イオンモバイルの最新キャンペーン情報!割引や特典まとめ

公開日:
更新日:

ショッピングモールで有名なイオンが提供しているイオンモバイルは、以下のキャンペーンを行なっています。

【2017年6月9日〜2017年7月20日】「HUAWEI P10シリーズ発売記念キャンペーン」


2017年6月9日に発売された「HUAWEI P10」シリーズの発売を記念したキャンペーンです。イオンモバイルのSIMとP10シリーズの端末をセットで購入すると5,000円の割引になります。対象端末は以下の3端末です。

定価 割引後の価格
P10 lite 32,980円 27,980円
P10 68,800円 63,800円
P10 Plus 75,800円 70,800円

さらに、6月23日〜6月25日の間にキャンペーン対象店舗で、P10シリーズとイオンモバイルのSIMをセットで購入すると、5,000円割引に加えてWAONポイントがもらえます。

もらえるWAONポイントは以下の通りです。

  • P10 lite:3,000ポイント
  • P10:8,000ポイント
  • P10 Plus:10,000ポイント

【2017年2017年7月1日〜2017年9月4日】「7月1日から納得夏得キャンペーン‎」


複数の特典が用意されているキャンペーンです。

特典①「かけ放題オプション最大3カ月間半額」


イオンモバイルのかけ放題オプションが3カ月間半額になります。イオンモバイルには、「10分かけ放題」と「050かけ放題」という2つのかけ放題オプションがあります。この2つの違いは以下の通りです。

10分かけ放題 050かけ放題
電話番号 080or090 050
無料になる時間 かけ始め10分間 無制限
月額料 850円 1,500円
データSIMでの利用 不可 可能

なので、キャンペーンが適用されると「10分かけ放題」は425円になり、「050かけ放題」は750円になります。

適用条件は、期間中にイオンモバイルを新規契約して「かけ放題オプション」を契約することです。契約の翌月から3カ月間の「かけ放題オプション」の料金が半額になります。

特典②「高容量プラン3カ月間割引」


6GB以上の高容量プランが3カ月間割引になります。具体的な割引額と対象プランは以下の通りです。

  • 300円割引:6GB,8GB,12GB
  • 1,000円割引:20GB,30GB,40GB,50GB

音声SIMだけでなく、イオンモバイルの全てのSIMが対象です。契約の翌月から3カ月間割引となります。

適用条件は、期間中に対象のプランへ変更することです。ただし、対象のプランに変更後にプランを変更すると割引の対象外になります。1度プランを変更したら、3カ月間はプランを変更しないようにしましょう。

特典③「SIMカードの発行代金が1円」


イオンモバイルのSIMカードの発行代金(通常3,000円)が1円になります。全てのプランのSIMカードが対象です。ただし、SIMカードの再発行費と SIMカードのサイズ変更費は対象外です。

キャンペーン期間中に、イオンモバイルを新規契約した人が対象です。

特典④「HUAWEI nova liteが2,000円割引」


人気のスマホのHUAWEI nova lite(定価:21,800円)を2,000円割引の19,800円で購入できます。購入は端末情報ページから可能です。

【2017年7月1日〜2017年7月31日】「ZTE BLADE E1が5,800円割引」


ZTE BLADE E1(定価:15,800円)が5,800円割引の10,000円です。購入は端末情報ページから可能です。

【2017年7月1日〜2017年7月23日】「店舗限定!WAONポイント特典付きスマホ」


対象店舗のキャンペーン開催日にイオンモバイルのSIMと対象のスマホをセットで購入すると、WAONポイントがもらえます。対象のスマホは以下の通りです。

販売価格 WAONポイント
Xperia™ J1 Compact 39,800円 5,000ポイント
VAIO® Phone 24,000円 5,000ポイント
arrows M02 29,800円 8,000ポイント

対象店舗と開催日は、キャンペーンページから確認できます。在庫限りなので、近くに対象店舗がる人はぜひ利用してみましょう。

【無期限】40歳以上の人限定「イオンモバイル無料貸し出し」


40歳以上の人に限り、データSIMとスマホ端末を1週間無料で借りられます。シニアの客層を開拓を狙ったキャンペーンですね。借りられる端末とSIMのデータ容量は以下の通りです。

  • スマホ端末:arrows M03
  • SIM:データSIM(タイプ2)
  • プラン:12GBプラン

データSIM(タイプ2)とは、月の途中で契約しても全データ容量が使えるタイプのSIMです。

通話はできませんが、データ容量は12GBあるのでたっぷりとイオンモバイルを使えます。全国21箇所の貸し出し実施店舗の店頭で、申込書を記載し運転免許証などの本人確認書類を提示すればレンタルできます。

過去のキャンペーン一覧

イオンモバイルが過去に行なっていたキャンペーンは、以下の通りです。

【2017年4月29日〜2017年5月31日】「シェア音声プランSIM 1円」


データ量をシェアできる「シェア音声SIMプラン」で、追加のSIMを1枚あたり事務手数料1円で発行可能になるキャンペーンです。通常はSIMを1枚追加するごとに3,000円の事務手数料がかかるため、2,999円お得になります。

またシェア音声SIMだけの新規契約、追加のSIMを契約しない場合でも事務手数料は1円になります。

【2017年5月1日〜2017年5月31日】「データSIMタイプ2 初月無料」


データSIMのタイプ2を契約した人が、初月の基本料が無料になるキャンペーンです。なお、電話番号を使ってメッセージが送れるSMSを付けていた場合は、SMSオプションも初月無料になります。

【2017年4月28日〜2017年5月7日】「ゴールデンウィークキャンペーン」


キャンペーン実施店舗で、スマホ端末とイオンモバイルを同時に購入すると、事務手数料3,000円が1円になります。さらに、スマホ端末に応じて、WAONポイントがもらえます。もらえるWAONポイントは以下の通りです。

  • ZTE BLADE E01 :7,000ポイント
  • Alcatel PIXI4 :5,000ポイント
  • 富士通arrowsM03 :10,000ポイント
  • ASUS ZenFone3MAX:5,000ポイント

イオンモバイルに興味を持った人はこちらの記事も参考にしてください。

ピックアップ記事

  1. VRで未来はどう変わる?VRが活用されている15の分野と最新事例を動画で紹介
  2. 旅のお供にしたい海外プリペイドSIM達8枚
  3. 仮想現実へ旅にでよう!東京のVR体験スポット4つ巡ったレポート
  4. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  5. ARを使った最新スポーツ「HADO」の無料体験会に参加してみた

その他の格安SIMのキャンペーン情報

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. 今夏最も熱いテーマパーク!VR ZONE SHINJUKUで最新のアトラクションを体験!
  2. VODとは?動画配信の4類型~AVOD・SVOD・TVOD・EST~の違いを解説
  3. Try WiMAXを実際にレンタルして使い心地や通信速度を体験してみた
  4. 制限なしで読み放題のマンガアプリ 「GANMA!」取締役にインタビュー
  5. IoTデバイスが詰め込まれた「& AND HOSTEL」で近未来の生活を体験してきた
  6. 光回線の代理店営業の闇!現役の工事業者がその実態を激白(匿名)
  7. リユースモバイル・ジャパン(RMJ)を取材!中古携帯市場の現状と未来
  8. nuroモバイルの評判・口コミまとめ
  9. 「かめはめ波を撃つ」を実現したテクノスポーツ「HADO」の戦略と未来
  10. マイネオのデメリット11個を現役mineoユーザーが教えます

おすすめ記事

  1. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  2. 400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  3. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  4. 格安SIMの実際の通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  5. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  6. どこがオススメ?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  7. 「外国パケ死」を華麗にかわし、海外でネットを嗜む6つの方法まとめ
  8. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
PAGE TOP