ポケットWiFiで「ギガが減る」「無料Wi-Fiスポット疲れ」を卒業しよう!

更新日:2019/12/18
公開日:2018/05/01

家の外でもインターネットを思いっきり使いたいけど、スマホのギガ(データ量)が減ってしまう。無料Wi-Fiスポットは通信速度が遅いし繋がりにくい、と感じている方は多いと思います。

そんな方は、「ポケットWi-Fi」を活用してみましょう。ポケットWi-Fiを使えば、家の外でも思いっきりインターネットを楽しめます。また、ビジネスマンなら速い通信速度を活かしてサクサクとパソコンで作業ができるので、仕事の効率も上がります。

この記事では、ポケットWi-Fiの魅力やオススメのポケットWi-Fiを紹介します。

「ギガが減る」とは?

「ギガが減る」とは、スマホでインターネットを使うことで「スマホの高速データ通信量」が減ってしまうことです。携帯会社と契約している高速データ通信量を「5GB(ギガバイト)」や「20GB(ギガバイト)」と表現することから、ネット上では「ギガバイト(高速データ通信量)」が減ることを「ギガが減る」と言うようになりました。

スマホのギガが底をついてしまうとスマホに通信制限がかかります。通信制限がかかるとYahoo!のトップページでも表示するまでに10秒以上かかるほど遅い通信速度(128kbps〜200kbps)になります。スマホにかかった通信制限を解除するためには、追加の料金を支払って通信制限を解除するか翌月まで待つ必要があります。

街中の無料のWi-Fiスポットは助かるけど、繋がりにくい・遅い

「外でインターネットをする時には無料のWi-Fiスポットを使っている」「スタバやマクドナルドにある無料のWi-Fiスポットなら、ギガが減らなくて助かる」という方もいるでしょう。

しかし、街中の無料のWi-Fiスポットで「なかなかインターネットに繋がらない」「繋がったけど通信速度が遅すぎる」という経験をした方も多いでしょう。

また、無料のWi-Fiスポットは通信内容が暗号化されてないことも多いので、セキュリティー面に不安が残ります。なので、無料のWi-Fiスポットで通信している時は、クレジットカードを使った買い物はしない方が安全です。

そんな「ギガが減る」「無料Wi-Fiスポット疲れ」に困っている方は、ポケットWi-Fiを使うのがオススメです。

ポケットWi-Fiとは?


ポケットWi-Fiとは、持ち運びができる小型の通信端末のことです。ポケットWi-Fiを使えば、スマホやタブレットやパソコンなどのWi-Fi対応機器をインターネットに接続できます。

ポケットWi-Fiを使えば、家の中でも外でもスマホのギガを減らすことなくインターネットが使える上に、通信速度も速く、通信内容も暗号化されるので安全です。

※ポケットWi-Fiは厳密に言うと、ソフトバンクの商品名のことを指します。正確には「モバイルWi-Fiルーター」と言います。

ポケットWi-Fiの3つの魅力

ポケットWi-Fiには以下の魅力があります。

ポケットWi-Fiの3つの魅力
  • ①ほぼ無制限でインターネットを楽しめる
  • ②光回線やスマホの契約状況によっては通信料を節約できる
  • ③友人にも使ってもらえば感謝・英雄扱いされる

それぞれ順番に解説していきます。

①ほぼ無制限でインターネットを楽しめる

ポケットWi-Fiの種類によっては、ほぼ無制限でインターネットを楽しめます。「3日間で10GB以上のデータ通信を行うと数時間だけ通信速度が遅くなる」という制限以外は、ほぼ無制限で通信ができます。

ポケットWi-Fiには「ほぼ無制限のプラン」があるため、大手3大キャリアのスマホのデータ容量と比較しても、データ通信量のコストパフォーマンスは圧倒的に良いです。

ドコモ au ソフトバンク ポケットWi-Fi
5GB 5,000円 5,000円 5,000円
7GB 3,696円
20GB 6,000円 6,000円 6,000円
30GB 8,000円 8,000円
50GB 7,000円
ほぼ無制限 4,380円

ほぼ無制限でデータ通信ができるので、「ギガが減るのが心配」という不安から解放されます。

②光回線やスマホの契約状況によっては通信料を節約できる

「ポケットWi-Fiを契約してしまうと通信料が高くなるんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。しかし、今の光回線やスマホの契約状況によっては、ポケットWi-Fiを契約した方が通信料を節約できます。

例えば、一人暮らしで光回線を契約していて、外でもデータ通信をよく使うから大容量プランを契約しているという方は、ポケットWi-Fiを持てば、光回線を解約してスマホのデータプランも小さいプランに変更できるため、毎月の通信料を節約できます。

③友人にも使ってもらえば感謝・英雄扱いされる

ポケットWi-Fiは同時に複数のスマホやパソコンをインターネットに接続できます。なので、家の外で友達とインターネットを使いたい時に友達にも自分のポケットWi-Fiを使ってもらえれば、ギガを減らさずにデータ通信ができます。動画やゲームをエンジョイしたいと思っている友達からは感謝・英雄扱いされますよ。

2大ポケットWi-Fiは「WiMAX」と「ワイモバイル」

ポケットWi-Fiの代表的なものは「WiMAX」と「ワイモバイル」の2種類です。両者にはサービス内容に違いがあるので、サービス内容を理解した上で契約することをオススメします。

両者の違いは以下の比較表の通りです。

WiMAX ワイモバイル
運営会社 UQコミュニケーションズ
(KDDI系)
ソフトバンク
使用電波 WiMAX2+/LTE LTE/AXGP
障害物の通過 通過しづらい 通過しやすい
通信制限を受ける時間 翌日18〜26時 当日18〜25時
制限後通信速度 1Mbps 128kbps
月額料金 3,696〜4,380円 3,696〜4,380円

それぞれ詳しく解説をしていきます。

【WiMAX】室内では通信速度が遅くなりやすいが通信速度制限はゆるい


UQ WiMAX

WiMAXの「ギガ放題プラン」を選べば、日本国内ならほぼ無制限で高速データ通信を使えます。

ただし、WiMAXは使っている電波の周波数の関係から障害物を通過しづらいという特性があるので、室内では野外に比べて通信速度が遅くなりやすいです。

WiMAXは3日間で10GB以上のデータ通信を行うと通信制限を受けますが、通信制限の内容がゆるいのが特徴です。

通信制限を受けるのは3日間で10GBを超えた日の翌日の18〜26時です。なので、3日間で10GB以上のデータ通信を行っても翌日の18時まではデータ通信は遅くなりません。データ通信が遅くなっても1Mbpsの通信速度ができます。

1Mbpsは「ストレスなくインターネットを楽しめる最低限の通信速度」と言われています。そのため、人によっては「通信速度が遅くなった」と気づかないほどの通信速度です。ユーザー思いの良心的な設計ですね。

ちなみに、WiMAXにはスマホと同じ周波数の電波でデータ通信ができる「ハイスピードエリアモード(月額1,005円)」が用意されています。「ハイスピードエリアモード」はWiMAXの電波が繋がりにくい場所で使うと便利です。ただし、「ハイスピードエリアモード」で1カ月間に7GB以上のデータ通信を行うと、通信速度が翌月まで制限されます。

【ワイモバイル】室内でも通信速度が遅くなりにくいが通信速度制限は厳しい


ワイモバイル

ワイモバイルはスマホと同じ周波数の電波を使っており障害物を通過しやすいため、室内でも通信速度が遅くなりづらいです。

ワイモバイルには「アドバンスモード」というモードが用意されています。「アドバンスモード」とは、特定のエリア内ならほぼ無制限でデータ通信をできるモードのことです。ただし、「アドバンスモード」の対応エリアはWiMAXの対応エリアよりも範囲が狭いです。「アドバンスモード」の対応エリアは公式サイトで確認できます。

また、ワイモバイルはWiMAXに比べると通信速度の制限が厳しいです。「アドバンスモード」中のデータ通信量も含めて3日間のデータ通信量が10GBを超えてしまうと、当日18時〜26時まで通信速度が128kbpsになる点には注意が必要です。

ワイモバイルは、室内での通信速度を優先する方にはオススメですが、それ以外の方はほぼ無制限で通信できるエリアが広いWiMAXの方がオススメです。

海外でポケットWi-Fiを使いたい場合は「イモトのWi-Fi」がオススメ

イモトのWi-Fi

「海外でポケットWi-Fiを使いたい」という方には「イモトのWi-Fi」がオススメです。イモトのWi-Fiは、お笑い芸人のイモトさんが目印のポケットWi-Fiです。

海外で大手携帯キャリアのスマホでデータ通信をすると1日当たり2,980円以上かかることもあります。しかし、イモトのWi-Fiなら渡航先の国にもよりますが、1日あたり980円という低料金でデータ通信ができます。

大容量のデータ通信を友達や家族と分け合いながら使えるので、海外へ旅行や出張で行く前に用意をしておくと渡航先の国で役に立ってくれます。

イモトのWi-Fiレンタル制なので、海外へ行く期間だけ借りることができます。

まとめ:ポケットWi-Fiで「ギガが減る」「フリーWi-Fi疲れ」を卒業しよう


ポケットWi-Fiがあれば、スマホの「ギガが減る」に悩まされることがなくなります。また「フリーWi-Fiが繋がりにくい・遅くて疲れる」からも卒業できます。

ポケットWi-Fiがあれば、日本国内のほとんどの場所が自分にとってのWi-Fiスポットに変わるので、快適にインターネットを利用できます。ポケットWi-Fiは、お店に行かなくてもWebから簡単に契約できますよ。

家の外でもスマホやタブレットやパソコンを使って思いっきりインターネットの世界を満喫したい方は、ポケットWi-Fiを検討されてみてはいかがでしょうか?

WiMAX

ワイモバイル

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  2. 人気の光回線5選!フレッツ光、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の…
  3. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気11社を比較
  4. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの12サイトまとめ
  5. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ

関連記事

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

スポンサーリンク

最新記事

  1. Amazon Prime Readingとは?数百冊以上の本や漫画が読み放題!実際に使った感想
  2. コミックシーモアの読み放題とは?フルとライトの違いは?使ってみた感想
  3. 心を動かす面白いマンガを届ける!まんが王国の執行役員に独占インタビュー!
  4. 【画像付き】Tマガジンの解約と退会方法!アカウントを完全に削除するやり方
  5. 【画像付き】コミックシーモアの会員登録は無料!やり方と初回特典を紹介!
  6. YouTube Music Premiumなら音楽が聴き放題!実際に使ってみた感想!
  7. 【電子書籍をレンタル】Renta!の料金やポイントとは?実際に使った感想!
  8. 【体験談】コミックシーモア試し読みなら無料で6000冊以上のマンガが読める
  9. よくばりwifiとは?通信速度や月額料金をプロが実際に使ってレビュー!
  10. ディズニーデラックスのメリット・デメリットと実際に使ってみた感想5つ!

人気記事

  1. 電子書籍サービス12社を比較!どれがおすすめ?選ぶ際のポイント3つ
  2. どっちがいい?Apple MusicとSpotifyを両方契約している私が比較解説してみた
  3. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気11社を比較
  4. 【2020年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM8選まとめ
  5. 人気の光回線5選!フレッツ光、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の違いと比較一覧
  6. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  7. Apple Musicを無料で3カ月使って気づいた特徴・感想と使い方
  8. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  9. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ
  10. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの12サイトまとめ