格安SIM界の最速「UQ モバイル」が持つ8つのメリットとは?

公開日:
更新日:

あなたは「UQ mobile」を知っていますか?

「知っている」「聞いたことある」という人も多いのではないでしょうか。

UQ モバイルは、UQコミュニケーションズ株式会社が提供する格安SIMのサービスです。

SIMとは、スマホやタブレットに挿して、ネットをしたり通話をしたりするためのもの。格安SIMとは、文字通りSIMを格安で利用できるのものです。

格安SIMは500社以上がサービスを提供していますが、その一つがUQモバイルです。

UQモバイルは、大手キャリアのauが「サブブランド」としてサービスを提供しているため、一般的な格安SIMより資本力があります。また、auのサブブランドのため、UQ mobileは格安SIMの中でもトップクラスの通信速度と安定性を誇っています。

今回は、そんなUQモバイルの魅力や特徴を詳しく解説していきたいと思います。

UQ mobileの特徴8つ

数ある格安SIMの中で、UQモバイルにしかない特徴があります。「UQモバイルってどうなの?」と気になっている人はぜひ参考にしてください。

格安SIMの中でも通信速度がトップクラス

一般的に、格安SIMはキャリアのスマホに比べて料金が安くなっている分、通信速度が遅くなりやすいです。また、朝の通勤時間やお昼休み等の回線が混み合う時間帯になると、サイトの読み込みに時間がかかるなど通信速度が不安定になりやすいです。

しかし、UQモバイルは回線が混み合う時間帯でも、速い通信速度と高い安定性を実現しています。そのレベルは、大手キャリアにも匹敵すると言われています。

その証拠に、UQモバイルは2015年度・2016年度の「格安SIMアワード通信速度部門」で最優秀賞を獲得しています。

MNPの空白期間が短い

通常、今使っている電話番号を格安SIMに移行(MNP)する場合、契約と同時に今使用しているSIMカードは使えなくなります。なので、新しいSIMカードが手元に届くまでスマホを使用できなります。

しかし、UQ モバイルの場合はSIMが届いてから回線を切り替えればいいので、スマホを使えない期間が1~2時間だけ済みます。なお、実店舗に行けば、即日でUQモバイルへ切り替える事もできます。

15日間無料でお試しができる「Try UQ mobile」

※記事内の画像はUQ mobile 公式からの引用です

「格安SIMにしてみたいけど通信速度が不安」という人は多いかもしれません。しかし、UQモバイルならそんな不安を解消してくれます。UQモバイルには15日間のお試し期間が設けられています。約二週間の間、通信の速度や安定性を試すことができます。

お試し期間では、登録料やレンタル料、通信料や配送料も無料です。UQモバイルのサービスを試したい方にはとても嬉しい制度ですね。

困った時に便利に使えるサポートチャットとサポートセンター

UQモバイルには、相談・質問などをすぐに解決してくれるサポートが充実しています。

その一つがチャット機能です。

多くのキャリアでは、お店や電話で長く待たされてしまうことが多いです。それに対して、UQモバイルではインターネット上で、チャットを使って相談や質問をすることが可能です

返信も早く、12:00~24:00まで対応しているので、忙しい方やすぐに聞きたい方にとっては、このチャットサポートはとても手軽で便利な機能ですね。チャット機能はUQモバイルの公式サイトから行うことができます。

さらに「電話で問い合わせしたい」という人のために、フリーコールで質問ができます。受付時間が2017年1月から受付時間が3時間延長したので、仕事帰りでも問い合わせがしやすくなりました。

UQお客様サポートセンター:0120-929-818、受付時間 9:00 – 21:00(年中無休)

全国1,600店舗以上の実店舗

一般的に、格安SIMは実店舗が存在せず、ネットから契約することが多いです。そのため、ネットで契約してから実際に使えるまで数日かかる場合も多いです。

一方で、UQモバイルは即日開通できる実店舗があります。家電量品店・スーパー・携帯ショップ・UQスポットなど現在は1,600店舗以上あります。

初めて格安SIMを使用する方の場合でも、分からないことをUQ mobileの研修を受けたスタッフに直接聞けるので、きちんと理解しながら契約を行えます。

UQ mobile取り扱い店舗リスト

「ターボ機能」を上手に切り替えてデータを節約

UQ モバイルは2015年11月1日から「ターボ機能」を開始しまた。ボタン一つで、ターボ機能ON(高速通信モード)・ターボ機能OFF(低速通信モード)を切り変えることができます。

ターボ機能をOFF(低速通信モード)にした状態だと、いくら使ってもデータ容量を消費しません。なので、このターボ機能をうまく切り替えることで、月々の通信データ容量をコントロールすることができます。

3GBプラン 無制限プラン ぴったりプラン
ターボ機能0N 150Mbps 500kbps 150Mbps
ターボ機能OFF 200kbps 500kbps 300kbps

ターボ機能をOFF(低速通信モード)にした時の通信速度は、「3GBプラン」が200kbpsで「ぴったりプラン」は300kbpsです。

無制限プランはもともと通信速度が500kbpsなので、ターボ機能のON・OFFで速度は変わりません。
しかし、後述する高速データ通信量を追加で購入した時にターボ機能をONにすると通信速度が150Mbpsになります。

低速モードだと、動画などを見るのは難しいですが、webサイトの閲覧・SNS・LINEは問題なく使用できます。

UQ mobile ターボ機能

超便利なアプリ「UQモバイルポータブルアプリ」

2016年6月23日から提供された「UQモバイルポータブルアプリ」を使えば、すぐにデータ残量や利用料金などが確認できます。

データ量が確認できるのはとても便利で親切ですよね。

60,000ヶ所のWi-Fiスポットが使える「Wi2 300 for UQ mobile」

UQモバイルは全国に60,000ヶ所あるwi2 300のWi-Fiスポットを無料で使うことができます。 通常なら、月額362円の料金がかかるサービスが無料で付いてくるのは嬉しいですね。 Wi-Fiスポットを利用すれば、UQモバイルの高速通信のデータ量を消費せずにネットを楽しむ ことができるので、近くにWi-Fiスポットがある人は使ってみましょう。

UQモバイルの料金プラン

続いて、UQモバイルのプランを見ていきましょう。

基本プラン4つと「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」が用意されています。

月々の利用料や速度がどれくらいなのか、自分にはどのプランが合っているのかを意識しながら見て頂きたいです。

基本プランの料金表

月額料金 データ容量 通信速度
データ高速プラン 980円 3GB 150Mbps
データ高速+音声通話プラン 1,680円 3GB 150Mbps
データ無制限プラン 1,980円 無制限 500kbps
データ無制限+音声通話プラン 2,680円 無制限 500kbps

UQ mobileの基本プランはシンプルで計4プランです。データ容量は高速プラン(3GB)と無制限プランの2つしかありません。そして、データ通信専用SIMか音声通話付きSIMを選びます。

音声付きSIMの場合は、090・080・070の電話番号で使用できるので、電話番号や通話機能を必要としている方は音声通信SIMを選択する必要があります。

データ高速プラン(3GBプラン)

高速通信(150Mbps)を月に3GBまで使えるプランです。料金は980円、音声通話付きで1,680円です。

他社の格安SIMは1GB、5GB、10GBの中から高速通信データ量を選べることが多いです。しかし、UQ mobileの場合、後で説明する「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」以外で高速データ通信が使えるのは3GBプランのみ。

「3GB以上高速通信をしたい」または「3GBもいらない」という人は不満を感じると思います。

データ無制限プラン

UQモバイルには「データ無制限プラン」が用意されています。このプランはインターネットをかなり使う人にオススメなプランです。

名前の通りUQモバイルの「データ無制限」プランは、毎月の高速データ通信量の上限が決まっていないものです。そのため月のデータ量を気にすることなくスマホを楽に使うことができます。

ただし、通信速度は速くないので、動画を見たい人には不向きです。また、3日間での通信量が6GBを越えると通信速度制限がかかって、通信速度が遅くなるので、注意が必要です。

データ無制限プランは、データのみのプランで月額1,980円から設定できます。

このプランに音声通信プランを設定した場合でも月額2,680円で使用できるので、「データ無制限と通話機能付き」と考えるとお値打ちだと思います。。

ただし、UQモバイルの「データ無制限プラン」は、最大通信速度が500kbpsとなっています。高速通信でデータを無制限に使えるわけではないのです。

「データ高速プラン」に比べるとかなり低速にはなりますが、500kbpsはある程度の速さではあります。

メールは容量の大きい画像データなど送受信しない限り問題なく使えます。もちろんチャットやLINEも500kbpsの通信速度があれば充分に利用することができます。

画像の多いHPでもChromeなどで画像圧縮機能を使ったり、Skypeやテレビ電話などは画質を抑えたり、Youtubeの視聴も画質を360pに設定することでなんとか見ることができます。

無制限プランでは500kbpsの速度しか出せないので、UQモバイルの自慢である通信速度の速さを活かせないのが残念ですね。

ぴったりプラン

UQモバイルは今まで「データ高速プラン」「データ無制限プラン」それに音声通話プランをつけたものしか扱っていませんでした。

しかし、2016年10月から「ぴたりプラン」「たっぷりプラン」という新しいプランを選択できるようになりました。新しくできた2つのプランがどんなプランか詳しく見ていきましょう。

ぴったりプランは、基本使用料が月額1,980円のプランです。この中に高速データ通信量2GBと無料通話3,600円が含まれています。

ただ、「3,600円の無料通話」が付いてくるのは2017年3月までのキャンペーンです。それ以降は「5分以内であれば通話無料でかけ放題」に切り替わります。

ぴったりプランは、通話を主に使用される方や携帯料金を安く抑えたい方にはぴったりです。高速データ量2GBと3,600円分の無料通話がついて月額1980円はかなりお得だと思います。

「あまりネットも電話もしないけど、高速通信や無料通話はあった方がいい」というライトユーザーには適したプランです。

たっぷりプラン

たっぷりプランは、基本使用料が2,980円のプランです。この中に高速データ通信6GBと無料通話7,200円分が含まれています。

このプランもぴったりプランと同様に、「無料通話7,200円分」は2017年3月以降は「5分以内通話無料」に切り替わります。

たっぷりプランの魅力は、月額2,980円でデータ容量6GBと7,200円の無料通話がついてくるところです。

データ量と無料通話の金額を考えると相当お得なプランです。ただし、この2つのプランがお得なのは2017年2月21日までキャンペーンだからです。

キャンペーンのおかげで、データ量は2倍に、無料通話は3倍になっているため、破格なプランなのです。おそらく破格なプランを出して、新規の利用者を増やすのが、UQの目的なのかもしれませんね。

UQ mobileの欠点や注意点

どの会社にもメリットがあればデメリットもあります。UQモバイルにはどんなデメリットがあるかも見ていきましょう。

選べるデータ量(プラン)が少ない

ほとんどの格安SIMはデータ量を1GB、2GB、5GB、10GB等、複数から選択できます。

しかし、UQモバイルは高速通信データ量が月間3GBのプランしかありません。

データ容量無制限プランもありますが、こちらだと通信速度が500kbpsに設定されているため、動画や画像が多いサイトをよく見る方にはおすすめしません。

高速データ量を使いきってしまった場合や、データ容量無制限のプランでも、100MBを200円・500MBを500円で高速通信データ量を追加購入(データチャージ)することはできます。

ただし、高速データ通信量の追加購入としては、他社に比べると割高です。例えば、格安SIMのLINEモバイルであれば、1GBを500円で購入できます。

追加購入(データチャージ)はこちらから

3G回線が使えない

UQモバイルはauの回線を借りてサービスを提供しています。しかし、データ通信で利用できる電波は4GLTEのみ。広く使われている電波である3Gの電波には対応していません。そのため、4GLTEの電波が届いていない地域では、圏外になる可能性があります。

ドコモの回線を借りている格安SIMは4GLTEと3Gの電波の両方を使えるため、少し劣っている点です。

クレジットカードが必須

UQモバイルの支払い方法はクレジットカードみのになっています。

クレジットカードを持っていない人や、銀行口座の振替で支払いたい人には不便に感じるかもしれません。

VOLTE(ボルテ)対応スマホはSIM解除が必須

ドコモのスマホはドコモ回線を使っている格安SIMを挿すだけで使えます。しかし、auのスマホは特殊です。

auのスマホでもインターネット回線を使って通話をする「VOLTE(ボルテ)対応スマホ」はSIMロック解除をしないとUQ モバイルも使うことができません。

さらにau端末のSIMロックを解除するには、購入から180日以上経過しないと手続きできないので、注意が必要になります。

「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」の注意点3つ

「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」にも注意しておく点が3つあります。


1つ目は、「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」は最低利用期間が2年間のいわいる「2年縛り」があります。解約するならば、解約金がかからないように、違約金が発生しない月をしっかり覚えておくことが大事です。

2つ目は、auやau系の格安SIMからのMNPでは、契約の初月から「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」使用料金がそれぞれ1,000円上乗せになります。

3つ目は、新規契約やau系以外からのMNPでも、契約の14カ月後から「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」の使用料金がそれぞれ1,000円上乗せになります。

使用料金がやや複雑なので、自分の場合はいくら払うことになるのかしっかりと把握しておきましょう。

音声SIMを1年以内に解約すると9,500円かかる

データSIMには、最低利用期間がないため、違約金は発生せず無料で解約できます。一方で、音声SIMは、最低利用期間の1年以内に解約すると違約金が9,500円かかります。

ただ、docomo・au・SoftBankなどの3大キャリアとは異なり、13ヶ月以上利用すればいつ解約しても違約金はかかりません。

MNP(モバイルナンバーポータビリティー)にも注意してください。番号をそのまま移行する際にも転出・転入の費用が発生します。

auから番号を変えずに乗り換えた場合、転出費用として3,000円発生します。そして転入費用としてUQ mobileに事務手数料3,000円が発生します。

UQ モバイルはこんな人にオススメ

以下の人にはUQ モバイルは特にオススメです。

auのスマホを使用している人


多くの格安スマホはdocomo回線を使用しているため、auユーザーが使用する際は、スマホのSIMロックを解除する必要があります。

しかし、UQモバイルはau回線を使用しているので、スマホのSIMロック解除をしなくても、そのまま使用することができます。

ただ、auのスマホでもVoLTE対応のスマホはSIMロック解除が必要なります。

格安SIMで安定した通信速度を求めている


格安SIMは、docomo回線やau回線の空いている領域を利用する事で通信が行われています。

そのため格安SIMは、回線が混み合う時間帯は通信速度が極端に遅くなります。しかし、UQモバイルはauのサブブランドなので、一日中安定した通信速度でストレスなくネットを楽しむことができます。

自宅や職場にWi-Fiがある


UQ mobileは高速通信の場合、月のデータ量が3GBのため容量をすぐに使い切ってしまう人もいるでしょう。自宅や職場などスマホを良く使う環境にWi-Fiがあれば高速通信データ量を消費することなく使用できます。なので、データ量が少ない人でも自宅や職場にWi-Fi環境があれば、月に3GBでもデータ量は足りると思います。

まとめ

UQモバイルはauとの関係が強い「サブブランド」ということで、500種類以上ある格安SIMの中でもトップクラスの通信速度と安定性を誇っています。ただ、料金プランが他の格安SIMに比べて少ないという欠点を持っていました。

しかし、「ぴったりプラン」や「たっぷりプラン」という新しい料金プランが登場したことにより、より魅力的な格安SIMになりました。さらに、格安SIMでは珍しく15日間無料でサービスが試せる「Try UQ mobile」を実施しています。

「格安SIMを体験してみたい」や「通信速度の速い格安SIMが欲しい」という人は試してみてはいかがでしょうか?

UQモバイル

ピックアップ記事

  1. ARを使った最新スポーツ「HADO」の無料体験会に参加してみた
  2. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  3. 仮想現実へ旅にでよう!東京のVR体験スポット4つ巡ったレポート
  4. 旅のお供にしたい海外プリペイドSIM達8枚
  5. VRで未来はどう変わる?VRが活用されている15の分野と最新事例を動画で紹介

その他の人気格安SIMの解説記事

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. 今夏最も熱いテーマパーク!VR ZONE SHINJUKUで最新のアトラクションを体験!
  2. VODとは?動画配信の4類型~AVOD・SVOD・TVOD・EST~の違いを解説
  3. Try WiMAXを実際にレンタルして使い心地や通信速度を体験してみた
  4. 制限なしで読み放題のマンガアプリ 「GANMA!」取締役にインタビュー
  5. IoTデバイスが詰め込まれた「& AND HOSTEL」で近未来の生活を体験してきた
  6. 光回線の代理店営業の闇!現役の工事業者がその実態を激白(匿名)
  7. リユースモバイル・ジャパン(RMJ)を取材!中古携帯市場の現状と未来
  8. nuroモバイルの評判・口コミまとめ
  9. 「かめはめ波を撃つ」を実現したテクノスポーツ「HADO」の戦略と未来
  10. マイネオのデメリット11個を現役mineoユーザーが教えます

おすすめ記事

  1. どこがオススメ?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  2. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  3. 格安SIMの実際の通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  4. 「外国パケ死」を華麗にかわし、海外でネットを嗜む6つの方法まとめ
  5. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  6. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  7. 400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  8. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
PAGE TOP