楽天モバイルの解約・退会方法を誰にでも分かるように解説

公開日:
更新日:

楽天モバイルを使っていたけど、いろいろ考えた結果、解約を決断した人もいるかと思います。楽天モバイルのデータSIMはネットでも解約できますが、音声SIMは電話をする必要があります。今回はちょっと面倒な楽天モバイルの解約方法と退会する時に気をつけたいポイントを解説します。

音声SIMは電話でしか解約できない

ほとんどの格安SIMの解約はネット上で完結できますが、楽天モバイルの音声SIMの場合は電話受付しか対応していません。

連絡先:0800-6000-100

チャットやメールに慣れすぎて、電話に抵抗がある現代っ子にとっては面倒ですね。

契約時にもらったSIMカードの台紙裏面に記載されている15桁のSIM番号か、電話番号が必要になる時があるので、SIMカードの台紙を用意しておくといいでしょう。

データSIMの解約手順6ステップ

電話が使えないデータSIMではメンバーズステーション(マイページ)からの解約になります。データSIMの解約でもSIM番号が必要になるので、SIMカードの台紙を用意しておきましょう。以下、解約手順を画像つきで解説していきます。

まずは楽天モバイル公式サイトに行って、メンバーズステーションにログイン。ログインしたら右上の[メニュー]ボタンをタップ▼

設定項目が出てくるので、下にスライドして[楽天モバイル解約申請]をタップ▼

解約手続きページに移動したら、下にスクロールして、[契約解除手数料について確認し同意いたしました。]にチェックを入れて、[解約手続きに進む]をタップ▼

すると楽天モバイルがいかにすごいか説明するページが出てきます。自分が不満に思っていた点が解消できるかもしれないので、ざっと目を通してみてもいいかもしれません。▼

解約する心が固まっている人は気にせずページ下部の[解約、MNPのお手続き方法を見る]をタップ▼

すぐ下に[楽天モバイル解約申請画面に進む]のボタンが出現するのでタップ▼

最後に解約に関して15のアンケートに答えることになります。なかなか解約させてくれません。。。▼

未入力の項目があると解約が受け付けられません。全てのアンケートに回答したら[この内容で解約申請する]をタップして晴れて解約となります▼

楽天モバイルの解約手数料

楽天モバイルは契約からの期間によって、解約手数料が発生することもあります。データSIMは基本的に手数料がかかりませんが、通話SIMの場合は原則12カ月以内に解約すると9,800円かかります。ただしプランやキャンペーンによって最低利用期間も手数料も変わるので、事前に楽天モバイル公式サイトの「解約に関しての詳細」を必ず確認してください。

楽天モバイル退会時の注意点

楽天モバイルを退会する際に事前にチェックしておきたい3つのポイントをまとめました。

①当月中に解約したい場合は15日までに申し込みを

楽天モバイルでは15日までの解約申し込みを当月扱い、16日以降の解約申し込みは来月扱いとしています。少しでも早く解約したいと思っている人は、15日までに申し込みをしないと1か月分料金を余分に支払うことになります。

②解約申し込みの電話は時間があるときに

楽天モバイルに限りませんが、カスタマーセンターというのは電話が混雑していてなかなか繋がらないものです。昼休みなどちょっとした空き時間にちゃちゃっと済ませようと思ったら、昼休みが潰れた挙句結局繋がらないなんてこともあり得るので、気をつけてください。特に最終受付時間の19:00直前は繋がらないまま受付時間を過ぎてしまうこともあるので注意が必要です。

③解約後にSIMの返却が必要、配送料は自己負担

楽天モバイルは解約後に利用していたSIMを返却する必要がありますが、人によって送付先が異なります。ちなみに返送にかかる配送料は自費負担となります。

申し込み種別:006,007
〒107-0052 東京都港区赤坂4-2-19 赤坂SHASTA・EAST 5F
楽天モバイルSIM返却係

申し込み種別:008,009
〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
物流センターSIM返却係

申し込み種別はメンバーズステーションで確認できます。トップ画面右上をタップして、[ご契約様情報]をタップ。▼

ご契約者様情報の中には申し込み種別が記載されています▼

それに準じた住所にSIMを送付しましょう。

SIMの返却をしないと損害金が請求されます。しかしその金額についてはHPでは公表されていませんでした。電話で問い合わせてみると「状況によって金額が変わるためこの場でいくらと明確には伝えられません」と濁されました。また返却期限について聞いてみても「特に定めておらず、弊社で気づいた時点で通告、請求させてもらっています」とのこと。SIMを返却しないといくら請求されるのか分からないので、忘れずに返却しましょう。

音声SIMの場合は電話でしか解約できませんが、電話さえすればスムーズに退会できます。とはいえカスタマーセンターにはなかなか繋がらない恐れがあるので、余裕をもって退会申し込みをしましょう。

データSIMはオンライン上でも解約できますが、企業側から度重なるハードルが用意されているので、全てを乗り越えて最後までまで辿りついてください。

ピックアップ記事

  1. 仮想現実へ旅にでよう!東京のVR体験スポット4つ巡ったレポート
  2. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  3. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  4. 【音楽学】音楽産業の歴史と発展~レコード・CD・MP3・ストリーミング~
  5. PSVR開封の儀!話題のPlayStation®VRを実際に体験してみた感想

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. Google Homeで出来るゲームを1人&みんなで遊んでみた
  2. Google Homeが壊れたらデータは消えるのか?保証サービスはあるの?故障時の手引
  3. iPhoneをAlexa搭載AIスピーカーにできるアプリ「Apolo」を使ってみた感想
  4. 【画像で解説】Google HomeをBluetoothスピーカーとして使うための設定方法
  5. Google HomeでSpotifyを再生するまでの手順
  6. Google Home とGoogle Home mini の違いは?音質を比較してみた
  7. ビックカメラとauショップでGoogle Homeを体験してきた!
  8. 【日本で買える】AIスピーカーに対応してるスマート家電・IoTデバイス一覧
  9. LINE Clova WAVEの初期設定の仕方を解説
  10. 1週間で800円!Google HOMEをTSUTAYAでレンタルする手順と感想

おすすめ記事

  1. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  2. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  3. 400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  4. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  5. 海外でスマホを使うには?海外旅行中にネットを嗜む6つの方法まとめ
  6. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  7. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  8. ARで未来はどう変わる?最新のAR技術が使われている15の分野と活用事例を紹介
  9. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  10. 【音楽学】音楽産業の歴史と発展~レコード・CD・MP3・ストリーミング~
PAGE TOP