異端な広告が気になるSONY系の格安SIM「nuroモバイル」の魅力と欠点

公開日:
更新日:

日本を代表する企業であるソニーグループがサービス提供している格安SIMがあります。

それが、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供している格安SIM「nuro(ニューロ)モバイル」です。

nuroモバイルは選びやすいシンプルな料金プランが特徴的です。

さらに、格安SIMの中でも、初の試みとなる「時間制プラン」を打ち出しました。毎日5時間の間は、何GBデータ通信を行なっても通信速度制限がかかりません。この「時間制プラン」は非常に画期的なプランです。

この記事では、そんなnuroモバイルの魅力と欠点についてお伝えします。

nuro mobile(ニューロモバイル)とは?

nuroモバイルはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営する格安SIMです。ドコモ回線を使って、サービスを提供しています。

特徴的なCM広告が有名で、一度は「nuro(ニューロ)」という言葉を見たり聞いたりしたことがある方は多いのではないでしょうか?

この記事とか結構おもしろいです。
nuroモバイルの独特すぎる「広告バナー」はなぜ生まれた?デザイナーに直撃

他の格安SIMとは違い、nuroモバイルは少し特殊な経緯を持っています。

もともとは「so-netモバイル」

nuroモバイルは、もともと「so-netモバイル」と呼ばれる格安SIMでした。

しかし、ネット上の評判を見る限りは、「通信速度が遅い」という声が目立ちました。そこで、ブランドイメージを変えるためか?、2016年10月1日に名称変更しました。

名前「nuroモバイル」は、同じくソニーネットワークコミュニケーションズが提供している、世界最速の光回線の「NURO光」にちなんだようです。

NURO光は独自の技術で非常に速い通信速度を実現していますが、nuroモバイルは通常のドコモ回線のため、通信速度は平均的です。正直、名前負けな感じがしています。

運営会社のソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社とは?

会社名からも分かる通りソニーのグループ会社です。

正確には、ソニー株式会社の子会社「ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社」の子会社です。

1996年よりインターネット接続サービス(プロバイダ)「so-net(ソネット)」を提供しています。

2003年にはSSIポケット(後のウィルコム)、2008年にはイーモバイルから回線を借りてMVNO事業(今でいう格安SIM)に参入しているため、通信業界における歴史は深いです。

2011年からはドコモの回線を借りて「so-netモバイル」を開始していました。

シンプルすぎる料金プランと選びやすいサイト設計

nuroモバイルの大きな特徴の一つは、シンプルすぎる料金プラン設定です。

多くの格安SIMは、選べる料金プランが多い分、どれを選んだらいいのか迷いやすいです。それに対して、nuroモバイルは2GBから10GBまで1GBごとにコースが用意されています。

料金プラン表

使えるデータ量が1GB増えるごとに、料金が200円高くなります。また、SMSを+150円、SMS&音声通話機能を+700円で付けることができます。

料金をまとめると、以下のようになります。

通信のみ SMS付 SMS・通話付
2GB 700円 850円 1,400円
3GB 900円 1,050円 1,600円
4GB 1,100円 1,250円 1,800円
5GB 1,300円 1,450円 2,000円
6GB 1,500円 1,650円 2,200円
7GB 1,700円 1,850円 2,400円
8GB 1,900円 2,050円 2,600円
9GB 2,100円 2,250円 2,800円
10GB 2,300円 2,450円 3,000円

プランは無料で変更できます。なので、自分のデータ通信の利用状況に合わせてプランを変更しやすいです。なお、プラン変更は月末までに申し込みをして、翌月適用となります。

なお、プランごとに設定されている「シムねこ」というキャラクターがかわいいです。

私の推しシムねこは9GBの「きみどりのレスラー」です。

5カ月間700円引キャンペーン(2017年2月28日まで)

2017年2月28日までキャンペーンをしています。

開通月が無料で、その後5カ月間に渡って利用料が700円割引になるキャンペーンです。最も安いプランが700円なので、約半年間無料で利用できます。

開通月のデータ通信量によりますが、半年で3,500円以上お得になります。ただし、0SIM、プリペイドSIMは対象外なので注意しましょう。

スマホからでも申し込みしやすい公式サイト

nuroモバイルの公式サイトは可愛いだけではありません。スマホからでも見やすく、申し込みがしやすいです。

格安SIMのサイトによっては、パソコンからでないと申し込みしづらいようなサイトもあるため、この点は非常に顧客目線に立っていると感じました。

すぐにプランがわかる「かんたんプラン診断」

「自分にあったプランがわからない」という人は、公式ページのトップ画面では月のスマホ利用料の予算を入力すれば、おススメのプラン設計を提案してくれます。

自分がどのくらいスマホを使うかわからないという方は、月の予算からプラン設計をしてみてはいかがでしょうか。

高速通信が5時間無制限の「5時間プラン」

2017年2月1日からnuroモバイルに追加された「5時間プラン」。

どんなプランかというと、「5時間プラン」は5時間/日はデータ通信が使い放題。さらに時間内に何GB使っても通信速度を受けません。

この時間を軸にした無制限プランは、格安SIM業界でも初の試みで、革命的なプランです。

5時間プランの仕様

3日間に一定量以上の高速通信を行うと通信速度が遅くなる「3日制限」がありません。なので、データ量を気にせずにネットを楽しめます。

仕組みとしては、高速通信を利用するとタイマーが作動し、1日に5時間まで利用できます。タイマーが0になると通信速度が200kbpsになります。

通信速度が遅くなっても、追加でデータチャージができないので、翌日まで遅い通信速度となる点は注意が必要です。

欠点を差し置いても、毎日5時間はデータ容量を気にせずに高速通信を利用できるので、魅力的なプランだと思います。

タイマーの残り時間はマイページから確認できます。nuroモバイルでは公式アプリがないので、マイページへアクセスする必要があります。

残り時間を確認するのがちょっと手間ですね。

「仕事や学校があるからスマホを触っている時間は1日5時間以内」という人。さらに、スマホのテザリングでパソコンやタブレットをネットに繋ぎたいという人にとっても便利です。

5時間プランの料金

「高速通信の使い放題だから高額なんじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、料金は以下の通り、決して高くはありません。

データ SMS 音声
2,500円 2,650円 3,200円

20GBや30GBの料金が5,000円以上するキャリアが多い中で、毎日5時間も高速通信がし放題で、この料金は非常にお得だと思います。

nuroモバイルの便利なサービス・機能3つ

ここではnuroモバイルの便利な機能について3つ紹介していきます。

通話料が安くなる「nuroモバイルでんわ」

nuroモバイルには通話料金が安くなる「nuroモバイルでんわ」が用意されています。果たして、どのように安くなるのでしょうか?

プレフィックスで通話料が半額

プレフィックスで通話料を安くする格安SIMも増えてきました。プレフィックスとは、電話番号を自社の用意した回線に切り替えて、通話料を抑える仕組みです。

通話アプリ「nuroモバイルでんわ」を使えば通常20円/30秒の通話料が半額の10円/30秒になります。さらに、アメリカや中国など、32カ国の国際電話も半額になります。

申し込みも月額料も不要で、アプリストアからダウンロードさえすれば利用できるのは嬉しいですね。ただし、「nuroモバイルでんわ」はnuroモバイルユーザーしか使えません。

また、フリーダイヤルや110への電話はできません。フリーダイヤルや110への電話は通常の電話アプリで行うようにしましょう。

かけ初めの5分間の通話料が無料になる「5分かけ放題」

月額800円で5分までの通話がかけ放題になるオプションです。5分を過ぎた後も10円/30秒の通話料なのでお得です。

800円だと5分の電話を4回以上かけるという人は、「5分かけ放題」に申し込んだ方がお得になります。

なお、最初の5分間を無料にする方法は以下の2つです。

  • 「nuroモバイルでんわ」から発信する
  • 相手の電話番号の前に「0037-692」をつけて発信する

これらの方法で電話をしないと5分間無料にならないので、注意が必要です。

誰とでもパケットが分け合える「パケットギフト」

パケットギフトは、nuroモバイルユーザー同士であればパケットをあげることができるサービスです。何年か前から存在する「パケットシェア」というサービスに似ています。

パケットギフトなら家族じゃなくてもパケットをあげられます。最低10MBから1MB単位であげることが可能です。ただし「5時間プラン」の方は使えません。

低速通信に使える「初速バースト」

nuroモバイルでは、通信制限を受けて通信速度が遅くなっても、イライラが少なくて済むかもしれません。

「初速バースト」という機能が搭載されているので、通信の最初の数秒間だけは高速通信になります。

動画の視聴など長時間に渡ってデータ通信を要するサービス以外は、読み込みのスピードが速くなるので、ストレスを軽減してくれます。

その他のSIMカード3枚

ソニーネットワークコミュニケションズ株式会社は、nuroモバイルの他にも3枚のSIMカードを提供しています。それぞれ面白い特典があるので、使い方によってはお得に利用することができます。

500MBまで0円で使える「0SIM」

サービスを開始してすぐに注目を集めた「0SIM(ゼロシム)」。

名前の通り500MBまでであれば0円で利用できます。音声プランを+700円で付けることもできるので、普段使いにも利用できます。

ただし、3か月連続してデータ通信の利用がないと自動的に解約になるので注意しましょう。現在は月間で「7777枚」限定での販売となっています。

http://mobile.nuro.jp/0sim/

必要な分だけすぐに使える「Prepaid LTE SIM」

nuroモバイルでは買ってすぐに使えるプリペイドタイプのSIM「Prepaid LTE SIM」も用意しています。

一時的にSIMが必要になった場合や、試しにnuroモバイルの使ってみたいという方にはいいでしょう。

nuroモバイルの「Prepaid LTE SIM」は、プリペイドSIMの中では珍しく、データの追加チャージもできます。

料金はオープン価格のため、次の料金は希望小売価格となります。店舗によって価格が変わるため確認して購入しましょう。

データ量 利用期間 価格
1.2GB 30日間 3,421円
2.4GB 30日間 4,160円
3.2GB 60日間 5,093円

またアマゾンのみで買えるプリペイドSIMもあります。

データ量 利用期間 価格
2GB 30日間 3,700円
12GB 180日間 13,500円

https://www.amazon.co.jp/So-net-Prepaid-LTE-プラン2G-マイクロSIM/dp/B00LL3Q8RY/

余ったパケットがマイルに変わる「MILEAGE SIM」

nuroでは旅行好きには嬉しいSIMも用意しています。「MILEAGE SIM」では基本マイルとして毎月20マイルが貯まる他、月の残データ容量300MBごとに10マイル貯まります。

プランは3.5GBと7GBのみです。音声通話なども通常のSIMと変わらずに利用できます。

nuroモバイルの欠点5つ

Nuroモバイルの魅力について紹介してきましたが、いくつか惜しい点があります。

スマホ端末の一括購入や割引がない

nuroモバイルでは、ZenFone3やarrows M03などの人気のスマホ端末を取り扱っています。ただし、端末の一括購入ができません。

また、多くの格安SIM事業者はスマホ端末の割引キャンペーンをやっていますが、nuroモバイルでは、キャンペーンもありません。

スマホを一括購入したい人や、スマホを安く買いたいは不便に感じるかもしれません。

「nuro光」とのセット割引がない

他社では、格安SIMと固定回線をセットで契約すれば、毎月の料金が数百円割引されます。

「nuroモバイル」はなぜか「nuro光」と契約しても割引が受けられません。同じソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供しているにも関わらず、割引を実施していないのは不可解でなりません。

ソニーの名機「Xperia」を同時購入できない

Nuroモバイルで同時購入できる端末の中に、Xperiaが含まれていません。Xperiaを出しているのは親会社のソニーモバイルコミュニケーションズなので、こちらも理解に苦しみます。Xperiaユーザーにとっては残念ですね。

3日制限が厳しい

nuroモバイルでは3日間で利用するデータ通信量に規制があります。

公式サイトでは明確な通信量を公表していませんが、サポートセンターに確認したところ契約しているプランの約1/10だそうです。

例えば、3GBのプランだと、3日間に300MB程度を使うと通信制限がかかってしまいます。これはかなり厳しい制限です。

高速通信のデータチャージが高い

nuroモバイルは高速通信のデータ量のチャージができます。チャージしたデータが余ったら、翌月に繰越しできます。ただし、nuroモバイルのデータチャージは非常に高いです。

チャージ容量 料金
100MB 500円
500MB 2,100円
1GB 3,800円

1GBチャージするだけで、3,800円も支払う必要があります。

基本プランでは、容量1GB増に対し料金は200円しか上がらないので、初めから余裕のあるデータプランを契約しておいた方が良いと思います。

他社の格安SIMの多くは、1GBあたり1,000円でチャージできるので、nuroモバイルのチャージは非常に高額です。

まとめ:革新的なサービスを打ち出すnuroモバイルとシムネコから目が離せない

「5時間プラン」や「0SIM」など、これまでにないサービスを打ち出しているnuroモバイル。

斬新なバナー広告と相まって格安SIM業界の中でも注目を集めています。サービスやプランが複雑な格安SIMの中で「日本一わかりやすい格安SIM」を目指すnuroの存在から目が離せませんね。

個人的にはシムネコのキャラがもっと増えないか、シムネコのノベルティーが発売されないか気になって仕方ありません。

nuroモバイル

ピックアップ記事

  1. ARを使った最新スポーツ「HADO」の無料体験会に参加してみた
  2. PSVR開封の儀!話題のPlayStation®VRを実際に体験してみた感想
  3. 仮想現実へ旅にでよう!東京のVR体験スポット4つ巡ったレポート
  4. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  5. 旅のお供にしたい海外プリペイドSIM達8枚

その他の人気格安SIMの解説記事

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. OCN光って実際どうなの?契約した流れと速度等の感想
  2. 格安SIMではLINEの年齢認証=ID検索ができない!その理由と解決方法とは?
  3. 今夏最も熱いテーマパーク!VR ZONE SHINJUKUで最新のアトラクションを体験!
  4. VODとは?動画配信の4類型~AVOD・SVOD・TVOD・EST~の違いを解説
  5. Try WiMAXを実際にレンタルして使い心地や通信速度を体験してみた
  6. 制限なしで読み放題のマンガアプリ 「GANMA!」取締役にインタビュー
  7. IoTデバイスが詰め込まれた「& AND HOSTEL」で近未来の生活を体験してきた
  8. 光回線の代理店営業の闇!現役の工事業者がその実態を激白(匿名)
  9. リユースモバイル・ジャパン(RMJ)を取材!中古携帯市場の現状と未来
  10. nuroモバイルの評判・口コミまとめ

おすすめ記事

  1. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  2. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  3. どこがオススメ?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  4. 格安SIMの実際の通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  5. 400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  6. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  7. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  8. 「外国パケ死」を華麗にかわし、海外でネットを嗜む6つの方法まとめ
PAGE TOP