動画配信サービスU-NEXTの利用者が語る6つの魅力と欠点

公開日:
更新日:

爆発的にユーザー数を増やしている動画配信サービスですが、どのサービスを選ぶか悩んでいる人もいるかと思います。今回はそんな動画配信サービスに興味はあるけど、どれにするか悩んでいる人のために国内シェア3位の「U-NEXT」について説明しています。

動画配信サービスの黎明期から活躍する純国産のサービスの魅力や、登録に値するサービスなのか、見ていきましょう。

U-NEXTとは?

U-NEXTは株式会社U-NEXTが運営する1,990円/月で利用できる定額制動画配信サービスです。

前身は2007年に株式会社USENが始めた「GyaoNEXT」というサービスです。2009年に「U-NEXT」にブランド名を変更し、翌年2010年に株式会社U-NEXTとしてUSENから独立しました。

毎月2,000本もの動画を更新しており、サイト上には常時120,000本もの動画が並んでいます。2015年には会員数100万人を超え、市場の拡大に合わせてさらに会員数を増やしています。

U-NEXTの6つの魅力

U-NEXTの魅力を6つまとめました。動画配信サービスを選ぶのに悩んでいる方は参考にしてください。

  • ①新作動画が豊富
  • ②キャッシュ機能でオフラインでも視聴できる
  • ③マルチデバイスで再生できる
  • ④複数の子アカウントを4つまで作れる
  • ⑤U-NEXTポイントが毎月1,000ポイントもらえる
  • ⑥マンガや雑誌も読める

①新作動画が豊富

U-NEXTの一番の強みは新作動画の豊富さです。中には劇場の公開と同時に配信されているものや、DVDが出る前に配信されています。常に最新の映画をチェックして見たいという人には嬉しいですね。

②キャッシュ機能でオフラインでも視聴できる

U-NEXTでは「キャッシュ機能」で動画をデバイスに保存してオフラインでも視聴できます。Wi-Fi環境でキャッシュしておけば、高速通信データ量を消費せずに、移動中の電車で視聴できます。

③マルチデバイスで再生できる

U-NEXTはPCをはじめ、テレビやスマホ、ゲーム機でも動画を視聴できます。特にU-NEXTでは自社でストリーミングメディアプレイヤー「U-NEXT TV」を販売しており、テレビとインターネットに繋げれば大画面で映画を楽しめます。他にも下記が対応しているデバイスです。

④複数の子アカウントを4つまで作れる

U-NEXTに1人契約しておけば4人までアカウントが作れます。自分の視聴履歴やマイページを見られることがありません。他の動画配信サービスにも複数のアカウントを作れますが、U-NEXTではアダルトコンテンツもあるため、独自のアカウントがあるのは助かります。

また子供などのアカウントにはペアレンタルコードかけられるので、アダルト作品や暴力描写が激しい作品が見れないようにできます。

⑤U-NEXTポイントが毎月1,000ポイントもらえる

毎月1日にU-NEXTポイントが1,000ポイントが付与されます。U-NEXTポイントは提携している映画館で実際に映画割引クーポンと交換できます。2カ月に1本は無料で映画館で視聴できる計算になります。どんな動画配信サービスが便利になってもやはり映画館での視聴体験は別格です。家で見るのもいいけどたまには映画館で見たいという人に嬉しいサービスです。

また、U-NEXTポイントは「PPV(ペイ・パー・ビュー作品)」有料サービスの支払いに使えます。

⑥マンガや雑誌も読める

U-NEXTでは動画だけでなくマンガ、雑誌も取り扱っています。ファッション誌・週刊誌・ビジネス雑誌など15ジャンル70誌の最新号が読み放題。普段から雑誌を購入してみている方にとってはとてもお得です。アプリをインストールすればスマホでも読めます。

U-NEXTの6つの欠点

U-NEXTを使って観た感じだ欠点は以下の6つです。

  • ①PPV作品が過半数
  • ②PS4やWiiUでは動画が見れない
  • ③同時視聴ができない
  • ④動画の解説が薄い
  • ⑤動画プレーヤーの操作性が低い
  • ⑥ネットでの評判が悪い

①PPV作品が過半数


U-NEXTには見放題作品の他に、課金しないと見れないPPV作品が多いイメージです。最新作品もあるので月額の他に課金するのは分かりますが、公式では120,000本中、見放題映像が50,000本と発表しているため、約70,000本が有料作品ということになります。

新作のみならず旧作でもPPV作品が多いため、観たいと思っていた作品がPPV作品だった場合は少し腹が立ちます。さらに、動画だけでなくマンガもPPV作品が多いのため、読み放題というのは詐称のようにも感じます。

月に1,000ポイントがもらえますが、動画でもマンガでも500円強の作品が多いため、ポイントを早く使い切ってしまします。なお、ペアレンタルロックをすれば子供の有料動画の購入を制限できるので、子供が使う場合はロックしておきましょう。

②PS4やWiiUでは動画が見れない


ゲーム機でもU-NEXTが視聴できると先述しましたが、PS4やWiiUでは動画が見れません。最新のゲーム機の多くはネットに繋がるため、ゲーム機を使って視聴できる動画配信サービスも多いですが、U-NEXTでは対応していないのです。PS4やWii Uを持っているからテレビでU-NEXTを楽しもうと思っていた人は注意してください。

③同時視聴ができない


子アカウントが作れるU-NEXTですが、同時に複数のデバイスで視聴できません。家族で1人1つアカウントを持っていても、誰かがコンテンツを見ているときは他の人は我慢しなければなりません。複数アカウントは作れるものの同時に視聴できないのは結構不便です。

④動画の解説が薄い

他の動画サービスでは動画に対する解説がありますが、U-NEXTの動画解説はあっさりしているので、ほぼ参考になりません。レビューもないので、ストーリーの概要と少ない画像だけを参考に動画を選ぶ必要があります。

⑤動画プレーヤーの操作性が低い

いざ動画を見始めても操作性が低く、場合によってはストレスになります。各ボタンやスクロールバーが小さい上に、早送りや巻き戻しボタンがありません。

そのため動画を飛ばして見たい場合はスクロールバーをクリックする必要がありますが、スクロールバーにカーソルを載せてもその場面の画像が出ないため、どこまで飛ばすか目途が立ちません。他の動画サービスには搭載されている機能だけに使いづらさを感じました。

⑥ネットでの評判が悪い

U-NEXTをネットで検索すればわかりますが、評価が低いです。どのサービスも賛否両論はありますが、U-NEXTは他の競合サービスに比べても不評のように感じました。特に多かったのが下の2点に関してです。

・不具合が起こりやすい(ストリーミングが途中で止まる)
・解約しづらい/解約しても請求される場合がある

もちろん全員にこのようなことが起こるわけではありません。私も利用していて特に不具合を感じることはありませんでした。しかし、似たような不満が多く投稿されているのを見ると不安です。特に金銭に関わるトラブルも起きているようなので、登録する際には覚悟しておいた方がいいかもしれません。

【まとめ】最新作品を見れるのはいいが、有料作品が多すぎる

コンテンツの数は業界でもトップクラスのU-NEXTですが、有料作品が多すぎて思ったような動画視聴体験はできません。見放題作品だけでも他の動画配信サービスより作品は多いですが、観たい動画がPPV作品だった時のストレスが強いと感じました。

公開中の映画もいち早く見れるのは魅力的なので、最新映画を逃さずチェックしている映画フリークの方には良いでしょう。しかし、そうでなければあまりおすすめできません。PS4で視聴できない点など、サービスとしては業界のトレンドについていけてないようには感じました。

他の動画サービスの方も知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

ピックアップ記事

  1. 海外旅行でお供にしたい海外用プリペイドSIMカード8枚
  2. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  3. 【音楽学】音楽産業の歴史と発展~レコード・CD・MP3・ストリーミング~
  4. 仮想現実へ旅にでよう!東京のVR体験スポット4つ巡ったレポート
  5. PSVR開封の儀!話題のPlayStation®VRを実際に体験してみた感想

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. Google Homeで出来るゲームを1人&みんなで遊んでみた
  2. Google Homeが壊れたらデータは消えるのか?保証サービスはあるの?故障時の手引
  3. iPhoneをAlexa搭載AIスピーカーにできるアプリ「Apolo」を使ってみた感想
  4. 【画像で解説】Google HomeをBluetoothスピーカーとして使うための設定方法
  5. Google HomeでSpotifyを再生するまでの手順
  6. Google Home とGoogle Home mini の違いは?音質を比較してみた
  7. ビックカメラとauショップでGoogle Homeを体験してきた!
  8. 【日本で買える】AIスピーカーに対応してるスマート家電・IoTデバイス一覧
  9. LINE Clova WAVEの初期設定の仕方を解説
  10. 1週間で800円!Google HOMEをTSUTAYAでレンタルする手順と感想

おすすめ記事

  1. 【音楽学】音楽産業の歴史と発展~レコード・CD・MP3・ストリーミング~
  2. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  3. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  4. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  5. 格安SIMの通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  6. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  7. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  8. 海外でスマホを使うには?海外旅行中にネットを嗜む6つの方法まとめ
  9. ARで未来はどう変わる?最新のAR技術が使われている15の分野と活用事例を紹介
  10. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
PAGE TOP