mineoのエントリーパッケージとは?エントリーコードを入手して2,000円節約!

公開日:
更新日:

mineoのエントリーパッケージとは、mineoの登録時にかかる契約事務手数料3,000円を無料にするクーポン券のようなものです。エントリーパッケージは1,000円くらいで購入できるので、初期費用を2,000円ほど安くなります。

mineoの直営店「mineoショップ」、ヨドバシカメラなど全国の家電量販店や、Amazonなどのオンラインショップで購入できます。

使用方法は、エントリーパッケージを手に入れて、中に書いてあるエントリーコードを申し込み時に入力するだけです。エントリーパッケージを使った申し込みは、事務手数料が無料になること以外は通常の申し込みとの違いはありません。

この記事では、エントリーパッケージの基本的な説明から、購入方法、実際にエントリーパッケージを使って申し込みをした時の流れを紹介します。

mineoのエントリーパッケージとは?

mineoのエントリーパッケージとは、契約事務手数料3,000円を0円にしてくれるアイテムです。これがmineoの「エントリーパッケージ」です▼

こちらが裏面です▼

3枚折りのエントリーパッケージを開けても、中身は何も入っていません。意味もなく立たせてみました▼

内側に、16桁の英数字を組み合わせた「エントリーコード」が記載されています▼

mineoのエントリーパッケージは、1種類だけです。ドコモ版、au版、データSIM、音声SIMに関わらず、1種類しかありません。なので、買い間違える心配がないです。▼

また、お店で売っているエントリーパッケージには、有効期限がありません。ただし、過去のキャンペーンによって発行されたエントリーコードには、有効期限が設定されているものもあります。

エントリーパッケージは、手間がかかっても少しでも節約したい方にはオススメできます。契約事務手数料3,000円がエントリーパッケージ(約1,000円)で0円になるので、差額で初期費用が約2,000円安くなります。

逆に、「安くならなくてもいいから、早くを契約したい」と思う人は、わざわざエントリーパッケージを使わなくても良いでしょう。

エントリーパッケージを購入できるサイトや店舗

mineoのエントリーパッケージは「Webサイト」か、実店舗「mineo直営店」や「家電量販店」で購入できます。

①Webサイト(オンラインショップ)

安さ重視なら、エントリーパッケージはWebサイトの方が店舗より安く購入できます。以下のオンラインショップで購入できます。

なお、eoショッピングモールは、15時までに申し込みをするとエントリーコードを即日、メールで送ってくれます。当日中に申し込みができるので、便利です。

②mineoショップ

エントリーパッケージは、mineoの直営店である「mineoショップ」で購入できます。「mineoショップ」は、公式サイトの「mineoの店舗」から検索できます。

ただし、一部店舗ではエントリーパケージの取り扱いがないので、お店に行く前に電話で在庫を確認しましょう。

③家電量販店

主要な家電量販店ではmineoのエントリーパッケージが販売されています。

  • ヨドバシカメラ
  • Joshin
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ
  • ヤマダ電機
  • WonderGOO

ただし、一部店舗ではエントリーパッケージの取り扱いがないようです。こちらも、事前に電話で在庫があるか確認した方が良いでしょう。

「なぜエントリーパッケージがあるの?」と思った方もいると思いますが、狙いは以下の2つだと思います。

  • 初期費用0円にすることで、契約のハードルを下げる
  • 実店舗に置くことでの販路拡大

エントリーパッケージには、クーポンとチラシの両方の役割が備わっているのです。

エントリーコードを使ったmineoへの申し込み方法

エントリーコードを使ったmineoの申し込み方法をお伝えします。

申し込み時に必要なものは、次の4点です。

  • クレジットカード(本人名義のもの)
  • メールアドレス
  • エントリーコード
  • (本人確認書類)

シングルタイプ(データ通信のみ)の申し込みには、本人確認書類は不要です。デュアルタイプ(データ通信+090音声通話)の申し込みには本人確認書類が必要です。

なお、MNPの場合は、上記に加えて、MNP予約番号必要です。MNP予約番号は、契約している携帯会社へ問い合わせれば、発行してもらえます。

申し込みの流れ

エントリーパッケージを使ったmineoの申し込みの流れを画像と共にお伝えしていきます。

1. mineo公式サイトのお申し込みページへアクセスして、[お申し込み手続きへ]をクリック▼

2. [エントリーパッケージをお持ちのお客様]にチェック▼

なお、真ん中の[エントリーコードをお持ちのお客様]を選んでも表示内容は変わりません

3. [エントリーパッケージをお持ちのお客様]にチェックを入れると、エントリーコードの入力欄が出ます。入力欄に、エントリーコードを入力して、[次へ進む]をクリック▼

4. 自分が希望しているプランやタイプを選択して、[次へ進む]をクリック▼

5. SIMカードの形状(サイズ)を選んで、[次へ進む]をクリック▼

6. 「オプション」の選択と「契約者情報」を入力して、[次へ進む]をクリック▼

7. 支払い情報を入力して、[次へ進む]をクリック▼

8. 提供条件に[同意する]にチェックを入れて、[申し込みを確定する]をクリック▼

9. 仮申し込みの受付画面が表示されたら、登録したメールアドレスに届いているメールを開きます▼

10. メール本文にURLが記載されているので、URLをクリックします▼

11. URLをクリックすれば、お申し込み完了です▼

12. 確認のメールが登録したメールアドレスに届きます▼

実際の申し込みにかかる時間はおよそ10分程度です。申込後、約1週間でSIMカードが届きます。

なおMNPの時でも、mineoのSIMカードが届くまで、一週間程は電話が使えなくなる訳ではなく、SIMを交換するまで、今までの携帯会社のサービスは継続して受けられます。

実際に電話が使えなくなる時間は、SIMカードを交換してからネットワーク設定が完了するまでの約30分~1時間程度となります。

エントリーコード入力時の注意点

エントリーコードの英字と数字を間違えない様にしましょう。

エントリーコードの入力を間違えた場合「入力されたエントリーコードは無効です。(GM316)」と表示されます▼

入力を間違えても、エントリーパッケージは無効にならないので、ご安心ください。ただし5回連続で間違えると、30分間入力ができなくなります。

また、注意したいのが、エントリーコードを入力し忘れて、申し込みをした場合、初期費用が3,000円発生するので、忘れずに入力しましょう。

mineoの新規契約をお得にする2つの小技

mineoの新規契約をお得にする2つの小技を紹介します。

小技① 『SIMフリー完全ガイド』という雑誌を購入する

SIMフリー完全ガイド』という734円(2017年6月時点)の雑誌を購入すると、付録でmineoの特別なエントリーコードが付いてきます。このエントリーコードから申し込むと、契約から3カ月間、毎月の通信量が2GB増量されます。

『SIMフリー完全ガイド』はAmazon等のオンラインショップで購入できます。ただし、kindle版には、エントリーコードが付かないので、書籍版を買いましょう。エントリーコードの有効期限は2017年10月31日までとなっているので、申し込みはお早めに。

なお、こちらのmineoの他キャンペーンとの併用も可能です。mineoのキャンペーンについては、以下の記事を確認してください。

小技② ムスビーのキャンペーンでエントリーパケージを入手する

「mineoを使うスマホ端末も一緒に欲しい」「中古端末でも気にしない」という人は、中古携帯を扱っている「ムスビー」を活用しても良いでしょう。

ムスビーでは、mineoのエントリーパッケージをプレゼントするキャンペーンを行なっています。終了時期は未定です。キャンペーンの条件適用は、mineoの動作確認済みの端末を購入することです。

なお、ムスビーでスマホを買う手順は以下の記事で詳しく説明しているので、参考にしてください。

mineoの動作確認済みの端末なら、商品ページに「キャンペーン対象端末」と表示されます▼

対象の端末を購入した後に、表示されるページをクリックすれば、mineoのエントリーパッケージが無料で付いてきます。ただし、有効期限は2017年10月31日までです。

お得なエントリーパッケージを活用しよう

mineoのエントリーパッケージを使うために必要な作業は「購入(入手)」と「コード入力」だけです。驚くほど簡単でした。

これだけで、初期費用を約2,000円節約できます。mineoを検討されている方は、エントリーパッケージを活用してみてはいかがでしょうか?

なお、mineoの特徴については、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

ピックアップ記事

  1. VRで未来はどう変わる?VRが活用されている15の分野と最新事例を動画で紹介
  2. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  3. ARを使った最新スポーツ「HADO」の無料体験会に参加してみた
  4. 仮想現実へ旅にでよう!東京のVR体験スポット4つ巡ったレポート
  5. 海外旅行でお供にしたい海外用プリペイドSIMカード8枚

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  2. バイオハザード7のグロテスクVerをPSVRでやってみた感想
  3. VRとARって何が違うの?関連技術のMR、AV、SR、PMもまとめて解説
  4. どこが最高値?携帯電話を買取しているお店・サイト厳選15社と買取価格比較
  5. OCN光って実際どうなの?契約した流れと速度等の感想
  6. 格安SIMではLINEの年齢認証=ID検索ができない!その理由と解決方法とは?
  7. 今夏最も熱いテーマパーク!VR ZONE SHINJUKUで最新のアトラクションを体験!
  8. VODとは?動画配信の4類型~AVOD・SVOD・TVOD・EST~の違いを解説
  9. Try WiMAXを実際にレンタルして使い心地や通信速度を体験してみた
  10. 制限なしで読み放題のマンガアプリ 「GANMA!」取締役にインタビュー

おすすめ記事

  1. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  2. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  3. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  4. 格安SIMの通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  5. 海外でスマホを使うには?海外旅行中にネットを嗜む6つの方法まとめ
  6. 400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  7. どこがオススメ?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  8. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
PAGE TOP