WiMAXが無制限で使えるというのは嘘?通信制限の時間帯や速度まとめ

更新日:2019/09/11
公開日:2019/03/06

「WiMAXは、ネットが無制限で利用できるって聞くけど本当なの?」と気になっている方もいるでしょう。

そこで、WiMAXを半年以上使っている私が、料金プランや通信制限について詳しく調査してみました。残念ながら、WiMAXにも通信制限は存在しています。しかし、制限されないためのポイントや、制限の解除方法も存在します。

「せっかくWiMAXを契約したのに、通信速度が遅くてイライラする」という思いをしたくない人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

WiMAXは無制限でネットが利用できる?


「WiMAXなら、通信速度は無制限」という宣伝や話を、聞いたことがある人も多いでしょう。

しかし残念ながら、WiMAXにも通信制限は存在します。「ギガ放題プラン」という使い放題のプランでも、速度制限がかかる場合があります。

「なんだ、ギガ放題って言いながら、速度制限かかるじゃん」とお思いの方もいるかもしれません。しかし、3日間で10GB以上ネットを利用することは、そうそうありません。後の章で、10GB以内でできることを紹介します。

また、速度制限自体もゆるい制限ですので、通常のネット利用には困らない程度です。こうした条件を見ると、「ほぼ無制限」と言えるサービスですね。

WiMAXの通信制限2つ。解除方法も解説!

WiMAXの通信制限がかかる条件は、以下のとおりです。

WiMAXの通信制限2つ
  • ①3日間で10GB以上のデータ通信【1Mbps】
  • ②1カ月間にLTE(ハイスピードエリアプラスモード)で7GB以上のデータ通信【128kbps】

通信制限が、かかったあとの通信速度がどうなるのか、それぞれ解説します。

①3日間で10GB以上のデータ通信【1Mbps】

3日間で10GB以上のデータ通信を行った場合、通信制限がかかります。ただし、すぐに速度制限はされません。

速度制限は、「3日間で10GB以上のデータ通信を行った日」の翌日に行われます。また、1日中というわけではなく、18時~26時のネットワークが混雑する時間帯のみ速度が制限されます。

速度制限されると、最大通信速度が1Mbpsになります。とはいえ、1Mbpsあれば、YouTube等の動画を通常画質で視聴することもできますし、ツイッターを使う程度なら不便はありません。

しかし、ファイルのダウンロードをしたり、重たいWebページを読み込んだりするときには時間がかかってしまうので、やはり速度制限はさけたいですね。

そして、18時~26時以外の時間は、元の通信速度に戻ります。また、直近3日間の通信量が10GBを下回れば、18時~26時の通信速度も元の通信速度になります。

「18時以降は、家のネット環境を使うから問題ない」という人は、いいかもしれません。しかし、家にネット環境がない人は、「帰宅したらWiMAXの速度が遅くてツライ」という経験をするかもしれません。

「3日間で10GBって、どうやって判断すればいいの?」と思っている方もいるでしょう。ご安心ください。最近の WiMAX の機種は、直近3日間のデータ量を表示できる機能があります。

②1カ月間にLTE(ハイスピードエリアプラスモード)で7GB以上のデータ通信【128kbps】

WiMAXのルーターを使用する際、 au 4G LTEの通信を利用できる、ハイスピードエリアプラスモード機能があります。

通常のWiMAXの通信が利用できない地下や郊外などの場所でも、通信が可能になるモードです。とても便利な機能ですが、このモードで1カ月間に7GB以上のデータ通信を行った瞬間から速度制限がかかります。ハイスピードエリアプラスモードを解除しても、通信制限はかかったままです。

制限がかかった後は、最大通信速度は送受信ともに128kbpsに制限。ドコモ、au、ソフトバンクのスマホが、通信速度にかかったときと同じ超低速です。動画の視聴は、ちょっと厳しいレベルです。

ハイスピードエリアプラスモード使いすぎで、速度制限がかかってしまうと、月末まで適用となり翌月1日に解除されます。期間も長くて、なかなかつらいものがあります。

このハイスピードエリアプラスモードは、できるだけ使わない方がいいです。私は一度、ハイスピードエリアプラスモードを解除し忘れて、翌月1日まで通信速度が遅くなってしまったことがあります。

3日間の10GBでできること

「3日間10GB以内で、データ通信を行うとしたら、どんなことができるの?」と思っている方もいるでしょう。

以下に、できることを、まとめてみました。

利用内容 10GB利用した場合
YouTube視聴 標準画質:47時間前後
高画質 13時間前後
映画視聴 2時間の映画を9本程度
LINEの無料通話 308時間前後

3日間でこれだけインターネットの利用するのは、相当なヘビーユーザーだけではないでしょうか。とくに、LINEの無料通話に関しては、3日間が72時間しかないので、LINEの無料通話だけで3日間10GBを達成するには、時間の流れが外界とは違う「精神と時の部屋」が必要です。

通信エリアや通信速度は事前に確認しよう

実はWiMAXは地域によって、通信速度が変わります。

WiMAXの通信エリアは「公式ページのWiMAX(ルーター)のサービスエリア」で確認できます▼

WiMAXを申し込む前に、自分が住んでいる地域で、どれくらいの通信速度が予想されているか確認してみると安心ですよ。私の場合、実家が山の上だったので、帰省した際は、WiMAXの通信速度がかなり遅かったです。

通信制限を受けずに快適にWiMAXを使う方法

通信制限を受けずに、毎日快適なネット利用するには、どうすればいいのでしょうか?

方法は、以下のとおりです。

①端末に通信量を表示して3日間のデータ量を10GB以下にする

WiMAXのルーターには、通信量を表示する機能があります。

実際のルーターはこちら▼

このように表示しておけば、いつでも通信量が分かるので使い過ぎを防げますよ。

LTE(ハイスピードエリアプラスモード)はできるだけ使わない

ハイスピードエリアプラスモードで制限がかかったときの方が、明らかに条件が厳しいです。通信制限時の最大通信速度が128kbpsという超低速(←ガラケーの通信速度より遅いです)の状態が、翌月まで続きます。

山奥や地下に出かけない限りは、多くの場所でWiMAXの通常の電波でも使えますので、できるだけハイスピードエリアプラスモードは使わないようにしましょう▼

WiMAXの料金プランは?

WiMAXの料金は、代表的なプロバイダーではどうなっているのか具体的に見てみましょう。ここでは、多くの人が契約している「ギガ放題プラン」の詳細を紹介します。

UQ WiMAXの「UQ Flatツープラス ギガ放題」


UQ WiMAX

青いガチャピンとムックでおなじみの、UQ WiMAXを紹介します。「UQ Flatツープラス ギガ放題」の内容は、以下のとおりです。

UQ WiMAXの「UQ Flatツープラス ギガ放題」の料金プラン
初期費用3,000円

  • 月額料金4,380円
  • LTE通信:1,005円(ハイスピードエリアモードを使ったときに発生)
  • 契約年数:2年または3年

2年プランと、3年プランの違いはなんでしょうか? 3年契約では、LTE通信のオプション料が無料になる点です。

「通勤中の地下や田舎などで、LTEを使う機会が多そうだな」、と思う方は、3年契約の方がお得になるかもしれません。ただし、3年契約にしてしまうと、WiMAXの端末を3年間使うことになるで、「新しい端末を使いたい」という人には不向きです。

GMOとくとくBBの「ギガ放題プラン」


GMOとくとくBB

私のオススメのプロバイダーである、GMOとくとくBBを紹介します。

GMOとくとくBBの「ギガ放題プラン」の料金プラン
  • 初期費用3,000円
  • 1~2ヶ月目:月額料金3,609円
  • 3ヶ月目~36ヶ月目:月額4,263円
  • キャッシュバック:30,000円以上(機種による)
  • LTE通信:1,005円(ハイスピードエリアモードを使った時に発生)
  • 契約年数:2年または3年(機種によっては、3年契約のみ)

月額料金が安い上に、キャッシュバックがもらえるという特典付きです。使っている電波はUQモバイルと一緒なので、こちらを選んだ方が確実に得です。

「どうしてUQモバイルより安いの?」と、思った人もいるかもしれません。答えは、販売経路の違いです。GMOとくとくBBは、UQモバイルの営業代行をしているので、営業がしやすいようにキャッシュバックや、月額料金割引などの特典を用意しているのです。

まとめ:WiMAXはほぼ無制限でインターネットが使える

WiMAXは、3日間の通信量とハイスピードエリアプラスモードの使用に注意すれば、ほぼデータ容量無制限でインターネットが利用可能です。

「速度制限があるって、なんだか残念」と思っている方もいるでしょう。しかし、WiMAX以外のWi-Fiルーターの場合は、地下や田舎でも繋がりやすいですが、月に7GB以上使うと翌月まで128kbpsに通信速度が制限されるものもあります。それに比べるとWiMAXは、通常のモードなら100GB以上の高速通信が使えるので、かなり良心的なサービスといえます。

3日間で10GB以上になったとしても、通信制限は一時的ですし、制限されても比較的速いスピードを保って通信が継続されるので、使いすぎてしまった場合も安心。1Mbpsでも動画は観られるので、人によっては通信制限に気づかないかもしれません。

毎月スマホなどのデータ通信量を気にしている方は、WiMAXを検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 人気の光回線5選!フレッツ光、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の…
  2. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  3. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  4. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  5. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの12サイトまとめ

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. ディズニーデラックスのメリット・デメリットと実際に使ってみた感想5つ!
  2. 【画像付き】OPPO Reno Aは大画面&大容量メモリーを実現!性能と外観レビュー
  3. 【画像付き】アマゾンプライムビデオの動画のダウンロードと方法と注意点!
  4. ドコモ光セット割が複雑?スマホ料金が最大1,000円安くなる方法をプロが解説
  5. ネクストモバイルは低価格で3日間通信制限なし!メリットとデメリットは?
  6. WiMAX2+のモバイルルーターの通信速度が遅い…確認したい6つの原因と解決策
  7. 電子書籍が無料でたくさん読めちゃう!オススメの人気11サービスまとめ!
  8. Mugen Wifi(ムゲンワイファイ)とは?通信速度や月額料金を通信のプロが解説!
  9. 2019年版モバイルルーターオススメ5社比較!メリット・デメリットまとめ
  10. ピッコマとは?漫画が広告なしで40,000話無料!実際に使ってみた感想まとめ

人気記事

  1. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  2. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  3. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ
  4. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  5. どっちがオススメ?スカパー!とWOWOWの違いを無料お試し期間から料金まで比較してみた
  6. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  7. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  8. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  9. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  10. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気11社を比較
PAGE TOP