電子コミックが満載!まんが王国のサービス内容と実際に使ってみた感想

更新日:2019/04/25
公開日:2019/04/22

電子コミックサービスには、たくさんの種類があります。

ですから、「どのサービスを利用すれば、いいのか迷っている」という方も多いのではないでしょうか。

数ある電子コミックサービスの中でも、まんが王国は、10年以上の歴史を持つ珍しい存在です。

この記事では、10社以上の電子書籍サービスを使ってきた私が、「まんが王国」の詳しいサービス内容や、実際にサービスを使ってみた感想をまとめました。

マンガをよく購入する方、電子コミックサービスを利用しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

まんが王国とは?


まんが王国

まんが王国とは、国内最大級の電子マンガサイトです。株式会社ビーグリーが運営し、2006年からサービスを開始しています。AmazonのKindleが日本ではじまったのが、2012年からなので、まんが王国の歴史の長さを感じます。

10年以上サービスを続けてきた「まんが王国」には、以下の特長があります。

まんが王国の特長
  • ①会員数200万人以上!累計9億冊ダウンロード
  • ②作品数は60,000作品以上
  • ③会員になれば3,000作品以上の漫画が無料で読める

①会員数200万人以上!累計9億冊ダウンロード

まんが王国は2006年からサービスを開始し、2019年1月には会員数が200万人を突破しました。

まんが王国累計では、9億冊もの電子コミックのダウンロード数を誇り、圧倒的な実績があるサービスです。

②作品数は60,000作品以上

まんが王国で取り扱っている作品には、少年・青年マンガや、少女・女性マンガ、BL、TL、アダルトや雑誌などがあり、作品数は60,000作品以上。

最新作から名作まで、豊富な品揃えです。

③会員になれば3,000作品以上の漫画が無料で読める

まんが王国の会員になると、3,000作品以上が無料で読み放題▼
まんが王国無料試し読み
コミックの購入前に、しっかりと試し読みができる、「じっくり試し読み」のサービスがあります。

「じっくり試し読み」では50ページ前後が無料で読めたり、無料対象の作品は1巻以上まるごと読めたりできるため、面白い作品だけを購入できます。

時期にもよりますが、『進撃の巨人』『ミナミの帝王』『キングダム』などの人気まんがが50ページから1巻丸ごと読めるので、幸せな気分になれますよ。

キャンペーン中の作品では1巻以上まるごとで読めます▼
まんが王国じっくり試し読み

実際の店舗では、いわゆる「立ち読み」は、ほとんどできませんが、購入前に50ページ読めたらかなりマンガの雰囲気もわかりますよ。

まんが王国の料金や支払い方法は?

まんが王国の料金体系は、どうなっているのでしょうか。

まんが王国は、会員登録と試し読みだけなら無料で利用できます。有料コミックの場合は、「まんがポイント」でコミックを購入します。「まんがポイント」は、現金やクレジットカード等で購入可能です。

「まんがポイント」を得る方法は、大きく分けて以下の2種類。

「まんがポイント」を得る方法
  • 月額コース
  • 必要な分だけポイント購入

月額コースの内容については、以下で詳しく紹介します。

月額コースの料金

月額コースにはいくつか種類があり、月額300円を支払う「月額まんが300」ではボーナスポイントがもらえません。

月額500円以上のコースから、ポイントをゲットできます。

以下にボーナスポイントがもらえる、月額500円以上のコースと、付与されるポイントを表にまとめてみました▼

コース名 月額料金 携帯料金払い(※1) クレジット払い
月額まんが500 500円 500pt 550pt
月額まんが1,000 1,000円 1050pt 1150pt
月額まんが2,000 2,000円 2300pt 2500pt
月額まんが2,800 2,800円 3280pt
auのみ
月額まんが3,000 3,000円 3480pt
ソフトバンクのみ
3780pt
月額まんが5,000 5,000円 5900pt
ソフトバンクのみ
6400pt
月額まんが10,000 10,000円 12,000pt
ソフトバンクのみ
13,000pt<

※1:携帯電話料金と合算で支払う場合

表のように、「携帯電話料金合算払い」と「クレジットカード払い」では、ボーナスポイントの付与率が違います。

とくに支払い方法にこだわりがなければ、クレジットカード払いを選ぶ方がポイントを多くゲットできます。

支払い方法

支払い方法は、「クレジットカード払い」と「携帯電話料金合算払い」の2種類があります。

クレジットカードは、「VISA」「MASTER」「JCB」「AMERICAN EXPRESS」の4種類に対応。

携帯電話料金合算払いでは、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアに対応していますが、以下の違いがあります。

携帯電話料金合算払いの違い
  • ドコモでは自身で設定する電話料金が上限
  • auでは月額2,800円のコースが上限
  • ソフトバンクのみが選べるプランがある

支払い方法は、キャリアでの違いなども合わせて決める必要がありますね。

まんが王国のアプリの使い心地は?

「まんが王国」は、サイト上でもマンガが読めますが専用のアプリもあります。

アプリを使うと、「じっくり試し読み」できる作品がリスト化されます▼
まんが王国ラインナップ

購入した作品の「本棚」機能を搭載▼
まんが王国本棚

アプリでのマンガの読み心地は、色々なアプリの中でも普通かなと思います。

「のぞき見防止」機能も設定可能。電車で漫画をのぞき見されずに済みます▼
まんが王国のぞき見防止

基本的な機能の他に「虫めがね」や「早送り」などの機能も対応▼
まんが王国のアプリのメニュー

一方で、「しおり・ブックマーク」のような機能がないため、気に入ったページに印をつけておくことなどはできません。この点は、ちょっと残念です。

読んだところまでのページ情報は、アプリに保存されているので、読み直すときには、すぐに読みかけのページに戻れます。「前回はどこまで読んだんだっけ?」と探しているうちに、まだ読んでいないページを見てしまったという悲劇を防げますよ。

退会・解約したら、購入した漫画は読めるの?

まんが王国を退会すると、購入したマンガやポイントなどは全てなくなります。厳しい。

とはいえ、無料会員のままでいれば、月額コースを解約して購入したマンガは残しておけます。退会する際には、購入したマンガが消えてしまうことを覚えておきましょう。基本的には、無料会員のままで、漫画の情報を残しておくことがオススメです。

まんが王国の口コミ・評判

j
「まんが王国を使っている人の、感想が聞きたい」という方もいるでしょう。

実際に使ってみた人たちの評判は、どうなのか気になりますよね。ここでは、Twitterでの口コミをまとめてみました。

多くの方がジャンルの多さや、作品に満足されているようですね。

まんが王国を実際に使ってみた感想5つ

「まんが王国」に登録して、実際に使ってみた私の感想もまとめてみました。

まんが王国を使ってみた感想5つ
  • ①「早送り」「早戻し」機能が使いやすい
  • ②ストリーミングのみは少し不満
  • ③月額コースなどのポイント付与がお得
  • ④「のぞき見防止」機能は使いづらい
  • ⑤無料マンガでも一度購入したらずっと読める

①「早送り」「早戻し」機能が使いやすい

紙のマンガを読み直すときなどに、パラパラとマンガをめくって「こんなシーンあったなー」などと、思い出しながら好きなページから読み始めますよね。

そういった「パラパラ読み」が、電子コミックでもできる「早送り」「早戻し」は、個人的に良い機能だと感じました。

「早送り」や「早戻し」機能はタッチスクリーンならではの使いやすさ▼
まんが王国の早送りと早戻し

画面上をグルグルとタッチすると、マンガがパラパラとスクロールされていき読み直したいページを見つけたり、初めて読むマンガの雰囲気を確認できたりします。やってみると、「なぜこの機能が、今までなかったんだ」と思うほど、便利ですよ(笑)。昔のiPodのボタンを、クルクル回す動作を思い出しました。

②ストリーミングのみは少し不満

まんが王国の購読サービスはストリーミング形式のため、購入したコミックなどのデータはスマホなどの端末に残せません。

そのため、通信が安定しているところでマンガを読む必要があります。この点は、不満に思う方も多いのではないでしょうか。

通信ができない・安定しない場面で、マンガが読みづらくなってしまうことには、少し不満が残ります。ぜひ、電子コミックのダウンロードに対応してほしいですね。

③月額コースなどのポイント付与がお得

月額コースの中でも、月額500円以上のコースをクレジットカード支払いにするとポイント付与があり、とてもお得なことは『毎月の料金』の章でお伝えしました。

「月額まんが2,000」からは、マンガ1冊分くらい」のお得なポイント付与があるので、定期的にマンガを買っている方には、とても良いサービスになるでしょう。

次で紹介する来店ポイントサービスもあり、コツコツとお得なポイントを貯める楽しみもあります。

1日1回もらえる来店ポイント▼
まんが王国ポイントゲット

来店ポイントは基本的に1日1ポイントですが、月額コースによって変わったり、日によって5倍になるキャンペーンなどがあったりしますよ。

④「のぞき見防止」機能は使いづらい

上でも触れたように、アプリの機能の中には「のぞき見防止」機能がありますが、使い勝手はイマイチ。

覗きにくくするための「絵柄」選べます▼
まんが王国のぞき見防止

「絵柄」を濃くしたりすることも可能ですが、単純に自分で読むときにも読みづらくなってしまうため、使わない機能になりました。

⑤無料マンガでも一度購入したらずっと読める

サービスによっては、「無料キャンペーン」などで読んだマンガが、期間終了後には読めないことがありますよね。

まんが王国では、無料キャンペーンでも0ptで「購入した」ことにしっかりなっていますので、一度購入したまんがはずっと読めます。

他のサービスで、無料で1~3巻を読んで、続きを買った後に1~3巻がなくなっていたという経験がある私には、意外と嬉しいサービスです。

まとめ:マンガをよく購入するなら「まんが王国」

マンガを定期的に買う方や、月に500円以上を電子コミックの購入に使っている方は、「まんが王国」の月額コースを利用するとメリットが大きいです。

当初、月額料金で決まった額を支払うことに私は抵抗がありましたが、逆に「決まった額だけはマンガに使っても良い」と決めて利用することで節約にもなっています。

ボーナスポイントと来店ポイントを少しずつ貯めると、普通に購入していくよりもお得にマンガを読むことができますよ。

どの電子コミックサービスを利用するか迷っている方は、まずは「まんが王国」で、じっくり試し読みをしてみてください。

まんが王国

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  2. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  3. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  4. 人気の光回線5選!フレッツ光、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の…
  5. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要7サイトまとめ

関連記事

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. dカードとは?dポイントが貯まるドコモのクレジットカードの実力
  2. ソフトバンクの「あんしん保証パック」は必要?不要?元販売員が解説
  3. 【電子書籍56万冊以上】コミックシーモアの料金と実際に使ってみた感想
  4. 【2019年版】ドコモの学割はいつからいつまで?割引内容や注意点
  5. au フラットプランとは?au歴10年の男が料金やデータ量を紹介!
  6. ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがいい?メリット&デメリットを紹介
  7. 【ウルトラギガMAX】UQモバイルとWiMAXの合わせ技!メリットとデメリットとは?
  8. dマガジンとは?1,500冊以上の雑誌が読み放題のサービスを実際に使ってみた感想
  9. 無料お試し期間はない?WOWOWの放送をタダで観る方法を調査してみた
  10. 電子コミックが満載!まんが王国のサービス内容と実際に使ってみた感想

人気記事

  1. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  2. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要7サイトまとめ
  3. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  4. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  5. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  6. どっちがオススメ?スカパー!とWOWOWの違いを無料お試し期間から料金まで比較してみた
  7. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  8. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  9. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  10. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術

おすすめ記事

PAGE TOP