定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較

公開日:
更新日:

NO MUSIC, NO LIFE.

「CDが売れない時代」と言われていますが、日本はまだマシな方です。アメリカでは、大手CDショップのタワーレコードが全店舗閉店している状況です。

CDが売れなくなった理由として、主に音楽(mp3ファイル)のダウンロード販売の普及が挙げられていました。しかし、現在ではダウンロード販売を抑えて「ストリーミングサービス」が米音楽業界の売上の主流となっています。


全米レコード協会調べによると、2016年上半期の売上の内訳は、ストリーミングが47%、ダウンロード31%、CD等の物理メディアが20%となっています。

その波は太平洋を越え、日本でも音楽ストリーミングサービスの利用者数は右肩上がりです。

この記事では、月額定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービスの主要10社を、友人のバンドマンと一緒に使った感想と共に紹介・比較していきます。

定額制音楽ストリーミング配信サービスとは?

音楽ストリーミング配信サービスは、一定の月額料金で音楽が聴き放題のサービスのことです。

ただ「音楽が聴き放題」というだけはありません。再生中の曲からオススメの曲を紹介してくれたり、ユーザー同士でプレイリストを通じて交流できたり、様々な機能が搭載されているのが魅力的です。

ほぼ全てのサービスで約30日間の無料体験期間が設定されています。なので、サービスの使用感や、自分の好きなアーティストの曲が聞けるかを無料で試すことができます。

ダウンロード販売とストリーミングサービスの違い

ストリーミングって何?という方もいるかと思います。定額制音楽配信ストリーミングサービスはダウンロード販売サービスと比べると以下の違いがあります。

iTunesに代表されるダウンロード販売は、mp3ファイルを購入し、スマホやPCに保存するので、デバイスの空き容量が必要です。音楽ファイルは自分の所有物なので、購入したストアを退会しても、ダウンロードした曲はいつでも、どこでも、ずっと聴けます。また、ネットに繋がっていなくても、音楽は楽しめます。

それに対して、ストリーミングサービスは、月額定額で聴き放題のサービスです。ファイルををスマホやPCに保存しないので、空き容量が不要です。ただし、ストリーミングサービスを退会すると曲は聴けなくなります。そして、ネットに繋がっていないと(各サービスに繋げないため)、音楽は楽しめません。

ここで少し厄介なのは、「キャッシュ保存」の存在です。「キャッシュ保存」とは、一時的に音楽ファイルをスマホに保存し、オフラインでも音楽を楽しめるようにする機能です。だいがい各社「キャッシュ保存」の機能を実装しています。ある意味、一度スマホに音楽ファイルを”ダウンロードする”のですが、そのファイルは自分の所有物ではないので、ストリーミングサービスを退会するとスマホからもファイルが消えてしまいます。

今回、紹介する音楽ストリーミングサービスは、ダウンロード(購入)はできず、ストリーミングのみ利用できるサービス達です。

「YouTubeでいいんじゃない?」という人へ

中には「わざわざ、音楽配信サービスを有料で契約しなくても、無料で使えるYouTubeで充分じゃい」という人もいるでしょう。

しかし、音楽配信サービスには以下の5つの優位性があります。

  • 完全合法
  • ラインナップが豊富
  • 邪魔な広告表示がない
  • 高音質が楽しめる
  • 新しい音楽と出会える機能が満載

特に完全合法というのが重要なポイントです。音楽配信サービスの先駆者「Spotify」は、かつて無法地帯と化していた違法アップロードや海賊版ダウンロードサイトを激減させたと言われています。

ストリーミングサービスが提供する5つの音楽の楽しみ方

音楽ストリーミングサービスには、目当ての曲を検索して聴く以外にも様々な機能があります。以下の機能は、どのサービスでも実装されています。

1. 終わりなく再生してくれる「ラジオ機能」

DJが選ぶ曲をエンドレスで流し続けてくれる機能です。BGMとして音楽を楽しみたい人にもってこいです。

2. AIのセンスが光る「ステーション機能」

再生していた曲と「似た曲」をAIが選んで再生してくれる機能です。選曲のセンスは、各サービスで異なります。今まで知らなかったけど自分の好きな音楽と出会えるかもしれません。

3. 意外と便利な「歌詞表示機能」

その曲の歌詞データがある場合に、歌詞を表示してくれる機能です。サービスによっては、現在歌われている箇所を目立たせて表示してくれるものもあります。洋楽の和訳についてはまだ実装されているサービスは無いようです。

4. 美味しいところだけ「ハイライト再生」

1曲のうちの盛り上がる1分半くらいの部分をピックアップして再生していく機能です。サビだけ聴きたい人には便利ですね。

5. データ量を節約できる「キャッシュ機能」

再生に必要な情報を端末に保存(キャッシュ)して、機内モードや圏外というオフライン状態でも音楽が聴ける機能です。ほぼすべてのストリーミングサービスでついています。

ここから実際に、音楽ストリーミングサービス10社を紹介していきます。ほとんどのサービスがアプリ化されているので、アプリのリンクも張っておきます。

①Apple Music


Apple Music

  • 運営:Apple Inc.
  • 開始:2015年11月
  • 料金:月額980円
  • 曲数:3,000万曲

Apple Music(アップルミュージック)は、iPhoneやMacでおなじみのAppleの音楽聴き放題サービスです。比較的後発のサービスだけあって、使いやすいです。無料では利用できませんが、業界最長の3カ月間のトライアル期間があるので、実際にじっくり使ってから利用するかどうかを考えられます。

iCloudのミュージックや、PCから転送した曲をまとめて管理できたりと、iOSユーザーには嬉しい恩恵もあります。Android版アプリはありますが、「Apple Music」というiOS用のアプリはありません。iPhoneにデフォルトで入っている「ミュージック」アプリ内にApple Musicが内蔵されています。

そんな中でも目玉は、Appleのファミリー共有機能を基にした1,480円のファミリープラン。文字通り家族で使ってもいいのですが、友達同士での共有も可能です。割り勘にした場合の1人あたりの料金は以下になります。(メインのアカウントに1,480円が一括請求されます。)

  • 1人:1,480円
  • 2人:740円
  • 3人:493円
  • 4人:370円
  • 5人:296円

2、3人でも十分安いですが、4人以上集まれば、3,000万曲聴けるのにAmazon Prime Music並みに安いです。ただし、初期設定のままだと写真、位置情報なども共有されます。Apple Musicのワリカン目的なら、音楽以外の共有を無効にしておきましょう。

以下の記事では、Apple Musicにより詳しく解説しているので、興味がある人は参考にしてください。

②Google Play Music


Google Play Music

  • 運営:Google Inc.
  • 開始:2015年9月
  • 料金:月額980円
  • 曲数:4,000万曲

Google Play Music(グーグル・プレイ・ミュージック)は、IT界の巨人Googleが他社ストリーミングサービスの様子を見つつ、2015年9月に満を持して開始させた音楽配信サービスです。

無料ではGoogleが用意している4000万以上の楽曲にアクセスできませんが、自分が所有している音楽ファイルを5万局までクラウドに保存できます。音楽データを一か所で管理したい場合には便利でしょう。ちなみに5万曲は13曲入りのアルバム3,846枚分に相当します。

Google Play Musicの有料会員になると、4,000万曲以上の楽曲にアクセスできる他、気分に合わせた「ラジオ機能」も利用できます。また、何気に嬉しいのがYouTubeの広告が非表示になること。YouTubeのヘビーユーザーには大きなメリットでしょう。また、楽曲の検索機能がとても優秀です。さすがGoogle。Apple Musicのファミリープランに相当するものもあります。

なぜか、アプリからはアカウント登録できず、ブラウザから登録する必要があります。無料アカウントの登録にも支払い情報の登録が必要なので、クレジットカードなどを用意しておくといいでしょう。

Google Play Musicをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

③Spotify


Spotify

  • 運営:スポティファイジャパン株式会社
  • 開始:2016年9月
  • 料金:月額980円
  • 曲数:4,000万曲

Spotify(スポティファイ)は、2008年にスウェーデンからはじまった「世界最大手の音楽配信サービス」です。曲数はなんと4,000万曲が聴き放題。非常にシンプルで使いやすく、音質的には、他と比べて気持ち低音が強調されていて、迫力があります。

世界的なサービスだけあって、洋楽中心で邦楽はやや少なめです。今回紹介するサービスの中では、無料版でも1曲まるごと再生できるサービスです。Facebookアカウントでも登録できるので、Facebookを利用している方は簡単に始められます。

しかし、無料会員のままスマホで利用すると、シャッフル再生しかできず、検索機能も利用できません。曲と曲の間に数十秒の音声広告も流れます。スキップ機能(曲の変更も含む)にも制限があり、一日6回しか使えません。ただし「マイリスト」には登録できるので、お気に入りの曲が見つかったら「マイリスト」に登録して楽しみましょう。

一方で、PCの場合、無料会員でもシャッフル再生にならず、自分の聞きたい曲を検索もできます。スキップ機能も無制限で使えるので、自分のお気に入りの曲にも出会いやすくなるでしょう。スマホと同様、広告は流れますが、Spotifyは無料でも十分に音楽配信サービスとして利用できるのではないでしょうか。

Spotifyをもっと詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。

④awa


awa

  • 運営:AWA株式会社
  • 開始:2015年5月
  • 料金:月額960円
  • 曲数:3,000万曲

awa(アワ)は、2015年5月にエイベックス・グループとサイバーエージェントによって共同で作られた音楽ストリーミングサービスです。無料でも利用できますが、ハイライト再生(1:30のみ)のみで、月に20時間までしか使えません。

作りはSpotifyに似てますが、邦楽はこちらが断然多いです。個人的には一番直感的に動くと感じました。デザインが綺麗でカッコイイです。曲のリリースの年が表示されたり、アルバムがパッと表示されるところも嬉しいです。

お気に入りポイントは「プロではなく、awaユーザーが作るプレイリスト」。再生中の曲から、「その曲が入ったプレイリスト」の数々へスムーズにアクセスでき、自分の趣味に絶妙な距離感の「関連する音楽」に出逢えたり、その曲自体が色んな感覚で解釈されていることを知る面白さがあります。AIからのオススメや、プロが選んだプレイリストもいいですが、イチ音楽ファンが作るこだわりや愛情が伝わるプレイリストもいいものです。

7日に一度オンラインにしないと聞けなくなるのが弱点です。ただ、頻繁にWi-Fi環境でキャッシュを取り込める環境があるなら、問題ないです。個人的に好きなのはこのawaです。

awaについてさらに詳しく知りたい人は以下の記事を読んでください。

⑤Amazon Prime Music


Amazon Prime Music

  • 運営:amazon
  • 開始:2015年11月
  • 料金:年額3,900円 or 月額400円
  • 曲数:100万曲

Amazon Prime Music(アマゾン・プライム・ミュージック)は1年契約ですが、月額に直すと325円安いです。※Amazonは2017年6月に、毎月400円の月額プランの提供も開始しました。

ただし、曲数は全体で100万曲なので、1曲あたりの値段は他社に比べると割高です。また、UI(使いやすさ)はイマイチで、動きが遅いです。

Amazon Primeはもともと荷物のお急ぎ便が無料になるサービスなので、ストリーミングサービスはオマケと考えれば、その割にかなり使える感があります。

曲のオススメのされ方がAmazon特有の「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という感じで表示されます。この「Amazonらしさ」が面白いです。

⑥楽天ミュージック


Rakuten Music

  • 運営:楽天株式会社
  • 開始:2016年8月
  • 料金:月額980円、500円
  • 曲数:500万曲

楽天ミュージックは、楽天が提供している聴き放題の音楽配信サービスです。楽天ポイントが5倍になったり、楽天ブックスでCDが5%割引になる等、様々なキャンペーンを提供しています。

決算方法は楽天Payとapple決済が選べます。楽天Payの方がポイントが貯まったり、キャンペーンが利用できるので、楽天ユーザーと相性が良いサービスです。

月額500円で月に20時間まで聞けるライトプランと、月額980円で何時間でも聞けるスタンダードプランが用意されています。

⑦KKBOX


KKBOX

  • 運営:KKBOX JAPAN合同会社
  • 開始:2013年6月
  • 料金:月額980円
  • 曲数:2,000万曲

KKBOX(ケイケイ・ボックス)は、台湾発のサービスで、C-POP、K-POP等、アジア圏の音源の豊富さは群を抜いています。

アーティストのWikipediaのリンクがあったり、曲を聞かせて音声検索ができる等、他にない便利さもあります。ただ、動きが重くなったり、細かい部分のフォントがイマイチ洗練されていない様に感じられる部分もありました。

他のストリーミングサービスと比べ、様々な機能がついた総合音楽プラットフォームといったところでしょうか。

最初は若干、音が軽いような気がしましたが、最高音質(320kbps)でキャッシュするように設定を変えたらところ、あまり気にならなくなりました。

PCでは、無料でも1曲30秒間、視聴できます。アプリをDLしてログインすると勝手に30日間のトライアルが始めるので、アプリを利用する時は気をつけましょう。

KKBOXについてさらに詳しく知りたい方はこちらも参考にしてみて下さい。

⑧レコチョクBest


レコチョクBEST

  • 運営:株式会社レコチョク
  • 開始:2013年4月
  • 料金:月額980円
  • 曲数:550万曲

レコチョクBestは「レコチョク=レコード会社直営」ということで、国内メジャーレーベルが共同出資して作られたサービスで、現在はNTTドコモが筆頭株主です。

レコチョクは音楽ダウンロード販売サービス、レコチョクBestが聴き放題の音楽ストリーミング配信サービスです。

邦楽のラインナップが充実していると感じました。ただ、CDバブルの時代などに大成功を収めたアーティストの曲は、無いか、オルゴールサウンドの場合がほとんどです。これは、レコチョク以外でもそうですが。。最近リリースされた邦楽はけっこう揃っています。洋楽も有名どころはちゃんとあります。

UIは、いわゆる「J-POP」の雰囲気そのもので、見た目はイマイチですが機能は使いやすいです。例えば、関連アーティストのところに、「元メンバーの〇〇が所属しているバンド」などの説明があるのは有難いです。

レコチョクBestは登録なしでもPCからも見られるので、試しに検索してみると雰囲気がわかると思います。初月無料になるのはPCからの登録のみなので、スマホからではなくPCから登録した方がお得です。無料でもPC、スマホ共に30秒/曲の視聴ができます。

レコチョクBestについてさらに知りたい人はこちらの記事を読んでみてください。

⑨LINE MUSIC


LINE MUSIC

  • 運営:LINE MUSIC 株式会社
  • 開始:2015年6月
  • 料金:月額960円
  • 曲数:2,400万曲

LINE MUSICは、LINEと組み合わせた場合に便利な機能が多いです。好きな曲をLINEのプロフィールのBGMや着信音に設定できたり、友達とシェアした曲をトーク画面で再生できたり、LINEユーザーを意識した作りになっています。

LINE MUSICの凄いところは、格安SIMの『LINEモバイル』のプランの中に、LINE MUSICを無制限で聴けるサービスがあるところです。

月20時間まで利用ができる500円のベーシックプランがあったり、学生割があったりと、若者向けのプランが充実しています。無料でも30秒/曲の視聴ができるため、まずは利用してみるのもいいでしょう。

LINE MUSICをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

⑩ANiUTa(アニュータ)


ANiUTa

  • 運営:株式会社アニュータ
  • 開始:2017年3月
  • 料金:月額600円
  • 曲数:5万曲

ANiUTa(アニュータ)は、アニメソング、ボーカロイド曲に特化したストリーミングサービスです。他サービスではまず見られなかったアーティストの名前がゴロゴロいます。

有料プランの無料体験期間がありませんが、無料版との違いは、フル再生、プレイリストの利用、320kbpsでの再生、先行チケット応募の可否です。

ブラウザ版がないので、スマホアプリのみでの利用になります、聞きたい曲が入っているかどうかは、アプリを使ってからはじめてわかります。無料でも30秒/曲の視聴ができるため、実際にどんなラインナップがあるのか確認してみましょう。

曲を検索する際、検索候補の欄が入力文字の変換候補の部分と被って使い辛かったり、UIはいまひとつです。ただ、アニメ特化のストリーミングサービスはニーズがあると思うので、是非、曲数と共に規模を拡大していってほしいと思います。

【比較・ランキング】あなたにオススメの音楽配信サービスはどこだ?

ここからは、音楽聴き放題サービスの基本情報や機能を比較していきます。

「月額」「曲数」「ジャンル」「有料版お試し期間」の比較表

まずは、「月額」「曲数」「ジャンル」「有料版お試し期間」を比較してみましょう。これを見れば、あらかじめ重視している項目でサービスを絞りやすくなると思います。

月額 曲数(万曲) ジャンル 有料版お試し期間
レコチョク 980円 550 邦楽中心 1か月
KKBOX 980円 2,000 アジア 1か月
awa 960円 3,000 バランス型 30日
LINE 960円 2,400 若者向け 30日
apple 980円 3,000 洋楽寄り 3か月
google 980円 4,000 洋楽寄り 30日
amazon 325円 100 洋楽寄り 30日
spotify 980円 4,000 洋楽中心 30日
楽天 980円 500 邦楽寄り 30日
Aniuta 600円 5 アニソン なし

※ジャンルは個人的な印象です。

「音質」「歌詞表示」「オフライン再生」「UI」の比較表

続いて、「月額」「曲数」「ジャンル」「有料版お試し期間」を比較してみましょう。

音質
(kbps)
歌詞表示 キャッシュ
(オフライン再生)
UI
(使いやすさ)
レコチョク 128-320 2,000曲
KKBOX 128-320 4,000曲
awa 64-96-128-320 無制限
LINE 64-192-320 500曲
apple 自動調整-256 無制限
google 96-160-320 × 無制限
amazon 48-128-256 × 無制限
spotify 96-160-320 3,333曲
楽天 64-128-320 2,000曲
Aniuta 128-320 16GB(約2,000曲)

音質に関しては、全サービスとも設定でビットレートを調整できます。個人的には、128kbps以下は明らかに低音質と感じます。しかし、192kbpsを超えると正直、違いが分からなくなります。高音質ほどデータを消費するので、バランスの良い音声で聞くのがオススメです。

※UI(使いやすさ)は個人的な感想です。

料金の比較

音楽聴き放題サービスの「料金」をグラフ化して比較しました。

基本的には980円でどこも横並びですね。awaとLINE musicだけ960円(-20円)と少しだけ安く、amazonは料金だけ見ると325円と安いですね。

曲数の比較

音楽聴き放題サービスの「曲数」をグラフ化して比較しました。

料金と違い、曲数には大きな差があるようです。

料金と曲数の関係

ここで、音楽配信サービスの料金と曲数の関係図を見てみましょう。縦軸が曲数で、横軸が月額料金です。

音楽ジャンルの傾向~邦楽・洋楽ラインナップ比較~

ここまで各サービスについて紹介してきましたが、料金は大まかには横並びで、主だった機能も大体似たようなものが実装されています。

曲数に関しては、総曲数よりも、自分の好みのジャンルの曲が多いかの方が重要かと思います。

以下の図は、大体の曲の指向性を邦楽、洋楽で、大まかにまとめたものです。

個人的な印象なので、あくまで参考までにご覧ください。

海外と違い、日本はレコード会社の数が多く、権利上の問題からストリーミングサービスの展開になかなか足並みが揃わない状況にあります。

現状だと、邦楽に関しては、聞きたいアーティストが入っていないか、オルゴールサウンドである場合がほとんど。オルゴールサウンド問題が解決したサービスが出てきてくれたらと思います。

【追記】実際に各サービスでどれくらい楽曲ラインナップが違うのかを「Spotify」「Google play Music」「Apple Music」「LINE MUSIC」「AWA」の5サービスで調べてみました。

洋楽に関してはほとんどどのサービスも変わらないようです。邦楽に関してはサービスによって聞けるアーティストが少しだけ異なります。Spotifyは邦楽が弱いのですね。

ただ、人気の?5サービスに限って言えば、楽曲のラインナップはサービス間でそこまで大きな違いはありません。各サービスを選ぶ際はそのサービスが使いやすいか、感覚的に自分に合っているかで決めてよいと思います。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。「邦楽POPS」「邦楽ROCK」「邦楽アイドル(男性)」「邦楽アイドル(女性)」「洋楽POPS」「洋楽ROCK」「K-POP」の7ジャンルに分け、74のアーティストの対応アルバム数を調べて比較しています。

まとめ:音楽ストリーミングは最先端の音楽の楽しみ方

音楽の楽しみ方は時代と共に、ネアンデルタール人の笛からはじまり、先住民の精霊儀式、琵琶法師の弾き語り、レコード、CD、MP3と移り変わってきました。そして、定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービスは時代の最先端。

iPodの登場時も「ポケットに1,000曲を入れて持ち歩ける」と話題になりましたが、今では世界中の数千万曲を手中に納め、どこでも楽しめます。Spotifyだけでも、全曲聴き終わるのに、304年かかるほどのボリュームです。

今回紹介したサービスはどこも無料期間があるので、使い心地や曲のラインナップを見て、自分にあったサービスを見つけてみてはいかがでしょうか?

NO STREAMING, NO MUSIC.

ピックアップ記事

  1. 仮想現実へ旅にでよう!東京のVR体験スポット4つ巡ったレポート
  2. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  3. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  4. 【音楽学】音楽産業の歴史と発展~レコード・CD・MP3・ストリーミング~
  5. PSVR開封の儀!話題のPlayStation®VRを実際に体験してみた感想

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. Google Homeで出来るゲームを1人&みんなで遊んでみた
  2. Google Homeが壊れたらデータは消えるのか?保証サービスはあるの?故障時の手引
  3. iPhoneをAlexa搭載AIスピーカーにできるアプリ「Apolo」を使ってみた感想
  4. 【画像で解説】Google HomeをBluetoothスピーカーとして使うための設定方法
  5. Google HomeでSpotifyを再生するまでの手順
  6. Google Home とGoogle Home mini の違いは?音質を比較してみた
  7. ビックカメラとauショップでGoogle Homeを体験してきた!
  8. 【日本で買える】AIスピーカーに対応してるスマート家電・IoTデバイス一覧
  9. LINE Clova WAVEの初期設定の仕方を解説
  10. 1週間で800円!Google HOMEをTSUTAYAでレンタルする手順と感想

おすすめ記事

  1. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  2. 【音楽学】音楽産業の歴史と発展~レコード・CD・MP3・ストリーミング~
  3. 格安SIMの通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  4. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  5. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  6. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  7. 400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  8. 海外でスマホを使うには?海外旅行中にネットを嗜む6つの方法まとめ
  9. ARで未来はどう変わる?最新のAR技術が使われている15の分野と活用事例を紹介
  10. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
PAGE TOP