PSVR開封の儀!話題のPlayStation®VRを実際に体験してみた感想

公開日:
更新日:

ヴァーチャルリアルティーというゲームの新しい可能性を切り開いたPSVR。入荷状況の特設サイトが作られるほど、入手困難な状態が続いています。

そんな中、PS4を持たない友人から「ある信頼できるルート筋からPSVRが手に入った」という連絡があったので、PS4を持っている兄に連絡しPSVRとPS4の両方をゲットしたので、PlayStation®VR体験してみました。

今回は謎多きPSVRで僕らがどんな世界にトリップしたのか、PSVRの感想&レビューをレポートします。

そもそもPSVRとは?

PSVRとはPlayStation®VRの略で、日本が世界に誇るゲーム機「PlayStation 4」でVR体験ができるデバイスです。2016年10月に発売開始されて以降、驚異的な予約数によりずっと品薄状況が続いています。10万円以上する他のVRゴーグルに比べて、5万円と比較的安価なPSVRは、一般家庭に本格的なVR体験の機会を広めたとも言えます。

入荷待ちのPSVRが家にやってきた

20時30分を回ったころ、エンジニアの友人H君が仕事終わりにPSVRを持って家に来てくれました。新品だったらしく未開封箱ごと。入荷待ちの状態が続く中、新品にありつけて幸せです。▼

意外にデカい。。。こんな大型のプレゼントをサンタさんの如く、家まで運んでくれたH君に感謝の気持ちを込めて早速「開封の儀」へ。▼

シンプルながらも高級感のある紙の箱を開くと、一番上に解説書が出迎えてくれます。▼

解説書の下にはケーブルがいっぱい。ケーブルまでセンス溢れる箱に入っています。▼

ケーブルの下についにVRゴーグル発見!初のご対面です。▼

念願のPSVRを手にしたH君は、わが子を取り上げたかのような喜びよう。▼

あまりの嬉しさに早速装着。▼

めっちゃ嬉しそうなH君。まだなんも映ってないけどね。▼

とりあえずPSVRの準備をH君に任せて、テレビとPS4の接続に取り掛かる。PS2からゲームの思い出がアップデートされていない私はPS4の接続にも一苦労。三国無双で一騎当千だったあのころが懐かしい。。。

PS4でVRコンテンツをダウンロード

PS4とテレビの接続が完了し、VRコンテンツをGETしに、「PlayStation Store」へ。▼

今はゲームソフトもネットで買う時代。

PSVRソフトの[期間限定セール]を発見。▼

VRコンテンツが出てきます。案外1,000円以下の安いソフトもありました。▼

とりあえず無料で遊べるソフト「PlayStation VR DEMO DISC」をダウンロード開始。かなり重かったので、その間他のコンテンツで遊ぶことに。▼

動画を楽しむために「YouTube」もダウンロード。▼

まだリリース前でしたが、あの『鉄拳』もVR対応するみたいです。格ゲーをVRでやったらどうなるんでしょうか。目の前に平八がいたら絶対怖いなぁ。▼

H君がPSVRの準備を終えたようなので、早速PS4に接続してみることに。PSVRは附属のコードがいっぱいで、接続が大変だったとH君が疲れていました。

いざPSVRを装着

まるで命を吹き込まれたかのように光りだすPSVRちゃん。その輝きは未来感を醸し出しながらもどこか神秘的。▼

そしてPSVRを楽しむのに欠かせないのが「PlayStation Camera」。このカメラがVRゴーグルの位置を読み取り、映像にも反映させてくれます。自分が動くと映像が動くことに、技術の進歩を感じました。▼

カメラを付けるとまずは自分の位置を設定▼

位置の設定が終わったら、VRゴーグルを正しく装着するためのレクチャー▼


ヘッドセットを被ったあとは、ヘッドセット内の画面でレクチャーを受けます。▼


被った後に調整できるので、子どもから大人までストレスなく装着できそうです。▼

そうこうしているうちに先ほどダウンロードしていた「YouTube」のインストールが完了したと通知がきたので、早速YouTubeをオープン。▼

ついにPSVRでYouTubeの360°動画を体験!

YouTubeは通常版かVR版かで選べます。VRゴーグルをしときながら「とりあえず通常版で」とボケたH君をスルーして、YouTube×VRの世界へ。▼

テレビにはH君が見ている世界がウィンドウとして出現。長年付き合ってきたH君ですが視界を共有できたのは初めて。二人の仲もさらにアップグレード。▼

隣を見ると興奮しすぎたのか光り始めたH君。▼

記念すべき初めてのVR動画はなぜかグランドキャニオン(?)のツアー動画。たくさんの外国の方々に囲まれてつい「Hey!What’s up!」と話しかけるH君。仮想空間に行っても彼の礼儀正しさとフレンドリーさは変わりません。▼

壮大なスケールの風景も。TV側はぼやけて見えますが、ゴーグルを通してみると中々のインパクトらしいです。▼

この後は僕もYouTubeでジェットコース―ターの動画を見たんですが、けっこうな迫力。しかし、視覚と体が感じる感覚に差がありすぎると「VR酔い」を起こすらしく、ジェットコースターではその予兆を感じ少し気持ち悪かったです。

ジェットコースター酔いだと思えばある意味でリアリティー。子どもなんかは大好きそうですが、13歳未満はVRの対象外なので、お子様のご利用はお控えください。

その後、先ほどダウンロードしておいたソフトのインストールが完了したので、別のコンテンツへ。

VR動画専門のプラットフォーム「Littlstar VR Cinema」

次に試したのは、まだ世界でも珍しいVR動画専門のメディア「Littlstar VR Cinema」です。スポーツや音楽ライブ、舞台など様々なジャンルの動画が用意されています。いくつかの記事でおすすめされていたのでダウンロードしたのですが、正直期待外れでした。

普段絶対に立ち入れない場所でライブやスポーツを見れるのは凄いですが、いかんせん画質が良くなく、せっかくの仮想空間なのに入りこめません。自動車に乗れる動画かと思ったら、運転手が強盗に脅される動画だったりと、動画自体が不思議でした。

こちらは4つぐらい動画を見ましたが、どれも満足できる画質ではなかったので次のコンテンツを見ることにしました。

実写映像ではなくCG映像の世界へ「VR WORLDS」

「PlayStation VR DEMO DISC」の中に入っていたコンテンツ「VR WORLDS」は動画ではなくCGで作られたVRの世界を楽しめます。

結論からいうと動画コンテンツは実写よりもCGで作られたものの方がオススメです。というのも画質の問題の他にも実写の場合はカメラが固定なので、自分が動いてもオブジェクトの見え方はほとんど変わりません。しかし、CGで作られた世界はオブジェクトに近づいたり、角度を変えて見れるためより臨場感がアップします。

いくつかのコンテンツがありましたが、まずは深海の世界を体験できるコンテンツをチョイス。課金すればサメが襲ってくるようなバージョンも楽しめるようです。▼

ゴンドラに乗ってゆっくり深海を降りていきます。狭い空間ですが、自分の動きが視点の位置にも反映されてよりリアルな体験ができます。所感としては動画よりもCGのほうが画質が美しいです。▼

最後は海底から無数のクラゲが浮かびあがってきて、とても幻想的です。手を伸ばせば触れてしまうんじゃないかというぐらいのリアルさです。

YouTubeに動画が上がっていたので参考までに。映像で見るよりもVRで見た方が何倍も感動的です。

ダウンロード自体は無料でしたが、有料コンテンツが多い上に、他の無料コンテンツもダウンロードに時間がかかりそうだったので他のゲームへ。

みんなで楽しめるミニゲーム集「THE PLAYROOM VR」

こちらも無料配信していたゲームソフト「THE PLAYROOM VR」。▼

「THE PLAYROOM VR」はVRゴーグルとTV画面で違う視点の映像が流れる「セパレートタイプ」と呼ばれているコンテンツです。同じゲームを「VRゴーグルを装着しているプレーヤー」と「TVを見ているプレーヤー」で対戦をしたり、協力してプレイできます。VRゴーグルを付けた人だけ孤立しがちなVRコンテンツの中で、みんなで楽しめるのは嬉しいですね。

ドラゴンと防衛隊に分かれて対戦したり、協力しながらゴーストバスターズを倒したりと、ミニゲームにしては盛り上がれるコンテンツが豊富です。こちらは全て無料で楽しめるので、PSVRを買ったけど何から遊べばいいか分からないという人はまずはこれで遊ぶのがオススメです。

ゲームが終わる度に撮影がタイムがあり、みんなでパシャリ▼

ちなみにVRゴーグルを装着した人の声は変換されて、TVからドラゴンや猫の声として聞こえてくるのもかわいいです。

小さいロボットキャラクターの可愛さに年甲斐もなく癒されました。複数人が集まった時のために入れておきたいソフトです。

【追記】(男性向け)DMM.R18で成人向けVR動画を見てみた感想:画質がイマイチ

記事公開時には書きませんでしたが、もちろん男だけということもあり、実はDMM.R18で成人向けのVR動画を5本程度購入して、体験していました。

このページには一つも「dmm」という単語は入っていないはずなのに、「psvr dmm レビュー」「psvr dmm 画質」「psvr dmm 感想」で検索して来ている方がいるという驚愕の事実が発覚したので、当時の思い出をレビューしたいと思います。ただし、XERAのポリシーとして、画像や動画は載せられない点はご了承下さい…

DMM.R18のVRコンテンツはどもメーカーも積極的に参入しており、思ってた以上にコンテンツは出揃っています。現在もどこかしらのメーカーから月に数本はリリースされているので、コンテンツの数自体はどんどん充実されています。

秋葉原には成人向けのVR動画専門の個室鑑賞のお店があるくらい、業界として盛り上がっているので、どんなものかと期待に胸が高まります。

DMMのサイトにもPS4から簡単にログインできるため、アカウントを持っている方であれば簡単に購入できます。どんなコンテンツがあるかはPSVRを持っていなくても、DMM.R18のサイトで確認できるので、自分好みの作品がないか確認してみましょう。

いざPSVRを頭に装着。目の前には現場となる部屋が広がっており、いずれ女優が現れます。内容としては一般的な成人向けコンテンツそのものです。VR作品の時間はだいたい30分程度と短いものがほとんどです。値段はだいたい1,000円~2,000円くらいでした。

しかし、実際に体験してみると、期待以上の没入感は得られませんでした。何よりも画質がイマイチです。普通の作品より画質はだんぜん落ちます。これは体験した男勢全員の共通意見でした。

また、なんとなく距離を感じるので、目の前に誰かがいるという没入感は得られませんでした。特に目の前に近づくほど画質が落ちるので、なかなか動画に集中できません。しかも触ろうと思っても触れないのが逆に歯がゆい。

そしてなぜか男が仰向けの作品ばかり!笑 また、勘違いしがちなのが、映像内の自分(男優)は移動できない点。目線だけは上下左右180度くらい見られるのですが、自分自身が移動してあんな角度やこんな角度から楽しむことはできません。撮影上(男優の頭部にカメラを固定している)の問題なのでしょうが、もっと色々な角度から楽しみたかったです。

とはいえ、1本だけ当たりの作品はありました。この場で作品名を公開できないのが残念でなりません。また、目の前一杯がスクリーンになるので、大画面で見るのが夢だったという人にとってはおすすめです。

注意して欲しいのはVRゴーグルをつけて視聴していても、テレビの画面に自分が見ている画面が映し出されます。ヘッドホンをしながら視聴していると、誰かが部屋に近づいてきても気づけません。もしものことも考えて、テレビの電源をOFFにするなどして対策しましょう。

ちなみにDMMのVR動画はPSVR以外でも、PCやスマホに対応したVRゴーグルがあれば見ることができますので、気になる方はお試しあれ。

撮影機器などが進歩すれば、画質などの問題はすぐに改善される領域だと思うので、今後の各メーカーさんの企業努力に期待しています。

楽しい時間は一瞬ですぎるもので気づけば午前0時に。H君の終電の時間が迫っていたので、VR体験会はここらでお開きに。VRに魅了されたH君はPS4も買い揃えるそうです。今度はH君の家にPSVRを遊びに行こう。

【追記】後日、VR版バイオハザード7 レジデント・イービルで遊んでみた

前回のPSVR開封の儀から時間が経ったので、改めてH君にPSVRを借りてヴァーチャルの世界に逃避することにしました。前回は無料のゲームばかり遊んだので、今回は有料ソフトを買うことに。H君から「バイオハザードがマジ怖い。。。」という情報を得たので、肝試しも兼ねて体験するゲームは「バイオハザード7」に決定。

何千万にもの人間を恐怖の底にたたき落としてきた「バイオハザード」シリーズ

知らない人はいないと思いますが、念のため「バイオハザード」について解説しておきます。「バイオハザードシリーズ」は第一作目が1996年にPS向けに発売され、ホラーゲームというジャンルを確立した言っても過言ではない「CAPCOM(カプコン)」の作品です。

バイオハザードの人気は世界にも普及しており、ハリウッド映画やCG映画、小説、舞台などマルチメディア化もされているので、ゲームをプレイしたことはなくても、多くの人が名前を聞いたことはあるでしょう。最近だとモデルのローラさんが出演するということで話題を集めましたね。

ハードウェアをまたぎながら、様々なシリーズ作品を発表してきましたが、2017年現在の最新作は「バイオハザード7」となります。ちなみに私は「バイオハザード2」でタイラントに苦戦したトラウマから、長らくシリーズから離れていました。

いざPS4でソフトを購入&ダウンロード

ゲームの思い出がプレステ2で止まっている私にとって、ゲームソフトをオンライン上で買えるという文明の進化にひどく感嘆しながら「プレイステーションストア」でバイオハザード7を購入しました。

初めてのPSVRソフト購入体験ということで、写真付きでその思い出を残していきます。やっぱり初体験の思い出は大事ですからね。

「プレイステーションストア」に行くと、PSVR用のページがあったので、ソフトを探しに。

「バイオハザード7」を見つけたと思ったら、続々と似たようなソフトが出てきて混乱しました。

当初の目的を忘れて「DEAD OR ALIVE」を購入しそうになったことは言うまでもないでしょう。

「バイオハザード7」には「本編ストーリー」の他に、さらにやりこみたい人向けの「追加コンテンツ」もあります。他にも「本編ストーリー」と「追加コンテンツ」が一緒になったお得な「デラックスエディション」もあり、最初は少し混乱します。

ちなみに「バイオハザード7」は「通常バージョン」の他に「グロテスクver.」も存在します。

「どうせやるならグロテスクでしょ」と軽い気持ちで「グロテスクver.」を選んだことを、後々後悔することになるとはこの時は気づきませんでした。

ちなみに後から調べたら、どちらのバージョンでもストーリーやゲームの内容は変わらず、単純にグロテスクな映像が強調されるだけ?のようです。開発者のマッドサイエンティストぶりを感じたい方は「グロテスクver.」、ゲームなんかで人生にトラウマを残したくない方は「通常ver.」を選びましょう。

「バイオハザード 本編」のデータ容量は約23GB。デカイ。私たちはPS4本体に空き容量が無かったため、別のアプリを消すまでダウンロードできませんでした。ちなみに全てダウンロードしきるまで5時間以上かかりました。通信状況などにもよりますが、買ってすぐに遊べるわけではないことだけは覚えておきましょう。

一応、最初のステージ分の約6GBがダウンロードできれば、とりあえず遊べます。しかし、それだけでも30分ほどはかかりました。ゲームを始める前に時間を潰す用意をしておきましょう。

余談ですが、ダウンロード状況を確認するには下記の手順で確認できます。

ホーム画面でソフトを選び、リモコンの「OPTION」ボタンを押します▼

一番下の「情報」を選択▼

ダウンロード状況をリアルタイムで確認できます。

いざバイオハザードの世界へ

前置きが長くなりましたが、やっとバイオハザードの世界へトリップ。バイオハザードのイントロと言えば、ゾンビウイルスに侵された街と、怪しく光る「アンブレラ社のロゴ」というイメージ。

▼懐かしの「バイオハザード2」のオープニング。ゲーム早々ゾンビに囲まれて心折れそうになった記憶が、、、

しかし、ゲームを始めるとそこに現れたのは美女。正直、ゾンビよりもこの美女と戯れていたいと思ったのは僕だけじゃないはず。

しかもゲームの開始は明るい場所。「あれ、今回のバイオハザードってそんな怖くない?」って思ってられるのも今のうちだけです。

チュートリアルがほとんどないので、最初は何をしていいかよく分かりません。操作方法もコントローラーを適当にいじって自分で覚えました。

ちなみにVRのヘッドセットを接続しているからと言って、「VRモード」で遊べているとは限りません。私はゲームを起動してからヘッドセットの電源を入れたため、「通常モード」をヘッドセットで楽しむという、とんでもなくもったいない遊び方を途中までしていました。

通常モードをVRヘッドセットで遊ぶと、暗闇の中に大画面のスクリーンが目の前に現れてその画面で遊ぶことになります。画面が近く大きい分、臨場感は出ますが、自分の動きも反映されず、画面の向きもコントローラで操作するため酔います。ちなみに友達のH君はVR酔いがひどくてほとんどプレイできなかったそうです。敏感な人なら他の人がプレイしている画面を見ているだけでも酔ってしまうかもしれません。

途中から「どうせ同じ画面みるならTVの画面を見てた方が操作しやすくね?」と思い、ついにはヘッドセットを外してそのまま遊んでいました。

明るいのは最初だけで、すぐに屋内に入り、暗い家の中を探索していきます。ゾンビが出る前から雰囲気だけでビビります。









でたーーーーーーーーーーー!!!

こちらが本作で最初のグロ映像です。死体です。襲ってきたりはしませんが、ビジュアルだけで十分怖いです。何か危害を加えられたわけじゃありませんが、一人だったらここでゲームを止めていました。

ゲームを進めていくと檻の中のベッドに横たわる女性。

バイオハザード経験者ならある程度この後の展開を予想できるでしょう。「おい、大丈夫か?」と振り向かせたらゾンビっていうお約束ですよね。グロ映像はあっても、まだゾンビにはご対面していなかったため、初ゾンビ遭遇に心躍らせ、写真ではなくムービーまで撮ってしまいました。

あれ、ゾンビじゃない。。。

ていうか冒頭に見たあの美人さんじゃないですか!笑顔も可愛かったけど、驚く顔も最高ですね。それもこんなラフな格好でいるなんて別の意味でR指定ですよ。

彼女と一緒に逃走。

構図は女性に手を引かれての旅行とまったく同じ。美女と一緒ならどこでだって楽しい。

あまりの可愛さに手も出しちゃったりして。

でもね、これすごく大事な話なんですけど、どんな可愛い子も怒らせると怖いんですよ。

怖い。。。なぜ襲われるのかも分からないし。

武器も持ってないし、必死にナイフを止める僕。

「女の子を怒らせちゃいけない」は人生の教訓ですね。

でもね、これもすごく大事な話なんですけど、女性がどんなに狂暴になっても、男は絶対に手を出しちゃいけないんですよね。

殺しちゃいました。。

その後、やっと銃が手に入り、バイオハザードっぽくなってきましたね。

これでナイフを持った美女が現れたって大丈夫。まぁ、さっき殺しちゃったんですけど。

しかし、女の執念は怖いと言いますか、首を掻っ切ったくらいじゃ収まらないんですね。今度はナイフじゃなくチェーンソーまで持ってきましたよ。

もうね、彼女強すぎだし、怖すぎですよ。チェーンソーを僕の腹に刺して、そのまま上にバサーですからね。

何度も何度もここで殺されました。

その後、やっとの思いで彼女を倒してクリアしました。

第二ステージに進もうとするも、残りのデータがダウンロードできていないため、待ち伏せをくらうことに。第一ステージはまだまだ謎が多すぎる上に、すごく嫌な終わり方をするので次の展開が気になりすぎます。

やっとのことで、VRでバイオハザード7を体験

ダウンロードを待つ間、お酒を飲みながら「キングオブファイターズ」の無料版をやっていると、ついにダウンロードが終わりました。

今回はちゃんとヘッドセットをスタンバイしてからゲームを始めたので、「VRモードで遊びますか?」というメッセージが。さっきまでのは何だったんだと思いながら、VRの本領発揮に期待が高まります。

VRゲームを遊ぶ前には、ヘッドセットとカメラの調整が必要ですが、無料ゲームに比べて、さすがバイオハザード。調整は手が込んでいます。念入りなヘッドセットの調整に、これは面白くなるんじゃないかと心が躍ります。

VRの調整だけなのに手の込んだ作りです▼

いざ「VRモード」でゲームが始まるととんでもないリアル感です。しかもいきなり、グロテスクなディナーシーンから始まり、さっきまで食べてた唐揚げやたこ焼きとリンクして気持ち悪くなりました。

食事前後でのVRでのプレイは本気で辞めておきましょう。ゲームのグロテスクさもさることながら、VR酔いでかなりダメージがきます。

しかし、ゲーム自体は絶対VRで体験するのがおすすめです。なによりも操作性が高いため、ゲームが進めやすいです。自分の顔の向きで画面が変わるので、アイテムが見つけやすいですし、移動もしやすいです。銃の照準も合わせやすいため、戦闘シーンでもメリットが高いです。その代わり本当に殴られたんじゃないかというようなリアルさは我慢しましょう。

まだまだゲームは序盤ですが、公式ムービーを見てると本当に楽しいのシーンはこれからの様子。ネタバレしない程度に新しい情報が入ったらまた追記していきます。

ちなみにバイオハザード7の公式ページからは体験版もダウンロードできるので、興味のある方はまずは体験版をプレイしてみましょう。YouTubeに体験版の動画もあがっていたので、雰囲気だけならこちらで味わえます。

バイオハザード7

まとめ:実際にPSVRを体験してみた感想

久々にTVゲームに興奮した夜でしたが、冷静になって振り返ってみると10万円出してPS4とPSVRを買い揃えるかと聞かれたら答えはNOです。VRのゲームは非常に楽しそうで、今までのゲームという概念を拡張させるものでしたが、なんといっても現段階ではコンテンツが少ない。

まだ40ほどのゲームしかリリースされておらず、お金を払ってまでやりたいと思ったゲームはさらに絞られました。今後「FF」や「鉄拳」などビッグタイトルがリリースされ、今年中に100本ものソフトが発売されるとのことなので、それはすごく楽しみです。

VR動画に関しては、CG系はかなりの臨場感が味わえますが、実写系の動画は画質が荒く、思っていたほどのリアルティーがありませんでした。今後、撮影技術の向上で本当にその場にいるような画質になるのを期待しています。

邪推ですが、SONYのことなので、あと1年もしたら新型PSVRが発売されて、既存の機種が大幅に値下げされるんじゃないかと睨んでいます。その頃にはコンテンツ数も充実していると思うので、PSVRの本格的な時代が来るのはもう少し先になるかと思います。

ピックアップ記事

  1. PSVR開封の儀!話題のPlayStation®VRを実際に体験してみた感想
  2. VRで未来はどう変わる?VRが活用されている15の分野と最新事例を動画で紹介
  3. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  4. ARを使った最新スポーツ「HADO」の無料体験会に参加してみた
  5. 【音楽学】音楽産業の歴史と発展~レコード・CD・MP3・ストリーミング~

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. Google Homeで出来るゲームを1人&みんなで遊んでみた
  2. Google Homeが壊れたらデータは消えるのか?保証サービスはあるの?故障時の手引
  3. iPhoneをAlexa搭載AIスピーカーにできるアプリ「Apolo」を使ってみた感想
  4. 【画像で解説】Google HomeをBluetoothスピーカーとして使うための設定方法
  5. Google HomeでSpotifyを再生するまでの手順
  6. Google Home とGoogle Home mini の違いは?音質を比較してみた
  7. ビックカメラとauショップでGoogle Homeを体験してきた!
  8. 【日本で買える】AIスピーカーに対応してるスマート家電・IoTデバイス一覧
  9. LINE Clova WAVEの初期設定の仕方を解説
  10. 1週間で800円!Google HOMEをTSUTAYAでレンタルする手順と感想

おすすめ記事

  1. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  2. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  3. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  4. 格安SIMの通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  5. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  6. 海外でスマホを使うには?海外旅行中にネットを嗜む6つの方法まとめ
  7. 【音楽学】音楽産業の歴史と発展~レコード・CD・MP3・ストリーミング~
  8. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  9. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  10. ARで未来はどう変わる?最新のAR技術が使われている15の分野と活用事例を紹介
PAGE TOP