スマホの「買取り」と「下取り」はどっちがお得?価格を比較してみた

使わなくなったスマホはどのように処理していますか?

使用済みスマホには、最後にもう一仕事してもらいましょう。新たな端末を買う際に、「買取り」や「下取り」を使い、お金に変わってもらいましょう。

ただ、買取りや下取りの条件や価格の差を理解している人はそんなに多くないと思います。この記事ではスマホの買取りと下取りの違いについて解説してきます。

スマホの買取りと下取りとは?

スマホを売る方法は大きく分けて、「買取り」と「下取り」の2つに分かれます。 買取りとは、中古ショップ等にスマホを売る方法です。

それに対して、下取りとは新しいスマホに買い替える時に、今持っているスマホを大手キャリアやApple Storeに渡して、料金を割引いてもらう方法です。

家電量販店や価格.comも行うスマホの買取り

使わなくなったスマホは、本体が正常に動作すれば、買取りしてもらえます。買取り先はGEOやブックオフいった実店舗や、価格.comやムスビーなどのネット上のWebサイトで可能です。 買取りされたスマホは、基本的には中古スマホとして流通します。

大手キャリアとApple Storeの下取り

下取りは大手キャリアとApple Storeが行なっています。 下取りするには、各ショップへ端末を持ち込むか、各社HP上で申し込み・郵送で端末を送ります。対象の機種であれば、他社のスマホでも下取り可能です。

なお、契約から2年以内に端末を下取りに出してしまうと、毎月の割引が消えて端末残債を支払う必要があるので、注意してください。

買取りと下取りの違い

買取りと下取りは何が違うのでしょうか?

買取りの場合、表面に傷や汚れなどの使用感があると売値が減額されます。それに対して、下取りは会社にもよりますが、「電源がつかない」「水没している」などの大きな問題がない限り、下取り価格は一定です。なお、本体のメモリー容量が違っても下取り価格は同じです。

買取りで売ったスマホは国内で中古スマホとして販売されます。それに対し、下取りで手放したスマホの行方は公表されていません。

また、買取では現金を受け取れますが、下取りは次に買う端末の料金から割引がされるというシステムなので、現金を受け取ることはできません。下取りの場合、Apple Store以外は2年縛りの契約になります。

下取りは、各社で内容が変わりますので、各社ごとに解説にしてきます。

au「下取りプログラム」「下取りプログラム(のりかえ)」

auには、2種類の下取りがあります。 一つは、「下取りプログラム」。auのユーザーが機種変更をする時に利用できます。

下取りに出した機種に応じて、auのWALLETポイントをもらえます。一番高いiPhone6s Plusが35,640円なのに対して、Androidのスマホは人気機種でも、最高3,000円の値段しか付きません。

もう一つは、「下取りプログラム(のりかえ)」。docomoやソフトバンクのユーザーがauに乗り換えた時に利用可能。下取りした機種に応じて、新しい端末の代金が割引になります。Androidのスマホでも8,000円以上の値段が付きます。

なお、auは契約から91日以上経った端末しか下取りに出せません。昔流行った携帯乞食(こじき)対策なのかもしれませんね。電源が入れば、画面が割れていても下取り可能です。

docomo「下取りプログラム」

docomoは「下取りプログラム」を展開しています。下取りが完了するとドコモのdポイントがもらえます。iPhoneの場合は、最大30,000円が新しい端末の代金から割引になります。ただし、郵送で下取りすると最大28,800円まで下取り価格が下がります。

Androidの場合は、最大22,000円割引(郵送下取りは最大20,800円)となります。docomoは他の2社と違って、自社の機種変更でも乗り換えでも下取り価格が変わりません。

画面が割れていた場合は、画面が割れた場合の下取り価格になります。

ソフトバンク「のりかえ下取りプログラム」「タダで機種変更」

ソフトバンクでは2種類の下取りプログラムを用意しています。 一つは、ソフトバンクのスマホを下取りに出すことで、安く機種変更できる「タダで機種変更キャンペーン」です。

もう一つは、auやdocomoのスマホを下取りしてくれる「のりかえ下取りプログラム」です。iPhoneは最大36,000円で、Androidのスマホは一部の機種は、最大21,600円で下取り。「タダで機種変更キャンペーン」より下取り価格が高いです。

下取り額は通信料や分割金から割引できたり、ポイントに交換して受け取れたりします。

大手キャリアの中で唯一、iPhone SEを下取りしてくるので、iPhone SEユーザーにはありがたい存在です。画面が割れていても電源が入れば下取り可能です。

Apple Store「下取りキャンペーン」

Apple Storeでも新しいiPhoneを買う人限定で、iPhoneを下取りしてくれる「下取りキャンペーン」を展開しています。下取り額はiPhoneの場合5,100円~33,000円です。

また、Androidスマホも対象機種なら、1,000円~15,900円で下取りをしてくれます。ただし、画面が割れていたり、電源が入らないと下取りの対象外です。

下取り価格分だけ、次の機種の料金が割引になったり、Apple Storeのギフトカードに交換できたりします。

どっちがお得?買取り価格VS下取り価格を比較

「買取りと下取りならどっちの方がお得なの?」と思う人もいるでしょう。そこで、実際の金額を元に買取りと下取りを比較しました。

※下取りで機種変更と他社からの乗り換えで価格が変わる場合は、乗り換えの料金を掲載しています。

iPhoneの場合

大人気のiPhoneの買取り価格と、下取り価格を比較してみましょう。

ここでは、大手キャリアとApple Storeの下取り価格とGEO mobileの買取り価格を比較しました。※2017年3月28日現在

au docomo SoftBank Apple Store GEO mobile
iPhone5s 15,120円 15,000円 16,800円 7,000円 14,000円
iPhone6 21,600円 22,000円 21,600円 17,000円 18,000円
iPhone6 Plus 21,600円 22,000円 21,600円 20,000円 22,000円
iPhone6s 24,300円 27,000円 24,000円 27,000円 24,000円
iPhone6s Plus 26,460円 30,000円 26,400円 33,000円 28,000円

一見すると、買取りと下取りで大きな価格差は見られないように思えます。

しかし、下取り価格がほとんど下がらないのに対して、買取りは本体の傷や汚れによって減額となる可能性が高いです。なので、見た目の数字以上に価格差が付くでしょう。

Androidスマホの場合

一方で、Androidのスマホはどんな感じなのでしょうか? Androidの中でも、有名なXperiaZ5とGalaxy S6 edgeとNexus 5xで比較していきます。

au docomo SoftBank Apple Store GEO mobile
Xperia Z5 32,400円 22,000円 21,600円 12,600円 25,000円
Galaxy S6 edge 21,600円 22,000円 21,600円 8,400円 18,000円
NEXUS 5X 21,600円 17,000円 21,600円 対象外 10,500円

Androidのスマホの場合は、売りに出す先によって値段が大きく変わるようです。iPhoneと同じく下取りの場合、本体の状態が悪くても、画面が割れておらず、電源が入れば、売値は下がりません。

キャリアの下取り制度の背景

なぜ下取り価格は買取り価格に比べて、下がりにくいのでしょうか?それには、モバイル業界に以下の経緯があったからです。

総務省が実質0円販売を停止

「携帯を2年使えば、本体価格分だけ割引をする」という「大手キャリアの実質0円販売」を2016年4月に総務省が禁止しました。

同じ大手キャリアでも、機種変更をする人は数万円の割引になる一方で、機種変更をしない人には割引がないため、不公平だと判断されたからです。

実質0円販売の抜け道としての下取り制度

しかし、大手キャリアとしては、端末を実質0円販売できないと、「高い」と感じてユーザーが減っていってしまいます。

そこで、大手キャリアは「今持っているスマホを下取りに出せば、実質0円で新しい端末を渡しますよ」という戦略に出ました。

つまり、「実質0円では販売していません。下取りがあるから実質0円になっているだけです」と実質0円販売禁止をかいくぐったのです。

総務省が下取りにメスを入れる

総務省が2017年1月に出したガイドラインで、「下取り価格が市場価格と大きく乖離していないか?」を確認していくという方針を明らかにしました。

これは、大手キャリアが行なっている「下取りで実質0円」を取り締まるためと言われています。 現在の下取り価格が不公平に高いと総務省が判断した場合は、下取り価格は下げられるでしょう

参考:モバイルサービスの提供条件・端末に関するガイドライン についての意見募集(総務省)

中古携帯団体「リユースモバイル・ジャパン」が設立

なお、2017年3月に、中古スマホを扱っている8社が提携して、「リユースモバイル・ジャパン」という団体を設立しました。

2017年4月から、中古スマホの買取り相場を公開して、下取り価格を適正価格にしようとする動きを見せています。 今後は買取と下取りで価格差が小さくなっていくかもしれません。

高い値段を付けてもらうための3つのコツ

どうせなら高い値段をつけてもらいたいですよね。高い値段をつけてもらうコツは以下の3つです。

  • 本体を綺麗な状態に保つ
  • 箱や付属品を残しておく
  • 複数の売り先を比較する

本体を綺麗な状態に保つ

スマホ本体ができるだけ綺麗な状態の方が高い値段を付けてもらいやすいです。

なので、将来スマホを売る予定がある場合は、傷がつかないように保護フィルムやカバーをつけて新品に近い状態を保ちましょう。

箱や付属品を残しておく

箱や付属品の有無もスマホ買取時の価格に影響を与えます。当然、箱や付属品を残しておいた方が高値がつきます。付属品とは、イヤホンや充電ケーブルや説明書です。

買う側の立場になれば分かりますが、本体のみよりも、箱に入っている方が安心感があります。また、特にiPhoneの場合は、純正の充電ケーブルを単体で買うと非常に高価なので、充電ケーブルの有無で値段は1,000円以上変わるといっていいでしょう。

複数の売り先を比較する

意外と見落としがちですが、高い価格をつけてもらう方法は複数の売り先を比較することです。 価格を決める人なので、同じ端末でも違う価格が付くことがあります。

なお、大手キャリアのサイトを見たり、買取りサイトに機種名を入力すれば、おおよその価格がわかるので、ぜひ比較してください。

スマホを手放す際の事前準備

買取りや下取りを利用してスマホを手放す際に必要な事前準備があります。それは次の4つです。

  • データのバックアップを取っておく
  • データを初期化しておく
  • スムーズな取引のために充電をしていく
  • 本人確認書類を持っていく

大手携帯キャリアの下取りは蟻地獄?

いかがだったでしょうか?不要になったスマホをお金に替える買取りと下取りについて説明してきました。

価格だけ見ると、端末の状態によって価格が下がる買取よりも、大手キャリアの下取りの方がお得と感じた人も多いかもしれません。

確かに、この先もずっと大手キャリアで契約しようと思っている人にとっては、下取りサービスはありがたいでしょう。

しかし、もしあなたが、「実質0円でスマホを持てるから」と大手キャリアを契約しているなら、それは大手キャリアの思惑通りです。

各社は新たな2年契約を獲得するためにこの下取りをやっているのです。

知らず知らずに大手キャリアの2年縛りに囚われて、蟻地獄から抜け出せなくなっているのかもしれません。

関連記事

MVNO通信速度リアルタイム表示サービス

最新記事

  1. OCN モバイル ONEの評判・口コミまとめ
  2. 今話題のHuluは解約しても個人情報が消えない!?アカウントを完全に削除する方法
  3. BIGLOBE SIMの評判・口コミまとめ
  4. どうして無料?読み放題の漫画アプリ人気6社とビジネスモデル分析
  5. Umobileの評判・口コミまとめ
  6. 【特大スマホ】ファブレットとは?オススメの最新SIMフリー5機種も紹介
  7. WiMAXやWiMAX2+とは?初心者向けにワイマックスを解説
  8. UQモバイルの評判・口コミまとめ
  9. 最安値はどこだ?人気の格安SIM15社の料金プランを徹底比較
  10. 格安SIMとは?初心者でも分かるように格安SIMの仕組みや全体像を解説!

おすすめ記事

  1. どこがオススメ?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  2. どこがオススメ?定額で映画も見放題の動画配信サービス人気13サイト徹底比較
  3. 今さら聞けない「IoT(モノのインターネット)」超やさしい15の図でスッキリ納得!
  4. 失敗しない格安SIM選び!400社以上ある格安SIMの中からオススメの15社を厳選まとめ
  5. 「外国パケ死」を華麗にかわし、海外でネットを嗜む6つの方法まとめ
  6. 【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
  7. 格安SIMの実際の通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  8. 【2017年版】街中の主要Wi-Fiスポット27選まとめ&僕のオススメWi-Fi活用術
  1. 海外インターネット

    「外国パケ死」を華麗にかわし、海外でネットを嗜む6つの方法まとめ
  2. 未来・最新技術

    今さら聞けない「IoT(モノのインターネット)」超やさしい15の図でスッキリ納得…
  3. 格安SIM

    格安SIMの実際の通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて
  4. 音楽配信サービス

    どこがオススメ?定額で聴き放題の音楽ストリーミング配信サービス人気10社を比較
  5. スマホ

    【国家代理戦争】主要スマホメーカー15社満足度ランキング&評価・比較
PAGE TOP