オススメはどこ?雑誌読み放題サービス人気10社を比較|2018年最新版

公開日:
更新日:

「手軽に雑誌を読みたい」と思うこともあるでしょう。しかし、ここ数年はコンビニや本屋さんで、雑誌が立ち読みができないようになっています。また、「いろいろな雑誌を安く読む方法はないの?」とあなたは思っているかもしれません。

こうしたニーズに応えるように、ネットの世界では、数十冊以上の雑誌が読み放題になる「雑誌読み放題サービス」が登場しています。

この記事では、10社以上の雑誌読み放題サービスを使い倒してきた私が、2018年時点の人気サービス10社をまとめて紹介します。

「雑誌をたくさん読みたい!」「どこの雑誌読み放題サービスが良いのか知りたい」という方は是非参考にしてください。

雑誌読み放題サービスとは?

雑誌読み放題サービスとは月額料金を支払うことで、雑誌の電子書籍版が読み放題になるサービスのことです。スマホやパソコンやタブレットで利用でき、読み放題の対象の雑誌なら何冊読んでも月額料金は一定です。

雑誌読み放題サービスのメリットとデメリットを簡単に紹介します。

雑誌読み放題サービスのメリット

雑誌読み放題サービスのメリットは以下の4つです。

  • ①50誌以上の雑誌が読める
  • ②雑誌を2冊以上読めば元が取れる価格設定
  • ③スマホやタブレットやパソコンで読める
  • ④すべて合法のコンテンツ

雑誌読み放題サービスなら50誌以上の最新の雑誌が読めます。最新の雑誌に加えて、その雑誌のバックナンバー(1カ月前〜1年前まで)も読めることが多いです。

また、雑誌読み放題サービスは価格が400円〜980円ということが多いので、雑誌を2冊読めば元が取れます。

中には「どうして、そんなにたくさんの雑誌が読み放題なのに価格が安いの?」と思っている方もいるでしょう。インターネットの普及で昔に比べて、紙の雑誌が売れなくなっています。雑誌を発行している出版社は「安い料金でも、雑誌読み放題で自社の雑誌を読んでもらった方がいい」ということで、雑誌読み放題サービスに参加しているため価格が安いのです。また、電子書籍版なら紙代がかからないため、そのぶん商品価格を安くできるというのも理由の一つです。

雑誌を持ち歩かなくても、スマホやタブレットやパソコンで50誌以上の雑誌の中から、好きな雑誌を選んで読めるため通勤時間やスキマ時間には重宝しますよ。

なお、一時期は漫画や動画の違法サイトが話題になりましたが、この記事で紹介している雑誌読み放題サービスは全て雑誌の出版社の承諾を得た合法のコンテンツです。

中には、「たくさんの雑誌を読む時間があるかな?」と思っている方もいるかもしれません。一般の書籍と違って雑誌は写真が中心で文字数が少ないので、自分の興味のあるところをだけを読むなら1冊10分以内で読み終わると思います。普段は読まないジャンルの雑誌を読んでみると、自分の知識の幅が広がって面白いですよ。

雑誌読み放題サービスのデメリット

雑誌読み放題サービスのデメリットは以下の4つです。

  • ①グラビアや広告などの一部のページが読めない
  • ②スマホだとページを拡大しないと文字が読みづらい
  • ③雑誌の付録は手に入らない
  • ④サービスごとに読める雑誌のラインナップが異なる

雑誌読み放題サービスでは、権利の関係からグラビア写真や広告などのページが読めないことがあります。なので、同じ雑誌でも紙版の雑誌に比べると読めるページが少ない場合があります。

また、スマホで利用する場合、雑誌の写真は見えますが、ページを拡大しないと文字が読みづらいです▼

電子書籍版の雑誌を読むサービスなので、当然と言えば当然ですが、紙の雑誌に付いている付録は手に入りません。

さらに、サービスごとに読める雑誌のラインナップが異なるので、「いざ契約したけど、自分の読みたかった雑誌は読み放題の対象外だった」ということもあります。

どこがオススメ?人気の雑誌読み放題サービス10社一覧&比較

お待たせしました。人気の雑誌読み放題サービスは以下の10社です。

それぞれの「月額料金」「雑誌数」「サービス内容」「無料期間」を一覧にして、比較してみました。

月額料金 雑誌数 サービス内容 無料期間
dマガジン 400円 200誌以上 雑誌専門 31日間
楽天マガジン 380円 200誌以上 雑誌専門 31日間
タブホ 500円 800誌以上 雑誌専門 24時間
ブックパス 562円 300誌以上 雑誌+漫画
+一般書籍
30日間
Amazon kindle Unlimited 980円 不明 雑誌+漫画
+一般書籍
31日間
FODマガジン 888円 100誌以上 雑誌+動画 1カ月間
BookPlace for
U-NEX
1,990円 70誌以上 雑誌+動画 31日間
ブック放題 500円 170誌以上 雑誌+漫画 1カ月間
マガジン☆
WALKER
500円 73誌以上 雑誌+漫画 契約月無料
コミックDAYS 720円 6誌 漫画雑誌専門 契約月無料

「ぶっちゃけどこのサービスがオススメなの?」と思っている方もいるでしょう。結論からお伝えすると、オススメの雑誌読み放題サービスは人によって変わります。

ただ、雑誌読み放題サービスを選ぶ際に確認したい3点を把握しておくと、自分にあったサービスを選べます。

雑誌読み放題サービスを選ぶ際に確認したい3点
  • ①月額料金の高さ
  • ②自分が読みたい雑誌があるかどうか?
  • ③雑誌読み放題以外のサービス内容

月額料金は自分が負担に感じないものを選びましょう。

当たり前に聞こえるかもしれませんが、自分が読みたい雑誌が読み放題の対象になっているサービスを選んだ方が満足度が高いですよ。

雑誌読み放題以外のサービス内容も意識しておきましょう。ここでは、タイプ別にオススメのサービスを紹介しておきますので、参考にしてください。

タイプ別のオススメのサービス
  • 雑誌だけ読みたい方:dマガジン、楽天マガジン、タブホ
  • 雑誌も一般書籍も読みたい方:ブックパス、Amazon kindle Unlimited
  • 雑誌も漫画も読みたい方:ブック放題、マガジン☆WALKER、コミックDAYS
  • 雑誌と動画を見たい方:FODマガジン、BookPlace for U-NEXT

ちなみに、私はいろいろな雑誌と一般書籍が読める「ブックパス」をメインで使っています。

次の章からは、各サービスの特徴についてお伝えしていきます。

【ブックパス】雑誌に限らずビジネス書から写真集まで取り揃えている


ブックパス
ブックパスは、auでお馴染みのKDDI株式会社が運営をしています。2018年7月からは、auの契約者以外でも利用できるようになりました。月額562円の読み放題プランに加入すれば、300誌以上の雑誌を読むことができます。

なお、ブックパスは他社のサービスではカットされることが多い、グラビア写真のページを読めることが多いです。KDDIが特殊な契約を結んでいるのかもしれませんね。

さらに、雑誌以外にも、漫画、一般書籍、写真集、ライトノベルなどの幅広いジャンルの本が40,000冊以上読み放題になります「雑誌以外の電子書籍も読みたい」という方と相性のいいサービスです。

ブックパスの概要
  • 運営会社:KDDI株式会社
  • 月額料金:562円
  • 取り扱い雑誌:300誌以上
  • 雑誌以外の書籍数:40,000冊以上
  • 無料期間:30日間

【ブック放題】170誌の雑誌&るるぶ+漫画が読めるサービス


ブック放題
ブック放題は、ソフトバンク系列の株式会社ビューンという会社が運営をしています。ソフトバンクユーザー以外も利用可能です。

170冊種類の雑誌と100冊以上のるるぶが読み放題なので、旅行好きの方にはオススメです。さらに、漫画も20,000冊以上読み放題です。

ブック放題の概要
  • 運営会社:株式会社ビューン
  • 月額料金:500円
  • 取り扱い雑誌:170誌以上+るるぶ100冊以上
  • 雑誌以外の書籍数:20,000冊
  • 無料期間:1カ月間

【dマガジン】200誌以上の雑誌と1500冊以上のバックナンバーが読める


dマガジン

dマガジンは、株式会社NTTドコモが運営している雑誌読み放題サービスです。ドコモのサービスですが、ドコモのスマホを契約していない方でも利用可能です。

月額400円で『SPA』や『週刊朝日』などの200誌以上の雑誌の最新号が読めます。また、1,500冊以上のバックナンバーも閲覧できます。

dマガジンの概要
  • 運営会社:株式会社NTTドコモ
  • 月額料金:400円
  • 取り扱い雑誌:200誌以上
  • 雑誌以外の書籍数:0冊
  • 無料期間:31日間

【楽天マガジン】雑誌読み放題サービスの中で最安値


楽天マガジン
楽天マガジンはその名の通り、楽天株式会社がサービスを展開しています。雑誌見放題の中でも最安値の月額380円で利用できます。年間料金なら3,600円でサービスを利用できるため、月額料金としては300円で契約できることになります。

楽天スーパーポイントでの支払いもできるので、楽天スーパーポイントが余っている方には嬉しい仕様です。

雑誌専門サービスなので雑誌以外の本は読めませんが、「雑誌をできるだけ安く読みたい」という方には最適な選択肢の一つになるでしょう。

楽天マガジンの概要
  • 運営会社:楽天株式会社
  • 月額料金:380円
  • 取り扱い雑誌:200誌以上
  • 雑誌以外の書籍数:0冊
  • 無料期間:31日間

【タブホ】最新号は読めないことがあるが800誌の雑誌が読み放題


タブホ
タブホは株式会社オプティムという企業が運営をしています。

国内最大級の雑誌の取り扱い数を誇っており、ファッションや旅行や料理やビジネスなど800誌以上の雑誌を取り扱っています。

ただし、他のサービスが紙の雑誌が発売した日に最新刊が読めるのに対して、タブホでは、紙の雑誌が発売してから1週間遅れでしか最新刊が読めない雑誌があります。そのため、「最新の雑誌じゃなくても、数多くの雑誌を読みたい」という方向けのサービスです。

無料お試し期間が24時間だけと、他のサービスに比べるとちょっと変わっています。

タブホの概要
  • 運営会社:株式会社オプティム
  • 月額料金:500円
  • 取り扱い雑誌:800誌以上
  • 雑誌以外の書籍数:0冊
  • 無料期間:24時間

【Amazon kindle Unlimited】20万冊以上の圧倒的な電子書籍数


Amazon Kindle Unlimited
Amazon kindle Unlimitedは、名前からもわかるようにアマゾンジャパン合同会社がサービスを展開しています。

電子書籍リーダーの「Kindle」を持っていなくてもスマホやタブレットやパソコンで電子書籍を読めます。

月額料金はやや高めの980円ですが、雑誌以外にも漫画や一般書籍や小説や洋書など20万冊以上の電子書籍が読めるので、読書好きの方にはコスパの良いサービスだと思います。

取り扱いの雑誌数を公式オペレーターさんに問い合わせてみましたが、正確な数は把握していないそうです。私が検索結果で調べた限りでは、1,000冊以上の雑誌が読み放題の対象になっていました。

なお、同時に端末にダウンロードできる冊数は10冊となっているので、大量の本をダウンロードしたい方は注意が必要です。

Amazon kindle Unlimitedの概要
  • 運営会社:アマゾンジャパン合同会社
  • 月額料金:980円
  • 取り扱い雑誌:不明
  • 雑誌以外の書籍数:20万冊以上
  • 無料期間:31日間

【FODマガジン】フジテレビの動画サービスの特典


FODマガジン
FODマガジンは株式会社フジテレビジョン(フジテレビ)が提供している読み放題サービスです。

厳密に言うと、単体のサービスではなく、動画サービスの「FODプレミアム」などのFOD関係のサービスに加入している人が利用できる特典です。

FODプレミアムに登録すれば、2万本のアニメやドラマが観られるので、「雑誌だけじゃなくてドラマやアニメも観たい」という方向けです。

ただし、FODマガジンはダウンロードができませんので、外で雑誌を読みたい方には不向きです。

AmazonのIDでログインすると、1カ月間無料でサービスを使えるキャンペーンを行っています。

FODマガジンの概要
  • 運営会社:株式会社フジテレビジョン
  • 月額料金:888円
  • 取り扱い雑誌:100誌以上
  • 雑誌以外の書籍数:0冊
  • 無料期間:1カ月間(Amazon IDでのログインのみ)

【BookPlace for U-NEXT】国内最大級の動画サービスの特典


BookPlace for U-NEXT
BookPlace for U-NEXTは、有線放送で有名な株式会社U-NEXTがサービスを運営しています。

BookPlace for U-NEXTでは、70誌以上の雑誌と対象の漫画が読み放題となっています。BookPlace for U-NEXTは、単体のサービスではなく、動画見放題サービスの「U-NEXT」の特典です。

「U-NEXT」は映画やドラマなど動画作品80,000本が見放題になるため、雑誌も動画も1つのサービスで楽しみたいという方にはオススメです。

月額料金は、1,990円と雑誌読み放題サービスの中でも最高値です。とはいえ、見放題の対象外の動画や電子書籍の購入に使えるポイントが毎月1,200円分もらえるので、実質790円(1,990-1,200円)とも言えます。

BookPlace for U-NEXTの概要
  • 運営会社:株式会社U-NEXT
  • 月額料金:1,990円
  • 取り扱い雑誌:70誌以上
  • 雑誌以外の書籍数:不明
  • 無料期間:31日間

【マガジン☆WALKER】漫画雑誌のラインナップが分厚い


マガジン☆WALKER

マガジン☆WALKERは株式会社ブックウォーカーという電子書籍の制作会社がサービスを展開しています。

『電撃大王』『月刊ASUKA』などの漫画雑誌や『anan』『女性自身』などの一般雑誌が読み放題です。

「漫画雑誌と一般雑誌の両方が読みたい」という方向けです。

マガジン☆WALKERの概要
  • 運営会社:株式会社ブックウォーカー
  • 月額料金:500円
  • 取り扱い雑誌:73誌以上
  • 雑誌以外の書籍数:0冊
  • 無料期間:契約月のみ

【コミックDAYS】6誌の漫画雑誌が読み放題のサービス


コミックDAYS

コミックDAYSは株式会社講談社がサービスを提供しています。漫画雑誌に特化しており、以下の6誌の漫画雑誌の最新号が読めます。

コミックDAYSで読み放題の6誌
  • ヤングマガジン
  • モーニング
  • アフタヌーン
  • イブニング
  • Kiss
  • BE・LOVE

読める雑誌の種類は6誌と少ないですが、読み放題の6誌を紙で購入するよりもお得です。

また、漫画の購入に使えるポイントが毎月200円分発生するので、月額料金は実質520円です。

漫画好きの方には相性がいい読み放題サービスです。

コミックDAYSの概要
  • 運営会社:株式会社講談社
  • 月額料金:720円
  • 取り扱い雑誌:6誌
  • 雑誌以外の書籍数:不明
  • 無料期間:契約月のみ

まずは無料でサービスをお試ししよう

雑誌読み放題サービスを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

「なんとなく特徴はわかったけど、どこにしようか迷う」という方もいると思います。

幸いなことにほとんどのサービスには、「無料お試し期間」が設定されています。なので、まずは無料でサービスを使ってみて、自分にあったサービスなのか試してみるのがオススメです。

雑誌読み放題サービスで、いつでも雑誌が読める暮らしをゲットしてみてください。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 人気の光回線5選!フレッツ光、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の…
  2. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  3. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要7サイトまとめ
  4. 【2018年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  5. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの11サイトまとめ

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. WiMAXのW05の開封の儀!初期設定や通信速度やバッテリーの持ちをレビュー
  2. UQモバイルのiPhoneはお得?料金やテザリングなど大手キャリアと比較
  3. ビデオマーケットは新作の配信が早い&高画質!使ってみた感想を紹介
  4. 【厳選】電子コミックのおすすめ8サイトまとめ!メリットや選び方も解説
  5. どこがお得?プロが教えるドコモ光のキャンペーン情報【2018年10月版】
  6. どこが最高値?ドコモ光のキャッシュバックを調べてみた【2018年9月版】
  7. 【専門番組見放題】dTVチャンネルとは?サービス内容と実際に使ってみた感想を紹介
  8. 動画数最多!dTVのサービス内容&実際に使ってみた感想
  9. ソフトバンク オンラインショップの機種変更・予約が実店舗よりお得な理由
  10. 知らないと損をする!ドコモオンラインショップのメリットとデメリット

人気記事

  1. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  2. 【2018年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  3. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  4. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  5. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  6. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  7. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  8. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要7サイトまとめ
  9. どっちがオススメ?スカパー!とWOWOWの違いを無料お試し期間から料金まで比較してみた
  10. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た

おすすめ記事

PAGE TOP