amazonビジネスアカウントはお得なの?実際に使った口コミ・評判!

更新日:2024/05/21
公開日:2024/05/21

PR 当サイトは複数企業と提携して情報発信しています。サイト内で紹介した商品・サービスのお申し込みがあった場合、各企業から報酬を受け取る場合があります。

ビジネスを運営されている方にとって、少しでもコストを削減し、効率的に業務を進めるためのツールを探している方は多いのではないでしょうか?

そんな中、特に注目されているのがAmazonビジネスアカウントです。

もしかすると、「ビジネスアカウントを作るとお得になる」と勧誘電話が来て、気になっている人もいるかもしれません。

この記事では、「一般的なAmazonアカウントと何が違うのか?」「本当にお得に活用できるのか?」と疑問に感じる方もいるでしょう。実際にどのように使われ、どのようなメリットが得られるのか。

その魅力やデメリット、そして実際に利用したユーザーの口コミや評判に基づいて、徹底解説します。

ビジネス運営に役立つ情報を得たい方は必見です。

Amazonビジネスアカウント

Amazonビジネスアカウントの基本情報|年会費は無料!

特徴 詳細
登録費用 無料
購買機能 一括購入、定期購入、カスタムカタログ作成
支払い方法 請求書払い、法人クレジットカード
ユーザー管理 複数ユーザーアカウントの作成と管理、承認ワークフロー
価格 ビジネス向け価格、数量割引
レポート機能 支出レポート、発注履歴レポート
配送オプション プライム配送、まとめ配送
サポート 専用カスタマーサポート、ビジネスサポート

Amazonビジネスアカウントは、企業や団体がより効率的に購買を行うための特別なアカウントです。個人アカウントとは異なり、複数のユーザーでの管理や、ビジネス向けの特典が多数提供されます。このアカウントを利用することで、経費の節約や、購買プロセスの効率化を実現できます。

ビジネスアカウントの主な特徴

Amazonビジネスアカウントの主な特徴として、まず第一に複数ユーザーによる利用が挙げられます。各部署やチームごとに権限を設定し、適切な購入を行うことが可能です。さらに、詳細な購買分析を行ったり、購買履歴を追跡するためのツールも提供されています。さらに、法人向けの価格設定や、一定金額以上の注文で送料無料となる特典も利用できます。

Amazonビジネスアカウント基本料金

会員プラン 年会費(税抜価格) 年会費(税込価格) 最大ユーザー数
Duo 紐づけされた個人アカウントでAmazonプライム会員になると無料 紐づけされた個人アカウントでAmazonプライム会員になると無料 1
Essentials 5,364円 5,900円 3
Small 12,273円 13,500円 10
Medium 34,364円 37,800円 100
Unlimited 245,455円 270,000円 Unlimited

Amazonビジネスアカウントには基本料金が設定されています。

基本料金は利用するサービス内容やプランによって異なりますが、多くの場合、月額または年額での支払いが必要です。また、最大ユーザー数によっても料金が変動することがあります。基本料金には、標準的なビジネス機能が含まれており、追加機能は別途料金がかかることが一般的です。

有料プランでは、無料プランに比べて多くの追加機能が利用可能です。例えば、複数の購買担当者が同時に操作できる権限管理や、詳細な分析が行えるビジネスインテリジェンスツールなどがあります。

有料プランは規模に応じて数種類が提供されており、最大ユーザー数によって料金が異なるため、企業ニーズに合わせて選ぶことが重要です。

個人アカウントとの違い

項目 ビジネスアカウント 個人アカウント
登録費用 無料 無料
購買機能 一括購入、定期購入、カスタムカタログ作成 個別購入
支払い方法 請求書払い、法人クレジットカード 個人クレジットカード、デビットカード
ユーザー管理 複数ユーザーアカウントの作成と管理、承認ワークフロー 単一ユーザー
価格 ビジネス向け価格、数量割引 通常価格
レポート機能 支出レポート、発注履歴レポート 注文履歴
配送オプション プライム配送、まとめ配送 プライム配送
サポート 専用カスタマーサポート、ビジネスサポート 一般カスタマーサポート

個人アカウントとビジネスアカウントの最も大きな違いは、利用者の範囲と機能性です。

個人アカウントは単一ユーザー向けですが、ビジネスアカウントは複数ユーザーで統合管理できる設計になっています。

また、ビジネスアカウントでは法人価格やボリュームディスカウントが提供されるほか、ビジネス専用のカスタマーサポートも利用可能です。経費の管理や購買の透明性を保つためのツールも充実しています。

Amazonビジネスアカウント

利用可能なサービスと特典

サービス/特典 説明
一括購入 大量購入時の一括注文が可能で、コスト削減につながります。
定期購入 定期的に必要なアイテムを自動で再注文でき、在庫管理が簡単です。
カスタムカタログ作成 企業独自の製品カタログを作成し、社員が必要なアイテムに迅速にアクセス可能。
請求書払い 法人向けの請求書払いが利用でき、支払いの管理が容易です。
法人クレジットカード 法人専用のクレジットカードでの支払いが可能です。
ユーザー管理 複数のユーザーアカウントを作成・管理し、購買の承認ワークフローを設定できます。
ビジネス向け価格 法人向けの特別価格が提供されます。
数量割引 大量購入時の数量割引が適用されます。
支出レポート 企業全体の購買履歴を詳細に分析できる支出レポートを利用可能。
発注履歴レポート 過去の発注履歴を確認し、購買パターンを把握できます。
プライム配送 プライム会員向けの無料お急ぎ便が利用可能です。
まとめ配送 複数の注文をまとめて配送し、送料を節約できます。
専用カスタマーサポート 法人専用のカスタマーサポートが利用でき、迅速な対応が受けられます。
ビジネスサポート 企業の購買に関する専門的なサポートを提供します。

Amazonビジネスアカウントを利用すると、多岐にわたるサービスと特典が受けられます。例えば、専用のビジネスプライムメンバーシップに登録することで、即日配送やフリーシッピングの特典が受けられます。また、特定の製品カテゴリーに対する法人価格、数量割引、さらにはカスタマイズ可能な購買ポリシーや承認ワークフローも利用可能です。こうした特典により、企業の購買ニーズをより効率的に対応できます。

Amazonビジネスアカウント

アマゾンビジネスアカウントをおすすめする人しない人

アマゾンビジネスアカウントをおすすめする人とおすすめしない人をそれぞれまとめました。

単純に「ビジネスアカウント」ですから、ビジネスでアマゾンを利用する人にとっておすすめです。具体的に見ていきましょう。

アマゾンビジネスアカウントのおすすめのユーザー:まとめ買いする人

おすすめユーザー
  • 中小企業の経営者
  • 購買担当者
  • IT部門やオフィスマネージャー
  • 企業の財務部門
  • 大企業の管理職

アマゾンビジネスアカウントは、中小企業や大企業の経営者、購買担当者、IT部門、オフィスマネージャー、財務部門の方々に特におすすめです。

これらのユーザーは、まとめ買いや数量割引、一括購入、定期購入などを通じてコストを削減し、効率的な在庫管理を行うことができます。

また、カスタムカタログ作成やユーザー管理機能、支出レポートや発注履歴レポートを活用することで、企業全体の購買プロセスを最適化し、詳細な分析を行うことができます。

さらに、法人向けの請求書払い、クレジットカード、専用カスタマーサポートといった特典により、支払い管理やサポートをスムーズに行うことができます。

アマゾンビジネスアカウントをおすすめしないユーザー:少数購入の人

おすすめしないユーザー
  • 個人ユーザー
  • フリーランス
  • ごく小規模な事業者
  • 一度きりの購入者
  • コスト削減よりも迅速な購入を優先するユーザー

一方で、個人ユーザーやフリーランス、ごく小規模な事業者、一度きりの購入者、コスト削減よりも迅速な購入を優先するユーザーには、アマゾンビジネスアカウントはあまり適していません。

これらのユーザーは、頻繁な大量購入や定期購入が不要であり、個人向けのプライムアカウントで十分な場合が多いです。

個人ユーザーやフリーランスは、少量の購入や個人の支出管理で十分なため、ビジネスアカウントの特典を十分に活用できません。また、迅速な購入を重視する場合、個人向けアカウントの方がシンプルで効率的です。

アカウント作成の手順

Amazonビジネスアカウントの作成は非常に簡単です。

まず、Amazonビジネスの公式サイトにアクセスし、アカウント作成のボタンをクリックします▼

その後、基本情報を入力し、法人の確認を行います。確認が完了すると、アカウントが有効化され、即座に利用を開始できます。管理者はユーザーの追加や権限設定、購買ポリシーのカスタマイズを行うことができ、経費管理の効率化も図れます。

Amazonビジネスアカウント

実際に使ってみた口コミ・評判

Amazonビジネスアカウントを実際に使っている人のコメントを集めてみました。

実際の利用者の声を知ると、利用を始める参考になると思います。

メリットに関する意見

https://twitter.com/hryktnk0810/status/1728203103055548884

アマゾンビジネスアカウントに対して好印象を持っている利用者は、「法人価格が設定されている商品が安い」「仕入れに使う場合はメリットしかない」「アプリがあって便利」などとコメントされています。

やはり、仕事でAmazonを多用する利用者にとってメリットが多いと感じている人が多いようです。

デメリットに関する意見

https://twitter.com/gori_inu/status/1753266966490755328

https://twitter.com/meuxhxc/status/1790607123732418658

https://twitter.com/rasta8132/status/1217068422355243008

悪い印象を持っている利用者は、「受け取りが不便」「審査に時間がかかった」「勧誘がうざい」などの口コミを発信されています。

一括購入やまとめ買いにお得なビジネスアカウントなので、受け取りがコンビニや自宅でできないことに不満を感じるのも分かります。

反対に、オフィスや工場などで受け取るには全く問題ないでしょう。

審査も個人向けとは違い審査がありますが、数日で完了します。長い目で見れば、ちょっと辛抱するだけとも言えます。

あとは、「ビジネスアカウントを作らないか?」と勧誘電話が来ることにうんざりしている方がいました。ヘビーユーザーには営業電話がいくようです。

実際、ビジネスアカウントを利用した方がお得になる人に提案しているので、面倒でなければビジネスアカウントを作ってしまうのも悪くないと思います。

Amazonビジネスアカウント

Amazonビジネスアカウントのメリット

メリット
  • 割引価格の提供
  • 購入履歴の管理
  • 税金控除の適用
  • 大量購入時の特典
  • 複数アカウント管理の優位性

Amazonビジネスアカウントは、企業向けに特化した多くの特典を提供しています。

ビジネスアカウントを利用することで、割引価格や購入履歴の管理、税金控除、大量購入時の特典、そして複数アカウントの管理など、ビジネスを効率化するための数多くの機能を活用できます。

割引価格の提供

Amazonビジネスアカウントを利用することで、通常の顧客には提供されていない特別な割引価格を享受することができます。これは、特に大量に商品を購入する必要がある企業や団体にとって非常に有利です。特定の商品カテゴリや限定的なキャンペーンでの割引も多く、経費削減の面でも大いに役立ちます。

購入履歴の管理

ビジネスアカウントを活用すると、購入履歴を簡単に管理することができます。複数の部署やプロジェクトにわたる購入を追跡しやすくなり、誰が何を購入したのかを正確に把握できます。また、注文履歴のカスタマイズレポートも作成可能で、費用対効果の分析や予算管理がより効率的に行えます。

税金控除の適用

多くの企業は税金控除の恩恵を受けるために購入履歴の証明を必要とします。Amazonビジネスアカウントでは、税務関連の書類を簡単にダウンロードできる機能があるため、税務申告の際にも手間が省けます。さらに、一部の製品に対する税金控除が適用されることもあり、税務負担の軽減につながります。

大量購入時の特典

Amazonビジネスアカウントを使用することで、大量購入の際に特別な特典を享受できます。商品によっては、通常の価格よりもさらに割引価格で購入できるだけでなく、送料が無料になったり、迅速な配送サービスを利用したりすることが可能です。これにより、コストを抑えつつ効率的に商品を調達できます。

複数アカウント管理の優位性

Amazonビジネスアカウントでは、一つのビジネスアカウントに対して複数の個別のアカウントを作成・管理することができます。これにより、複数の部署やチームがそれぞれのニーズに応じた商品の購入を行うことがスムーズにできるほか、購買プロセスの効率化が図れます。また、権限を細かく設定することで不正を防ぎ、購入の透明性を確保します。

Amazonビジネスアカウント

Amazonビジネスアカウントのデメリット

デメリット
  • 特定の条件下での利用制限
  • 固定費がかかる
  • サポート対応が遅いことがある
  • 規模拡大に伴って追加費用がかかる
  • 物流面での制約

Amazonビジネスアカウントは企業や団体に対して多くの利便性を提供しますが、考慮すべきデメリットも存在します。これらのデメリットを理解し、適切な対策を講じることで、ビジネスの効率化を図ることができます。以下に、特定の条件下での利用制限、一般会員との比較、サポート対応、料金プラン、そして物流面での制約について詳述します。

特定の条件下での利用制限

Amazonビジネスアカウントには特定の状況で利用制限がかかる場合があります。例えば、購入する製品のカテゴリによっては、利用できる機能や割引が限定されることがあります。また、一部の製品は法人向けに提供されていないため、個人アカウントと比較して商品選択の幅が狭まることがあります。さらに、特定の地域ではビジネスアカウントが利用できない場合もあるため、グローバル展開を考えている企業にとっては大きな制約となる可能性があります。

固定費がかかる

一般会員と比較すると、Amazonビジネスアカウントにはいくつかのデメリットがあります。まず、価格設定が異なる場合があり、必ずしもビジネスアカウントの方が安いとは限りません。また、一般会員が利用できるセールやプロモーションがビジネスアカウントでは適用されないことがあります。さらに、ビジネスアカウント用の特典やサービスが利用できる一方で、その分の費用がかかる可能性があるため、全体的なコストパフォーマンスに影響を与えることもあります。

サポート対応が遅いことがある

Amazonビジネスアカウントのサポート対応には、一部デメリットが存在します。例えば、ビジネスアカウント用のサポート対応が必ずしも迅速であるとは限らず、特に問い合わせが多い時期や状況では対応が遅れることがあります。また、サポート内容が一般会員向けと異なる場合があり、特殊な問題に関しては解決までに時間がかかることもあります。これらの点を考慮して、迅速な対応が求められる事態に備える必要があります。

規模拡大に伴って追加費用がかかる

Amazonビジネスアカウントには特定の料金プランが設定されており、これがデメリットになることがあります。プラン内容によっては、必要な機能やサービスを利用するために追加料金が発生することがあります。また、料金プランの契約期間に関する制約も存在し、一度契約すると途中で変更することが難しい場合があります。さらに、企業の規模や利用頻度によっては、コストが見合わないと感じることがあるかもしれません。

物流面での制約

Amazonビジネスアカウントにおける物流面での制約も、デメリットとして考慮すべき点です。具体的には、ビジネスアカウント専用の配送サービスが利用できる地域が限定されている場合があり、すべての地域で同一のサービス水準を期待することができません。また、大量注文時の納期に関しても制約が生じる可能性があり、在庫状況や配送スケジュールによっては遅延することがあります。こうした物流面での制約を事前に確認し、適切な対策を立てることが重要です。

利用を検討する際のポイント

導入時のポイント
  • 自社ニーズとの適合性
  • 他社サービスとの比較
  • コストと価値のバランス
  • 契約前の確認事項
  • 導入時の注意点

新しいサービスやツールを導入する際には、細心の注意を払いながら検討を行う必要があります。以下に述べるポイントを参考に、自社にとって最適な選択肢を見つけ出してください。

自社ニーズとの適合性

サービスを選定する際、まず最初に考慮すべきは自社のニーズとの適合性です。導入を検討しているサービスが、自社の業務プロセスや目標とどれだけ一致しているかを評価しましょう。具体的には、サービスが提供する機能が自社の課題解決に役立つか、既存システムとの連携がスムーズに行えるかなどを確認することが重要です。

他社サービスとの比較

次に行うべきは、同じカテゴリの他社サービスとの比較です。他社製品と比較することで、自社にとって最も優れた選択肢を見つけることができます。費用対効果、サポート体制、ユーザーレビューなど、多角的な視点から評価を行いましょう。比較する際には、複数のサービスを実際に試してみることも有効です。

コストと価値のバランス

コストと価値のバランスも重要なポイントです。高額なサービスが必ずしも高い価値を提供するとは限りません。そのため、サービスの価格がもたらす価値と見合っているかを慎重に評価する必要があります。費用対効果を最大化するためには、初期費用だけでなく、ランニングコストや追加料金なども考慮に入れて検討することが求められます。

契約前の確認事項

契約を結ぶ前には、いくつかの重要な確認事項をチェックすることが不可欠です。利用規約やサービスレベルアグリーメント(SLA)、契約期間、解約条件などを細かく確認しましょう。サービスの停止やメンテナンスのスケジュール、セキュリティプロトコルについても理解しておくことが重要です。これにより、予期せぬトラブルを回避することができます。

導入時の注意点

サービス導入に際しては、スムーズな導入を実現するための注意点を押さえておきましょう。導入前の準備段階で必要なリソースやスケジュールを明確にし、関係者全員が共通の理解を持つように努めることが大切です。また、初期設定やトレーニングも重要な要素となるため、必要なサポートが受けられるかを事前に確認しておくと良いでしょう。

最後に判断すべき要点

ポイントを踏まえたうえで、最終判断を行う際には、自社の長期的な成長戦略や経営方針と合致するかどうかを再確認しましょう。

短期的なメリットだけでなく、長期的な効果を見据えた選択が求められます。また、導入後のフォローアップ体制もしっかりと構築し、継続的に改善を図る姿勢を持つことが成功への鍵となります。

結論的に、ビジネスでAmazonを利用している場合は、メリットが多いです。が、規模が小さいうちは、固定費をかけずに一般アカウントで十分と言えます。

Amazonビジネスアカウント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス【厳選】人気10サイト比較
  2. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気12社を比較
  3. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要9サイトまとめ
  4. Apple Musicを無料で3カ月使って気づいた特徴・感想と使い方
  5. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの13サイトまとめ

スポンサーリンク

最新記事

  1. コミックシーモア口コミ・評判!アプリの使い勝手や読み放題の実…
  2. 狂眼をrawなし無料で読むには?完結全82巻を最終話までお得…
  3. 秘密の授業が無料で最新話まで読める?漫画raw違法PDF使わ…
  4. どちらか選べと言われたら無料で読む!漫画rawも海賊版も使わ…
  5. 漫画rawの代わりはコレ!おすすめ優良サービスと無料漫画サイ…
  6. ハリーポッター順番|全シリーズの見る順番を徹底解説!
  7. キスでふさいでバレないで無料で読める?漫画バンクもrawも使…
  8. amazonビジネスアカウントはお得なの?実際に使った口コミ…
  9. レジンコミックスとは?韓国発webコミックは安全かを実際に使…
  10. 親友の秘密が全巻無料で読める?漫画rawなしで安全に合法で読…

人気記事

  1. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気12社を比…
  2. 漫画を無料で試し読み!合法で無料マンガが読めるオススメの13…
  3. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの13サイトまと…
  4. どっちがいい?Apple MusicとSpotifyを両方契…
  5. Apple Musicを無料で3カ月使って気づいた特徴・感想…
  6. ドコモ光の契約前に知りたい全知識!料金・セット割・フレッツ光…
  7. Netflix、hulu、U-NEXT、dTVの比較表+Am…
  8. 電子書籍サービス12社を比較!どこがおすすめ?選ぶ際のポイン…
  9. 【2024年】オススメの雑誌読み放題サービス人気10社を比較…
  10. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス【厳選】…