ワイモバイルの最新キャンペーンの割引・特典まとめ

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルは以下のキャンペーンを実施しています。

キャンペーンと言っていますが、実態としては、期限が決まってないものがほとんどで、実質上の常時割引という側面が強いです。

【2016年6月1日〜】「ワンキュッパ割」


新規契約の次の月から12カ月間の利用料が1,000円割引になるキャンペーンです。スマホS(2,980円)の場合は、割引後の料金が1,980円になることからこのキャンペーン名が付いています。

対象者はスマホプランS,M,Lのいずれかのプランに申し込みをした人です。

【2017年4月11日〜】「光セット割」


ソフトバンクが提供する「ソフトバンク光」や「ソフトバンク Air」とワイモバイルを契約すると毎月の料金が割引になります。

割引価格はプランによって変わりますが、以下の通りです。

  • スマホプランS:500円
  • スマホプランM:700円
  • スマホプランL:1,000円
  • データプランL:500円
  • ポケットWi-Fiプラン2:500円

キャンペーンの適用を受けるには、My Y!mobileまたは、ワイモバイルショップでお申し込みをする必要があります。なお、ワイモバイルショップでお申し込みをする場合、ソフトバンク光またはソフトバンクAirの申し込み番号(14桁)が必要なので事前に準備しておきましょう。

また、ソフトバンク光やソフトバンクAirの契約者の家族が申し込みをする場合は以下のものが必要です。

【無期限】「家族割引サービス」


ワイモバイルを指定の料金プランで利用していて、指定の料金プランで2回線目を新規契約すると2回線目以降(最大9回線まで)の基本料が以下のように割引されます。

  • スマホ :500円割引
  • ガラケー:全額割引

1回線目の指定のプランは以下のようになっています。

  • スマホプラン(S,M,L)
  • 各データプラン
  • 各ポケットWi-Fiプラン
  • ケータイプラン(SS除く)

2回線目の指定の料金プランは以下の通りです。

  • スマホプラン(S,M,L)
  • データプランL
  • ポケットWi-Fiプラン2
  • ポケットWi-Fiプラン2ライト
  • ケータイプラン(SS除く)

ただし光セット割とは併用できませんので、注意が必要です。

【2015年9月1日〜】「データ量2倍キャンペーン」


新規契約か他社からMNPでワイモバイルを契約した人の高速通信データ量が2年間2倍になります。データチャージ(500MBあたり500円)がプランに応じて無料になり、高速通信が2倍使えます。具体的には以下のようになります。

  • スマホプランS:+1GB(500MB×2回無料)
  • スマホプランM:+3GB(500MB×6回無料)
  • スマホプランL:+7GB(500MB×14回無料)

【2015年12月17日〜】「スマホプランデータ増量プログラム」


現ワイモバイルユーザーが対象機種とプランからスマホプランS,M,Lへ変更すると、2年間、高速通信データ量が2倍になります。先ほどの「データ量2倍キャンペーン」と中身は一緒です。

【2016年11月1日〜】「下取りプログラム」


新規契約や機種変更した人が対象です。それまで使っていた端末を下取りでワイモバイルへ出すと、月額の利用料金が割引になります。端末ごとの割引価格は下取りプログラム(対象機種割引額一覧)から確認できます。詳しい条件等は下取りプログラム お申込み方法をご覧ください。

お申し込み方法は以下の3つです。

  • 店頭
  • 郵送
  • オンラインストア

なお、初期化されていない端末や電源が入らない端末は下取りの対象外です。

【2016年3月10日〜】「セットでおトクキャンペーン2」


ワイモバイルのスマホやケータイやポケットWi-Fiを既に持っている人が、「Car Wi-Fi」やタブレットを追加で契約すると、毎月の利用料が約500円割引になるプランです。また、「Car Wi-Fi」と「MediaPad M1」は本体価格が無料になります。

【2017年1月20日〜2017年5月31日】「ヤング割」


スマホプランS,M,Lの使用者の年齢が申し込み時点で18歳以下だった場合、基本料金が14カ月目から25カ月目の料金が1,000円割引になります。

【2016年4月1日〜】「ソフトバンクへの番号移行プログラム」


ワイモバイルの対象機種からソフトバンクにMNPをすると違約金(3,000〜6,000円)・番号移行手数料(3,000円)・契約事務手数料(3,000円)が無料になります。さらに、4G・LTE対応のスマホだった場合は、毎月の通信料が2年間1,000円割引になります。

【在庫限り】「在庫処分市」


人気だったスマホ端末が在庫限りで購入可能です。ただし、どちらも旧式なので、よほどの愛着がない限りは選ぶ必要ないと思います。

  • AQUOS CRYSTAL Y:46,656円
  • Nexus 5:41,472円

【2017年4月3日〜】「PHSからの契約事務手数料無料」

PHSを使っている人がワイモバイルのスマホプランS,M,LまたはケータイプランSSに申し込みをすると契約事務手数料3,000円が無料になるキャンペーンです。

ソフトバンクが提供しているだけあって、キャンペーンの量が豊富ですね。
ワイモバイルに興味を持たれた人は以下の記事も参考にしてください。

その他の格安SIMのキャンペーン情報

関連記事

MVNO通信速度リアルタイム表示サービス

最新記事

  1. OCN モバイル ONEの評判・口コミまとめ
  2. 今話題のHuluは解約しても個人情報が消えない!?アカウントを完全に削除する方法
  3. BIGLOBE SIMの評判・口コミまとめ
  4. どうして無料?読み放題の漫画アプリ人気6社とビジネスモデル分析
  5. Umobileの評判・口コミまとめ
  6. 【特大スマホ】ファブレットとは?オススメの最新SIMフリー5機種も紹介
  7. WiMAXやWiMAX2+とは?初心者向けにワイマックスを解説
  8. UQモバイルの評判・口コミまとめ
  9. 最安値はどこだ?人気の格安SIM15社の料金プランを徹底比較
  10. 格安SIMとは?初心者でも分かるように格安SIMの仕組みや全体像を解説!

おすすめ記事

  1. 「外国パケ死」を華麗にかわし、海外でネットを嗜む6つの方法まとめ
  2. 今さら聞けない「IoT(モノのインターネット)」超やさしい15の図でスッキリ納得!
  3. どこがオススメ?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  4. 格安SIMの実際の通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  5. 【2017年版】街中の主要Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWi-Fi活用術
  6. 失敗しない格安SIM選び!400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  7. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  8. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  1. 格安SIM

    格安SIMの実際の通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  2. 音楽配信サービス

    どこがオススメ?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  3. 格安SIM

    失敗しない格安SIM選び!400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳…
  4. その他

    【2017年版】街中の主要Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWi-Fi…
  5. 動画配信サービス

    どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
PAGE TOP