Amazon Prime(アマゾンプライム)会員は元が取れる?ビデオや音楽などが豪華なサービス

更新日:2019/06/25
公開日:2018/10/22

「アマゾンプライム会員ってなに?」「アマゾンプライムってお得なの?」「会員になって元が取れるのだろうか」と思っている方もいるでしょう。

アマゾンプライム会員には、数えきれないほどの特典があるので、会員費以上に価値があるサービスといえます。ただ、特典が多すぎて特典を使いこなしている人は、意外と少ないように感じています。ですから、サービス(特典)の内容を把握していなければ、元が取れないこともあるでしょう。

そこで、この記事では、2年以上アマゾンプライム会員を継続している筆者の経験を元に、アマゾンプライム会員の特典をすべてお伝えします。

「アマゾンプライム会員になろうか検討してる方」「年会費の元を取りたい方」は、必見の内容です。また、すでに元が取れていると思っている方にとっても、意外な特典に気づく機会になるかもしれません。

目次

アマゾンプライムとは?年会費や無料体験も解説


アマゾンプライム
アマゾンプライム(Amazonプライム)とは、通販サイトAmazonの有料会員制度のことです。アマゾンプライムに入ることで、非常に多くの特典を利用できます。

アマゾンプライムとは?送料無料&映画や漫画や音楽も追加料金なし

通常Amazonでは、注文金額が2,000円以下のときは、400円の送料がかかります。しかし、プライム会員になっている場合は、400円の送料が無料になります。また、後で詳しく説明しますが、指定便やお急ぎ便も、会員であれば無料で利用できます。

また、アマゾンプライムでは、対象の映画や漫画や音楽も無料です。映画に関してはとても充実しており、『ロボコップ』『トップガン』『ドラえもん』など人気作品が見放題です。映画や漫画、音楽についても、後で詳しく解説しますね。

アマゾンプライムの年会費は?学生や家族はさらにお得

アマゾンプライムの料金は、以下のとおりです。年間払いと、毎月払いの2つが選べます。

アマゾンプライムの年会費
  • 年会費:4,900円
  • 月額料金:500円

年会費は一括払いとなり、途中でサービスを利用しなくなっても、料金は返ってきません。しかし、毎月払いで1年間契約した場合(6,000円)に比べて、1,100円お得です。

上記でも紹介したとおり、月に1回指定便やお急ぎ便を利用するだけで、月額料金の元は取れますね。

さらに学生の方は、年会費が半額の1,900円(月額200円)で利用できます▼

有料会員になると2,000円のクーポンがもらえるので、お得です。Amazonは、学生に優しいですね。なお、アマゾンプライムの配送料に関する特典は、同居家族2名までなら追加登録なしで受けられます。しかも無料期間は6カ月間です。

アマゾンプライムは無料体験期間30日間がある

中には、「いいサービスなのか、よくわからない」という方もいると思います。アマゾンプライムには、初回登録時のみ「30日間の無料お試し期間」があります▼

無料のお試し期間中に解約をした場合、料金は一切かかりません。なので、気軽にサービスを体験できます。

また、無料期間を過ぎると自動的に課金されますが、課金後でもアマゾンプライムのサービスを一切利用していない場合は、返金を受けられる可能性があります。Amazonは良心的ですね。

アマゾンプライム会員のメリット・デメリット

アマゾンプライム会員のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

メリットは、多数の特典を利用できるということです。年会費4,900円ですが、年会費以上の特典を受けられるので、圧倒的なお得感があります。安い料金で、料金以上の特典をゲットできる福袋のようなサービスです。

デメリットは、多数の特典があるにもかかわらず、説明があまりないことです。私の場合、アマゾンプライム会員になった1年目は、宅配の時間指定ができることを知りませんでした。さらに、動画や音楽が無料で利用できることも、知り合いに教えてもらうまで知りませんでした。

アマゾンプライム17のサービス一覧!映画や音楽以外にもオススメが沢山

 
この章からは、アマゾンのサービスを一覧で紹介します。

覚えきれないほどの特典があるため、ひょっとしたらあなたは、「こんなに特典があるの!?」と驚くかもしれませんよ。

アマゾンプライム17のサービス一覧
  • ①プライム・ビデオは豊富な映画・テレビドラマ・アニメが見放題
  • ②プライム・ミュージックは、100万曲以上の音楽が聴き放題
  • ③配送特典が豊富!お急ぎ便や時間指定が無制限で無料
  • ④1時間以内に商品が届くPrime Nowにも対応
  • ⑤プライム会員先行タイムセールに30分早く参加
  • ⑥年に1度のお祭り「プライムデー」|会員だけが参加できる
  • ⑦プライム限定価格|KindleやEchoが割引
  • ⑧Prime Reading|雑誌・漫画のラインナップ
  • ⑨Kindleオーナーライブラリーなら小説や漫画を借りられる
  • ⑩プライム・フォトで動画も手軽に保存できる
  • ⑪Amazonファミリー特典|ベビー用品が安い
  • ⑫プライムペット|犬や猫の強い味方
  • ⑬Twitch Prime|無料でゲームが楽しめる
  • ⑭特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • ⑮Amazonパントリー|邪魔・除外したいという声も
  • ⑯アマゾンダッシュボタンがやばい理由
  • ⑰Amazon Mastercardクラシックでポイント最大2%還元

①プライム・ビデオは豊富な映画・テレビドラマ・アニメが見放題


プライム・ビデオは、多数の人気映画やアニメやドラマを視聴できる動画サービスです。

「正直このプライム・ビデオだけでも、元がとれるのではないか?」と思うほど豪華です。人気のドラマやアニメ作品の、バーゲンセールと言っても過言ではありません。アニメが好きな私は、ほぼ毎日利用しています。

このアマゾンプライムビデオには、以下のような機能が備わっています。

テレビ以外にもパソコンやスマホで観ることも可能

プライムビデオは、パソコンをテレビに繋げて観ることも可能です。最近のテレビなら標準で付いているHDMI入力端子があればテレビでの視聴ができます。もちろん、テレビ以外のデバイスでも視聴可能です。スマホやタブレットなどいろいろな端末で動画を楽しめます。

パソコン以外でも動画を観られるため、通勤・通学時間に映画やアニメを視聴できます。また見放題サービスなので、対象の動画なら、何万本、何十時間アマゾンプライムビデオを利用しても追加の費用はかかりません。

スマホでプライムビデオを観るためのアプリ


なお、アマゾンプライムビデオには、タブレットやスマホで快適に視聴するための、アプリが用意されています。

アプリを使えば、プライムビデオの動画を端末にダウンロードして視聴することが可能です。こうしておけば、スマホやタブレットのデータ通信量を消費せずに、動画を楽しめるので便利です。

HuluやNetflixなどの他の動画配信サービと比較する

アマゾンプライムビデオと、他の動画サービスを比較すると、以下のようになります。

料金 動画以外のコンテンツ
プライムビデオ 月額会員500円
年会会員4,900円(月額408円)
音楽、電子書籍
Netflix 月額800円
月額1,200円
月額1,800円
なし
Hulu 月額933円 なし
U-NEXT 月額1,990円 電子書籍

内容が違うため、比較しづらいですが、対抗馬の中で一番安いNetflixの半額で利用できるのは魅力ですね。

アマゾンプライムのオススメ映画

アマゾンプライのオススメの映画は、以下のとおりです。

アマゾンプライムのオススメ映画
  • エヴァンゲリオンの監督が送る話題作『シン・ゴジラ』
  • 日本よこれが映画だ!『アベンジャース』
  • 時間の大切さがわかる名作『IN Time』
  • シュワちゃんと『ロッキー』の主演が共演『大脱出』
  • 日本人原作&トムクルーズ主演『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

この他にもたくさんの映画があるので、「観たかったけど、当時は映画館に観に行けなかった」 というような作品に多く出会えると思います。

ぶっちゃけ、DVDレンタルすると1枚あたり100円の料金がかかるので、毎月5本の映画を見ただけで、 プライム会員の月額料金500円の元は取れてしまいます。

また映画ではないですが、仮面ライダーアマゾンが活躍する『アマゾンズ』や、松本人志が地上波では流せないエンタメを提供する『ドキュメンツ』などのオリジナル作品も必見です。Amazonと仮面ライダーアマゾンがコラボしたことに驚いたのは、私だけじゃないはず。

②プライム・ミュージックは、100万曲以上の音楽が聴き放題


プライム・ミュージックは、100万曲以上の音楽が聴き放題の音楽サービスです。アマゾンプライム会員になれば、こちらも無料で利用できます。

「他の音楽サービスは3000万曲聴き放題だよ」と思う方もいるかもしれません。しかし、特典の一つと考えると十分豪華です。

なお、上位版のアマゾン ミュージック アンリミテッド(月額:980円)というサービスも、プライム会員なら、割引が適用され月額780円で利用可能。アマゾン ミュージック アンリミテッドは、4,000万曲以上が聴き放題のサービスなので、聴く音楽に困ることはなくなります▼

③配送特典が豊富!お急ぎ便や時間指定が無制限で無料


配送特典も豪華です、たとえば、以下のようなサービスを利用できます。いずれも利用できる回数は無制限です。

配送特典
  • 低額でも送料無料:2,000円以下の送料通常400円が無料
  • お急ぎ便:商品が当日や翌日に届く
  • 時間指定:指定した時間に商品を届く

Amazonでは、通常注文金額が2,000円以下なら400円の送料がかかりますが、プライム会員なら送料が無料になります。お急ぎ便や時間指定も便利なので、Amazonでよく買い物をする人にはオススメです。

④1時間以内に商品が届くPrime Nowにも対応


さらに、東京都、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県など一部の地域限定ですが、注文してから最短1時間以内に商品が届く Prime Nowにも対応しています。

対象商品は限られていますが、すぐに商品が欲しい場合に便利です。初利用時は1,000円割引です。

注文は、Prime Nowのアプリからのみ行えます。

⑤プライム会員先行タイムセールに30分早く参加

アマゾンでは定期的にタイムセールが行われていますが、プライム会員は30分間先行して、タイムセールに参加できます。

タイムセールの商品は、販売個数が限られているので、先行して参加できるのは大きなメリットです。

⑥年に1度のお祭り「プライムデー」|会員だけが参加できる


Amazonでは、毎年7月に大量の商品が特別価格になる「プライムデー」というイベントを行っています。プライム会員だけが、このイベントに参加可能です。

⑦プライム限定価格|KindleやEchoが割引


プライム会員は、電子書籍端末のKindle端末やスマートスピーカーのAmazon Echoなど、アマゾンが提供している端末を割引価格で購入できます。

一部の端末は、4,000円割引で購入できるので、これだけで、プライム会員の年会費4,900円の元が取れてしまいます。

「なんでこんなに、プライム会員はお得なの?」 と思った方もいるかもしれません。Amazonの狙いとしては、お客様にプライム会員になってもうことで、Amazonを積極的に利用してもらい売上を伸ばそうとしているのでしょう。

⑧Prime Reading|雑誌・漫画のラインナップ


Prime Readingは、何百冊もの雑誌や漫画の電子書籍版が読めるサービスです。

これだけでもかなりお得ですね。さらに、Amazonは、毎月10万冊の本が読み放題のAmazon Kindle Unlimitedという「数の暴力」のようなサービスも用意しています。

Amazon Kindle Unlimitedは月額980円ですが、初回登録時は無料で30日間利用できるので、アマゾンプライム会員と合わせて試してみてください▼

⑨Kindleオーナーライブラリーなら小説や漫画を借りられる

Kindle オーナーライブラリーは、電子書籍リーダーのKindleを持っている方向けのサービスです。毎月1冊の電子書籍(対象の書籍に限る)を無料で借りることができるため、 月々の本代を少しでも節約したい人にはいいサービスです。

⑩プライム・フォトで動画も手軽に保存できる


意外と知られていませんが Amazonでは写真も保管できます。プライム・フォトというサービスで、写真は無制限、動画は15GBまで保存できます。

Google フォトは写真が圧縮されることがあるのに対して、プライム・フォトは写真が圧縮されずに保管できるので、画質にこだわりたい人にぜひ使ってもらいたい特典です。

⑪Amazonファミリー特典|ベビー用品が安い


さらにAmazonファミリー特典というものもあり、ベビー用品など日用品を安く買うことができます。主婦の強い味方ですね。

⑫プライムペット|犬や猫の強い味方

まだまだあります。プライムペットというサービスでは、自分のペットを登録することで、ペットに合わせたセールやオススメ商品の情報を受け取れます。

⑬Twitch Prime|無料でゲームが楽しめる


Twitch Primeでは、プライム会員限定のゲームを無料で遊べます。アマゾンプライムの商品企画者は、「これも特典にしてしまえ」という勢いでサービスを作ったのでしょうか。

⑭特別取扱商品の取扱手数料が無料

特別取扱商品とは、大きなサイズや重量が重い商品など、配送時の取り扱いに特別な配慮が必要な商品のことです。たとえば、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電が特別取扱商品のカテゴリーに入ります。少しマイナーなサービスですが、アマゾンプライム会員なら、この特別取扱商品の取扱手数料が無料になります。

⑮Amazonパントリー|邪魔・除外したいという声も


Amazon パントリーとは、1箱390円で 日用品などを割引価格でご購入できるサービスです。画面に表示されているダンボールの容量まで商品を1度に購入できます。また、時期によっては、専用のクーポンが使えます。

ただし、このサービスに関しては、ダンボールの容量が大きすぎて使い勝手が悪いうえ、つい余計なものを買ってしまうなど、ネット上では、「邪魔」「除外」したいという声もあるため、賛否両論のようです。

⑯アマゾンダッシュボタンがやばい理由


アマゾンダッシュボタンは、押すだけで、押したボタンの製品を届けてくれます。500円で購入可能。

「お手軽」というと聞こえはいいですが、ボタンを押しただけで注文が発生してしまうので、小さなお子様がいたずらで押したら大量の商品が家にきて、経済的な打撃を受けるリスクがあります。なので、利用には注意が必要です。

⑰Amazon Mastercardクラシックでポイント最大2%還元


プライム会員がAmazon Mastercardクラシックというクレジットカードを使って、アマゾンで買い物をすると2%のポイント還元を受けられます。

10,000円の買い物をするごとに、200円分のポイントが貯まるので結構お得です。

アマゾンプライム会員になるには?支払い方法や注意点

「アマゾンプライム会員が、すごくお得なことはわかったけど、どうやって登録すればいいの?」

と思っている人もいると思います。そこで、この章では アマゾンプライム会員の「登録方法」や「支払い方法」から「注意点」までを、わかりやすくお伝えします。

アマゾンプライムの会員登録は簡単

アマゾンプライム会員の登録方法は、いたって簡単です。

すでにアマゾンのアカウントを持っている人なら、 アマゾンプライム会員の登録ページに行って、会員登録を押すだけです。
アマゾンプライム

年会費の3つの支払方法!コンビニは未対応

アマゾンプライムの年会費の支払い方法は3つ。

年会費の3つの支払方法
  • ①クレジットカード払い
  • ②Amazon ギフトカード
  • ③携帯決済(docomoまたはauのみ)

残念ながら、コンビニでの請求書での支払いは対応していません。しかし、コンビニでも販売しているAmazon ギフトカードを使えば、現金で会費を支払うこともできます。また、docomoかauのユーザなら、月々の携帯料金と一緒に会費を支払うことも可能です。

アマゾンプライム会員登録の確認方法

「自分が アマゾンプライム会員になっているのかどうかわからない?」と思う人のために、確認方法をお伝えします。

Amazonへログインして、画面右上のメニューのアカウント情報から、「プライム会員情報」を選択します▼

会員タイプが「プライム」と表示されていれば、アマゾンプライム会員です▼

アマゾンプライム会員の注意点!無料期間を過ぎると自動課金

アマゾンプライム会員の注意点は、無料登録期間を過ぎると自動的に課金されてしまうということです。

そのため、「料金を払ってまで、プライム会員を契約する必要はない」と思ったときは、無料契約期間中に解約しておくことをオススメします。

おわりに:アマゾンプライム会員は簡単に元が取れる

アマゾンプライム会員には、やりすぎなほどの豪華な特典があるため、月額400円の元は簡単に取れます。

実際、私も アマゾンプライム会員を2年継続していますが、 アマゾンプライム会員が高いと思ったことはありません。

お急ぎ便で商品を颯爽とゲットし、仕事が終わったらプライムビデオで映画やアニメを楽しんでいます。

普段あまりAmazon を使わないという方でも、映画が好きな方、本が好きな方、音楽好きの方には、単独の特典だけでも、お得なサービスとなっています。

30日間の無料体験期間もあるため、まずは無料で試してアマゾンプライム会員のお得さを実感してみてはいかがでしょう。

アマゾンプライム

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  2. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  3. 人気の光回線5選!フレッツ光、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の…
  4. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  5. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ

関連記事

  1. WOWOWの無料お試し期間

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. ホームルーターのメリット・デメリットとは?オススメ5機種を徹底比較!
  2. ソフトバンクエアーの複雑な料金プランを解説!レンタルと購入は何が違う?
  3. 快速?グローバルWiFiの通信速度が速いか遅いかハワイ出張にて計測!
  4. dブックとは?漫画や実用書の種類からアプリの機能まで実際に使った感想
  5. Tマガジンは400誌以上の雑誌が読み放題!実際に使ってみた感想
  6. どっちがいい?Apple MusicとSpotifyを両方契約している私が比較解説してみた
  7. 【画像付き】U-NEXTのダウンロード方法!オフライン再生を楽しむ小技
  8. U-NEXTの支払い方法や月額料金の全まとめ!料金を安くするワザも公開
  9. 本当に無制限?縛りなしWiFiとは?4つの特徴と料金&実際の通信速度!
  10. Amazonプライムの支払い方法4つ!変更方法や月額料金+15個の特典

人気記事

  1. どっちがオススメ?スカパー!とWOWOWの違いを無料お試し期間から料金まで比較してみた
  2. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  3. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  4. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  5. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  6. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  7. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  8. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  9. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ
  10. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!

おすすめ記事

PAGE TOP