格安スマホ?「ZenFone 3 Ultra」はファブレット新時代への起爆剤となれるか?

公開日:
更新日:

台湾の電機メーカーASUSの「ZenFone」は格安スマホの中で、高い人気を誇るモデルです。今年発売された「ZenFone 3」も高い支持を得ています。

2016年12月9日に「ZenFone3 Ultra (ZU680KL)」という新しいモデルが日本で発売されることとなりました。「ZenFone3 Ultra」は6.8型の大型ディスプレイが特徴です。

「ZenFone3 Ultra」のようにディスプレイのサイズが5.5インチ以上で7インチ以下のスマホは、「ファブレット」と呼ばれています。

ファブレットとは、電話(Phone)とタブレット(Tablet)の両方の特性を持っているスマホのことです。

ファブレットという言葉が作られてから、およそ4年経ちます。定義からすると人気のiPhone6 Plus、iPhone6s Plus、iPhone7 Plusも「ファブレット」に分類されますが、「ファブレット」の認知は未だに低いです。

高機能な「ZenFone3 Ultra」は、ファブレット新時代の開拓者となれるのか。そんな注目の「ZenFone3 Ultra」について詳しく紹介をしていきます。

ZenFone 3 Ultraのスペックと価格

ZenFone 3 Ultraのスペックは以下の通りです。

  • 発売元:ASUS JAPAN株式会社
  • 液晶サイズ:6.8型
  • OS::Android 6.0.1
  • カメラ画素数:メイン2,300万画素、サブ800万画素
  • バッテリー容量:4,600mAh
  • CPU:オクタコア「Snapdragon 652」
  • メモリー:4GB
  • 内部ストレージ:32GB
  • 本体サイズ:横 93.9mm / 高さ186.4mm / 厚さ6.8mm
  • 重量:233g
  • ボディカラー:シルバー、ローズピンク、グレー
  • microSD:対応
  • 指紋認証:対応

価格は59,800円(税別)となっています。

ZenFone 3 Ultraの驚きの特徴6つ

スペック表を見ただけでお気づきの人もいるかもしれませんが、ZenFone 3 Ultraはとても特徴的なスマホです。具体的には以下の特徴があります。

  1. タブレット並みの6.8型インチディスプレイ
  2. 240ステップを経た美しいボディ
  3. 2枚のSIMが使えるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)
  4. 0.03フォーカス、4K撮影可能のカメラ
  5. ハイレゾなど優れた音響性能
  6. 急速充電「Quick Charge 3.0」対応

①タブレット並みの6.8型インチディスプレイ

ZenFone 3 Ultraの最大の特徴はなんといってもサイズです。モニターサイズは6.8インチと非常に大きいです。7インチのタブレットがあることを考えるとほぼタブレット並みです。

「iPhone7 Plusより大きいの?」と思う人もいるでしょう。iPhone6s Plusのモニターサイズは、5.5インチなので、一回り以上大きいです。

ASCIIさんがZenFone 3 UltraとiPhone6s・iPhone6s Plusの大きさを比較されています。詳しく知りたい方はデカすぎぃ! ASUSの6.8型スマホ「ZenFone 3 Ultra」を開封!をご覧ください。

②240ステップを経た美しいボディ

ZenFone 3 Ultraのボディは240ステップもの工程を経て作られています。航空機にも使われる特殊な合金をダイヤモンドの加工技術を駆使して、0.18mmという精度で削り出しています。そのため、高級感溢れる美しいボディになっています。

③2枚のSIMが使えるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)

ZenFone 3 Ultraは2枚のSIMが使える「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」が搭載されています。なので、仕事用のスマホとプライベートのスマホを1台にまとめることができます。

異なるキャリアのSIMも使えるので、通話は「かけ放題」の大手キャリアのSIM、データ通信は料金の安い格安SIMという使い方をすることができます。ただし、SIMを2枚挿した場合は、SDカードを挿れることができなくなります。

④0.03フォーカス、4K撮影可能のカメラ

ZenFone 3 Ultraのカメラは非常に高性能です。2300万画素にという高画素数。さらに、レーザーオートフォーカスなど3種類のオートフォーカスを組み合わせた「TriTech(トライテック)オートフォーカス」によりわずか0.03秒でピントをしっかりと合わせてくれます。さらに、4Kの動画が撮影可能です。

⑤ハイレゾなど優れた音響性能

ZenFone 3 Ultraはハイレゾに対応しているため、音楽を高音質で楽しむことができます。また、「ZenEar」というイヤホンが付属しています。さらに、5マグネットスピーカーを搭載しているので、スマホ単体でも質の高い音質を実現しています。

⑥急速充電「Quick Charge 3.0」

ZenFone 3 Ultraでは、急速充電に対応しているため、短い時間で充電をすることができます。充電をし忘れたと朝気付いても、約45分で60%以上の充電をすることができます。

なお、ZenFone 3 Ultraから他のモバイル端末を充電することもできます。

ファブレットは今後の主流になるか?

この高機能なZenFone 3 Ultraは2016年12月9日発売です。なお、2016年12月16日にはUQ mobileでも取り扱いが開始されます。

公式サイトが非常に美しいので、見たら欲しくなってしまうと思いますよ。

ASUS公式ページ

UQ mobile公式ページ

スマホの画面はどんどん大きくなっています。iPhoneもiPhone6s PlusやiPhone7 Plusなど5.5インチの大型機種が発売されています。スマホとタブレットの両方の特性を兼ね備えたファブレットは今後の主流になるのでしょうか?

ファブレットについて詳しくはこちらをご覧ください。

最新のファブレットである「ZenFone3 Ultra」がモバイル市場にどんな影響を与えるのか注目です。

※編集後記

今回の記事を作成するに当たり、ASUSの公式ページの画像を記事に使わせていただいても良いかをASUS JAPAN株式会社にお問い合わせをしました。すると「加工をしなければ、お使いいただいて大丈夫ですよ」と回答していただきました。またその他、製品に関する細い疑問にもお答えいただけて、素晴らしい対応でした。

ピックアップ記事

  1. ARを使った最新スポーツ「HADO」の無料体験会に参加してみた
  2. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  3. PSVR開封の儀!話題のPlayStation®VRを実際に体験してみた感想
  4. 旅のお供にしたい海外プリペイドSIM達8枚
  5. VRで未来はどう変わる?VRが活用されている15の分野と最新事例を動画で紹介

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. OCN光って実際どうなの?契約した流れと速度等の感想
  2. 格安SIMではLINEの年齢認証=ID検索ができない!その理由と解決方法とは?
  3. 今夏最も熱いテーマパーク!VR ZONE SHINJUKUで最新のアトラクションを体験!
  4. VODとは?動画配信の4類型~AVOD・SVOD・TVOD・EST~の違いを解説
  5. Try WiMAXを実際にレンタルして使い心地や通信速度を体験してみた
  6. 制限なしで読み放題のマンガアプリ 「GANMA!」取締役にインタビュー
  7. IoTデバイスが詰め込まれた「& AND HOSTEL」で近未来の生活を体験してきた
  8. 光回線の代理店営業の闇!現役の工事業者がその実態を激白(匿名)
  9. リユースモバイル・ジャパン(RMJ)を取材!中古携帯市場の現状と未来
  10. nuroモバイルの評判・口コミまとめ

おすすめ記事

  1. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  2. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  3. 「外国パケ死」を華麗にかわし、海外でネットを嗜む6つの方法まとめ
  4. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  5. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  6. どこがオススメ?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  7. 格安SIMの実際の通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  8. 400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
PAGE TOP