どんなときもWiFiとは?通信速度や月額料金を通信のプロが調査してみた

更新日:2019/06/21
公開日:2019/04/03

「どんなときもWiFiってなに?」
「通信制限なしのモバイルルーターってないの?」
「海外でもたくさんインターネットを使いたい」

と思っている方もいるでしょう。

家の外でもインターネットが使えるモバイルWi-Fiルーターは便利ですが、今までは以下の欠点がありました。

今までのモバイルWi-Fiルーターの欠点
  • 3日10GBまで、月7GBまでという制限がある
  • 室内では通信速度が落ちやすい
  • 海外では使えない

でも、ご安心ください。「どんなときもWiFi」という無制限でインターネットができるモバイルWi-Fiルーターが登場しました。この記事では、家電量販店でモバイルWi-Fiの販売員をしていた私が「どんなときもWiFi」について調査してみました。

結論からお伝えすると、「どんなときもWiFi」は、とても優秀なサービスです。モバイルWi-Fiを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

どんなときもWiFiとは?

どんなときもWiFiとは、2019年3月に登場した新しいモバイルWi-Fiルーターです。運営会社は、株式会社グッド・ラック。株式会社グッド・ラックは、2010年に設立し、10年近くインターネットサービスを提供している会社です

今までのモバイルWi-Fiルーターの常識をくつがえすような、特長が満載です。

どんなときもWiFiの特長は?

どんなときもWiFiには、以下の特長があります。

どんなときもWiFiの特長
  • ①データ通信が無制限で使える
  • ②ドコモ、au、ソフトバンクの4G/LTEの電波を使っている
  • ③クラウドSIM内蔵
  • ④海外でも楽々!世界107カ国で使える

①データ通信が無制限で使える

どんなときもWiFiの最大の特長は、データ通信が無制限で使えることです▼
どんなときもWiFiの通信無制限

動画を長時間観たい方、オンラインゲームを長時間したい方、仕事で重たいファイルをやり取りする方には、嬉しい仕様ですね。

※「WiMAXでも、データ通信は無制限なんじゃないの?」と思うかもしれません。しかし、WiMAXには、3日間で10GB以上のデータ通信を行うと翌日の18時〜翌々日の2時まで通信速度が遅くなるという制限があります。

一応、公式サイトには、どんなときもWiFiを違法なことに使ったり、異常にデータ使ったりした場合は、制限を受ける場合もあるとは書かれています▼
どんなときもWiFiの制限

該当する人は極々一部でしょう。無制限で通信ができるので、自分が望むままにインターネットを楽しめますよ。

その名のとおり、どんなときも使えるWi-Fiですね。

②ドコモ、au、ソフトバンクの4G/LTEの電波を使っている

「通信が無制限でも、電波が繋がらなかったらどうしよう」「通信速度が遅かったらどうしよう」と心配になる人もいるでしょう。

ご安心ください。どんなときもWiFiは、ドコモ、au、ソフトバンクの4G/LTEの電波を使っているので、通信エリアが広いです。最大通信速度も150Mbpsを実現しています。光回線でも最大通信速度が100Mbpsというものもあるので、かなり速い通信速度です。

今までのモバイルWi-Fiルーターでは、au、ドコモ、ソフトバンクの電波のうち、1種類しか使えませんでした。その点、どんなときもWiFiでは、ドコモ、au、ソフトバンクの3つの電波の中から繋がりやすい電波に繋いでくれる「トリプルキャリア対応」なので、エリアが広く通信速度も速いです▼
どんなときもWiFiのトリプルキャリア

③クラウドSIMを搭載

「どうして、ドコモ、au、ソフトバンクの電波が全部使えるの?」と思った人もいるでしょう。

それは、どんなときもWiFiが「クラウドSIM」を搭載しているからです。

普通のスマホやモバイルWi-FiルーターにはSIMカードという通信をするためのカードが入っています。

これです▼
SIMカード

通常のSIMカードは、1社の回線しか使えません。ソフトバンクのSIMカードはソフトバンクの電波しか使えません。

クラウドSIMは優れもので、別のSIMカードに変身してインターネットをできます▼
どんなときもWiFiのクラウドSIM技術

クラウドSIMを使っているモバイルWi-Fiルーターのことは、「クラウドWi-Fi」と呼ばれています。

④海外でも楽々!世界107カ国で使える

どんなときもWiFiは、「クラウドSIM」が現地のSIMに変身してくれるので世界107カ国で通信が可能です▼
どんなときもWiFiの海外でのクラウドSIM機能

これは、国内向けのモバイルWi-Fiルーターにはない機能です。

どんなときもWiFiとレンタルWi-Fiを比較

「どんなときもWiFiとレンタルWi-Fiはどっちがいいの?」という人のために両者を比較してみました。結果はどんなときもWiFiの方が以下の点で優れていると判明しました。

どんなときもWiFiがレンタルWi-Fiより優れている点
  • ①手続きの手間がかからない
  • ②サポート体制が充実
  • ③使った分だけ支払えばいい
  • ④対応している国なら1台ですべてOK

①手続きの手間がかからない

どんなときもWiFiの海外出張時の手続き
「海外へ行くたびに、空港でレンタルWi-Fiを借りたり、返したりするのが面倒」という経験をした人もいたことでしょう。どんなときWi-FiはレンタルWi-Fiと違って海外へ行くたびに手続きをしなくてもいいので、時間を節約できます。

②サポート体制が充実

どんなときもWiFiサポート体制も充実しています。海外でも対応国ならオペレーターが遠隔でサポートをしてくれます▼
どんなときもWiFiの海外でのサポート体制

また海外で端末の「紛失・盗難」にあっとときでも、別の端末を届けてくれます▼
どんなときもWiFiの海外保証

万が一、海外でトラブルにあったときも安心です。

③使った分だけ支払えばいい

データ通信を使った分だけ支払えばいいので、お得▼
どんなときもWiFiは使った分だけ支払い

さらに、元々の料金自体も大手のレンタルWi-Fiよりも安いです▼

④対応している国なら1台ですべてOK

複数カ国を移動する場合は、現地に対応したレンタルWi-Fiルーターが必要でした。しかし、どんなときもWiFiなら、対応している国なら1台でデータ通信ができます▼
どんなときもWiFiとレンタルWi-Fiの比較

どんなときもWiFiの端末「D1」とは?

どんなときもWiFiの端末はD1という端末です▼

丸いボディーがちょっとおしゃれです。

D1の主なスペックは以下の通りです。

D1のスペック
  • 本体カラー:グレー または ゴールド
  • 下りの通信速度:150Mbps
  • 上りの通信速度:50Mbps
  • 同時接続台数 :5台
  • 連続通信時間 :12時間
  • 重さ:151g

なかなか高性能ですね。なお、D1はレンタルとなりますので、契約の終了後は、端末を返却する必要があります。大切に扱いましょう。ただし、レンタル料は無料です。

どんなときもWiFiの料金や支払い方法

どんなときもWiFiの料金や支払い方法を紹介します。

4月30日までは、月額料金は3,480円

機能が満載にも関わらず、どんなときもWiFiの月額料金は3,480円ですプランも一つしかないので、わかりやすいです。

なお、初月は、日割り計算になるという良心的な仕様です▼
どんなときもWiFiどんなときもWiFiの日割り計算

25ヶ月目以降以降は、3,980円となりますが、それでも安いですね。

光回線や他のモバイルWi-Fiと比較しても、お得な料金設定です。

どんなときもWiFi 大手キャリアのモバイルルーター WiMAX 光回線
月額料金 3,480円 4,380円以上 4,380円以上 4,000円

海外での利用は1日1,280円

どんなときもWiFiは、渡航先の国にもよりますが、1日あたり1,280円か1,880円の追加料金で1GBの通信を使えます。

1日あたりの追加料金が1,280円か1,880円になるかはエリアによって変わります▼

1GBを使い終わったあとでも、最大通信速度384Kbpsのデータ通信が使えます▼

通信制限を受けても、384Kbpsの速度が出るのは、現地ではありがたいですよ。

なお、通信時間の区切りは現地時間ではなく、日本時間の午前9時00分から翌日午前8時59分です。

支払い方法はクレジットカードと口座振替に対応

どんなときもWiFiの支払い方法は、クレジットカードと口座振替に対応しています▼

ただし、口座振替の場合は、毎月200円の手数料が発生し、2年割が-430円となるため、月額料金が3,980円になってしまいます。なので、クレジットカード払いがオススメです。

解約金は?

どんなときもWiFiは解約する時期に応じて、発生する解約金の金額が変わります。詳しくは以下の表のとおりです。

契約期間 解約金
0〜12カ月目 19,000円
13〜24カ月目 14,000円
25カ月目 0円
26カ月目以降 9,500円

解約するなら、25カ月目がいいですね。

どんなときWi-Fiはどこで契約できるの?

「どんなときWi-Fiはどこで契約できるの?」と思っている方もいるでしょう。どんなときもWiFiは、公式サイトからのみ契約できます。

家電量販店では、販売していないので、契約ができないので、注意してください。

なお、どんなときもWiFiは申し込みをしてから、送料無料で最短で当日機器を発送してくれます▼

関東圏なら翌日にモバイルWi-Fiルーターでインターネットを使えます。

お店に足を運ばなくても、インターネットで申し込みをすれば、あとは自宅で端末を受け取るだけです。初期設定は簡単なので、「機械は苦手」という人でも安心して使えますよ。

どんなときもWiFiの通信速度は?

上でもお伝えしましたが、どんなときもWiFiの通信速度は、最大150Mbpsです。光回線でも設備によっては、最大100Mbpsというところもあるので、かなり速い通信速度です。また、ドコモ、au、ソフトバンクの4G/LTEを使っているので、室内でも通信速度が出やすいですよ。

「通信速度が速い方がいい」という人には、嬉しい仕様です。

実際にどんなときもwifiの通信速度をiPhoneXとiPhoneXRで測ってみました。なお、比較のために、ドコモとmineoのSIMを入れた状態でも測ってみました。

  • 計測場所:東京都内
  • 計測日:2019年5月11日(土曜日)
  • アプリ:RBB SPEED TEST

iPhoneXとどんなときもwifiの計測結果▼

なかなかの通信速度ですね!

iPhoneXとドコモのSIMの計測結果▼

さすがドコモ速い!ただ、上りの通信速度は、どんなときもwifiと互角ですね。

続いて、iPhoneXRとどんなときもwifiの計測結果▼

なぜか上りの通信速度がとても速いです。

続いて、iPhoneXRとmineoの計測結果▼

どんなときもwifiよりも速度は出ませんでした。

どんなときもwifiの通信速度はなかなか優秀だと思います。オンライン通話をよくする私としては、通信速度が遅いと相手との会話が途切れたり、自分の声が相手に届いていなかったりするので、ありがたい性能です。

どんなときもWiFiがオススメの人

元販売員の立場から、どんなときもWiFiは以下のような人にとくにオススメをお伝えします。

どんなときもWiFiがオススメの人
  • 通信量を気にせずにインターネットを楽したい人
  • 動画やゲームをよく利用する人
  • 月額料金を安くしたい人
  • 海外へ出張や旅行へよく行く人
  • 引越しが多い人

上記の方な人には、どんなときもWiFiは、インターネットの利用が無制限、屋外でも海外でも使えるので、相性がいいです。月額3,280円がかかりますが、スマホのデータ量をやすいプランに切り替えれば、トータルの通信料は抑えられます。また、海外へ頻繁に行く人にとっては非常に有り難い存在になってくれます。

また、どんなときもWiFiは、光回線と違って、工事不要が不要なので、引越しが多い人にもオススメです。

まとめ:モバイルWi-Fiルーターの弱点をすべて解消したサービス

今までにモバイルWi-Fiルーターを使ったことがある人なら、以下のような経験は一度はあるかと思います。

「通信制限を受けないようにデータ量を気になる」
「通信速度が遅くて動画が止まってイライラ」
「モバイルWi-Fiを使おうと思ったら圏外だった」
「国内用のモバイルWi-Fiルーターは海外では使えないので不便」

しかし、どんなときもWiFiなら、以下の特長があるので、快適なインターネット生活ができますよ。

どんなときもWiFiの特長
  • ①データ通信が無制限で使える
  • ②ドコモ、au、ソフトバンクの4G/LTEの電波を使っている
  • ③クラウドSIM内蔵
  • ④海外でも楽々!世界107カ国で使える

どんなときもWiFiは、5分で申し込みができます。興味がある人はこの機会をご活用ください。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  2. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  3. どこがいい?電子書籍を安く購入できるオススメの12サイトまとめ
  4. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  5. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. 電子書籍が無料でたくさん読めちゃう!オススメの人気11サービスまとめ!
  2. Mugen Wifi(ムゲンワイファイ)とは?通信速度や月額料金を通信のプロが解説!
  3. 2019年版モバイルルーターオススメ5社比較!メリット・デメリットまとめ
  4. ピッコマとは?漫画が広告なしで40,000話無料!実際に使ってみた感想まとめ
  5. Broad WiMAXとは?月額料金や通信速度、メリット・デメリットを徹底レビュー!
  6. 知らないと損する!UQモバイルオンラインストアのメリットとデメリット
  7. カシモWiMAXの料金が他社より安い理由とは?メリットとデメリットの全まとめ
  8. 契約が切れた古いiPhoneの活用方法7選!昔のスマホの便利な使い道まとめ!
  9. DAZN(ダー・ゾーン)ならスポーツ動画が見放題!実際に使ってみた感想
  10. 民泊Wi-FiのSPACE Wi-Fi(スペースワイファイ)のメリット・デメリットを紹介!

人気記事

  1. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  2. どっちがオススメ?スカパー!とWOWOWの違いを無料お試し期間から料金まで比較してみた
  3. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  4. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ
  5. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  6. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  7. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  8. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  9. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  10. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気11社を比較
PAGE TOP