auひかりの工事費はいくら?初期費用や実質無料の条件を元販売員が解説

公開日:
更新日:

「auひかりの工事費って、いくらかかるの?」

auひかりの工事費は、公式サイトやパンフレットを見ても、金額がわかりにくいと思います。

そこで、光回線の元販売員をしていた私が、auひかりの工事費を解説します。結論から言うと、必ず30,000円以上の工事費を支払う必要があります。

しかし、工事費を実質無料にしたり、工事費以上に得をしたりする方法も合わせてお伝えしますので、auひかりを検討している方はぜひ参考にしてください。

auひかりの工事費はいくらかかるの?

auひかりの工事費は、必ず発生します。一時期は、「光回線サービスの工事費は無料」という時代もありましたが、auひかりに限らず、現在は、ほとんどの光回線サービスの工事費が有料となっています。

auひかりの工事費は、お住いの建物が「戸建て」か「集合住宅(マンション・アパート)」かによって金額が変わります。また、分割払いの回数も決まっているので、表にまとめました。

集合住宅 戸建て
登録料 3,000円 3,000円
工事費 30,000円 37,500円
分割回数 24回 60回
毎月の支払額 1,250円 625円
撤去工事費 0円 28,800円

「なんだが数字が多くて複雑」と感じる方もいるでしょう。しかし、登録料が3,000円かかるということと、工事費の金額だけでも覚えておきましょう。

工事費は一括で払うこともできますし、分割で支払うこともできます。分割にしても手数料はかからないので、分割をオススメします。

なお、戸建ての場合は、auひかりを解約した際に28,800円の撤去工事費がかかります。集合住宅なら、撤去工事費は不要です。

戸建てプランの60回支払いの厄介さ

戸建てプランの場合、分割払いの支払い回数が60回となっているので、ちょっと厄介です。

なぜなら、auひかりの2年契約との相性が悪いため、2年契約の違約金0円かつ工事費の残債0円で解約できるのが、73カ月目になってしまうからです。

2年縛りの違約金 工事費の残債 撤去工事費
25カ月目に解約 0円 28,800円 28,800円
49カ月目に解約 0円 6,875円 28,800円
60カ月目に解約 9,500円 0円 28,800円
73カ月目に解約 0円 0円 28,800円

さらに、いつ解約しても28,880円の撤去費用は必ずかかります。ちょっと不親切な料金設定ですね。

契約を解約しづらくして、長く使ってもらうための戦略のようです。ただし、戸建てに住んでいる人は、集合住宅に住んでいる人よりも引っ越しする可能性が低いので、解約せずに使う人は多いのかもしれませんね。

工事に関する注意点

auひかりの工事に関して、申し込み前に覚えておきたい注意点をお伝えします。

工事に関する注意点
  • ①工事は立会いが必要
  • ②戸建ては土日祝に工事すると3,000円の追加費用が発生する
  • ③集合住宅の場合は大家さんや管理会社の許可が必要

①工事は立会いが必要

光回線の工事は、立会いが必要です。工事が終わるまでの40分〜2時間ほど、自宅にいる必要があります。

とはいえ、工事の開始時と終了時に工事の作業員さんの話を聞いて、書類を書くだけなので、工事中は特にすることはありません。

②土日祝に工事すると3,000円の追加費用が発生する

土日祝に工事をお願いすると、3,000円の追加料金が発生します。工事の際の、作業員さんの休日出勤手当のようです。

平日の工事に立ち会えない方には、ちょっと不便ですね。

③集合住宅の場合は大家さんや管理会社の許可が必要

光回線の工事によっては、建物の壁に穴を開ける工事をすることがあります。あとでトラブルにならないように、工事の前に、「光回線の工事をしても、いいですか?」と大家さんや管理会社に工事の許可をもらいましょう。

だいたいの場合は、「いいですよ」と言ってくれますが、無断で工事を行うとトラブルの原因になるので、事前の許可を取っておきましょう。

工事費実質無料キャンペーンと落とし穴


auひかりの工事費は確実に発生しますが、初期費用相当額割引というキャンペーンを利用すれば、工事費を「実質無料」にすることができます。

「工事費が確実に発生するのに、実質無料ってなに?」と思った人もいるでしょう。実質無料とは、工事費にかかった費用を割引してもらえるキャンペーンのことです。

たとえば、集合住宅の場合、毎月1,250円の工事費の分割代金が発生しますが、キャンペーンを適用すれば、毎月1,250円を割引してもらえるのです。

なので、集合住宅の場合、auひかりを24カ月間使えば工事費は全額割引されるため、「実質無料」となります。

ただし、キャンペーンを適用しても以下の注意点があります。

途中解約した場合は割引が消える

工事費実質無料のキャンペーンを適用しても、auひかりを途中で解約すると、解約以降の割引が消滅してしまうので、残っている工事費を一括で支払う必要があります。

たとえば、集合住宅で14カ月時点で解約すると10ヶ月分(12,500円)の工事費の残債を支払う必要があります。

特に戸建ての場合は、分割期間が60カ月と長いので、60カ月使わないと工事費が全額無料になりません。

戸建ての場合はひかり電話への加入が必要

戸建ての人が625円の割引を受けるためには、ひかり電話を契約する必要があります。

戸建てプランでひかり電話に加入しなかった場合、125円の割引しか受けられません。ただ、auの携帯電話を使っている方は、ひかり電話に加入すれば、auの携帯電話の代金が1台あたり最大2,000円安くなる「auスマートバリュー」を利用できるのでお得です。

引っ越しした場合の工事費はどうなるの?

「auひかりを契約中に、引っ越しをした場合の工事費はどうなるの?」と思っている方もいるでしょう。

この場合、「お引越し特別対応」という制度を利用できます。

結論から言うと、引っ越しの際に工事費の残債を一括で支払う必要があります。その代わり、引っ越し先でもauひかりを使えば、月額料金から工事費の残債分の割引を受けられます。たとえば、工事費の残債を10,000円支払って、auひかりの月額料金が5000円だった場合は、月額料金が2カ月間無料になります。

さらに、戸建てプランの場合、撤去工事費の28,800円もauひかりを継続する場合は発生しません。

引っ越し先でも、再び工事費(戸建て37,500円、集合住宅30,000円)が発生します。が、実質無料キャンペーンを適用して、引っ越し先の新しい工事費も実質無料にできます。

まとめ:auひかりの工事費はキャッシュバックでカバーしよう

auひかりの工事費についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

「初期費用が30,000円もかかるのはイヤ」「なんだかいろいろ費用がかかって大変そう」と感じた方もいると思います。

そんな方は、販売代理店のキャッシュバックを活用しましょう。

以下の、フルコミットというの販売代理店で申し込めば、最大52,000円のキャッシュバックがもらえるため工事費分をカバーできます。auの販売代理店は数多くありますが、その中でも一番キャッシュバックが高額です。

販売代理店で申し込みをしても、使えるauひかりの回線はauひかりの公式サイトから申し込みをした場合と完全に同じです。キャッシュバックを活用して、お得にauひかりを契約してみてください。
auひかり フルコミット

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 人気の光回線5選!フレッツ光、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、NURO光の…
  2. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  3. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  4. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  5. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~

関連記事

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. 怪しい?通販サイトのWowma!(ワウマ)をauユーザーが使ってみた感想
  2. Yahoo!モバイルとは?契約前に知っておきたいメリットとデメリット
  3. 【20万冊以上】読書のお時間です by amebaとは?本好きが利用してみた
  4. ドコモwithとは?料金の割引額から対応機種や評判をわかりやすく解説
  5. WiMAXが無制限で使えるというのは嘘?通信制限の時間帯や速度まとめ
  6. U-NEXTは70冊以上の雑誌が読み放題!実際に使ってみた感想
  7. Reader Storeを実際に使ってみた感想!機能やアプリの使い勝手は?
  8. 電子書籍サービス10社を比較!どれがおすすめ?選ぶ際のポイント3つ
  9. 雑誌読み放題!ブックパスのマガジンコースを使ってみた感想
  10. dカードGOLDは本当にお得?審査難易度やお得なポイントの貯まり方を解説

人気記事

  1. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
  2. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  3. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  4. どっちがオススメ?スカパー!とWOWOWの違いを無料お試し期間から料金まで比較してみた
  5. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  6. 【2019年版】料金が安くて通信速度も速いオススメの格安SIM9選まとめ
  7. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  8. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  9. 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要7サイトまとめ
  10. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較

おすすめ記事

PAGE TOP