LINE MUSICの機能と有料プランを1カ月間使ってみた感想まとめ

更新日:2019/10/25
公開日:2017/05/05

LINEMUSIC公式

LINE MUSICは、サービス開始からわずか2日で100万ダウンロードを突破し、2017年時点で累計2,000万ダウンロードと、注目度の高さを感じさせる音楽配信サービスです。

LINE MUSICは、5,000万曲が聞き放題で、LINEと連携した機能が満載です。今回は有料プランを使ってみた感想と共に説明してきます。

LINE MUSICとは?

LINE MUSICとは、コミュニケーションアプリとして有名な「LINE」のグループ会社が運営している定額制の音楽配信サービスです。「コミュニケーションに音楽を取り込み、ユーザーの音楽体験を変える」というスローガンのもと、LINE株式会社、株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ、 エイベックス・デジタル株式会社、ユニバーサル ミュージック合同会社の4社の共同出資で設立したLINE MUSIC株式会社が運営しています。

LINE MUSICの詳細は以下の通りです。

LINE MOBILEの概要
  • 運営会社  :LINEMUSIC Inc.
  • サービス開始:2015年6月11日
  • 曲数    :5,000万曲以上
  • 音質    :64kbps,192kbps,320kbps
  • レビュー:Android版⭐︎3.7、iOS版⭐︎4.4

【5000万楽曲が3ヶ月も無料で!】
LINE MUSICのお試し体験はこちら

LINEのアカウントを持っていれば、IDとパスワードを入力してログインできます。また、アプリをインストールしなくても使えるブラウザ版もあります。

以前の主流だった、ダウンロード型サービスでは、1曲ダウンロードするごとに料金が発生していました。しかし、ストリーミング型サービスでは、登録されている曲なら何曲聴いても料金は一定です。

LINE MUSICの楽曲の充実度はピカイチ

5,000万曲以上のラインナップを誇るLINE MUSICですが、特に最近の楽曲の充実度は高いです。ただし、CDバブル時代にミリオンセラーになった一部アーティストの曲はオルゴール音源に変わっていたりするのでそこだけ注意してください。

洋楽は「Spotifyなら全アルバムあったのに、LINE MUSICだと1枚しかない」というタイトルがありましたので、
自分の好きな曲がラインナップに入っているかは、一度登録して、検索してみるといいでしょう。

料金プランは全5種類

LINE MUSICは、月20時間まで聴き放題のベーシックプランと、時間制限なしで聴き放題のプレミアムプランの2つの有料プランがあります。両方ともチケット制となっており、アプリ内かLINEストアで購入できます。安いですね!

ベーシックプラン
(月20時間まで)
プレミアムプラン
(無制限)
通常 500円 960円
学割 300円 480円

さらに、年間9,800円で1年間、プレミアムプランが使える「年間プラン」も用意しています。ただし、学生の方は年間プランより学割プランの方がお得です。

尚、ベーシックプランのアプリ内購入はAndroid版のみです。
iOS版ではベーシックプランをアプリ内購入できないので注意。理由についてLINEに問い合わせたところ「Apple社の管轄である、iOS版アプリの仕様に準拠する過程で無くなりました」との回答でした。

※iSO版でもベーシックプランのチケットはLINEストアで購入できます▼

LINEストアでは、クレジットカードを持っていなくても、電子マネーやキャリア決済で有料LINEスタンプなどの支払いができます。

クレジットカードを持っていない学生には便利な仕様です▼

有料会員の無料お試し期間は最大3カ月間

LINE MUSICでは、最初の3カ月間は無料です。有料会員登録するかどうかを、色々試したから
決定できるのは良いですね!LINE MUSICがある生活をたっぷりお試ししちゃいましょう!

LINEアカウントがあれば登録もサクサクです♪
【5000万楽曲が3ヶ月も無料で!】
LINE MUSICのお試し体験はこちら

有料会員と無料会員の違い

無料会員の場合でもプレイリストの作成や歌詞表示機能は使えますし、広告表示もLINE MUSICにはありません。しかし、無料会員では、30秒しか曲を聴けません。それに対して、有料会員は以下の機能が使えるようになります。

  • 曲がフル再生できる
  • 曲を保存できるキャッシュ機能が使える
  • LINEの無料通話の着信音の設定(LINE着うた)ができる

LINE MUSICの5つの機能

5,000万曲の中から、好きな音楽を検索して聴いたり、お気に入りの曲を集めたプレイリストを作成したりというのが基本な使い方です。

LINE MUSICをはじめとした定額制音楽ストリーミング配信サービスには、他にも色々と便利な機能があります。サービスごとに機能の名前は違っても、内容的には共通しているものが多いです。

共通する機能の説明と、他の音楽配信ストリーミングサービスと比べてLINE MUSICはどんなレベルなのか、個人的な満足度として★の数で表してみました。(最高★3つです)

その他の音楽配信ストリーミングサービスについて、より詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

楽曲が5000万曲聴き放題★★★

LINE MUSICで特に優れているのが、この豊富な楽曲数ですね。
国内最大級の音楽配信サービスAWAとほぼ同一の曲数でありながら、LINE連携などの独自機能を持っていて
学生やLINEMOBILEユーザーであれば容量無制限で音楽が聴き放題になりますので
状況によっては最もコスパが高く、沢山の楽曲が聞けるサービスと言えますね!

「キャッシュ機能」で500曲までオフライン再生可能★★☆

定額制音楽ストリーミング配信サービスで音楽を聴く際に、常にデータ通信をしていると、あっという間にスマホの月のデータ通信量制限に達してしまいますが、こちらの「キャッシュ機能」は、曲を再生するために必要な情報を端末に保存し、データ通信なしで再生できるようにする機能で、Wi-Fiでキャッシュ保存した曲は、圏外や機内モードなどのオフライン環境でも再生ができるようになるんです▼

キャッシュした曲は、PCにダウンロードしたり、コピーしてCD-Rに焼いたりはできませんが、曲数制限やキャッシュ期限が到来するまで、端末でいつでも楽しめるのが魅力の一つです。

LINE MUSICは保存できる量が500曲ですが、3,000曲や無制限にキャッシュ保存できるサービスも他にあるので★2つとしました。
非常に便利な機能なのでうまく活用してみてください。

おすすめの曲を紹介してくれる「レコメンド機能」★★☆

普段聞いている曲の志向をAIが読み取ってオススメの曲を選んでくれたり、再生中の曲に似ている曲を次々に再生してくれる機能です。また、各ジャンルのプレイリストから、まだ知らない新しい音楽と出会うきっかけを作ってくれます。

[HOME]-[レコメンド]から[Weekly Mix]を開くと、再生履歴などから、毎週AIがオススメのプレイリストを作成してくれます。

特定の曲を起点に似た曲を再生し続ける「ラジオ機能」や、「この曲を含むプレイリスト」という広げ方ができないので、「新しい音楽を探す」という点では、少し弱く★2つです。

LINE MUSICの「音質調整機能」★★☆

曲をストリーミングで聴く際に、音質を任意に設定できます。高音質ほどデータ通信量が多くなり、低音質ほどデータ通信量量が少なくなります。聴くスタイルによって最適なものを使い分けるのがベストです。

音質は、低(64kbps)、中(192kbps)、高(320kbps)の3通りの中から選べます。▼

中程度の音質の設定は、他サービスだと、大体128kbpsか、160kbpsがたまにあるくらいで、192kbpsというかゆいところに手が届くような設定が可能なのはLINE MUSICのみです。

ただ、音質を特徴づけるものとして、mp3やAACなどの圧縮方法や64kbps、192kbpsといった圧縮率の他にも、「音楽プレイヤーとしての仕様」も影響してきます。

個人的な感想ですが、LINE MUSICは音楽プレイヤーとしては、若干低音が弱くて軽いような印象を受けます。なので、他のプレイヤーと比べると音楽のジャンルによっては、低音が物足りなく感じるかもしれません。

「検索機能は少し使いづらい」★☆☆

正直言ってLINE MUSICの検索機能は使い心地が良くないです。Googleなら、多少入力したキーワードが間違っていても「もしかして〇〇ですか?」と予測が出てきます。しかし、LINE MUSICは、曲名やアーティスト名を正確に入力しないとお目当の曲までたどり着けない時があります。

LINE MUSICならではの5つの特徴

ここまで読むと、「LINE MUSIC少し微妙かも?」となってしまうかもしれません。しかし、以下の独自機能があるため、かなりハマると思います。

  • ①LINEアプリと連携して曲を送れる
  • ②LINEのプロフィールにBGMを設定できる
  • ③友達の聴いている曲がわかる「フレンズチョイス」
  • ④LINEモバイルの「MUSIC+プラン」ならデータ量を気にせず使える
  • ⑤学生に嬉しい「ベーシックプラン×学割」

①LINEアプリと連携して曲を送れる

本家であるコミュニケーションアプリ「LINE」と連携した機能があり、LINEでつながっている友達と好きな音楽を使ったコミュニケーションを気軽に取れます。

好きな曲を「シェアする」と、LINEスタンプ気分のトーク画面に曲を送れます。送られた相手は曲をすぐ再生できます。

好きな曲を送り合うのってかなり盛り上がりますよね!

②LINEのプロフィールにBGMを設定できる

LINEのプロフィール画面にBGMを設定できます。BGMを設定すると、紹介文のところにLINE MUSICの音符のアイコンと、曲名が表示されて、プロフィール画面を開くと、30秒程度のハイライト再生が流れます。

プロフィール音楽って結構聞いちゃうんですよね。自己表現にも繋がるので、私はかなり気に入っています。

③友達の聴いている曲がわかる「フレンズチョイス」


LINEで繋がっている友達がLINE MUSICで聴いた曲をランキング形式で紹介してくれる「フレンズチョイス」という機能があります。同じ趣味の友達間で曲を共有できるので

④LINEモバイルの「MUSIC+プラン」ならデータ量を気にせず使える

LINEの子会社が運営する格安SIM「LINEモバイル」があります。

LINEモバイルの「MUSIC+プラン」(月額1,810円)なら、LINE MUSICを利用している分のデータ通信量をノーカウントにして利用できます(カウントフリー)▼

定額制音楽ストリーミングサービスは、データ通信量を節約したい場合は、Wi-Fi環境でキャッシュしたものを聴く形になります。しかし、LINEモバイルの「MUSIC+プラン」ならWi-Fi環境がなくても、データ通信量を気にせず、ストリーミングが楽しめます。

LINEモバイルについて、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

⑤学生に嬉しい「ベーシックプラン×学割」

定額制音楽ストリーミングサービスの中で、学割があるのは、「apple music」と「LINE MUSIC」の2つのみ。そして20時間/月再生のベーシックプランがあるのは、「楽天ミュージック」と「LINE MUSIC」のみです。両方を併せ持つのはLINE MUSICだけです。

ベーシックプランの学割だと月額300円なので、敷居もかなり低くなります。ちなみに「学生」の定義は、中学、高校、専門学校、短大、4年制大学、その他学校に在籍していることで、年齢に関係なくほぼ該当するようです。

[設定]-[アカウント]から[学生認証]を選択し、生年月日と学校名を入力すればOKです。▼

2017年5月時点では、特に学生証の画像を送ったりする必要はありません。

LINEでのコミュニケーションにも使える、究極のハイコスパサービス

楽曲数もさることながら、私がLINE MUSICで一番面白さを感じたのは、LINEのトーク画面で音楽をシェアできる機能でした。兄弟や友人同士で、CDを貸し借りしていた時代から、送料無料で、手軽に音楽を送れるというのは良い時代になったものです。

標準装備のレコメンド機能は少しイマイチと感じましたが、友達の中で音楽を送り合えるのは、音楽について話をする良いきっかけになると思いました。

また3ヶ月無料でお試しできるので、まずはアプリをDLしてみて
仲の良い友達へ、スタンプ代わりに相手の喜びそうな曲を送ってみるのも良いですね!

【3ヶ月5000万曲が無料?!】
LINE MUSIC公式サイト

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気11社を比較
  2. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  3. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  4. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ
  5. 人気の光回線5選!フレッツ光、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の…

関連記事

  1. ANiUTa(アニュータ)公式サイト

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. YouTube Music Premiumなら音楽が聴き放題!実際に使ってみた感想!
  2. 【電子書籍をレンタル】Renta!の料金やポイントとは?実際に使った感想!
  3. 【体験談】コミックシーモア試し読みなら無料で6000冊以上のマンガが読める
  4. よくばりwifiとは?通信速度や月額料金をプロが実際に使ってレビュー!
  5. ディズニーデラックスのメリット・デメリットと実際に使ってみた感想5つ!
  6. 【画像付き】OPPO Reno Aは大画面&大容量メモリーを実現!性能と外観レビュー
  7. 【画像付き】アマゾンプライムビデオの動画のダウンロードと方法と注意点!
  8. ドコモ光セット割が複雑?スマホ料金が最大1,000円安くなる方法をプロが解説
  9. ネクストモバイルは低価格で3日間通信制限なし!メリットとデメリットは?
  10. WiMAX2+のモバイルルーターの通信速度が遅い…確認したい6つの原因と解決策

人気記事

  1. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  2. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  3. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  4. どっちがオススメ?スカパー!とWOWOWの違いを無料お試し期間から料金まで比較してみた
  5. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  6. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  7. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  8. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気11社を比較
  9. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ
  10. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
PAGE TOP