「外国パケ死」を華麗にかわし、海外でネットを嗜む6つの方法まとめ

みなさん海外旅行はお好きですか?

海外は普段の生活とは違った世界が見れて刺激を受けますよね。

ただ、海外に行く時の悩みの1つに、インターネット通信があると思います。ビジネスであればメールなどを使いたいし、プライベートであれば撮った写真をいち早くSNSに投稿したいでしょう。

とはいえ、海外でネット通信をするための手段って複雑で分かりにくいですよね。なので、この記事では海外でインターネットを利用するための6つの方法をまとめました。

一概にどれが良いと言うことはできませんが、それぞれのメリット・デメリットを踏まえ、自分に合ったサービスを選ぶ参考にしてください。

目次

高額請求される「パケ死」の危険性

大手キャリアを利用している人は、パケット通信は定額プランの人がほとんどだと思います。日本では特に気にせず利用できるのですが、実は海外では定額プランが適用されないのです。

海外では地域によりますが、1MBあたり2,000円と超高額な料金がかかります。1GBではなくて1MBですよ。

それを知らずに、日本にいるのと同じ感覚でネットを利用すると、天文学的な通信料を請求されちゃうのです。いわゆる「パケ死」ですね。

仮に、1MBあたり2,000円だったとして、1GB(1,000MB)を使ってしまえば200万円の請求がくることになります。この「パケ死」になる事件はたまに起きています。

※参考事例

海外でパケ死しないための設定は簡単です。「データローミング」を「オフ」にするだけで大丈夫です。

せっかくの楽しい海外が、インターネットのせいで悲惨なことならないように、海外でデータ通信をする次の6つの方法を知っておきましょう。

海外でインターネットを使う6つの方法

海外でインターネットを利用するのには、以下の6つ方法があげられます。

  • 大手携帯キャリアの国際ローミング
  • 海外Wi-Fiルーターをレンタル
  • 海外用のスマホをレンタル
  • 海外プリペイドSIMを購入
  • 現地のプリペイドSIMを購入
  • 現地のWi-Fiスポットを利用

どれが良いというわけでなく、海外に行く目的やネットの利用頻度によって、最適なサービスが変わるので、それぞれの特徴を考えて選びましょう。

サービスごとにオススメの利用者もまとめているので参考にしてください。

手間をかけたくないなら「大手携帯キャリアの国際ローミング」

キャリアと契約していて、ネットを利用するのに手間をかけたくないという人は、大手携帯各社の国際ローミングを利用しましょう。

他のサービスに比べて高いイメージのあるキャリアの海外利用ですが、プラン内容を理解して利用すれば予想外の高額請求にはなりません。

国内で簡単に申し込みができるので、海外でスムーズに利用できます。

  • メリット  :手軽
  • デメリット :料金が割高
  • オススメの人:手間をかけずに海外でネットを楽しみたい人

複数人で旅行するなら「海外Wi-Fiルーターレンタル」

グループで海外に行って、現地でも一緒に行動する場合にはWi-Fiルーターをレンタルするのがいいでしょう。Wi-Fiルーターを使えば1台で複数の端末をネットに繋げるのでコスパがいいです。人数が多ければ、割り勘しても良いでしょう。

しかし、飛行機での移動中もレンタル料金が発生する、荷物がかさばる、バッテリー状況を確認しなければいけない、という点には注意しておきましょう。

  • メリット  :複数人で利用できる、料金が割安、PCでも使える
  • デメリット :荷物がかさばる、受取と返却の手間がかかる
  • オススメの人:グループで海外旅行に行く人、安く大量のデータ通信がしたい人

海外でスマホの盗難・紛失が不安な人は「海外用のレンタルスマホ」

「海外でスマホが盗難の被害にあったり、紛失したら怖い」という人は多いと思います。特にスマホにはアドレス帳や写真など大量の個人情報や大切な思い出が入っているので、ある意味パスポートよりも大切でしょう。

そんな方は海外で使えるスマホをレンタルするのがオススメです。盗難時の保険を用意している会社もあるので、心置きなく海外を楽しめます。

  • メリット  :自分のスマホを持ち歩かなくていい、料金が割安
  • デメリット :自分が使い慣れたスマホが使えない
  • オススメの人:スマホの紛失・盗難が不安な人

念のため通信環境の用意をしたいなら「海外プリペイドSIM」

海外でネットを使うか分からないけど、いざという時のために通信環境を用意しておきたい人は海外プリペイドSIMがオススメです。

SIM料金とチャージ料金が必要になりますが、ほとんど使わなければ、次の旅行に持ち越せるものもあるので、無駄なく利用できます。

他のサービスのように1日いくらではなく、使った分だけの請求なので、データ通信する予定がない、もしくは使っても少しだけという方には相性が良いです。ただ、SIM自体も購入する必要があるので、最初にお金がかかります。

ただし、海外プリペイドSIMを利用するにはSIMロックがかかっていないスマホが必要です。既に利用している方であればいいですが、キャリアのスマホを利用している方は、新たにスマホを購入したりSIMロック解除をしたりする必要があります。

  • メリット  :1枚のSIMで複数国で利用できる、使ったデータ分だけの支払い、データの繰り越しができる
  • デメリット :SIMロックがかかってないスマホが必要、自分でAPN設定をしなければいけない
  • オススメの人:海外で積極的にネットを使うつもりはないが、念のためネット環境は用意しておきたい人

長期滞在を考えているなら「現地のプリペイドSIM」

1カ月以上の長期での滞在を考えている人は、現地でプリペイドSIMを購入するのがおすすめです。現地の電話番号が手に入るので、現地の友達との連絡も取りやすくなるでしょう。

街の携帯ショップでも買えますし、国によっては空港にカウンターや自動販売機がある場合もあります。

契約の際には現地語で契約する必要がある点が注意しておきましょう。また、通信の初期設定(ANP設定)も現地語で行う必要があるので、語学力が要求されます。

  • メリット  :現地の電話番号が利用できる
  • デメリット :契約と設定を現地語でしなければならない
  • オススメの人:長期滞在する人、電話を頻繁にかける人

通信費を極力抑えたいなら「現地のWi-Fiスポット」

データ通信にお金をかけたくないという人は現地のWi-Fiスポットを利用しましょう。Wi-Fiスポットなら通信量を気にせずに使えます。

しかし、フリーWi-Fiにはデータを抜き取られる・スマホを乗っ取られる等の危険性もあります。できるだけ暗号化された鍵マークWi-Fiを利用するようにしましょう。

またWi-Fiスポットは場所が限られているので、事前にどこにあるのか、確認しておいた方が賢明です。

  • メリット  :無料で利用できる
  • デメリット :セキュリティが安全とは言えない
  • オススメの人:データ通信にお金をかけたくない人

ここからは実際に海外でネットを活用する方法を紹介していきます。手軽に用意できるものから紹介していくので、自分に合ったものを探してください。

大手携帯キャリアの海外ローミングサービスを利用する

現地でデータ通信を開始した途端、アプリの自動更新が始まってデータ量を使い切ってしまった。という事態を避けるために、アプリの自動更新は日本にいるうちにOFFにしておきましょう。

ここでは、大手携帯キャリアのローミングにどんな特徴があるのかキャリア別に見て行きましょう。

au:世界データ定額・海外ダブル定額

https://www.au.com/mobile/service/global/global-passport/

auでは「世界データ定額」と「海外ダブル定額」の2つのプランを用意しています。料金と対応地域は次の通りです。

料金 対応地域
世界データ定額 980円/24時間 32の国と地域
海外ダブル定額 ~24.4MB 1,980円/日
24.4MB~ 2,980円/日
163の国と地域

無料の「世界データ定額アプリ」をスマホに入れておけば、国内で初期設定をして、現地についたら「利用開始」のボタンを押せば利用できます。

アプリでは残りの通信可能時間や、「トリップアドバイザー」と提携して観光情報やグルメ情報を確認できます。

docomo:WORLD WING

https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/

ドコモでは「海外1dayパケ」と「海外パケ・ホーダイ」の2つのプランを用意しています。料金と対応地域は次の通りです。サービスを利用するには「WORLD WING(月額無料)」というサービスを契約しておく必要があります。

料金 対応地域
海外1dayパケ 980円~1,580/24時間
海外パケ・ホーダイ 2,980円/1日 104の国と地域

「海外1dayパケ」は地域によって料金が違うので事前に確認しておきましょう。

また、24時間以内に30MB以上の通信を行うと16kbpsの低速通信に切り替わるので、注意が必要です。事前にWeb上で申し込みをしたら、渡航先で「データローミング」をオンにして専用ダイヤルに発信すれば通信を利用できます。

Softbank:海外パケットし放題

http://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/web

ソフトバンクでは申し込み不要で87の国と地域に対応している「海外パケットし放題」プランが利用できます。料金は次の通りです。

「海外パケットし放題」のサポートアプリもあり、日本での設定と海外に到着してからの設定が分かりやすくなっています。また残りの時間も確認できるのでうまく活用しましょう。

海外Wi-Fiルーターをレンタルする

Wi-Fiルーターをレンタルするという手もあります。荷物は増えてしまいますが、データ量あたりの料金はローミングやプリペイドに比べて安いです。

グローバルWi-Fi

業界でも最多クラスの200以上の国と地域で利用できる海外Wi-Fiルーターです。海外の空港にもカウンターを用意しており、渡航先によっては、現地で受け取れます。また、当日申し込みにも対応してくれるカウンターもあるので、急な旅行や出張でもバッチリです。

イモトのWi-Fi

「イッテQ」でおなじみのイモトがイメージキャラクターをしている海外Wi-Fiルーターです。世界の200以上の国と地域で利用できます。対応している地域なら1日500MBを680円~利用できます。眉毛は伊達じゃないですね。

Wi-ho

約150の国と地域で使えるWi-Fiルーターです。業界ではレンタル料が少し割高な感じがあります。が、空港での受け取り手数料などが無料なので、トータルのコストで見ると安くなる場合もあります。短期での旅行や出張にはオススメです。

ワールドDATA

102か国で利用できるWi-Fiルーターです。他のブランドに比べて利用できる国が少ないですが、同社では地域に特化したルーターも提供しています。10台まで同時接続が可能なので、多めの人数で旅行に行っても皆で利用できます。

エクスモバイル

世界170か国で利用できるWi-Fiルーターです。業界でも比較的新しい会社ですが、多くの地域にて業界最安値で利用できます。留学などの長期滞在者やバックパッカーに特に人気のブランドです。

海外用のスマホをレンタルする

ルーターではなく、海外用のスマホをレンタルするという手もあります。「自分のスマホを海外へ持って行くと、紛失や盗難が心配」という方はスマホごとレンタルしてしまいましょう。盗難した時の保険を用意している会社もあるので、不安な方は利用してください。

トラベルコム

1日200円から日本語対応のスマホを借りられます。1ヶ月1,500円のコースもあるので、1週間以上滞在する予定がある人、1ヶ月のコースの方がお得です。自宅への宅配も無料で行ってくれます。

GAC

ハワイ、アメリカのみで利用できるレンタルスマホです。レンタル期間は4日間以上からです。現地内での通話やネット回線もこの料金で可能。日本への発信のみ1分7円ですが、500円分が無料で利用できます。

海外プリペイドSIMを利用する

日本の携帯キャリアが海外の通信網を借りる国際ローミングと違い、国外のローミングSIMを日本で再販している「海外プリペイドSIM」も便利です。

海外プリペイドSIMであれば、SIMを1枚買ってデータをチャージしておけば、複数の国で数日間利用できます。1日あたりの通信量は多くないけど、滞在が長い人には相性が良いです。

MightySIM

一度SIMを買えばオンラインですべて管理できるプリペイドSIMです。全世界100か国以上で使え、利用する地域に応じたプランを購入しておけば現地ですぐに使えます。Amazonでも購入できます。

  • 会社:eConnectJapan
  • 料金:SIM代(690円)+チャージ(2,800円/500MB)
  • HP:http://mightysim.jp/

TAKT

使い方によって3つのSIMから選べるプリペイドSIMです。目的地などによって自分に合ったものを選びましょう。ヨドバシカメラや各種ネットショップにて購入できます。

  • 会社:Planetway
  • 料金:SIM代(2,480円~)+チャージ(25円/1MB)
  • HP:http:/wlvc.com/takt/jp/

トラベルシム

用途に合わせて「トラベルSIMトーク」「トラベルSIMデータ」の2つのSIMから選べます。世界100か国以上で受信料0円で電話を受けられるため、仕事で海外でもよく電話を受ける人にとっては嬉しいSIMです。

ワールドプラスSIM

ヨーロッパを中心に世界100か国以上で使えるプリペイドSIM※ポストペイド(後払い)です。高速4G・LTE通信が無料で1GBまで使えます。基本料金が1カ月間で設定されているため、滞在が長期であるほど割安になるのが特徴です。

Gigsky

iPadに搭載されているApple SIMにも採用された90か国以上で使えるローミングSIMです。Gigskyアプリでアカウントを作成すれば、目的地別にデータを購入して渡航先で利用できます。料金は国ごとに細かく分かれているので、購入前に確認しましょう。

  • 会社:Gigsky
  • 料金:初期費用(2,980円/100MBつき)+データ料金(1,800円/100MB~)
  • HP:http://www.gigsky.jp/

現地のプリペイドSIMを購入する

続いて、渡航先に着いてから現地のSIMを購入するという方法です。上でもお伝えした通り、現地のSIMを利用するにはSIMロックがかかっていない端末が必要なので気をつけましょう。

現地でのプリペイドSIMの買い方

海外では日本よりもプリペイドSIMの存在がメジャーです。携帯ショップに行けばほとんどの店でプリペイドSIMが置いてあるでしょう。

国によっては空港のカウンターで販売されている場合もあり、店員も手馴れているので早ければ数分でSIMを手に入れられます。

海外のローカルプリペイドSIMを日本で購入する方法

海外のSIMカードはAmazonでも購入できます。現地で購入するよりは割高ですが、日本語でマニュアルが付いているので、安心してアクティベートできます。Amazonで海外SIMの探し方は次の通りです。

Amazonの「カテゴリー」>「家電・カメラ・AV機器」>「携帯電話・スマートフォン>「SIMカード」に移動。

カテゴリー欄が「SIMカード」になっているのを確認して、検索欄に渡航先の国名を入れて検索

また「ジャパエモ」というサイトでも、海外のローカルプリペイドを販売しています。

現地のWi-Fiスポットを利用する

インターネットの準備を全くせずに海外に行って、急にネットを利用する必要がある場合は、Wi-Fiスポットを利用しましょう。

ただし、Wi-Fiスポットの利用は、ウイルス感染や情報を抜き取られる危険性が無くはないことだけはお忘れなく。

Wi-Fiが使えるお店:スターバックス、マクドナルドetc

Wi-Fiスポットは国によって異なりますが、どの国でも共通してWi-Fiが使えるお店がいくつかあります。

スターバックスやマクドナルドなど日本でもWi-Fiスポットとして馴染みのあるお店は、海外でもWi-Fiスポットである可能性が高いです。看板を見つけて利用しましょう。

ホテル

最近では無料でWi-Fiを利用できるホテルが増えてきました。ホテルを予約する時は、Wi-Fiが使えるか確認してみましょう。

Wi-Fiの利用の仕方はホテルによって異なりますが、基本的には、フロントで一言「ワイファイ」と言葉を発せば、繋ぎ方やパスワードを笑顔で教えてくれます。

街のフリーWi-Fi

公園や図書館など、公共の施設でも無料でWi-Fiを利用できる所があります。Wi-Fiが利用できるか記載しているガイドブックなどもあるので、事前に確認しましょう。

最近ではWi-Fiスポットを探せるアプリ「WifiMapper(iOSAndroid)」もあるので、上手く活用するのもオススメです。⭐︎

【番外編】空港・機内でインターネットを使う方法まとめ

海外旅行に行くのに誰もが避けては通れないのが、空港と飛行機です。時間にしては長くてもだいたい半日くらいでしょう。しかし、仕事の忙しい人はその間もメールなどネットを利用したい人はいますね。

番外編として、空港と機内でのネット環境も調べたので、参考にしてください。

空港

インターネットの準備をしていなかったり、ルーターのレンタル期限が過ぎていたとしても、ほとんどの空港では無料でWi-Fiが利用できます。

Wi-Fiの利用の仕方は空港ごとによって異なりますが、基本的には、インフォメーションカウンターに行って一言「ワイファイ」と発せば、だいたい使い方を教えてくれます。

JAL

https://www.jal.co.jp/inter/service/wifi/

嵐を起用したCMも出していますが、JALでは2017年8月31日まで国内線の機内インターネット接続を無料にするキャンペーンを行っています。

国際線でも、有料ですがWi-Fiに接続できます。次の料金で利用可能です。

ANA

https://www.ana.co.jp/domestic/departure/inflight/wifi/

ANAでWi-Fiを利用するには、事前申し込みはいらず、シート前ポケットにあるパンフレットで申し込みます。料金は次の通りです。

LCCでも機内Wi-Fi

格安で飛行機に乗れるLCCでもWi-Fiが利用可能な便もあります。特にLCCは大手と違い、機内エンタテイメントが乏しいため、できれば機内はネット環境が整っているところを選びたいです。

日本でもお馴染みのAirasiaの場合、利用するのにトークンというものの購入が必要になります。現金で乗務員から買うこともできますし、ポータル上でクレジットカードを使っても買えます。

海外で役立つオフラインで利用できるアプリ

ネットが使える環境を持っていても、できれば通信のデータ量を消費したくないですよね。

オフラインでも利用できる便利な無料アプリをまとめたので、国内でダウンロードしていきましょう。

Wi-Fi Finder

事前にWi-Fiスポットのリストをダウンロードしておけば、オフラインの状態でもWi-Fiスポットを検索できるアプリです。

位置情報を利用すれば、自分の近くにあるWi-Fiスポットも探せます。あらかじめ渡航先のWi-Fiスポットをダウンロードしておきましょう。

アプリ:iOSAndroid

Googleマップ

言わずと知れた地図アプリ。オンラインでブラウザで使う人もいると思いますが、実はアプリ版にはオフラインで使う方法もあるのです。

ネット環境があるところで事前に、目的地を検索してダウンロードアイコンをタップしておけば、オフライン状態でも通常通り利用できます。

アプリ:iOSAndroid

TripAdvisor(トリップアドバイザー)

1億ダウンロード以上を誇る世界最大の旅行アプリ「TripAdvisor(トリップアドバイザー)」もオフラインで利用できます。

事前にネットのある環境で観光情報をダウンロードしておけば、オフラインでもレストランやホテルの情報を閲覧可能。ポイントを把握すれば最小限の情報で最大限海外を楽しめます。

アプリ:iOSAndroid

まとめ:海外の素敵なお土産をもらうために

「海外でネットを使いたい」と思っていても、どんな方法があるのか漠然としていた人も多かったと思います。基本的には今回紹介した以下の6つの方法しかありません。

  • 大手携帯キャリアの国際ローミング
  • 海外Wi-Fiルーターをレンタル
  • 海外用のスマホをレンタル
  • 海外プリペイドSIM
  • 現地のプリペイドSIM
  • 現地のWi-Fiスポット

どの方法も一長一短です。「これがおすすめ」とは一概には言えません。最適な手段はJourneyによって変わります。この記事は、次の渡航にはどのサービスを使うべきかの羅針盤になると思います。

不覚にも、「30年以内に海外に行く可能性が0とは言えない人」が周りにお見えになったら、ぜひこの記事をシェアしてあげてください。きっと素敵なお土産を買って来てくれるでしょう。あると思います。

関連記事

最新記事

  1. 今さら聞けない「IoT(モノのインターネット)」超やさしい15の図でスッキリ納得!
  2. VRで未来はどう変わる?VRが活用されている15の分野と最新事例を動画で紹介
  3. 現実は厳しいから仮想現実へ!都内のVR体験スポット4つ巡ったレポート
  4. 合計1500年分!?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社まとめ
  5. 音楽新巨人Spotifyが成功した3つの理由と定額音楽配信サービスのすゝめ

おすすめ記事

  1. 【2017年版】街中の主要Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWi-Fi活用術
  2. 【VODグランプリ】定額で見放題の動画配信サービス人気10社+αまとめ~動画廃人~
  3. 格安SIMのすべてを解説!&人気の格安SIMカード15社を比較したよー
  4. 今さら聞けない「IoT(モノのインターネット)」超やさしい15の図でスッキリ納得!
  5. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較・分析
  6. 合計1500年分!?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社まとめ
  7. 「外国パケ死」を華麗にかわし、海外でネットを嗜む6つの方法まとめ
  8. 【SIM-1グランプリ2017】大手携帯キャリア~主要MVNO総勢19社の通信速度バトル
PAGE TOP