0円から使える格安SIM「0 SIM(ゼロシム)」とは?実際に契約して通信速度も測定してみた

公開日:
更新日:

「毎月の通信料が0円のSIM」と話題の0 SIMには、以前から興味を持っていました。

しかし、ネット上には「通信速度が遅くて使い物にならない」という評判も多かったので、申し込みは控えさせて頂いていました。

ただやはり、「SIM」と聞けば実際に自分で使ってみないと気がすまない性格なので、0 SIMを申し込んで実際に使ってみることにしました。

0 SIMとは?


0 SIM(ゼロシム)とは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供している格安SIMです。

ドコモの回線を借りてサービスを提供しています。なので、ドコモの端末やSIMフリーの端末なら挿すだけで使えます。逆に、auやソフトバンクの端末は、SIMロックを解除しないと使えないので、注意が必要です。

auやソフトバンクの方はこちらの記事を参考に無料でSIMロック解除しましょう。

0円から使えるから「0 SIM」


0 SIMには「データ専用プラン」「データ+SMSプラン」「データ+音声プラン」の3種類があります。

0 SIMの最大の特徴は、「データ専用プラン」であれば、データ通信量が500MB未満/月なら通信料が0円であることです。「データ+SMSプラン」は月額150円、「データ+音声プラン」は月額700円の基本料が発生するので、0円にはなりません。

なお、契約できるのは一人1枚のみです。自分が契約していても家族の人に契約してもらうことは可能です。

0円の理由はサブ端末ニーズを狙ったニッチ戦略


「どうして、0円で使えちゃうの?」と思う人もいるでしょう。その理由は、元々0 SIMはタブレットや古いスマホなど、サブ端末をターゲットにしたSIMだからだそうです。0 SIMは、格安SIM事業者がどんどん増えて行く中で、「競争を避けてユーザーを獲得するために始まったサービス」と言われています。

主要な格安SIM事業者は、ユーザーのメイン端末に使用されることをゴールとしています。それに対して、0SIMはメイン端末ではなく、サブ端末に使用されることを狙ったサービスです。当然、メイン端末の方が使用される通信量も大きいです。

しかし、メイン端末用のSIMは、ユーザーを獲得するために、莫大な広告費が必要です。そこで、0 SIMはメイン端末ではなく、「タブレットや2台目のスマホといったサブ端末で使用したい」というユーザーを開拓する「ニッチ戦略」を選択したようです。

0 SIMは2016年2月に、テクノロジー雑誌「デジモノ」の付録で、通常3,000円かかる基本料が無料で使える企画を行いました。基本料も通信料も0円なので、「神SIM」と呼ばれたそうです。話題づくりに成功し、ユーザーの獲得に繋がりました。

0 SIMを無料の範囲で使っているユーザーもいます。しかし、基本料が発生する「データ+SMSプラン」と「データ+音声プラン」のユーザーや、500MB以上データ通信を行うユーザーがいるためサービスが継続できているようです。

参考:500MBまでの通信料が月額0円に! ソネット「0 SIM」はなぜ生まれたのか?

3カ月間使わないと自動解約になる

なお、「データ専用プラン」と「データ+SMSプラン」は、データ通信を行ってから、3カ月間連続でデータ通信がないと自動解約になります。

なので、たまにはデータ通信を行っておかないと「使おうと思ったら、解約されていた」という状態になりかねません。

ただし、「データ+音声プラン」は3カ月データ通信がなくても、自動解約にはなりません。

0 SIMの料金

0 SIMといっても、0円で使い放題ではありません。ここでは、0 SIMの料金についてまとめました。

通信量が500MB未満なら無料

0 SIMは1カ月間の通信量が500MB未満の場合、料金は0円で済みます。

なお、500MBを超えて2GB未満は、100MBごとに100円の料金が追加で発生します。2GB以上は1,600円の定額料金になります。ただし、5GB以上は速度制限がかかります。速度制限後の通信速度は200kbpsです。

従量制は、使い過ぎて「パケ死」のリスクがありますが、上限があるのは良心的ですね。なお、気になって公式サポートに確認しましたが、0 SIMには3日間の速度制限はないそうです。

0 SIMの初期費用は3,394円

他社のどのSIMでも共通ですが、最初に登録事務手数料3,000円とSIMカード準備費394円が発生します。なので、0SIMの初期費用は3,394円になります。

最低利用期間は12カ月(音声のみ)で違約金は5,000円

0 SIMは「データ+音声プラン」のみ、最低利用期間が12カ月間となっています。12カ月以内に解約すると5,000円の違約金を請求されます。「データ専用プラン」と「データ+SMSプラン」には、他社と同じく最低利用期間が設定されていません。

速度制限を解除できる「データチャージ」の料金

0 SIMを5GB以上使って、速度制限を受けても、データチャージをすれば、速度制限を解除できます。データチャージ料は以下の通りです。

  • 100MB:500円
  • 500MB:2,100円
  • 1GB :3,800円

データチャージ料としては、他の格安SIMより高額です。

0 SIMの申し込みの流れ

実際に0 SIMに申し込んだ時の流れを紹介します。

入力項目が少ないので、簡単に申し込めます。※申し込みにはクレジットカードが必要なので、あらかじめ用意しておきましょう。

1. 0 simで検索して、「0 SIM | nuroモバイル」というサイトをクリック▼

2. 昔は、0 SIMは月間で7,777枚までしか発行していませんでした。画面の枚数は残りの発行可能枚数です。ただし、2017年5月からは発行枚数の制限がなくなったようです▼

3. ページの下の[サービスのお申し込みはこちら]をクリック▼

4. お申し込みの画面に移動するので、希望のSIMのサイズを選択します▼

5. 続いてSIMのプランを選択して[次に進む]を選択▼

6. 次の画面で選んだSIMのサイズとプランを確認します▼

7. 利用規約と重要事項のPDFを確認します▼

8. 確認が終わったら、チェックを入れて[次へ進む]を選択▼

9. 選択したSIMと料金が表示されます▼

10. 契約者情報を入力します▼

11. 住所を入力します▼

12. 支払い情報を入力します▼

13.チェックボックスにチェックを入れて、[上記内容で注文を確定する]をクリック▼

14.申し込みが完了しました▼

15.申し込みの完了メールがすぐに届きます▼

あとは、0 SIMの到着を待つだけです。1週間前後で届くそうです。

「0 SIM」が届いた!開封の儀

申し込みから、7日後に0 SIMが届きました▼

伝票に「宅配ボックス利用不可」と書かれていたので、セキュリティに気を遣っていると感じました▼

こんな感じのシンプルな見た目です▼

パッケージの裏面にサポートダイヤルが分かりやすく書いてあるので、ユーザー目線だと感じました▼

中身は「送付状」と「SIMカード」と「ご利用マニュアル」でした▼

「送付状」には「利用上の注意」や「ネットーワーク暗証番号」などが書いてあります▼

ご利用マニュアルの表面です。初期設定の方法が書かれています▼

ご利用マニュアルの裏面です。会員サイトへのログイン方法が書かれています▼

届いた0 SIMです▼

開くとこんな感じです。真っ白で綺麗ですね▼

0 SIMの初期設定(APN設定)

0 SIMの初期設定(APN設定)は簡単です。

台紙からSIMを外します▼

外れました▼

このSIMをスマホに挿して、APN(Access-Point-Name)設定の設定をします。詳しい設定方法は、公式ページの「ご利用マニュアル」を確認してください。以下、参考までにAndroid端末(ZenFone 3)での設定の流れをお伝えします。

アクセスポイントを入力します▼

以下のように入力してください。

【0 SIMのアクセスポイントの入力項目】

  • 名前   :0sim(※ここはなんでも大丈夫です)
  • APN    :so-net.jp
  • ユーザー名:nuro
  • パスワード:nuro
  • 認証タイプ:CHAP or PAP

APNの中から、先ほど入力したアクセスポイントを選択します▼

[データ通信を有効にする]をタップすれば設定完了です▼

たまに、データ通信を有効にしてもデータ通信が開始しない時があります。そんな時は、端末を再起動させれば、データ通信を開始してくれます。もしくは、アクセスポイントの入力を間違えている可能性があるので、再度アクセスポイントを入力してみましょう。

0 SIMの実際の通信速度

0 SIMの通信速度を計測したり、実際に使ってみました。公式サポートに問い合わせたところ、0 SIMの理論上の通信速度(ベストエフォート)は682Mbpsだそうです。ネット上では、「遅い」「使い物にならない」という評価も見られる0 SIMですが、実際はどうなのでしょうか?

さらに、0 SIMの活用方法も合わせてお伝えします。

スピードテストアプリでは下り平均:約340kbps

スピードテストアプリの「XCAL Speedtest」にて0 SIMの速度を計測しました。ダウンロードの通信速度は平均340kbpsという結果になりました▼

ほとんどの格安SIMでは、ダウンロードの通信速度は最低1Mbpsは出るので、340kbps(0.34Mbps)はかなり遅いです。ネット上の「遅い」という評判は本当だったようです。

0 SIMの通信速度の計測結果は以下の通りです。

0 SIM ダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
レイテンシ
(ms)
1回目 0.4 8.3 123.1
2回目 0.3 7.6 82.2
3回目 0.4 8.8 90.1
4回目 0.3 9.0 151.1
5回目 0.3 6.8 215.3
平均 0.34 8.10 132.76

レイテンシ(遅延)も、体感で遅さを感じると言われる100msを超えることが多く、GOODとは言えません。ただし、アップロードの通信速度は平均約8Mbpsと、そこそこあるので、写真や動画などのファイルを上げるのは不便しないと思います。

nuroモバイルとの比較

なお、0 SIMと同じソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する格安SIMの「nuroモバイル」の速度は10Mbps以上とかなり高速です▼

nuroモバイルの通信速度の計測結果は以下の通りです。

nuroモバイル ダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
レイテンシ
(ms)
1回目 25.5 15.6 67.2
2回目 22.4 15.1 56.6
3回目 12.3 15.4 78.1
4回目 21.3 14.0 50.5
5回目 13.0 14.7 54.5
平均 18.90 14.96 61.38

0 SIMとnuroモバイルの通信速度(平均値)を比較してみましょう。

ダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
レイテンシ
(ms)
0 sim 0.34 8.10 132.76
noro mobile 18.90 14.96 61.38

圧倒的な差があるようですね。同じ会社が提供している格安SIMでも速度が違うのは、0 SIMの通信速度が意図的に低く抑えられているからでしょう。

検索やSNSの利用では遅さは気にならない

スピードテストでは0 SIMの通信速度は遅かったですが、ネットを使う時にストレスを感じないのでしょうか?

実際に使ってみましたが、検索をして調べ物をするだけなら快適に使えます。「通信速度が他の格安SIMに比べて、ちょっと遅いかな?」と感じるだけで、ストレスを感じるレベルではなかったです。

ただし、Facebook・Instagramなど写真の多いSNSを開くのには数秒かかりました▼

動画は観れるが、観るに耐えない

0 SIMで動画を観るのは厳しいと感じました。なぜなら、You Tubeなどの動画サービスは通信速度によって画質が変化するからです。0 SIMの場合、通信速度が遅いので、画像が以下のように荒くなります▼

nuroモバイルでも同じ動画を再生したのですが、違いは一目瞭然です▼

テザリングはできるが通信量が心配

0 SIMでも、テザリングは可能です。しかし、テザリングでパソコンを使う場合は、スマホに比べて通信量が多くなりやすいです。長時間のテザリングは避けた方がオススメです。

なお、テザリングはできますが、通信速度が遅いので、動画によっては再生までに20秒くらいかかることもありました▼

0 SIMの活用方法

通信速度がとても遅い0 SIMですが、500MB未満なら無料なので、以下のような活用方法が考えられます。

  • 通信量が500MB未満/月のライトユーザーが使う
  • タブレットやサブのスマホのSIMにする
  • 子供に持たせるスマホのSIMにする
  • メインのSIMが速度制限を受けた時の予備にする
  • 音声SIMは月額700円と業界最安クラスなので、安く電話番号を持ちたい人にはオススメ

0 SIMを使ってみた感想

0 SIMを実際に使ってみて、通信速度以外では以下の感想を持ちました。

簡単な設定で通信料0円で使えるのがすごい

0 SIMは簡単な設定で使えるので、手軽で良いなーと思いました。通信速度は遅いですが、動画やゲームなど通信速度を求める使い方をしないなら、割と使えると感じました。

毎月500MB未満なら通信料が無料というのは、面白いSIMだと思いました。月額費が0円でも、通信できるSIMを提供しているソニーネットワークコミュニケーションズの企業努力を感じました

チャージ料が高いので、ヘビーユーザーには相性が悪い

0 SIMは毎月の通信量が500MB未満なら通信料が0円なので、通信量が少ないライトユーザーにはコスパが良いです。しかし、5GB以上使いたいと思った時のデータチャージ量が高額なので、ヘビーユーザーには相性が悪いです。以下は、0 SIMとnuroモバイルのチャージ料の比較です。

100MB 500MB 1GB
0 SIM 500円 2,100円 3,800円
nuroモバイル 400円 600円 1,000円

nuroモバイルと比べると500MB・1GBのチャージ料が3倍以上の値段がします。なので、「通信量が多いヘビーユーザーは使わない方がいいな」と感じました。

現時点の通信量を把握できる仕様に変更して欲しい

0 SIMの通信量は会員サイトにログインすれば、確認できます▼

しかし、使った通信量の反映が遅いので、現時点の通信量をリアルタイムで確認できないのがマイナスポイントです▼

0 SIMは通信量によって料金が変わるので、自分がどのくらいのデータ通信を行なっているかをリアルタイムで反映して欲しいと思いました。

他社のようにリアルタイムの通信量を確認できる仕様にしてくれれば、「500MBまで余裕があるからもう少し使おう」「500MBまで行きそうだから使うのをやめよう」と確認しやすいのに。

または、通信量が499MBになったら自動的に低速通信に切り替わって、料金が発生しない仕組みが欲しいと思いました。

0 SIMは速度は速くないが、使い道はある格安SIM

0 SIMのダウンロードの通信速度は約340kbpでした。主要な格安SIMのダウンロードの通信速度は最低1Mbpsは出るので、約3分の1の速度ということになります。

しかし、通信速度制限がかかったSIM(128kbp~200kbp)よりは速いので、使い道はあります。

タブレットや2台目のスマホなどのサブ用の端末に使いたい人や、毎月500MB未満しかスマホを利用しない人には相性が良いサービスです。

使い道は限定されますが、興味がある人は申し込みをしてはいかがでしょうか?

0 SIM

ピックアップ記事

  1. VRで未来はどう変わる?VRが活用されている15の分野と最新事例を動画で紹介
  2. PSVR開封の儀!話題のPlayStation®VRを実際に体験してみた感想
  3. 【音楽学】音楽産業の歴史と発展~レコード・CD・MP3・ストリーミング~
  4. ドコモ光は通信オタクでも理解不能!ドコモショップで2時間聞いて来た
  5. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~

関連記事

スポンサーリンク

MVNOのリアルタイム通信速度比較ツール

最新記事

  1. WiMAXのおすすめプロバイダはどこ?WiMAX2+を提供する13社を徹底比較!
  2. フレッツ光回線のネットが遅い方へ!v6プラス(IPv6)で劇的通信速度向上確認
  3. WiMAXのキャンペーン・料金を13社比較して最安の事業者を調べてみた
  4. オススメの最新SIMフリースマホ11端末を厳選まとめ&比較
  5. 国内向けモバイルWi-Fiルーターレンタル事業社の選び方と格安でオススメの3社
  6. SIMフリーとは?白ロム・格安スマホ・格安SIMとの違いを5分でスッキリ納得
  7. ドコモ・au・ソフトバンクのSIMロック解除方法と条件まとめ
  8. マンガボックス、comico、コミックエス、マンガZEROのグロースハックの裏側を聞いてきた
  9. au系MVNO全8事業者一覧・比較&auから格安SIMに乗り換える際の注意点
  10. au系の格安SIMはau契約のiPhone端末でも使えない?各MVNOの対応iPhone端末まとめ

おすすめ記事

  1. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  2. 400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  3. 【2017年】街中の無料Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWiFi活用術
  4. 格安SIMの通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  5. 定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  6. ARで未来はどう変わる?最新のAR技術が使われている15の分野と活用事例を紹介
  7. 海外でスマホを使うには?海外旅行中にネットを嗜む6つの方法まとめ
  8. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  9. IoTとは?今さら聞けないIoTの本質を15の図でスッキリ学ぼう!
  10. 日本と世界のIoT活用事例39選~スマート家電から産業事例まで~
PAGE TOP