musicを無料で3カ月使って気づいた特徴・感想と使い方
  10. どっちがいい?Apple MusicとSpotifyを両方契約している私が比較解説してみた

おすすめ記事