WiMAXのW05の開封の儀!初期設定や通信速度やバッテリーの持ちをレビュー

公開日:
更新日:

「WiMAXのW05って、いい機種なの?」と気になっている方もいるでしょう。

私は一つ前の機種のW04を使っていたので、最新機種のW05が気になっていました。この記事では、W05の特徴や実際に使ってみた感想をお伝えします。

W05の公式サイトでは、書かれていない生の情報をお伝えするので、これを読めば、W05を購入するべきかどうかが、わかりますよ。

W05を検討している方は、ぜひ判断材料にしてください。

WiMAXのW05とは?


WiMAXのW05とは、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターのことです。中国の電機メーカーHUAWEI(ファーウェイ)が開発し、2018年1月19日に発売されました。

商品のスペックは、以下の通りです。

W05のスペック
  • 正式名称:Speed Wi-Fi NEXT W05
  • 通信速度(下り):758Mbps
  • 通信速度(上り):112.5Mbps
  • 重さ:約131g
  • カラー:ブラック×ライム、ホワイト×シルバー

ホワイト×シルバーはこんな色です▼

WiMAXのW05とW04とWX04の比較

WiMAXで現在契約できる、W05とW04とWX04を比較して、表にまとめてみました。なお、3機種とも同時に10台まで、スマホやゲーム機やパソコンなどのWi-Fi対応機器を接続できます。

W04はこんな機種です▼

WX04はこちらの機種です▼

W05 W04 WX04
通信速度(下り) 758Mbps 758Mbps 440Mbps
通信速度(上り) 112.5Mbps 30Mbps 30Mbps
通信可能時間 10時間30分 10時間30分 13時間48分
重量 約131g 約140g 約128g

W05は、前の機種のW04に比べると、上りの通信速度が速くなったことがわかりますね。ただし、この通信速度はLTEを使った場合の通信速度なので、通常時の通信速度は同じです。

通信速度は同じなので、W04からは、ほとんど進化はしていないようですね。

なお、店員さんによっては、「W04やW05より、通信可能時間が長いWX04がオススメ」と言う人もいますが、注意が必要です。

確かに、WX04はバッテリーの持ちはいいのですが、通信速度の上限が440Mbpsです。それに対して、W05やW04はLTEモードを使わなくても、通信速度の上限が558Mbps(LTEを使った場合、758Mbps)です。なのでWX04とは、そもそもの通信速度が違うため、単純に比較できないのです。

「通信速度が遅くても、バッテリーがよく持つ方がいい」という方は、WX04でもいいかもしれませんが、個人的には、通信速度の上限が558MbpsのW04やW05をオススメします。

WiMAXのW05の開封の儀

WiMAXを購入したので、開封の儀を行いました。W05の配送直後の様子を、細かく説明していきます。

こちらが、契約後に送られてきたW05が入っているダンボールです▼





ハサミでガムテープを、切断していきます。ジョキジョキ▼

切れました▼

では、いよいよオープン。すると中には、書類が入っていました▼

さらに中を開けると、本体と充電器とクレードル(充電台)が入っていました▼

ダンボールの中に入っていたものを並べると、以下のとおりです▼

封筒には、保証書に貼るシールや納品書や、お問い合わせ先が書かれた書類が入っています▼

ACアダプタの箱の中身は、充電するためのACアダプタと保証書です。W05は、USB-Type Cというケーブルを使っています▼

クレードルの箱の中身は、クレードルと保証書とお知らせの紙です▼

いよいよ、W05の本体とご対面です▼

箱を開けると、中身はこんな感じです▼

W05のお引越し機能についての説明▼

こちらは、アプリの説明です。またアプリの説明の上には、SIMカードが挿さっています▼

SIMカードを、取り出してみました▼


中身はこんな感じです▼

W05はこちらになります。公式画像につられて、色はブラック×ライムにしてみました▼

本体の下には、取り扱いの注意事項が書かれた書類が入っていました▼


箱の下には、ケーブルが入っていました▼

箱の底には、保証書が入っています▼

W05の箱の中身を並べると、こんな感じです▼

早速、SIMカードをW05にセッティングします。SIMカードの扱いに気をつけながら、カードを外します▼

W05の上のフタを開けて、SIMカードを挿入します▼










あとは電源を入れれば、W05が起動します▼

無事に起動しました▼

忘れないうちに、保証書に購入のお客様への封筒に入っていたシールを貼っておきましょう。


W05のサイズは、iPhone 6sとほぼ同じでした▼

W05の初期設定方法

パソコンやスマホにW05のパスワードを入力すれば、WiMAXの電波でインターネットを使えます。

まずは、本体の電源を入れて、画面を下から上へ指でスライドさせます▼

情報をタップします▼

SSID情報をタップします▼

スマホやパソコンで、表示されている名前のWi-Fiを選択して、パスワードを入力すれば接続完了です▼

WiMAXのW05の評判・口コミ

「W05の評判や口コミが知りたい」という方もいるでしょう。そこで、Twitterから、W05に関する評判を集めてきました。

古い機種から変更すると、端末の性能の進化に驚くようですね。

逆に最近の端末から乗り換えをしても、そこまでの性能の進化は実感できないようですね。

W05のバッテリーは、一つ前の機種のWX04よりも持たないので、WX04から乗り換えた人は、「バッテリーの持ちが悪い」と感じるかもしれません。

WiMAXのW05を使ってみた感想5つ

ここからは、WiMAXのW05を実際に使ってみた感想をお伝えします。

WiMAXのW05を使ってみた感想
  • ①初期設定は簡単!電源を入れてすぐに使えた
  • ②通信速度は速くて地下でも圏外にならない
  • ③バッテリーの持ちはイマイチ
  • ④何か独自の機能がほしかったところ
  • ⑤外でも通信量を気にせずに動画やPC作業ができる

①初期設定は簡単!電源を入れてすぐに使えた

上記でもお伝えしましたが、W05の初期設定は簡単です。SIMカードを本体に挿して、電源を入れて、スマホやパソコンにW05のパスワードを入力すれば、設定完了です。

難しい操作は不要なので、「通信機器の設定が苦手」という方でも、安心して使えます。

私の場合、スマホとパソコンを接続するだけだったので、利用しませんでしたが、接続している端末が多い方は、前の機種から接続情報を引き継げる引越し機能を利用するといいでしょう。

②通信速度は速くて地下でも圏外にならない

通信速度は、なかなか速いです。通信速度が1Mbpsあれば、ストレスなくインターネットができると言われていますが、W05の場合、どの時間帯でも40Mbpsは出ます。

私は、格安SIMをメインで使っているのですが、格安SIMの通信速度よりもWiMAXの方が速いため、快適にインターネットを楽しめます。

また、東京でもっとも深い大江戸線の最下部でも、電波を掴んでくれるので、地下でも圏外になりません。ただし、地上に比べると通信速度は落ちます。

3年契約をしている方は、LTEモードを使えば、地下でもサクサクとインターネットを使えます。ただし、LTEモードで月に7GB以上通信をしてしまうと、通信速度が月末まで遅くなってしまうので、LTEモードの長時間の使用は禁物です。

③バッテリーの持ちはイマイチ


バッテリーに関しては、正直「最新の機種なんだから、もう少し長く持ってほしい」という印象です。

私の期待が大きかったのかもしれませんが、前の機種のW04と稼働時間が同じなため、バッテリーが長時間持つという印象は受けませんでした。

ノーマルモードでも9時間はバッテリーが持つのですが、旅先や出張先で使うことが多いので、もう少しバッテリー容量に余裕があればよかったです。

④何か独自の機能がほしかったところ


W05に関して、W04から進化した点は通信速度が速くなったことくらいなので、何か独自の機能がほしかったと感じます。

聞こえのいい言い方をすれば、「正統進化」ですが、悪く言えば、「地味な進化」です。

⑤外でも通信量を気にせずに動画やPC作業ができる

これまでは、スマホのテザリングを使っていましたが、通信速度に不満がありました。また、スマホの通信量は限られているので、動画は家で見るようにしていました。

しかし、W05を手に入れてからは、移動中や外出先でも通信量を気にする必要がなくなったので、動画をバンバン観られるようになりました。また、仕事でGBを超えるようなデータ量の大きなファイルをやりとりする際も、今までは「通信量を消費するから、家に帰ってからやろう」と思っていました。けれど、W05を使うようになってからは、通信量を気にすることなく外出先からやりとりができるようになったので、仕事の効率が上がっています。

W05は、3日間で10GB以上の通信を行うと、翌日の18時〜26時の通信量が遅くなるという制限があります。とはいえ、通信速度が遅くなっても、1Mbpsは出るので、You Tubeを標準画質でスムーズに観られます。

まとめ:バッテリーの持ちはイマイチだが他は満足

「W05はバッテリーがもう少し持ってほしい」という印象はありますが、通信速度や通信エリアに関しては満足しています。

WiMAXとの同時契約なら、端末代は0〜3,000円ほどで購入ができるため、新しくWiMAXを契約される場合は、W05を選んでみてください。

なお、W05を契約する場合は、GOMとくとくBBというサイトから契約するのがお得です。WiMAXには、いろいろな販売先がありますが、GOMとくとくBBはキャッシュバックが高額なため、人気が高いのです。

また、多くのWiMAXの販売先は3年契約なので、3年間W05を使う必要があります。それに対して、GMOとくとくBBは、2年契約ができるため、2年後に新しい端末をゲットできます。

ぜひ、W05を使って快適なインターネット生活を送ってみてください。

GMOとくとくBB WiMAX

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  2. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  3. 【2018年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  4. 人気の光回線5選!フレッツ光、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の…
  5. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの11サイトまとめ

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. au wallet ゴールドカード には年会費1万円以上の価値があるか?その特典に迫る
  2. 電子書籍と本の通販サイト「honto」を紹介!アプリやポイントも使ってみた感想
  3. 【大型電子書籍ストア】BookLive!のサービス内容と実際に使ってみた感想
  4. au wallet クレジットカードでポイントがザクザク貯まる理由とは?
  5. auひかりの5Gや10Gってどうなの?プランの内容や通信速度の口コミを解説
  6. オススメはどこ?auひかりの7社のプロバイダを通信ヲタクが厳選してみた
  7. auひかりの工事費はいくら?初期費用や実質無料の条件を元販売員が解説
  8. どこがオススメ?auひかりのキャッシュバックキャンペーンの5社を比較
  9. 【2018年11月版】ソフトバンク光の公式キャンペーンまとめ
  10. プロが厳選!ソフトバンク光のキャッシュバックがもらえるオススメの会社

人気記事

  1. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要7サイトまとめ
  2. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  3. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  4. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  5. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  6. どっちがオススメ?スカパー!とWOWOWの違いを無料お試し期間から料金まで比較してみた
  7. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  8. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  9. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  10. 【2018年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
PAGE TOP