実際に使ってみて感じたプレミアムGYAO!をおすすめデキナイ8つの理由

公開日:
更新日:

無料で動画が見れるGYAO!というサービスを使ったことはなくとも、耳したことは多いと思います。最近では定額の動画配信サービスがメジャーになってきたことから、安価で有名な映画やドラマを見れるようになりました。

そんな動画配信サービスの流れに乗って、GYAO!がスタートさせたのが「プレミアムGYAO!」です。今回はプレミアムGYAO!がそれまでのGYAO!とはどう違い、登録する価値があるサービスなのかをまとめました。

GYAO!とは?

GYAO!は有線サービスとカラオケで有名なUSENが2005年に開始した動画配信サービスです。当時はYouTubeすら設立して間もない時期で、日本の動画配信サービスの先駆け的存在でした。その後2008年に(株)GYAOとして分社化し、2009年にヤフー(株)に売却されました。

Yahoo!JAPANも当時Yahoo!動画というサービスを運営していましたが、GyaO買収を機に統合されました。GYAO!は基本無料ですが、「GYAO!ストア」を立ち上げたことにより有料コンテンツも配信しています。そして2016年に定額制の動画配信サービスとして「プレミアムGYAO!」をスタートさせました。

プレミアムGYAO!のサービス概要

  • 会社名 :株式会社GYAO
  • 主要株主:ヤフー株式会社
  • サービス開始:2016年2月
  • お試し期間:登録月の月末まで(※ヤフープレミア会員は登録月の翌々月まで)
  • 月額料金:800円
  • 動画本数:約100,000本
  • 画質  :1080p
  • オフライン視聴:不可

GYAO!とプレミアムGYAO!の違い

GYAO!とプレミアムGYAO!の違いを表にまとめました。

プレミアムGYAO! GYAO!
料金 800円 無料
プレミアム動画 視聴できる 視聴できない
有料動画 サイト内で購入 GYAO!ストアから購入
画質 フルHD(1080p) SD(480p)
広告動画 無し 有り
対応デバイス スマホ、PC、タブレット、TV※ スマホ、PC、タブレット

※「Android TV」、「Amazon Fire TVシリーズ」

プレミアムGYAO!をオススメしない理由

結論から言うと登録するのはオススメできません。いきなり断言してしまうのも心苦しいですが、おすすめできない理由は後述します。

しかしプレミアムGYAO!は業界でもトップクラスの動画本数を配信しているのは確かです。その中には数分の暇つぶしにもならない紹介動画も多いですが、ライブ映像に強みがあり、ドラマもマニアックな作品を取り扱っている場合があります。

どうしても見たい作品がプレミアムGYAO!にしかなかった場合には登録してもいいかもしれません。しかしその時も登録の前にGYAO!ストアで購入できないか購入してみましょう。

もちろんプレミアムGYAO!サービスにも良い部分はありますが、それは他のサイトにもある機能なので、数ある定額動画配信サービスの中からわざわざプレミアムGYAO!を選ぶ理由にはなりません。サブで利用するにはいいかもしれませんが、少なくともメインの動画配信サービスとして利用するほどの魅力はないと言えるでしょう。

①予告系短編CMを動画と称し、動画数をカサ増ししている

GYAO!は、30秒から5分程度の短い動画を配信しています。映画や楽曲の情報が流れる動画です。お気付きのことと思いますが、これらの短い動画は、明らかにCMです。コマーシャルです。

GYAO!は、10万本のラインナップがあることを売りにしていますが、この10万本にはCM動画が入っています。なので、実質的に楽しめる動画本数はもっと少ないのです。

こういう手法を何と言うのでしょう?・・・「カサ増し」ですね。

②動画見放題と言っておきながらPPV作品が多く見放題感がない

プレミアムGYAO!は定額の動画配信サービスですが、すべての動画が見放題というわけではありません。中には「PPV(ペイ・パー・ビュー)作品」といって追加で課金しなければいけない作品も少なくありません。

最新動画などあればまだ納得できますが、普通の作品の中にもPPV作品はあり、自分が見たい作品を見つけたのにPPVの時は腹が立ちます。月額料金は業界でもさほど高くありませんが、PPV作品の見すぎには注意しなければいけません。

③定期更新の動画は好きな時に視聴できない

GYAO!にはドラマなどの動画配信の更新パターンが複数あります。単純に期間限定配信であれば分かりやすいのですが、週に1話ずつしかみれない定期更新などはネットのメリットを活かしているとは言い難いです。更新カレンダーやお気に入り機能など、好きな動画を見逃さずに視聴できる機能を付けていますが、わざわざスケジュールを気にしながら見るのはストレスです。

④無料期間は30日間ではなく登録月末まで

動画配信サービスのほとんどが無料期間を用意していますが、通常であれば「30日間」など期間が明確です。しかしプレミアムGYAO!の場合は登録した月の月末日までです。つまり月の下旬に登録しようものなら無料期間は数日しかありません。なので登録をする時はタイミングに気をつけなければいけません。

⑤登録にはYahoo!IDが必要

プレミアムGYAO!は登録するためにYahoo!IDが必要です。お試しで利用するためにも必要なので持っていない場合は、わざわざ作らなければいけません。お試しなのに気軽に登録できないのは不便です。

⑥支払にはYahoo!ウォレットが必要

登録のためにYahoo!IDが必要なプレミアムGYAO!ですが、支払いにはYahoo!ウォレットというサービスに登録が必要です。Yahoo!ウォレットとはネット上で使えるお財布のことですが、Yahoo!サービスを中心にネット上での支払いに利用できます。

便利な機能かもしれませんが、プレミアムGYAO!ではYahoo!ウォレットを通しての支払いしかできないため、利用していない人にとっては不都合極まりないです。

⑦対応デバイスが少ない

プレミアムGYAO!が視聴できる対応デバイスはスマホ、PC、タブレット、TVの4つです。ただしTVと言っても、「Android TV」、「Amazon Fire TVシリーズ」といった、いわゆるストリーミングメディアプレーヤーを利用しての視聴になります。競合の動画配信サービスではこの4デバイスはもちろん、スマートテレビやゲーム機でも視聴できるサービスがあるため物足りなさを感じます。PCとスマホで見れればいいという人にとっては問題にはなりませんが、せっかくゲーム機があるからゲーム機を使ってテレビで見たいと考えていた人は注意してください。

⑧利用できるデバイスの台数に制限がある

プレミアムGYAO!では1つのはYahoo!IDにつき最大5台のデバイスまでしか利用できません。「プレミアム」タグがついた動画を再生するとYahoo!IDに登録され、5台登録すると6台目からエラーメッセージが出て視聴できなくなります。「デバイス管理ページ」で登録されたデバイスを削除すれば見れるようになります。

通常であればPCとTV、スマホ持っている人であればタブレットくらいで5台を超えることはないだろうと思うでしょう。しかしやっかいなのはデバイスといっておきながら「ブラウザ」ごとに登録されてしまうことです。

つまり同じPCでも「IE」と「Google」では別に登録されますし、クッキーを削除してしまうと同じブラウザーでも別のデバイスとして登録されます。さらに面倒なのはプライベートモードで利用すると、毎度クッキーが削除されるため毎回別のデバイスとして登録されてしまうのです。

登録を削除すればいいだけの話ではありますが、プレミアムGYAO!でしか見たことない仕様だったため、とても不便に感じました。

【まとめ】特に利用する理由の見つからない動画配信サービス

2005年にサービスを開始したGYAO!は、世界を見ても動画配信サービスの先駆けのサービスといえます。しかしほとんど時を同じくして生まれた「YouTube」と比べると明らかに見劣りし、時代の流れに遅れているのを感じます。

競合の定額動画配信サービスと比べてもみても、性能があまりいいとはいえません。プレミアムGYAO!が訴求しているポイントも大抵競合サービスがと入れている機能であるため、GYAO!ならでは強みがよく見えてこないです。

今後まだまだ改善の余地はありますが、今の時点ではメインの動画配信サービスとして利用すのは時期尚早と言えます。

他の動画配信サービスについてもさらに知りたい方はこちらの記事も併せて読んでみてください。

ピックアップ記事

  1. 仮想現実へ旅にでよう!東京のVR体験スポット4つ巡ったレポート
  2. PSVR開封の儀!話題のPlayStation®VRを実際に体験してみた感想
  3. ARを使った最新スポーツ「HADO」の無料体験会に参加してみた
  4. 旅のお供にしたい海外プリペイドSIM達8枚
  5. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. 今夏最も熱いテーマパーク!VR ZONE SHINJUKUで最新のアトラクションを体験!
  2. VODとは?動画配信の4類型~AVOD・SVOD・TVOD・EST~の違いを解説
  3. Try WiMAXを実際にレンタルして使い心地や通信速度を体験してみた
  4. 制限なしで読み放題のマンガアプリ 「GANMA!」取締役にインタビュー
  5. IoTデバイスが詰め込まれた「& AND HOSTEL」で近未来の生活を体験してきた
  6. 光回線の代理店営業の闇!現役の工事業者がその実態を激白(匿名)
  7. リユースモバイル・ジャパン(RMJ)を取材!中古携帯市場の現状と未来
  8. nuroモバイルの評判・口コミまとめ
  9. 「かめはめ波を撃つ」を実現したテクノスポーツ「HADO」の戦略と未来
  10. マイネオのデメリット11個を現役mineoユーザーが教えます

おすすめ記事

  1. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  2. 400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  3. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  4. 格安SIMの実際の通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  5. どこがオススメ?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  6. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  7. 「外国パケ死」を華麗にかわし、海外でネットを嗜む6つの方法まとめ
  8. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
PAGE TOP