見逃したドラマも無料で観れる!テレビ局のオンデマンドサービスまとめ

公開日:
更新日:

仕事や遊びが忙しい現代人にとって、時間と場所が制限されるTVというメディアに不満を感じる人もいるのではないでしょうか。「見たい番組があったけど、帰宅が間に合わなかった」「録画しようと思ったけど忘れた」という経験は誰しもが持っていることでしょう。

  • 毎週見ていたドラマを見逃してしまった!なんとか観る方法はないの?
  • TV局のオンデマンドサービスってどうなの?無料?有料?どれくらいの番組が観られるの?
  • スマホのアプリでテレビ番組は視聴できないの?
  • テレビ番組を見逃さない予防策は何かないの?

とお考えの方も多いと思います。そんな方に朗報です。

「TV離れ」が叫ばれる今、各TV局もそんな現代人の生活に合わせて、ネットでTVが視聴できるオンデマンドサービスを開始しています。

今回は、見たかった番組を見逃した時に活躍する、テレビ局が運営している意外と知らないオンデマンドサービス・アプリを紹介・解説していきます。また、オンデマンドサービスに頼らずに、見逃し回避のための「全録」という術も紹介します。

TV局のオンデマンドサービス上手く使いこなせば、スキマ時間や移動中にTV番組を楽しめるようになるので、番組の録画や見逃しに気を配る必要がなくなります。うまく活用して新しいTV生活を手に入れましょう。

オンデマンドサービスとは?

「オンデマンド」とは「注文対応」の意味で、動画サービスに限らずに使われる一般的な言葉です。ただ、主にオンデマンドサービスという言葉が使われる業界は、動画サービスとネットプリントが多いようです。

動画サービスの場合、「VOD(ビデオ・オン・デマンド)」といい、視聴者が観たい時に動画コンテンツを楽しめるサービスを指します。

一般的に「VOD」と言うと、「Netflix」や「Hulu」など主に映画作品が楽しめる定額制動画配信サービスとして有名ですが、今回はTV番組を楽しめるVODに絞って紹介します。

「Netflix」や「Hulu」等の月額定額で映画やドラマが見放題の独立系動画配信サービスはこちらの記事でまとめています。

ちなみにvodにもさまざまな種類があり、それら分類して記事にまとめたので興味がある方はこちらの記事もどうぞ。

TV局は2005年ごろから有料のオンデマンドサービスを提供してきましたが、2015年ごろから完全無料の見逃し配信サービスも始めました。今回は先に各局の見逃し配信サービスを紹介した後、有料のオンデマンドサービスをそれぞれ紹介していきます。

主要TV局の見逃し番組配信サイト・アプリ

まずは各局の見逃し番組配信サービスを紹介していきます。

視聴できるのはゴールデンタイムに流れるような人気番組だけなので、各局それぞれ1日2~3番組しかありませんが、直近1週間ほどで放映された番組を楽しめます。

ここでは各局の完全無料の見逃し配信サイト・アプリを紹介します。

【フジテレビ】フジテレビ+7


「フジテレビ+7(プラスセブン)」はフジテレビのオンデマンドサービス「FOD」の1コーナーで、2015年に始まりました。

約1週間分の見逃し配信を視聴できます。BSフジの番組も含まれており約40の番組が視聴できます。基本的に1週間の配信ですが、番組によっては1ヶ月近く以前の番組も視聴できる場合もあります。

見逃し配信だけでなく、特選ドラマとして、過去にヒットしたドラマを定期的に全話無料配信もしています。

フジテレビ+7

【TBS】TBS FREE


TBS FREEはTBSが運営する見逃し配信サイトで、2015年にスタートしました。TBSが厳選した人気番組の最新話を約1週間配信しています。約30ほどの番組を常時無料で視聴できます。

TBS FREE

【テレビ朝日】テレ朝キャッチアップ


テレ朝キャッチアップはテレ朝のオンデマンドサービス「テレ朝動画」の1コンテンツで、2015年にスタートしました。テレ朝が厳選した人気番組を放送から約1週間配信しています。約30番組を常時視聴できます。

テレ朝キャッチアップ

【日本テレビ】日テレ無料(TADA)


日テレ無料(TADA)は日本テレビが運営する見逃し配信サイトで、2014年にスタートしました。日本テレビが厳選した約30の人気番組の最新話が観れる他、定期的に過去の人気ドラマも無料で配信しています。中には1ヶ月以上前に放送された番組も配信しています。

日テレTADA

【テレビ東京】ネットもテレ東


「ネットもテレ東」はテレビ東京が運営している見逃し配信サイトで、2015年にスタートしました。テレビ東京が厳選した約30の人気番組の最新話を約1週間配信しています。他にも過去の人気作品の一挙無料公開も行っています。ガイアの夜明けやカンブリア宮殿に関しては半年前に放送された番組も配信しています。

ネットもテレ東

これまで各局ごとの見逃し番組が観れるサイト・アプリを紹介してきましたが、なんと、各局の見逃し番組を包括してで観られるサービスがあります。それが「TVer(ティーバー)」です。

【民法公式テレビポータル】TVer(ティーバー)


「TVer(ティーバー)」は2015年にサービスを開始した、TV番組の無料配信サービスです。

運営会社の「プレゼントキャスト」は民放5局(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)と、広告代理店4社(電通、博報堂DYMP、ADK、東急エージェンシー)が共同出資して設立した、まさにTV業界公式サービスといえます。株主比率は電通18.75%、日本テレビ12.5%、東京放送12.5%、テレビ東京12.5%、フジ12.5%、博報堂8.75%、ADK6.25%、東急エージェンシー3.75%です。

TV番組の視聴者離れを防ぐ他に、増え続ける番組の無料アップロードを防止する目的もあり、そのためのCMも流されています。

オンエアされてから1週間以内であれば視聴できるので、仮に見逃してしまったり観たい番組が被ってしまった場合には役立ちます。

全ての番組が視聴できるわけではなく、各局の見逃し配信サイトで配信している番組だけです。各局の見逃し配信アプリをDLするよりはTVer1つをDLした方が便利です。しかしフジテレビの番組を観る場合には別途フジテレビのアプリ「FOD」が必要となります。さらに完全無料なので強制的に広告が流されます。15秒×2回なのでTVよりは短いですが、スキップも早送りもできません。

見逃し配信だけでなく、ドラマの全話一挙公開や、「振り返り配信」といって今放映されているドラマが1話目から視聴できる場合もあります。見逃し配信だけだと思っていた人は、たまに覗いてみると自分の観たかったドラマが無料で全話視聴できるかもしれません。

出演者情報も細かく掲載されているため、気になった役者がいた場合にはすぐにチェックできます。マイリストにお気に入りの俳優をチェックしておけば、その俳優が出演している他の番組も分かるので、新しいTVの楽しみ方を体験できます。

直して欲しい点は多数あるものの、なんと言っても完全無料は魅力です。ゴールデンタイムの番組は各局揃っているので、それらを無料で観れると思えば使う価値はあるのではないでしょうか。

TVer

地上波放送事業者のオンデマンドサービス6選

地上波を扱う主要TVキー局のオンデマンドサービスを6つ紹介していきます。見逃し配信サイトでは各番組の最新話しか観れませんが、過去の話も観たかったり、昔観た人気番組をもう一度観たいという方はオンデマンドサービスを利用しましょう。

NHKオンデマンド

「NHKオンデマンド」は、その名の通りNHKが2008年に開始したオンデマンドサービスです。

無料でも一部の番組を視聴できますが、基本的には有料のサービスとなり、NHKの受信料とは別に「NHKオンデマンド」のサービスの利用料を支払わなければなりません。1本100円~200円で購入して視聴できます。

単品購入の他に月額972円の定額のパック「見逃し見放題パック」「特選ライブラリー」も2つ用意されており、それぞれ決められたコンテンツが見放題になります。どちらも申し込み日から30日ではなく、月初から月末で利用料を計算されるため、申し込みと解約のタイミングは気をつけましょう。

「見逃し見放題パック」は、オンエア当日または翌日から番組が観られるパックで、随時約500~600本観られます。過去約2週間分の番組が遡って観られるので、朝の連続テレビ小説をリアルタイムで観れないという人は2週間分まとめて視聴できます。民放とは違い、直近放送された番組も有料で見なければなりません。

「特選ライブラリー」は、NHKで過去に放送された約5,000作品が見放題になるサービスです。「見逃し見放題パック」で配信終了したものが随時追加されていくため、2週間遅れでもいいという人は「特選ライブラリー」パックでゆっくり視聴しましょう。

NHKオンデマンド

【FOD】フジテレビオンデマンド

「フジテレビオンデマンド(通称:FOD)」は、フジテレビが運営するコンテンツプラットフォームで、テレビ番組だけでなく、雑誌やコミックなども楽しめるユニークなサービスです。フジテレビは2005年から動画の他社サイトにネット配信を行っていましたが、自社サイトに直接配信を始めたのは2008年からです。業界で最も早くオンデマンドサービスを開始しました。

無料でも1週間以内に放送された一部の番組を視聴することができます(フジテレビ+7)が、会員登録し定額のコースに申し込み込むことで、見放題サービスを楽しめます。

フジテレビがおススメしているコースが月額888円の「FODプレミアムコース」で、2万本以上のドラマ・アニメが見放題になるだけでなく、「FODマガジン」と称した人気76雑誌の最新号も読み放題になります。

「プレミアムコース」の他にも「月額ポイントコース」や、趣味嗜好に合わせた「月額ライブコース」もあるため、自分に合ったコースを見つけられるでしょう。サイト内でしか観ることができないオリジナル作品あるため、フジテレビ好きなら一度覗いてみましょう。

FOD

またフジテレビはテレビ番組をVRで楽しめるアプリ「FOD VR」もリリースしています。無料で視聴できる14作品の他、「FODプレミアム」に登録するとさらに14作品視聴できます。スマホならではの特徴を活かし、新しい試みに挑戦するのはさすがリーディングカンパニーといったところでしょうか。

FOD VR

TBSオンデマンド


「TBSオンデマンド」は、TBSが運営しているオンデマンドサービスで、前身となる「TBS BooBo BOX」は2005年にスタートしましたが、2008年から現在の「TBSオンデマンド」の名称でサービスを続けています。

ごくわずかに無料で視聴できるコンテンツも用意されていますが、その多くが有料コンテンツです。有料作品を観るにはポイントが必要で、300円~2,000円の4のコースから選べます。

「プレミアム見放題コース」も用意されており、月額900円で指定された作品が見放題になるほか、毎月500ポイントが付与されます。直近で放映された番組はプレミアムコースに反映されていないため、最近の作品が見たい時にポイントを利用しましょう。

TBSオンデマンド

テレ朝動画(テレビ朝日)


「テレ朝動画」は、テレビ朝日が運営しているオンデマンドサービスで、2009年に前身のサービス「テレ朝BB」をリニューアルする形でスタートしました。

各番組直近で放送された1話分が無料で視聴できます。サイト内でしか観られないオリジナル動画も配信しています。

無料じゃない番組は、1話観るのに300円かかり、視聴期間が購入から7日間というのは、他のテレビ局オンデマンドに比べると割高に感じるかもしれません。

シリーズものはパックで購入でき、かなりお得ですが、視聴期間が14日となっております。まとめて観たい場合に利用してもいいかもしれません。

月額見放題パックも用意されていますが、どらえもん作品が見放題のパック、自動車番組「カーグラフィックTV」が見放題のパック、既に更新が止まっている番組「芸人同棲」の未公開シーンが見放題の3つしかありません。

他のTV局のオンデマンドサービスに感じて見劣りする感が否めません。

テレ朝動画

日テレオンデマンド(日本テレビ)


日テレオンデマンドは、日本テレビが2010年より運営しているオンデマンドサービスです。同社が2005年にスタートした、日本発のテレビ局主導のインターネット動画配信サービス「第2日本テレビ」を2012年に吸収し、「日テレオンデマンド ゼロ」として引き継ぎました。

一見、無料コンテンツが大量に用意されているように観えますが、映画の予告編もかなり混ざっているので期待しすぎないようにしましょう。アニメシリーズの1話などは無料で視聴できます。

ドラマ等を視聴するには基本的には有料のポイントを購入しなければなりません。1話ずつ購入する他、シリーズものをお得にパックで購入することもできます。

定額コースも用意されていますが、「アンパンマン」「ジャイアンツLIVEストリーム」「3分クッキング」と、想定しているユーザーはかなり絞られています。

日テレオンデマンド

テレビ東京ビジネスオンデマンド


テレビ東京が運営する「テレビ東京ビジネスオンデマンド」は、テレビ東京のビジネス系番組が定額で見放題になるサービスです。無料でも10分以内の短い番組を視聴できますが、1時間枠の番組を観るには月額500円の有料会員にならなければなりません。

動画だけでなく、「カンブリア宮殿」と「WBSロングセラー研究所」のコラムも配信しており、社会人に有益なビジネス情報をテキストで読めます。コラムは無料会員の登録をすればバックナンバーも観れるので、普段から番組を観ていて興味がある方はまずは無料会員になってみるのもいいかもしれません。

テレビ東京ビジネスオンデマンド

ちなみにテレ東は「テレビ東京オンデマンド」というサイトも運営していますが、サイト内で番組が見れるわけではなく、提携しているvodサービスを利用しなければなりません。提携しているvodサービスは「 楽天ShouTime」「Gyaoストア」「ニコニコ動画」「HMV」「DMM.com」「hulu」「GEO動画」の7つです。

テレビ番組を常に録画し続ける「全録」で「見逃し」から開放

今回は見逃し配信サイトを紹介しましたが、見逃しを防ぐには「全録レコーダー」という手段もあります。

全録レコーダーというのは、自動で全ての番組を一定期間録画しておき、一定期間が過ぎると自動で削除されていくレコーダーのことです。一定期間の間に番組を観るのもよし、上書きされないように保存しておくのもよしと、TVの楽しみ方が広がります。なによりも「見逃し」という概念から完全に開放されます。

2010年頃から様々なメーカーが発売を開始し、最新の機種であれば、画質を抑えれば約1ヶ月分の全番組を保存しておくことも可能です。さらにドラマだけに絞って、3か月も保存してくれる機種も存在します。最初は興味なかったけど、後半から面白そうになってきたドラマなども第一話から一気見も可能です。

見逃し配信サイトでは視聴できる番組も限られますし、7日間という制限もあります。録画していつでも観れるようにしておきたい人にとっては、全録レコーダーは魅力的です。少し値は張りますが、見逃し、取り忘れのストレスから解放されたいという人におすすめです。

Amazonの特集ページを張っておきます。

全録レコーダー特集

まとめ:TVの時代はいつまで続く?

「TVはオワコン」と言われて久しいですが、見逃し配信サービスのアプリが「〇万DL突破!」というニュースを見ると、まだまだTVユーザーがいることを認識させられます。

昔に比べて刺激的な内容を自主規制する現代では、番組が面白くなくなったという声もありますが、2016年にヒットした「逃げるは恥だが役に立つ」のように、TVから社会現象が起きることもあります。

Youtuberのように、個人で動画コンテンツを配信できる現代ですが、素人では作れない質の高いテレビ・そしてテレビ番組はまだまだ需要があるようです。

時間と場所が制限されるTVは今の生活スタイルに合わないため、好きな時間に好きな場所で観られる見逃し配信のようなサービスが今後より充実していって欲しいですね。

ピックアップ記事

  1. VRで未来はどう変わる?VRが活用されている15の分野と最新事例を動画で紹介
  2. ARを使った最新スポーツ「HADO」の無料体験会に参加してみた
  3. PSVR開封の儀!話題のPlayStation®VRを実際に体験してみた感想
  4. 海外旅行でお供にしたい海外用プリペイドSIMカード8枚
  5. 仮想現実へ旅にでよう!東京のVR体験スポット4つ巡ったレポート

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. 声でどこまで「つぶやける」!?Google Home×Twitter!
  2. 家にWi-Fi環境がなくてもGoogleHomeは使える?スマホ2台×テザリングでなんとか解決する方法
  3. リセット!Google HomeとGoogle Home miniを初期化する方法
  4. Google HomeとChromecastを連携してテレビやモニターを音声操作する方法
  5. クロームキャストを購入してみた!ウルトラとの違いやセットアップ設定を紹介
  6. Google Chromecast Audio 開封~初期設定編
  7. 【座談会】子供とスマホ。どう向き合う?今、母親たちが考えていること
  8. Google Homeで出来るゲームを1人&みんなで遊んでみた
  9. Google Homeが壊れたらデータは消えるのか?保証サービスはあるの?故障時の手引
  10. iPhoneをAlexa搭載AIスピーカーにできるアプリ「Apolo」を使ってみた感想

おすすめ記事

  1. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  2. 400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  3. 【音楽学】音楽産業の歴史と発展~レコード・CD・MP3・ストリーミング~
  4. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  5. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  6. ARで未来はどう変わる?最新のAR技術が使われている15の分野と活用事例を紹介
  7. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  8. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  9. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  10. 海外でスマホを使うには?海外旅行中にネットを嗜む6つの方法まとめ
PAGE TOP