Apple Musicを3カ月使って気づいたサービスの特徴と感想

公開日:
更新日:

音楽を聴いていますか?

「パソコンからスマホに音声ファイルを入れるのが面倒」「新しい曲を聴く機会が減った」という人もいるでしょう。

Appleが提供するApple Musicなら、月額980円で約3,000万曲の楽曲が聴き放題になります。聴ける曲が多いだけでなく、Appleらしい直感的な操作が可能です。さらに、新しい楽曲との出会いも提供してくれるので、重宝しています。

この記事では、SpotifyやAWAなど、有名どころの音楽聴き放題のサービスを一通り使った経験を元に、Apple Musicの特徴や使用感を詳しく紹介していきます。Apple Musicを検討している人は、参考にしてください。

Apple Musicとは?


Apple Musicとは、Appleが開発した定額制音楽ストリーミング配信サービスです。

「サブスクリプション」と呼ばれる月に一定の料金を支払えば、楽曲が聴き放題になるサービスです。MacやiPhoneに限りらず、WindowsのPCやAndroidスマホでも利用できます。

  • 運営会社   :Apple Inc.
  • サービス開始 :2015年6月30日
  • 月額料金   :980円(個人)、1,480円(家族)、480円(学生)
  • 無料トライアル:3カ月間
  • 曲数     :約3,000万曲
  • 音質     :最大256kbps(通信状況に応じて自動調節)
  • アプリ   :Android版⭐︎3.4、iOS版⭐︎4.1

Apple Musicには、ブラウザ版がありません。なので、パソコンでは、iTunesをダウンロードしてApple Musicを使います。

ダウンロードとストリーミングの違い


違いが分かりづらいですが、iTunes Storeが「ダウンロードサービス」なのに対して、Apple Musicは「ストリーミングサービス」です。

ダウンロードは楽曲を「所有する権利」を得ます。ダウンロードすると音楽ファイルを所有できるので、音声ファイルを自由にコピーでき、iTunes Storeを退会しても楽曲を聴けます。

それに対し、ストリーミングは楽曲を「聴く権利」を得ます。ストリーミングでは、音声ファイルを所有していないので、音声ファイルをコピーできません。さらに、Apple Musicを退会した後は、全ての曲が聴けなくなります。

聴ける曲数は約3,000万曲

Apple Musicでは、iTunes Storeの4,300万曲の中から、約3,000万曲が聴き放題になります。ストリーミングサービスの中で、最大の曲数を誇るSpotifyの4,000万曲、Google Play Musicの3,500万曲に次ぐ曲数なので、ラインナップは豊富です。

ただし、Apple Musicの公式オペレーターさんに問い合わせたところ「曲数は日々増えたり、減ったりしているので、正確な曲数は分かりません」との回答をいただきました。

使うには支払い情報登録済みのApple IDが必要

他社のサービスでは、アカウントを登録すれば、すぐにサービスを使えます。しかし、Apple Musicを使うには、クレジットカードなどの「支払い情報の登録が済んでいるApple ID」が必須です。

Apple IDはこちらで取得できます。Apple IDを持っていない私のようなAndroidユーザーにとっては、面倒だと感じる仕様でした。

無料期間は業界最長の3カ月間


Apple Musicの無料体験期間は3カ月間と、かなり太っ腹です。他社のサービスの多くは無料体験期間が1週間~1カ月間なので、驚異的な長さです。

体験どころか、Apple Musicの機能をたっぷりと楽しめます。ただし、3カ月間を過ぎると自動的に有料会員に切り替わるので、注意が必要です。Apple Musicの解約方法については、別の記事で詳しくお伝えします。

Apple Musicの3つの料金プランと支払い方法

Apple Musicの料金プランは、以下の3種類です。

  • 標準的な「個人メンバーシップ」月額:980円
  • 家族以外の人とでも使える「ファミリーメンバーシップ」月額:1,480円
  • 高校生から使える「学生メンバーシップ」月額:480円

それぞれ、細かく説明してきます。

標準的な「個人メンバーシップ」月額:980円

「個人メンバーシップ」は月額980円で、Apple Musicが1名だけ使えるプランです。他社サービスの月額も960円~980円程度なので、ほぼ横並びの料金設定になっています。

家族以外の人とでも使える「ファミリーメンバーシップ」月額:1,480円

Apple Musicの「ファミリーメンバーシップ」は6つのアカウントが発行されるので、最大6名までApple Musicを利用できます。なお、6つのアカウントは家族以外の人と使ってもOKです。

Apple Musicを6名で使って、ファミリーメンバーシップの月額1,480円を6名で割り勘すれば、1人あたりの月額はわずか246円になります。メンバーになってくれる人が見つかる人には、相性が良いプランですね。なお、料金は代表者が一括して払うことになります。

ただし、自分の場合は、周りにApple Musicを使いたい友人がいなかったので、縁のないプランでした。

学生にやさしい「学生メンバーシップ」月額:480円

学校で配布される「〇〇(学校名).ac.jp」などの学生向けメールアドレスを認証させることで、学割でApple Musicが利用できます。

学食のBランチを1回我慢すれば、1カ月使えると考えればリーズナブルかもしれません。なお、登録できるのは、大学生・専門学校生・短大生のみで、高校生は登録できません。

Apple Musicには無料プランがない

Apple Musicには無料プランがありません。なので、Apple Musicは、無料体験期間の終了後は一切のサービスが使えなくなります。

多くのサービスでは、無料体験期間の終了後でも、曲の再生時間が30秒までになり、キャッシュ機能も使えなくなるものの、作成したプレイリストやお気に入り情報はそのまま残る無料プランがあります。「無料体験期間のうちに決めてください」ということかもしれません。

Apple Musicの支払い方法

Apple Musicの支払い方法は以下の3通りあります。

  • クレジットカード支払い(Apple ID経由)
  • キャリア決済支払い
  • Apple Musicギフトカード

個人メンバーシップで利用する場合は、Apple Musicギフトカードが断然お得です。

Apple Musicギフトカードは全国のApple Storeをはじめ、コンビニや家電量販店などで購入できます。アカウント画面から[コードを使う]を選択し、購入したAplle Musicカード裏面に書いてあるコードを入力すれば支払い完了です。

通常の料金とApple Musicギフトカード払いの違いは、以下の通りです。

Apple Musicギフトカード Apple Musicギフトカード以外
3カ月間 2,940円 2,940円
12カ月間 9,800円 11,760円

1年間使うなら、Apple Musicギフトカードで支払うと2ヶ月分(1,960円)お得になるApple Musicギフトカードがオススメです。

Apple Musicの音質は普通

音楽配信サービスの音質は、Apple Musicは「悪くはないが、感動するほど良くはない」というレベルです。

少し専門的な話をすると、kbpsが大きいほど音質は良くなります。Apple Musicのファイル形式は、mp3ではなくAAC(Advanced Audio Coding)です。ビットレートは最大256kbps。それに対し、他社サービスのファイル形式はmp3で、ビットレートは最大320kbps。

単純にkbpsで比べるとApple Musicは他社に比べて、劣っています。256kbpsと320kbpsならスマホと普通のイヤホンで聴く分には、ほぼ判別できません。個人的には、192kbpsを超えたあたりから、スマホと普通のイヤホンでは、音質の違いはハッキリ分からないと思っているので、便利さ重視でkbpsは気にしていません。

☆圧縮率が気になる人は、普段音楽を聞く環境(スマホとイヤホンなど)でこちらのmp3ornot.comでテストするとわかりやすいです。同じ音源の128kbpsと320kbpsを比較できます。

ファイル形式とは別に、音楽プレイヤーごとに音色のセッティングがあり、この音色のセッティングの方が音の印象を左右していたりします。平らな印象だったGoogle Play Musicと比べると、Apple Musicは高音と低音が気持ち強調されているような感じです。

PCのiTunesとiPhoneにはイコライザー機能があるので、さらに細かく変更可能です▼

Androidはイコライザがない仕様になっているので、Androidとしては、悲しいです。

Apple Musicの4つの機能と使い方

主要な定額制音楽ストリーミング配信サービスには、より快適な音楽体験のために、共通の機能が付いています。Apple Musicは、機能一つ一つが洗練されていて、クオリティが高いです。

ここでは、以下の4つの機能について使い方の解説と私の感想を説明していきますね。

  • ラジオ機能の最高峰「Beats1」
  • 再生中の曲に似た曲を紹介してくれる「ステーション」
  • 再生履歴からオススメの曲を提案してくれる「For You」
  • 楽曲をオフライン再生できるようにする「キャッシュ保存」

ラジオ機能の最高峰「Beats1」


音楽配信サービスには、いろいろな曲を流してくれる「ラジオ機能」があります。「Beats1」は、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンを拠点とする3人のメインDJを中心に、著名なアーティストを交えた豪華な音楽番組により、深く広く音楽の世界を楽しめます。

アーティストによる音楽番組では、「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」にも選ばれているエルトンジョン、過去24回グラミー賞にノミネートされたファレルウィリアムスなどの巨匠が出演しています。「月額980円のサービスで、よくここまでの巨匠連れてこれたな」と感動さえ覚えました。

他サービスの「ラジオ機能」は、ジャンルや、年代をカテゴリーにして、AIが選曲する楽曲をノンストップで流すだけです。ここまで、本格的な音楽番組があるのは、Apple Musicだけです。

放送されたプレイリストはその番組のページに保存されているので、いつでも過去の内容をチェックできます。

配信される音楽番組では、インタビューなど動画コンテンツもありますが、英語音声のみで吹き替えや字幕はありません。日本語対応していないのは残念ですが、特集されているアーティストのファンであり、かつ英語が得意な人には最高のサービスだと思いました。番組表はBeats1公式Tumblrで確認できます。

再生中の曲に似た曲を紹介してくれる「ステーション」

「ステーション」は、「聴いている曲に似た曲」をAIが流してくれます。

再生画面右下のアイコンをタップ▼

[ステーションを作成]をタップすれば利用できます▼

流れてくる曲が気に入らなかった場合、スキップすればすぐ次の曲がかかります。かなり手軽に使えるので、オススメです。似たような曲や同年代にリリースされた親和性のある曲が出てくるので、好印象。好きな曲を軸に、まだ知らない名曲をどんどん発掘したい私としては大変助かる機能です。

再生履歴からオススメの曲を提案してくれる「For You」

「For You」は、再生履歴からユーザーの好みを分析し、毎週金曜日に「My New Music Mix」という24曲程度のプレイリストを作ってくれたり、おすすめのアルバムを紹介してくれる機能です。

再生中の曲について、「ラブ」または「好きじゃない」と評価することで、For You機能の精度に反映されるようになります。

個人的には、こまめに「ラブ」や「好きじゃない」をつけたりしていないせいか、ほとんどお世話になっていない機能です。

しかし、たまに見てみると意外な曲をプッシュされていたり良い意味で驚かされます。

楽曲をオフライン再生できるようにする「キャッシュ保存」

「キャッシュ保存」は、楽曲の再生のために必要なデータを端末に保存して、オフライン状態でも楽曲の再生を出来るようにする機能です。

Apple Musicは端末の容量が許す限り無制限にキャッシュが可能で、Android端末ならキャッシュデータの保存先をSDカードなどの外部メディアに指定できます。

他社サービスの中には、キャッシュ保存に曲数や容量の制限があったり、保存先が端末本体のみだったりするので、Apple Musicは優秀です。

何千曲もキャッシュするのは正直面倒なので、何千曲もキャッシュ保存する人はいないと思います。ただ端末の容量が許す限りOKと言われると、精神的にすごく自由な気分になります。

足りないものには貪欲で、手に入れたものには執着しなくなる。人間なんてそんなものです。

Apple Musicを使ってみた感想

この章では、Apple Musicを利用した感想をお伝えしてきます。

膨大なコンテンツをサクサク楽しめる


Apple Musicは、AppleらしいオシャレなUIで直感的に操作できます。

約3,000万曲という膨大なコンテンツを持っているApple Musicですが、自分の思った通りにサクサク動いて、快適です。

他のユーザーとの絡みは少ない

Apple Musicは自分以外のユーザーとの接触はほぼありません。「Beats1」、「ステーション」、「For You」で提案される楽曲の中からひたすら自分好みのものを見つけていくスタイルです。

他社のサービスは、自分のお気に入りの曲を公開して、通じて他のユーザーとコミュニケーションを取ったりと絡めます。自分としては、他のユーザーとの絡みは重視していないので、気にならないです。ただ、他のユーザーとの接触を楽しみたい人には物足りないでしょう。

コンテンツが完全に日本語対応になっていない


Apple Musicは、完全に日本語対応になっていないコンテンツがあります。

Beats1をはじめとしたApple Musicの独自機能は、海外アーティストを特集する英語だけで吹き替えや字幕がないです。

元々アメリカ発のサービスなので、仕方ないかもしれませんが、全てのコンテンツが日本語対応になっていないのが残念です。

Apple Musicは音楽の世界を広げてくれるサービス

Apple Musicは、洗練されたデザインで一つ一つの機能が直感的に操作できる上に、コンテンツが豊富なので、「この曲も聴いてみようかな?」という気にさせてくれます。なので、「Apple Musicを使っているうちに自分が音楽の幅が広がりそう」と感じました。

豪華な音楽番組や、ファミリー共有や、学生メンバーシップなど、サービスを選ぶ上での決め手も多いです。

何と言っても、無料体験期間が3カ月もあるので、まずはお試ししてみてはいかがでしょうか?

Apple Music

ピックアップ記事

  1. 仮想現実へ旅にでよう!東京のVR体験スポット4つ巡ったレポート
  2. 海外旅行でお供にしたい海外用プリペイドSIMカード8枚
  3. PSVR開封の儀!話題のPlayStation®VRを実際に体験してみた感想
  4. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  5. VRで未来はどう変わる?VRが活用されている15の分野と最新事例を動画で紹介

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  2. バイオハザード7のグロテスクVerをPSVRでやってみた感想
  3. VRとARって何が違うの?関連技術のMR、AV、SR、PMもまとめて解説
  4. どこが最高値?携帯電話を買取しているお店・サイト厳選15社と買取価格比較
  5. OCN光って実際どうなの?契約した流れと速度等の感想
  6. 格安SIMではLINEの年齢認証=ID検索ができない!その理由と解決方法とは?
  7. 今夏最も熱いテーマパーク!VR ZONE SHINJUKUで最新のアトラクションを体験!
  8. VODとは?動画配信の4類型~AVOD・SVOD・TVOD・EST~の違いを解説
  9. Try WiMAXを実際にレンタルして使い心地や通信速度を体験してみた
  10. 制限なしで読み放題のマンガアプリ 「GANMA!」取締役にインタビュー

おすすめ記事

  1. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  2. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  3. 格安SIMの通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  4. 海外でスマホを使うには?海外旅行中にネットを嗜む6つの方法まとめ
  5. 400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  6. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  7. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  8. どこがオススメ?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
PAGE TOP