どんなときもwifiの通信速度を海外出張(ハワイ)にて計測

更新日:2019/06/01
公開日:2019/06/01

どんなときもwifiの海外での通信速度気になりませんか?

「どんなときも」という謳い文句そのままに、日本だろうが、海外だろうが、どんな場所でもどんなタイミングでもwi-fiがつながるというルーターです。

今回は、ハワイ好きな私がハワイへの海外出張ついでに、実際に「どんなときも『快適』に使えるのか?」を試してきました。

よく海外へ行く人や他のモバイルWi-Fiルーターと比較している人、どんなときもwifiの購入を検討している人は参考にしてみてください。

成田空港でのどんなときもwifiは通信速度は速め

今回、ハワイへは成田空港から出国します。さっそく成田空港で通信速度を測ってみます。

なお、今回の通信速度の計測にはGoogleが提供しているスピードテストを使いました。
参照:インターネットの速度をテストする – Google 検索 ヘルプ

成田空港でのどんなときもwifiの通信速度は速めです▼

やはり日本国内だからなのか速めの通信速度が出ますね。スピードテストを5回実施した平均値は以下の通りです。

下り 上り
35.8Mbps 14.8Mbps

下りで35.8Mbps出ていれば、GoogleのChromeブラウザやiOSのsafariブラウザでの一般的な検索は問題なく、サクサク動くレベルですね。YouTubeだって問題なく観られるでしょう。

仕事やSNS、エンタメを楽しむにも十分な通信速度と言えます。

ホノルル空港でのどんなときもwifiの通信速度は遅め

さて、成田を旅立って約8時間後、ハワイのホノルル空港に到着しました。ごはん

ハワイに到着

ハワイに着いたところで、さっそくどんなときもwifiの電源をオンして、記念撮影▼


どんなときもwifiは設定不要ですぐに使えます。

ということでさっそくハワイ最初のスピードテストを実施しました▼


ホノルル空港で実施した5回分の平均値は以下の通りです。

下り 上り
0.6Mbps 1.2Mbps

うん…速いとは言えない速度。ぶっちゃけ遅めですね。

ハワイへ来る前に成田空港で測定した時に比べて明らかにスピードが出ていないですね。

 

Uber(ウーバー)を呼ぶ

今回、ホノルル 空港からワイキキビーチのホテルまでは配車アプリのUberを使って行こうと考えていました。正直0.6MbpsだとUberきちんと使えるのか?と心配でした。

しかし、心配をよそに近くの車を予約でき、アプリ内での決済もスムーズに完了。結果として全く問題ありませんでした▼

パッと見、通信速度は遅めかと思いましたが、アプリの使い勝手自体は良く、快適に使うことができました。

そして、通信速度と関係ありませんが、Uber自体めちゃくちゃ便利ですね。すぐ来てくれるし、喋る必要もほとんどんないし、多めに請求されることもないし、チップだってアプリで選択できるから不慣れな人でも超オススメできると思いました。

ワイキキビーチでの通信速度

Uberを降りてホテルに荷物を置き、いよいよハワイで一番有名なワイキキビーチへ向かいます。

綺麗な砂浜と海、透き通るような青空。世界中から来ていると思われる様々な国の観光客。まさにハワイを象徴するような場所ですね▼

ワイキキビーチは人が非常に多く、ホテルなど高い建物、そして海が目の前という、なかなか特異な場所で通信速度を計測してみます。

ワイキキビーチで実施した5回分の平均値は以下の通りです。

下り 上り
0.7Mbps 19.0Mbps

ダウンロードの速度はホノルル空港とほぼ同じですね。ウェブ検索は問題なく出来ました。

一方、アップロードの速度は国内以上の19.0Mbpsと割と速めな数値が出ました。

ということで、ワイキキビーチの写真をツイッターにアップしてみます▼

ツイッターでの写真投稿はスムーズにアップできました。

ツイッターやインスタグラム・Facebookなど写真がメインのSNSであれば、写真を撮ったその場で投稿しても問題ないと思われます。

ただ、何十枚もアップしたり動画のアップは容量が大きいので、控えた方がよいでしょう。

1日目の計測はココまででした。

アラモアナショッピングセンターでの通信速度は遅め

2日目は、アラモアナショッピングセンターというハワイで最大規模のショッピングモールに足を運びました。

「1日ではまわりきれないよ」と知人から聞いていたのですが、本当にバカでかかったです。ショッピングセンター内にホテルや高級マンションが立ち並んでいて、世界中の富豪がココに住んでるのかと思うと、ちょっとドキドキですね。

アラモアナショッピングセンターで実施した5回分の平均値は以下の通りです。

下り 上り
0.6Mbps 19.3Mbps

下りは遅めですが、上りはワイキキビーチ同様に速めの印象です。

ここでは迷子になってしまいそうなので、GoogleMapを使いながらセンター内をグルグル歩いてみました。

建物内でのGoogleMapの使用感は「ときどき遅いかな?」と感じましたが、動かなくなるということはなく、通常通り使えました。

そして、ここアラモアナでやってみたかったのがキンドルの電子書籍のダウンロードです▼

結果は、失敗。

もし家族旅行などで来た人は、家族が買い物している間の暇な時間に、本でも読みたくなる時があるでしょう。そんなときにサクッと電子書籍をダウンロードして読めたらとっても便利だと思っていました。

しかし、ダウンロードの通信速度が少し遅めな為か、コンテンツのダウンロードに失敗してしまいました。やはり電子書籍をダウンロードするにはもう少し通信速度が必要なようですね。

もし、ハワイで電子書籍を楽しみたい方は渡航前にダウンロードしておいてください。

どんなときもwifiの良い点と悪い点

ハワイへの旅行を機にどんなときもwifiを使ってみて感じた良い点と悪い点をまとめていきます。

良い点

どんなときもwifiは冒頭にも説明した通り、国内や海外関係なくどんなときも使えるwifiです。ここではハワイ利用時に感じた良い点を説明します。

良い点
  • 空港で貸し借りの手間がかからない
  • 渡航時に勝手に現地対応してくれる
  • 支払いは使った分だけ

私はこれまでタイやカナダなど何回か海外旅行へ行ってきましたが、その度に通信手段をどうするかがネックでした。

というのも、モバイルwi-fiルーターを借りるにも、前もっての予約が必要です。そして多くの場合、空港での受け取りか郵送での受け取りが必須です。これが意外と面倒なんですよね。

しかも慣れない海外旅行だと考え事が増えてしまい、やっぱり大変です。どんなときもwifiはこの空港での受け取りと返却が不要になる点が非常に良いと感じました。

次に、渡航先に着いた時点で、勝手に現地対応してくれる点も助かりました。どんなときもwifiは2019年時点で107カ国に対応しているようです。

最後に、どんなときもwifiは使った分だけの支払いというのも嬉しいです。もともと節約好きな私としては、使っていなくても1日500円以上かかるようなレンタルwi-fiはあまり好みではありませんでした。そんな嫌な点をうまく排除している点が優秀だと思いました。

良くない点

反対に良くないと感じた点は以下の通りです。

良くない点
  • 今どんな状態なのか?というのがわかりづらい…画面がない
  • 若干大きい(かさばる)
  • さすがに電子書籍のダウンロードは難しい

どんなときもwifiは、見た目がかわいらしくスタイリッシュで良いのですが、アイコンが光る程度で状態がわかりづらいです。

実際、いまどれぐらい通信容量を使っていて、どれだけ速度が出そうかなど見た目では判断がつきにくいです。

画面がない分、わかる情報が少ない点は個人的にマイナスでした。

次に、結構大きくかさばります。男性が背負うようなリュックサックならよいですが、女性が持つような小さめのバッグだと結構かさばり、邪魔くさいです。

そして、アラモアナで試したキンドルの電子書籍のダウンロードに失敗した点はかなり残念でした。もし海外で電子書籍を楽しみたい場合は、渡航前にダウンロードしておく必要があります。

もう少しダウンロードの速度が出て欲しかったところですね。

どんなときもwifiがおすすめな人

良い点と良くない点をまとめたところで、どんなときもwifiをおすすめできる人はこんな人だと思いました。

どんなときもwifiがおすすめな人
  • 国内でモバイルwi-fiルーターを無制限で使いたい人
  • 年に何回かは海外へ行く
  • 事前予約や空港での貸し借りが面倒・苦手に感じる

どんなときもwifiの最大の特徴は国内でも海外でもシームレスに使える点です。だから、普段は国内でモバイルwi-fiルーターを使う必要があって、たまに海外に行く人にはそもそもおすすめです。

そして、海外へ渡航する際にレンタルwi-fiの事前予約や空港での貸し借りなど手間に感じる人ならまさにぴったりでしょう。

きっと頻繁に海外に行く人だと、うっかり「予約し忘れた!」という経験もあると思います。どんなときもwifiならそういったうっかりミスを防ぐことができる点でとてもオススメできる製品です。

まとめ:どんなときもwifiは控えめに言って便利過ぎた

ここまでどんなときもwifiのハワイでの使い勝手をまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

今まで海外旅行へ行くときには、海外で使えるレンタルのwi-fiルーターを渡航のたびに借りていました。旅行のメインである飛行機のチケットやホテルの予約の他に、wi-fiルーターも予約が必要なものなので、予約に関しては結構気を使います。

しかし、どんなときもwifiなら、いつも使っているモバイルwi-fiルーターをそのまま持って行って使えるので、予約や受け取りなどの手間がかかりません。これは思っている以上に楽で、便利です。

何より、心配事がひとつ減ります。まして初めて訪れる渡航先の場合、特殊な手続きが必要な国もあったりするので、事前のタスクが少なくて済むというのはとても助かります。

割と海外へ行く機会があり、日常でもwi-fiを利用したいというビジネスマンや旅行好きにはぜひおすすめできる製品です。検討してみる価値は十分にあるでしょう。

なお、どんなときもwifiのくわしい仕様は以下の記事で解説しています。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  2. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  3. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの12サイトまとめ
  4. 人気の光回線5選!フレッツ光、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の…
  5. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. ゲーム好きの方へ!リンクスメイト(LinksMate)の料金と通信速度は?
  2. ドコモ光電話のプランや料金は?メリットやオプションを細かく紹介
  3. 速い遅い?イモトのWiFiの通信速度が速いか海外出張にて計測してきた
  4. WiMAX 2プラスとは?契約する前に知っておきたいメリットとデメリット
  5. どんなときもwifiの通信速度を海外出張(ハワイ)にて計測
  6. 知らないと損をする?格安SIMのメリットとデメリットをわかりやく説明
  7. 光回線が引けない!契約・工事ができないケースと対策をまとめてみた
  8. dカードとは?dポイントが貯まるドコモのクレジットカードの実力
  9. ソフトバンクの「あんしん保証パック」は必要?不要?元販売員が解説
  10. 【電子書籍56万冊以上】コミックシーモアの料金と実際に使ってみた感想

人気記事

  1. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  2. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  3. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ
  4. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  5. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  6. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  7. どっちがオススメ?スカパー!とWOWOWの違いを無料お試し期間から料金まで比較してみた
  8. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  9. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  10. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
PAGE TOP