ワイモバイルのiPhone事情を徹底的に調べてみた!大手キャリアとの料金比較も

公開日:
更新日:

「最新のiPhoneをワイモバイルで使いたい」「ワイモバイルが次に取り扱うモデルは何?」「ワイモバイルと大手キャリアどっちが良いの?」と思っている人は多いと思います。

ワイモバイルは、月額料金が大手キャリアより安いにも関わらず、通信速度が速く、全国の約1,000以上の店舗でサポートを受けられます。さらに、他の格安SIMと違って無制限電話かけ放題があるので、最新のiPhoneを大手キャリアより安く使えたらワイモバイルはSO GOOD!ですよね。

この記事では、ワイモバイル×iPhoneについて徹底的に調査・検証しました。最新のiPhoneをワイモバイルで使った時の料金や、iPhone SEとiPhone7を使った場合のワイモバイルと大手キャリアの料金の違いも比較しました。

目次

ワイモバイルでiPhoneを使う3つの方法

ワイモバイルでiPhoneを使う方法は、以下の3つです。

  • ワイモバイル版のiPhone SEとSIMをセット契約
  • SIMフリー版のiPhoneを購入し、ワイモバイルのSIMを契約
  • SIMロック解除したiPhoneを持ち込み、ワイモバイルのSIMを契約

ワイモバイル

「ワイモバイル版」「SIMフリー版」「SIMロック解除版」のメリット・デメリット

それぞれの方法のメリットとデメリットは、以下の通りです。

メリット デメリット
ワイモバイル版のiPhone SE 端末代金の割引が付く 最新のiPhoneではない
SIMフリー版のiPhone 最新のiPhoneが使える 端末代金の割引が付かない
SIMロック解除のiPhone 今持っているiPhoneが使える SIMロック解除に条件がある

ワイモバイルは、店舗またはオンラインストアで契約ができます。店舗でワイモバイルの音声SIMだけ契約する場合、SIMロックがかかっていない端末の提示を求められます。なので、店舗で音声SIMだけ契約する場合、SIMロックがかかっていない端末を持ち込みましょう。

なお、ワイモバイルでは、大手キャリアと同じくiPhoneの下取りを行なっています。なので、最新のiPhoneへ換えたい時は、使っていたiPhoneを下取りに出せば、最新のiPhoneへ少し安く乗り換えることができます。

SIMロック解除をしていないソフトバンクのiPhoneは使えない

ワイモバイルはソフトバンクが運営しているため、使っている通信回線はソフトバンク回線です。しかし、ワイモバイルのSIMをSIMロックが解除されていないソフトバンク版iPhoneに挿しても使えません。

SIMロック解除をしなくてもワイモバイルのSIMが使えると、ソフトバンクより月額料金が安いワイモバイルに乗り換えてしまう人が増えるからでしょう。

ソフトバンクのiPhoneをSIMロックを解除するには、端末を契約した日から101日以上経っている必要があります。また、ソフトバンクを解約してから、90日以内に手続きをしないとSIMロックが解除できなくなります。

ソフトバンク版iPhoneのSIMロック解除はソフトバンクショップでも行えますが、手数料が3,000円かかります。なので、SIMロック解除の手数料が無料のMY Softbanからオンライン上で手続きするのがオススメです。

ソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除したい方はこちらの記事を参考にして下さい。

SIMロック解除したドコモ版とau版のiPhoneが使えるかは不明

ドコモ版やau版のiPhoneでもSIMロックを解除をすれば、理論上はワイモバイルを使えるはずです。しかし、ワイモバイルの公式ページを見ると、SIMロックを解除したiPhoneで、ワイモバイルの動作実績があるのはソフトバンク版のみと書いてあります▼

ワイモバイルに問い合わせまてみましたが、「ソフトバンクのiPhone以外は、SIMロック解除後に動作するか分かりかねます」とのことです。残念ながら、SIMロック解除したau版とドコモ版のiPhoneでワイモバイルが使えるかは不明です。また機会があれば、調査してみたいです。

ワイモバイルが次に取り扱うiPhoneはどのモデルか?

「iPhone SEより新しいiPhoneの取り扱いをするのはいつ?」「iPhone SEの次はどのiPhoneを取り扱うの?」と思っている人もいるでしょう。 そこで、ワイモバイルが取り扱うiPhoneについて分析してみました。

現在の取り扱いはiPhoneSEのみ、iPhone 5sはオンラインでは在庫切れ

ワイモバイルでは現在、iPhone SEを取り扱っています。iPhone 5sはオンライン契約の場合は、在庫切れで現在は契約できません。サポートセンターに問い合わせてみたところ、「各店舗にはあるかもしれませんが、各店舗の在庫状況はこちらでは把握できません」とのことなので、どうしてもiPhone 5sが良いという場合は各店舗に問い合わせるしかないようです。

歴代iPhoneの発売年表

ここで、歴代iPhoneの発売日を見てみましょう。

モデル 発売日
iPhone 5s 2013年9月20日
iPhone 6/6 Plus 2014年9月19日
iPhone 6s/6s Plus 2015年9月25日
iPhone SE 2016年3月31日
iPhone 7/7 Plus 2016年9月16日

現在ワイモバイルが取り扱っているiPhone SEは、iPhone 7/7 Plusの次に新しいiPhoneということになります。余談ですが、iPhone SEの「SE」は「Special Edition」の略で、「特別仕様」という意味です。

ワイモバイルでは1年ごとに取り扱うiPhoneを変える?

ワイモバイルでは、今まで1年ごとに新しいiPhoneを取り扱ってきました。携帯の契約は年単位なので、他社からの乗り換えを狙っているのかもしれませんね。

iPhoneの「発売日」と「(ワイモバイルでの)取り扱い期間」と「取り扱い開始時の最新のiPhone」は、以下の通りです。

iPhone5s iPhoneSE
発売日 2013年9月20日 2016年3月31日
ワイモバイルでの取り扱い期間 2016年3月4日~在庫限り 2017年3月25日~未定
当時の最新のiPhone iPhone 6s/6s Plus iPhone 7/7 Plus

iPhone SEの次は2018年3月頃にiPhone 6sかiPhone 7?

今までの流れで行くと2018年3月頃に、ワイモバイルで新しいiPhoneの取り扱いが開始されるかもしれません。

私の予想では、iPhone 7かiPhone SEと同性能を持つiPhone 6sが取り扱われると思います。発売から1年経っておらず、本体価格が約10万円するiPhone 7 Plusの取り扱いは難しいでしょう。また、iPhone 6/6 PlusはCPUの性能がiPhone SEより低いので、取り扱いはされないと思います。

ワイモバイルは2017年9月25日にiPhone6sの取り扱いを開始しました。

価格比較!ワイモバイル版iPhone SE VS SIMフリー版iPhone 7/7 Plus

「ワイモバイルでiPhone SEをセット契約」と「SIMフリー版iPhone7/7 Plusを自ら購入し、ワイモバイルのSIMを契約」で、端末代金の実質負担額はどれくらい違うのでしょうか。

ワイモバイルで使うiPhoneを選ぶ際の判断材料にしてください。どちらも「新規契約」の場合の料金です。iPhone SEは初回のみ頭金500円が発生します。

【32GB】iPhone SEはiPhone 7/7 Plusより約50,000円安い

まず、本体容量が32GBで料金を比較しました。

なお、ワイモバイルは契約するプランが「スマホプランS」か「スマホプランMまたはL」かで実質負担額が変わります。()の中は契約するプラン名です。

【32GB】 端末代金 毎月の実質負担額 2年間の実質負担額
iPhone SE(S) 60,500円 1,000円 24,500円
iPhone SE(M,L) 60,500円 500円 12,500円
iPhone 7 76,800円 3,200円 76,800円
iPhone 7 Plus 91,200円 3,800円 91,200円

ワイモバイル版iPhone SEは元々の端末代金が安い上に、毎月の割引が付くので2年間使えば、実質負担額がかなり安くなります。SIMフリー版のiPhone 7/7 Plusを持ち込むよりも、ワイモバイルでiPhone SEをセット契約した方が、2年間で50,000円以上安く使えます。

【128GB】iPhone SEはiPhone 7/7 Plusより約50,000円安い

続いて、本体容量が128GBで料金を比較してみました。

【128GB】 端末代金 毎月の実質負担額 2年間の実質負担額
iPhone SE(S) 72,500円 1,300円 31,700円
iPhone SE(M,L) 72,500円 800円 19,700円
iPhone 7 88,800円 3,700円 88,800円
iPhone 7 Plus 103,200円 4,300円 103,200円

128GBでも、ワイモバイル版のiPhone SEはSIMフリー版のiPhone 7/7 Plusより、実質負担額が50,000円以上も安いですね。

【Y!mobile VS docomo,au,SoftBank】ワイモバイルは大手キャリアより安くiPhoneを使える?

大手キャリアでは毎月割引が付くので、2年間使えば、最新のiPhoneの端末代の実質負担額は1~2万円になります。それに対して、ワイモバイルでは最新のiPhoneに対する割引がないので、端末代は全額負担になります。残念ながらワイモバイルで最新のiPhoneを実質負担額1~2万円で使う方法はありません。

ただし、ワイモバイルは毎月の基本料金が安いので、端末代の割引がなくても最新のiPhoneを大手キャリアより安く使えます。

iPhoneを使う場合、ワイモバイルと大手キャリアで2年間に支払う金額の総額にどのくらいの差が出るのでしょうか?2年間使う想定で以下の条件で4ケースを比較しました。

  • 契約:新規契約
  • 電話:無制限かけ放題
  • iPhoneの本体容量:32GB
  • 端末(2パターン):①iPhone SE、②iPhone 7
  • データ通信容量(2パターン):①ワイモバイル・キャリア共に2GB、②ワイモバイル6GB・キャリア5GB

結論から書くと、2年間の総額の料金比較表は以下のようになります。

ワイモバイル ソフトバンク au ドコモ
iPhone SE
(データ:2GB)
108,020円 166,008円 166,008円 170,400円
iPhone SE
(データ:5・6GB)
120,020円 202,008円 202,008円 206,400円
iPhone 7
(データ:2GB)
160,820円 166,008円 166,008円 170,400円
iPhone 7
(データ:5・6GB)
184,820円 202,008円 202,008円 206,400円

iPhone SEだと、ワイモバイルの方が大手キャリアよりも、2年間の総額をかなり安く抑えることができます。しかし、iPhone 7だと、ワイモバイルの方が一応安いものの、大手キャリアと総額はそこまで変わらなくなります。

iPhone SEでも良いという方は、ワイモバイルがオススメです。最新のiPhoneを使いたいという方は、大手キャリアからワイモバイルに変更しても、そこまで大きな料金メリットは受けられなさそうです。

通信データ容量に関していうと、2GBよりも5・6GBの方が、ワイモバイルと大手キャリアの価格差は大きくなっています。

内訳を詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

【iPhone SE × データ2GB】ワイモバイルは大手キャリアより約60,000円安い

iPhone SEを使う場合です。通信データ容量はワイモバイル・大手キャリア共に2GBです。

【iPhone SE】 ワイモバイル ソフトバンク au ドコモ
端末代 60,500円 60,000円 50,000円 47,400円
端末代の分割金 2,500円 2,500円 2,084円 1,975円
端末代の割引 -1,500円 -2,083円 -1,667円 -1,375円
基本料金 2,980円 6,500円 6,500円 6,500円
月額料金(1~12カ月) 3,980円 6,917円 6,917円 7,100円
月額料金(13~24カ月) 4,980円 6,917円 6,917円 7,100円
2年間の総額 108,020円 166,008円 166,008円 170,400円

【iPhone SE × データ6・5GB】ワイモバイルは大手キャリアより約80,000円安い

iPhone SEを使う場合です。通信データ容量はワイモバイル6GB、大手キャリア5GBです。

【iPhone SE】 ワイモバイル ソフトバンク au ドコモ
端末代 60,500円 60,000円 50,000円 47,400円
端末代の分割金 2,500円 2,500円 2,084円 1,975円
端末代の割引 -2,000円 -2,083円 -1,667円 -1,375円
基本料金 3,980円 8,000円 8,000円 8,000円
月額料金(1~12カ月) 4,480円 8,417円 8,417円 8,600円
月額料金(13~24カ月) 5,480円 8,417円 8,417円 8,600円
2年間の総額 120,020円 202,008円 202,008円 206,400円

【iPhone 7 × データ2GB】ワイモバイルは大手キャリアより安いが、約6,000円しか変わらない

iPhone 7を使う場合です。通信データ容量はワイモバイル・大手キャリア共に2GBです。

【iPhone 7】 ワイモバイル ソフトバンク au ドコモ
端末代 76,800円 81,336円 73,333円 76,200円
端末代の分割金 3,200円 3,389円 3,056円 3,175円
端末代の割引 0円 -2,972円 -2,639円 -2,575円
基本料金 2,980円 8,000円 8,000円 8,000円
月額料金(1~12カ月) 6,180円 6,917円 6,917円 7,100円
月額料金(13~24カ月) 7,180円 6,917円 6,917円 7,100円
2年間の総額 160,820円 166,008円 166,008円 170,400円

【iPhone 7 × データ6・5GB】ワイモバイルは大手キャリアより安いが、約18,000円の違いしかない

iPhone 7を使う場合です。通信データ容量はワイモバイル6GB、大手キャリア5GBです。

【iPhone 7】 ワイモバイル ソフトバンク au ドコモ
端末代 76,800円 81,336円 73,333円 76,200円
端末代の分割金 3,200円 3,389円 3,056円 3,175円
端末代の割引 0円 -2,972円 -2,639円 -2,575円
基本料金 3,980円 8,000円 8,000円 8,000円
月額料金(1~12カ月) 7,180円 8,417円 8,417円 8,600円
月額料金(13~24カ月) 8,180円 8,417円 8,417円 8,600円
2年間の総額 184,820円 202,008円 202,008円 206,400円

ワイモバイル版以外のiPhoneはAPN設定が必要

ワイモバイル版以外のiPhoneでは、最初にAPN設定が必要です。「APN(Access Point Name)設定」とは、簡単に言うと、インターネットに繋ぐための接続先を指定することです。

難しく聞こえるかもしれませんが、やることは簡単です。iPhoneにワイモバイルのSIMを挿して、APN設定用の構成プロファイルをダウンロードするだけです。あとは、自動的にANP設定が完了します。

構成プロファイルをダウンロードするまでは、データ通信は使えません。なので、構成プロファイルをダウンロードするには、iPhoneをWi-Fiに繋ぐ必要があります。家や職場のWi-Fiに繋いで、構成プロファイルをダウンロードしましょう。

2017年6月からはSIMフリー版のiPhoneでもテザリングが可能になった

2017年6月まで、ワイモバイル版のiPhone以外では、テザリングが使えませんでした。しかし、2017年6月からは、SIMフリー版のiPhoneでもテザリングが可能になりました。家の外でネットを使いたい人にはありがたい仕様変更ですね。ただし、SIMロックを解除したiPhoneは、テザリングできないので注意が必要です。

SIMフリーのiPhoneについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

iPhoneの「新しさ」を追求するか「安さ」を追求するか

ワイモバイルでは、本体代金に対する割引がありません。最新のiPhone 7/7 PlusをSIMフリーで購入し、ワイモバイルのSIMを契約しても、2年間の総額は、大手キャリアとそこまで大きく違いません。

しかし、型落ちですが、iPhone SEなら本体代金に対する割引があるので、大手キャリアに対して大きな価格優位性があります。

「最新のiPhoneを使いたい」という人は、ワイモバイルでも大手キャリアでもどちらでも良いと思います。「できるだけ安くiPhoneを使いたい」という人には、ワイモバイルはオススメです。

ワイモバイルでも最新のiPhoneを取り扱ってくれれば良いのですが、しかし、それをすると本家のソフトバンクが打撃を受けるので、実現は難しいでしょう。

「新しさ」と「安さ」にはトレードオフであり、常に我々をジレンマへと誘い込んでいくのですね。

ワイモバイル

なお、ワイモバイルについてさらに詳しく知りたい人は、ワイモバイルの魅力やデメリットをまとめた以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  2. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要7サイトまとめ
  3. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの11サイトまとめ
  4. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  5. 【2018年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. au wallet ゴールドカード には年会費1万円以上の価値があるか?その特典に迫る
  2. 電子書籍と本の通販サイト「honto」を紹介!アプリやポイントも使ってみた感想
  3. 【大型電子書籍ストア】BookLive!のサービス内容と実際に使ってみた感想
  4. au wallet クレジットカードでポイントがザクザク貯まる理由とは?
  5. auひかりの5Gや10Gってどうなの?プランの内容や通信速度の口コミを解説
  6. オススメはどこ?auひかりの7社のプロバイダを通信ヲタクが厳選してみた
  7. auひかりの工事費はいくら?初期費用や実質無料の条件を元販売員が解説
  8. どこがオススメ?auひかりのキャッシュバックキャンペーンの5社を比較
  9. 【2018年11月版】ソフトバンク光の公式キャンペーンまとめ
  10. プロが厳選!ソフトバンク光のキャッシュバックがもらえるオススメの会社

人気記事

  1. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  2. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  3. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  4. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要7サイトまとめ
  5. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  6. どっちがオススメ?スカパー!とWOWOWの違いを無料お試し期間から料金まで比較してみた
  7. 【2018年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  8. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  9. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  10. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
PAGE TOP