格安SIMの通信速度をリアルタイム表示するWebツール【SIMW】の開発を始めました!

公開日:
更新日:

大手携帯会社と同じ回線を使用して、低コストでスマホなどの携帯端末を利用できる格安SIMへの乗り換えが進んでいます。そんな格安SIMの通信速度をリアルタイムで表示するサービスの開発を進めていますので、機能や開発するに至った経緯、開発の様子などをご紹介いたします。

格安SIM 速度比較ツール【SIMW】とは?

格安SIM 速度比較ツール【SIMW(シムゥ)】とは、その名の通り、主要な格安SIM事業者の通信速度をリアルタイムで表示するWebツールです。

SIMWの3つの機能をご紹介

SIMWは、3つの機能を備えています。

  • 気になるブランドの通信速度を比較できる
  • 通信速度データを期間別に表示できる
  • 他のWEBサイトにも自由に埋め込みができる

それぞれの機能をイメージ画像と共にご紹介いたします。

自分の気になる格安SIMブランドの速度を比較できる

自分の気になる格安SIMブランドのみを絞り込んで、ブランド間の通信速度の比較が可能です。

現時点では以下のブランドを検討しています。

  1. Y!mobile
  2. UQ mobile
  3. IIJmio
  4. mineo
  5. NifMo
  6. OCNモバイルONE
  7. DMM mobile
  8. イオンモバイル
  9. FREETEL
  10. 楽天モバイル
  11. LINEモバイル
  12. BIGLOBE SIM
  13. U-mobile
  14. b-mobile
  15. DTI SIM
  16. nuroモバイル

通信速度データを期間別に表示できる

通信速度のデータを期間ごとに絞り込めます。

選択できる期間は次の通りです。

  • 過去24時間
  • 前日(24時間)
  • 前々日(24時間)
  • 過去1週間
  • 過去1ヶ月
  • 過去1ヶ年
  • データ取得日より全期間

他のWEBサイトにも自由に埋め込みができる

ブログやニュースサイトなどで共有できる埋め込みリンクを発行します。ブランドと期間を選んでいただいた結果を共有することも可能です。

開発に至った経緯

SIMWを開発するに至ったきっかけは、複雑な格安SIM業界を少しでもシンプルにしたいからです。

格安SIMに乗り換えたい人たちの40%が重視している

出典:ITmedia Mobile「格安スマホを利用したくない理由は? マイボイスコムの調査」

2017年4月にITmediaが発表した調査によると、格安スマホへの利用意向は30%を上回っています。さらに、乗り換え時に重視するポイントとして、「通信の安定性」や「通信速度の速さ」を挙げている人が40%以上います。

なので、気になる格安SIM事業者のデータ通信速度をリアルタイムに表示するツールが必要とされていると考えました。

一般消費者にとって実際の通信速度は未知数

しかし、実際の通信速度は消費者にとっては未知数です。契約して使ってみるまで分からないというのが実情です。

通信速度が速い分には問題ありませんが、通信速度が遅いと、動画や地図アプリが快適に動いてくれません。せっかく安いプランに切り替えても、快適に動いてくれなければ残念ですよね。

事前に通信速度がわかっていれば、後々不満を持つこともなくなるはずです。

総務省が格安SIM事業者に通信速度を開示要求

この問題を受け、総務省は、2017年度中に、格安SIM事業者に通信速度を開示するよう求めると発表しました。通信速度の開示を求める理由は、格安SIM事業者ごとにばらつきの大きい通信速度を開示し、透明性を確保するためです。透明性が確保されることで、料金以外のサービス面や通信速度などの情報から格安SIMを選ぶことができるようになります。

参考:日本経済新聞「格安スマホ、競争透明に 通信速度の開示要請へ 」

サービス提供側のPR文は必ずしも信用できない

実際に、一部の事業者が、自社の通信速度が最速であるような表現をしたことが社会問題となりました。

今年4月、佐々木希を起用したCMで話題を呼んだFREETELを展開するプラスワンマーケティングが、総務省から行政指導を受けました。内容は次の通りです。

「 同社は自社サイトに「『業界最速』の通信速度」「FREETEL SIMなら速度が出にくい都内平日12時台でもこんなに速い!」などと記載していたが、合理的な根拠がなかったとして、消費者庁が景品表示法違反(優良誤認)で措置命令を出した。 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1704/26/news105.html

仮に、事業者が通信速度を開示したとしても、一般消費者にとって分かりやすい形で公表されるとは限りません。一般消費者にとって、分かりやすくシンプルな情報を提供することで、少しでもサービス選択に貢献できればと考えています。

そして、第三者機関として中立な立場で、格安SIM事業者の通信速度について透明性を確保していきたいと考えています。

【2017/07/10】SIMWをリリースしました!

SIMWを2017年7月10日にSIMWをリリースしました。対応ブランドは「楽天モバイル」「OCN モバイル ONE」「mineo(ドコモ回線)」「IIJmio(ドコモ回線)」「BIGLOBE SIM」「FREETEL」の6ブランドです。

格安SIMの通信速度をリアルタイムでお楽しみ下さい。

SIMW

各ブランドごとにも見られます。

最新情報の配信、ご意見等はTwitterからお願いします。

【2017/07/18】LINE MOBILEを追加

2017年7月18日、SIMWに高速と評判のLINE モバイルを追加しました。

ピックアップ記事

  1. VRで未来はどう変わる?VRが活用されている15の分野と最新事例を動画で紹介
  2. 仮想現実へ旅にでよう!東京のVR体験スポット4つ巡ったレポート
  3. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  4. PSVR開封の儀!話題のPlayStation®VRを実際に体験してみた感想
  5. 【音楽学】音楽産業の歴史と発展~レコード・CD・MP3・ストリーミング~

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. Google Homeで出来るゲームを1人&みんなで遊んでみた
  2. Google Homeが壊れたらデータは消えるのか?保証サービスはあるの?故障時の手引
  3. iPhoneをAlexa搭載AIスピーカーにできるアプリ「Apolo」を使ってみた感想
  4. 【画像で解説】Google HomeをBluetoothスピーカーとして使うための設定方法
  5. Google HomeでSpotifyを再生するまでの手順
  6. Google Home とGoogle Home mini の違いは?音質を比較してみた
  7. ビックカメラとauショップでGoogle Homeを体験してきた!
  8. 【日本で買える】AIスピーカーに対応してるスマート家電・IoTデバイス一覧
  9. LINE Clova WAVEの初期設定の仕方を解説
  10. 1週間で800円!Google HOMEをTSUTAYAでレンタルする手順と感想

おすすめ記事

  1. ARで未来はどう変わる?最新のAR技術が使われている15の分野と活用事例を紹介
  2. 格安SIMの通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  3. 400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  4. 海外でスマホを使うには?海外旅行中にネットを嗜む6つの方法まとめ
  5. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  6. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  7. 【音楽学】音楽産業の歴史と発展~レコード・CD・MP3・ストリーミング~
  8. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  9. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  10. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
PAGE TOP