【2019年版】ドコモの学割はいつからいつまで?割引内容や注意点

更新日:2019/09/11
公開日:2019/05/13

「ドコモの学割の内容を知りたい」
「子供にスマホを安く持たせたい」
「スマホを少しでも、安く使いたい」

ドコモの学割をうまく使えば、スマホを安く使えますよ。

映画館や水族館、カラオケの「学割」は、学生が対象です。しかし、ドコモの学割は、25歳以下なら利用可能です。

この記事では、ドコモショップで勤務していた私がドコモの学割について紹介します。

お子様のスマホを安く契約したい親御さんやスマホを安く使いたい25歳以下の方には、必見の内容です。

ドコモの学割とは?


ドコモの学割とは、ドコモのスマホを新しく契約する25歳以下の方向けの割引サービスです。以下の2つの特典を受けることができます。

ドコモの学割の特典
  • ①最大13ヶ月間1,500円割引(1,500円×13カ月間で19,500円お得)
  • ②2,500円分のdポイントプレゼント

なかなかお得ですね。特典の内容については、あとで詳しく説明します。先に学割の適用条件をご紹介しますね。

ドコモの学割の期間は2018年12月から2019年5月末日まで

ドコモの学割への申し込み期間は、2018年12月から2019年5月末日まで。この期間中にドコモショップかオンラインストアで新規契約をすると、ドコモ学割が受けられます。

ドコモの学割の適用条件

ドコモの学割を利用するための手続きは、以下のいずれかです。

ドコモの学割を利用するための手続き
  • 新規契約
  • MNP(他社からの乗り換え)
  • 契約変更(FOMA→Xi。ただし、契約から18カ月以上経っている場合のみ)

さらに、下記の内容に適用していることも条件です。条件を満たせば、自動で学割が適用となります。

  • ①申込み時点で利用者が25歳以下
  • ②通話プランに加入「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」
  • ③spモードを契約する
  • ④対象パケットパックに加入する
「ベーシックパック(〜20GB)」「ウルトラデータLパック(20GB)」「ウルトラデータLLパック(30GB)」「ベーシックシェアパック(〜30GB)」「ウルトラシェアパック30(30GB)」「ウルトラシェアパック50(50GB)」「ウルトラシェアパック100(100GB)」シェアパック子回線で「シェアオプション」

一見すると、なんだか難しそうですね。ただ、実際には、「対象の手続きと料金プランを選択するだけ」なので、条件としては、ゆるいですよ。

新規申し込みの25歳以下なら学生以外も申し込みOK!

「学割」という名前ではありますが、冒頭でもお伝えしたように、申し込みの対象年齢は満25歳までです。25歳以下であれば、割引の対象です。

「学割が適用中だけど、今年で26歳だ!」という方もいるのではないでしょう。この場合は、誕生日の前日まで学割が適用されます。

ですので、「今24歳の社会人だけど、家族がドコモだから、ドコモへの乗り換えを検討中」のような場合でも、25歳まで学割料金で、スマホを使えますよ。

「ドコモの学割」のメリットや魅力

ここからは、ドコモの学割のメリットを紹介します。

毎月の利用料金がお得!最大13カ月間月額280円~

学割の特典として、13カ月間月額料金が1,500円割引になります▼

家族がすでにドコモに入っている方限定ですが、ドコモの基本料金が280円から利用できます

月額280円〜というお得な値段でドコモのスマートフォンを使用するためには、「シェアオプション」への加入が必要です。

シェアオプションとは、すでにドコモと契約をしている家族が月々持っているデータ量を分けてもらって、通信をするオプションのことです。

家族でシェアをするので、子どもがどれくらい通信をしているのかの確認もできます。「今月は4GBまで」など、スマホを使うときのルールも決めやすくなります。

ただ、「280円〜」という表記に注意です。実際は、別途スマホの機種代金が発生するので、280円だけでスマホを使えません。

人気機種の iPhone XRも13カ月間は月額1,480円~で使える


家族内にドコモユーザーがいると、人気機種のiPhone XR(64GB)でも機種代コミで月額1,480円〜の値段で使えるのです。なぜこんなに安く最新のiPhoneが使えるのかというと、「端末購入サポート」と「iPhoneデビュー割」が適用されるからです。

ドコモのiPhoneXR(64GB)の支払総額は91,200円。この値段から、以下の割引が入ります。

ドコモのiPhoneXR(64GB)の料金の内訳
  • 端末購入サポート:54,600円
  • iPhoneデビュー割:7,800円
  • 割引後の価格は、28,800円

28,800円を24回払いにすると1カ月あたりの負担は、1,200円になるのです。

そのため、基本料金280円〜+本体代金1,200円=1,480円〜で、最新のiPhoneが使えます。しかし、14カ月目からは、学割の割引が消えるので料金が2,980円に上がってしまいます。それでも約3,000円でiPhoneを使い続けられるのは嬉しいですね。

家族全員に1人あたり「dポイント2,500ポイント」をプレゼント


ドコモの学割の申し込み期間中に、ドコモの学割に申し込める条件を満たした25歳以下のユーザーが家族と一緒のシェアパックに加入すると、ドコモでデータをシェアしている家族全員にdポイント2,500ポイントが進呈されます▼

dポイントはコンビニエンスストアやファーストフードでも使えるので、ちょっとしたおやつを買いたいとき、飲み物を買いたいときに便利です。ぜひ、買い物のときに使ってみてくださいね。

「ドコモの学割」のデメリットや注意点

ここからは、ドコモの学割のデメリットや注意点を紹介します。

未成年者の場合「利用者登録」が必要

未成年者(20歳未満)は自分の名義では、スマホの契約ができません。未成年者が学割を契約するときに、契約をする人とは別に「ドコモの学割利用者」を契約者が指定し、事前に登録をする必要があります。登録時には利用者の健康保険証や住民基本台帳カードなどの書類(コピー可)が必要なので、用意をしておきましょう。

また、同じ登録者が追加で一台スマートフォンを購入しても、学割の対象にはならないので、複数台持ちを考えている場合は気をつけてください。20歳以上の場合は、自分の名義で契約をして、学割への加入が可能です。

docomo withやウェルカムスマホ割との併用はできない


学割は、docomo withやウェルカムスマホ割との併用はできません。

「docomo with」:対象のスマホを購入すると料金がずーと毎月1,500円割引になる。
「ウェルカムスマホ割」:ケータイからスマートフォンへ初めて移行する人の料金が毎月1,500円割引になる。

もし、「docomo with」「ウェルカムスマホ割」と「ドコモの学割」両方の契約条件を満たした場合、「docomo with」「ウェルカムスマホ割」が優先的に契約されます。

ドコモ学割とドコモwithの割引額は同じ。どっちがベスト?

ドコモの学割もdocomo withも毎月の割引は1,500円。

「docomo withの方が料金がずーと毎月1,500円割引になるからいいじゃん」と思った人もいるかもしれません。しかし、docomo withは、iPhone 7などの古いスマホしか契約できない上に、機種代金の割引がないので、2年以上同じスマホを使わないとお得になりませんん。docomo withは「最新の機種でなくてもいいので、長く割引を受けたい」という方向けです。

新しいスマホを使いたいという人には不向きです。

「ドコモの学割」は25歳以下の人ならぜひ利用したい

ドコモの学割は、25歳以下で、新規契約かMNPの方にとっては毎月の料金がとても安くなるお得な制度です。

自分で契約する場合はもちろん、スマホデビューを控える子どもがいるご家庭にとっても、通信費を抑えられるのはメリットです。「格安SIMが安いとはいうけど、子供にもドコモを使わせたい」という方もいると思います。

通信費を抑えて、月々の固定費を下げながらも、子どもに必要なものを買ってあげられるのはドコモの学割ならではです。

常に最新機種が使える!「機種変更応援プログラムプラス」要チェックもチェック


また、iPhoneXRを購入するときは「機種変更応援プログラムプラス」もチェックをしてみてください。

「機種変更応援プログラムプラス」とは、24か月の割賦支払終了を待たずに、最新機種に機種変更ができるプログラムのこと。スマートフォンの機種代金は、2年間使い続けてやっと分割の支払いが終わり、新しい機種に買い換えられるイメージがありませんか?

「機種変更応援プログラムプラス」は、申し込んだ後12か月間だけ使用し、機種変更をしても、残りの12か月の機種代金は払わなくてよいのです。「いつも新しいiPhoneを使いたい」という方にはオススメです。

その代わり、使用するiPhoneXRは、機種変更の際に下取りとしてドコモに渡さなくてはいけません。下取りは、本体に大きなキズや画面の割れがなく、綺麗な状態で渡すことが条件です。

ですので、使用後の売却や、ケースや保護フィルムを付けずに裸で使うことを考えていたら、「機種変更応援プログラムプラス」は相性が悪いです。

本体を購入するその場でしか「機種変更応援プログラムプラス」に加入はできないので、ドコモショップやオンラインストアで購入をする前に検討が必要です。

「ドコモの学割」申し込みは頭金が不要のドコモオンラインストアがオススメ

ドコモの学割を申し込むには、お近くのドコモショップに行くか、オンラインストアで申し込みをする必要があります。

ドコモショップで申し込むと手数料(約3,000円)+頭金(店舗、機種によって変わりますが3,000円〜)がかかるのですが、オンラインストアだと頭金はかかりません。ドコモショップで契約などをすると、時間帯によってはすごく混んでいます。数時間かかる場合もあるでしょう。

自宅にいながら数分でスマホの契約ができて、さらに頭金がかからないとなれば、オンラインストアで申し込む方が賢いです。

「スマホの契約って複雑だからお店の人に質問したい」という人もいるでしょう。

ご安心ください。聞きたいこと、わからないことがあっても、オンラインショップには、チャット機能で質問できます。あなたが抱えている疑問を解消してから契約できますよ。
ドコモオンラインショップ

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  2. 人気の光回線5選!フレッツ光、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の…
  3. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気11社を比較
  4. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  5. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. カシモWiMAXの料金が他社より安い理由とは?メリットとデメリットの全まとめ
  2. 契約が切れた古いiPhoneの活用方法7選!昔のスマホの便利な使い道まとめ!
  3. DAZN(ダー・ゾーン)ならスポーツ動画が見放題!実際に使ってみた感想
  4. 民泊Wi-FiのSPACE Wi-Fi(スペースワイファイ)のメリット・デメリットを紹介!
  5. モバイル保険には入るべき?他社の保証と内容を比較+口コミや評判も紹介!
  6. amazon ミュージック アンリミテッドとは?料金や音質+実際に使ってみた感想
  7. JPWiMAXとは?通信オタクが月額料金や通信速度を他社と比較してみた
  8. ホームルーターのメリット・デメリットとは?オススメ5機種を徹底比較!
  9. ソフトバンクエアーの複雑な料金プランを解説!レンタルと購入は何が違う?
  10. 快速?グローバルWiFiの通信速度が速いか遅いかハワイ出張にて計測!

人気記事

  1. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  2. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  3. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  4. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  5. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  6. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  7. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  8. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ
  9. どっちがオススメ?スカパー!とWOWOWの違いを無料お試し期間から料金まで比較してみた
  10. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気11社を比較
PAGE TOP