eBookJapanって本当にお得?サービス内容やアプリ・セールの感想と評価

更新日:2019/09/11
公開日:2018/10/19

数ある電子書籍の販売サービスの中で、eBookJapanはマンガの品揃えの多さと、その販売価格の安さが突出しています。

eBookJapanでは、割引セールやキャンペーンが毎日行われており、人気作品もお得に購入できるチャンスがいつでもあるのです。

電子書籍といえば、Amazon Kindleを思い浮かべる人も多いでしょう。それぞれの強みがありますが、マンガを中心に読むならeBookJapanをオススメします。

マンガを中心に電子書籍を読もうと考えている方、eBookJapanのサービスについて詳しく知りたい方は、この記事の内容を参考にしてみてください。

eBookJapanとは?

eBookJapan

eBookJapan(イーブックジャパン)とは、株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営している電子書籍の販売サイトです。

eBookJapanは、マンガの品揃えが世界最大級です。マンガは、50万冊以上のラインナップがあります。さらに、文芸書やビジネス書、雑誌などもあります。

マンガや雑誌の読み放題サービスとは違い、電子書籍を一冊一冊を購入してから読むサービスです。

購入する前に、実際にウェブ上やアプリでの読み心地を確かめたいですよね。安心してください。無料で数ページ読むことができる立ち読み機能や、一冊~数冊無料で読める特集があります▼

時期にもよりますが、一部~数冊まで、無料で読めるマンガは10,000件あります。気になるマンガの導入部を、チェックしてから購入できるのは嬉しいですね。

①セールやキャンペーンがお得

eBookJapanでは、セールやキャンペーンがほぼ毎日ありますが、見逃してしまったら意味がありませんよね。

でも、安心してください。お得にマンガを購入するチャンスとなる、セールやキャンペーンは探せます。

「セール中のお得な本を探す」機能があります▼

セールでは、マンガが定価の半額以下になっていることもめずらしくありません。

たとえば、定価610円のマンガが、セールでは255円に▼

こちらは、定価490のマンガが、100円になっています▼

新品のマンガなのに、100円で買えるとは、お得ですね。

キャンペーンでは、無料キャンペーンや割引キャンペーンなどが開催されています。

「特集&キャンペーン一覧」を見ると、無料で読める本や半額で購入できるマンガが所狭しと並んでいます▼

お得に、閲覧や購入ができる機会がたくさんあるのが、eBookJapanの魅力の一つです。

②eBookポイントが貯まる

eBookJapanでは、電子書籍を購入すると、eBookポイントが貯まります。

1ポイント=1円としてマンガの購入に使用でき、貯まったポイント数は、マイページで確認できます。

マイページに表示される利用できるポイント▼

単巻で購入すると、購入金額の1%、セット商品として複数の巻を一度に購入すると、購入金額の5%がeBookポイントとしてもらえます。

「ポイント増量キャンペーン」も、頻繁に開催されています。お得に購入するチャンスは無数にあります。

ポイント増量キャンペーン、通常の50倍ポイントがもらえることも▼

ただし、eBookポイントに関して、注意したいのは有効期限です。ポイントは、購入したらすぐに発行されます。

「ポイント増量キャンペーン」以外で購入した通常のポイントは、ポイントが発行されてから1年間が有効期限です。

キャンペーンによっては、ポイントが使用できる有効期限が翌月末まで、といった条件もありますので、期限を確認する必要があります。

③無料で読める「立ち読み」機能付き

新しいマンガや本を買うときには、少し中身を確認したいですよね。とはいえ、本屋さんでは、マンガはビニールで包まれており、中身を確認できません。しかし、ご安心ください。eBookJapanでは、サイト上で「立ち読み」ができます。

マンガに限らず、雑誌やビジネス書なども、最初の数ページを読むことができます。

「試し読み」としてサイト上トップに表示されているものも、「立ち読み」と同じものです。同じように、最初の数ページを読めます。

立ち読み▼

試し読み▼

「立ち読み」と「試し読み」で、気になる本をチェックできるのはもちろんですが、ウェブ上でマンガや本の読みやすさ、ビューワの使いやすさも確認できます。

書籍購入時には、会員登録が必要ですが、「立ち読み」「試し読み」は登録しなくてもできますので、ぜひ試してみてください。

④eBook アプリで電子書籍をダウンロード可能

eBookJapanで購入した書籍は、専用のアプリ「ebiReader(イービーアイリーダー)」で読めます。

eBookJapanのウェブサイト上で購入した書籍は、アプリにダウンロードして読むことができます。

ウェブサイト上で、書籍を購入すると、すぐにアプリにも購入した書籍が表示されます。この状態ではまだ、ダウンロードはされていません。

ダウンロードしたい作品をタップして、「ダウンロード」または「読書しながらダウンロード」をタップすると、eBookアプリを使用しているデバイスに、書籍がダウンロードされます▼

あらかじめダウンロードしておけば、スマホで通信量を気にせず、どこでもマンガが楽しめます。

ダウンロードできる容量は、端末の容量によります。容量が足りなくなって、書籍を削除しても、復元できるので安心です。

⑤1つのアカウントで最大5端末まで利用できる

eBookJapanは、最大5端末で、購入した書籍を読むことができます。

eBookReaderアプリを端末にインストールして、アカウント情報の設定で、使いたい端末を登録したら、今まで購入した書籍が全て読めるようになります。

ダウンロードしたいときに端末を分散しておけば、端末のデータ容量不足を回避できます。また、書籍によっては、スマホよりタブレットで読んだ方が読みやすいケースもあるので、すぐに端末を変えられるのも利点です。

5端末まで、同一アカウントで使えるのも、eBookJapanの便利なところですね。

eBookJapanの無料立ち読みは安全?

「eBookJapanの無料立ち読みをすると、何か契約したりする必要があるのでは?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

ご安心ください。eBookJapanの無料立ち読みや試し読みは、私自身試してみましたが、会員登録などが一切必要ありません。

1冊以上、まるごと読めるマンガもありますが、一切登録なしですぐに読めます。

eBookJapanに、登録して書籍を購入するときには、個人情報を入力しますが、この点もご安心ください。

eBookJapanはYahoo!JAPANのグループ会社が、2000年から運営している、実績ある会社が、立ち読みも、書籍購入も安心して行えるサービスを提供しています。

イーブックジャパンの料金や支払い方法

eBookJapanで書籍を購入するときの、料金や支払い方法をまとめてみました。

漫画の料金は紙版よりも安い

eBookJapanのアカウント登録は0円です。読み放題サービスとは違うので、月額料金はかかりません。

書籍は、0円からあります。単行本などは、紙媒体より少し安いくらいの値段設定です。

例えば、ジャンプ・コミックスの単行本は、実物の紙媒体では400円ですが、eBookJapanでは371円で販売されています。これは電子書籍が紙媒体と違って、印刷コストや輸送のコストを0円にできるからでしょう。

支払い方法は複数のものに対応中

eBookJapanの良さの一つに、支払い方法の多さもあります。クレジットカードや携帯電話での決済、ネット決済やプリペイドカードも使えるのです。

クレジットカードは、5種類対応しています。

対応しているクレジットカード
  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club

携帯電話での支払いは、主要3キャリアとY!mobileに対応中。

対応している携帯電話での支払い
  • auかんたん決済
  • ドコモ ケータイ払い
  • ソフトバンクまとめて払い
  • ワイモバイルまとめて支払い

ネット決済とプリペイドでの決済は、6種類に対応しています。

対応しているネット決済とプリペイドでの決済
  • WebMoney
  • 楽天銀行
  • BitCash
  • @nifty
  • So-net
  • JCB PREMO

15種類の支払い方法を選べますので、自分自身に一番合った方法で支払いができますね。

eBookJapanとKindleはどっちが良いの?

電子書籍を読む、となればKindleが有名です。Kindleもとても使いやすいですが、eBookJapanとKindleとでは、何が違うのでしょうか。

品揃えの面では、eBookJapanはマンガの品揃えが非常に多く、また割引やキャンペーンが豊富です。

Kindleは、マンガよりはビジネス書などがメインになっています。Amazonプライムなどの特典で、読み放題のビジネス書などが多数あります。

なので、ビジネス書などをたくさん読みたい方には、Amazonのサービスを使う方がいいかもしれません。けれど、「マンガを沢山読みたい、お得に購入したい」という方には、eBookJapanがおすすめです。

eBookJapanの口コミ・評判

実際にeBookJapanを使っている人の感想を、Twitterで集めてみました。

電子書籍の購入や保存、持ち歩きの手軽さや、購入した書籍の背表紙が一覧に並ぶというeBookJapan独自の機能が好評のようです。

イーブックジャパンを実際に使ってみた感想5つ

実際に、私自身がeBookJapanを使ってみた感想をまとめてみました。

イーブックジャパンを実際に使ってみた感想
  • ①容量を気にせずにマンガを大量に保管できる
  • ②アプリの使い方は初めは戸惑うかも
  • ③本棚のコレクション感が楽しい
  • ④付箋を付けられるのは8個まで
  • ⑤割引セールやキャンペーンがとても豊富

①容量を気にせずに電子書籍を大量に保管できる

購入した電子書籍のデータは、クラウド上に保存されているので、無尽蔵に電子書籍を保管できます。

スマホなどのデバイスに、電子書籍をダウンロードする場合は、必要なものだけをダウンロードし、読み終わったら削除しておけば、デバイスの容量も気になりません。ライバルのAmazon Kindleの場合、電子書籍を端末にダウンロードする必要があるので、クラウド上でも読めるのは地味に嬉しいです。

もちろん、ダウンロードした電子書籍を、アプリから削除しても、購入履歴に残っているので、いつでも読めます。再度アプリにダウンロードすることもできます。

一度購入した電子書籍はずっと読めますし、インターネット上に自分専用の本棚を持っているような、快適な読書ライフを楽しめます。

②アプリの使い方は初めは戸惑うかも

eBookJapanのアプリ、ebiReaderは、設定できる項目が多く、それだけに最初は扱いづらいかもしれません。

読書や本棚に関しての設定を細かく変更できます▼

しかし、設定を自分好みに変更していくと、最適な読書アプリになっていきます。

始めは少し手間取ってしまいましたが、今ではとても使いやすいです。

③本棚のコレクション感が楽しい

「eBookJapanオリジナル背表紙本棚」という、eBookJapanが自らが推している機能があります。

eBookJapan自身が推しているだけあって、口コミなどでも好評ですが、私自身使ってみて、これは楽しい機能だなと思いました。

こういった形で、背表紙が見えるように本棚に購入した書籍を陳列できます▼

紙媒体で買ったマンガを、本棚に並べて眺める楽しさを、電子書籍でも味わえます。

この「eBookJapanオリジナル背表紙本棚」機能は、使ってみると、意外とはまってしまいます。

④付箋を付けられるのは8個まで

少し不満な点は、付箋を付けられる数が8個までという少なさです。

マンガを読むときには、あまり多くの付箋は必要ないと思いますが、小説やビジネス書では、気になったところに気軽に付箋を付けたいですよね。

付箋の色は、8種類あります▼

マンガを読むぶんには、個人的には全く問題ありませんが、ビジネス書はKindleで読む方が便利かもしれません。

⑤割引セールやキャンペーンがとても豊富

eBookJapanは、マンガを沢山購入して読みたいという方にオススメです。

「セールやキャンペーンがお得」の章でも、お伝えしましたが、本当に毎日のようにお得なキャンペーンが展開されています。

eBookJapanで初めて本を買うと、購入金額の50%がポイントに還元されるキャンペーン▼

ポイント増量キャンペーンやセット割引などを使って、好きなマンガを大量に安く購入できてしまいます。

eBookJapanが読めない・繋がらないときは?

書籍が読めないときには、電子書籍のファイルの拡張子「ebdl」が開いていない可能性があります。

ブラウザから書籍をダウンロードするときに、「edbl」ファイルの「保存画面」が表示されたら、「開く」をクリックすれば、書籍を読むことができます。

まとめ:マンガを割引価格で購入するならeBookJapan

50万冊以上のマンガの品揃え、そしてお得なキャンペーンが目白押しなeBookJapanは、電子書籍でマンガを楽しみたい方に、とてもオススメです。

世界最大級のマンガの品揃えを堪能したい方や、背表紙本棚のコレクター心を感じてみたい方は、eBookJapan利用してみるといいと思います。

eBookJapan

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの12サイトまとめ
  2. 人気の光回線5選!フレッツ光、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の…
  3. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気11社を比較
  4. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ
  5. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. Broad WiMAXとは?月額料金や通信速度、メリット・デメリットを徹底レビュー!
  2. 知らないと損する!UQモバイルオンラインストアのメリットとデメリット
  3. カシモWiMAXの料金が他社より安い理由とは?メリットとデメリットの全まとめ
  4. 契約が切れた古いiPhoneの活用方法7選!昔のスマホの便利な使い道まとめ!
  5. DAZN(ダー・ゾーン)ならスポーツ動画が見放題!実際に使ってみた感想
  6. 民泊Wi-FiのSPACE Wi-Fi(スペースワイファイ)のメリット・デメリットを紹介!
  7. モバイル保険には入るべき?他社の保証と内容を比較+口コミや評判も紹介!
  8. amazon ミュージック アンリミテッドとは?料金や音質+実際に使ってみた感想
  9. JPWiMAXとは?通信オタクが月額料金や通信速度を他社と比較してみた
  10. ホームルーターのメリット・デメリットとは?オススメ5機種を徹底比較!

人気記事

  1. どっちがオススメ?スカパー!とWOWOWの違いを無料お試し期間から料金まで比較してみた
  2. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ
  3. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  4. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  5. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気11社を比較
  6. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  7. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  8. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  9. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  10. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た

おすすめ記事

PAGE TOP